タグ:エゾセンニュウ ( 1 ) タグの人気記事
エゾセンニュウ  北海道旅行その8
 エゾセンニュウは朝から夜まで、宿の回りも島を周遊する道路わきでも、うるさいほど鳴いていました。
粘りに粘って、エゾセンニュウを撮ることができてとても嬉しかったです。(likebirds妻)


写真はすべてクリックすると拡大してご覧になれます


エゾセンニュウの身体のほぼ90%が見えています  「やったね ♪ 」と思って撮ったら「やっちまったなぁ」でした
a0052080_17215258.jpg







手ごわいですねぇ  もう少し右で待ってれば良かったんですが
a0052080_17215701.jpg







木の枝に来てもそれほどじっとしていません
a0052080_23013643.jpg






手こずらせてくれましたがやっと撮れました
a0052080_17275775.jpg








何と!鳴きました  識別も何も「じょっぴん掛けたか」の声で決まりです
a0052080_17280578.jpg






木の根元で姿を隠すように、でも大きな声で鳴いています
a0052080_11074105.jpg






イタドリから一瞬出てきました。数カットだけ写っていました
a0052080_11071380.jpg



 北海道旅行は以前からしてみたいと強く願っていましたが、体調を考えて自制していました。体調が整ったら云々と何年間も考えていたのでいろんな願望が累積しています。その中のひとつにエゾセンニュウ、マキノセンニュウ、シマセンニュウの3センニュウの撮影がありました。3種とも見たことが無いので具体的にはわからなかったのですが、エゾセンニュウの撮影はとても難しい部類に入ると聞いていました。生息数も多く、北海道全域で声を聞くことの出来る鳥ですが、草薮などに隠れていて容易に見える場所には出てこないとのことでした。また、エゾセンニュウは出てきても数秒で姿を隠すので写真を撮っている余裕がないとも聞いていました。北海道へ来てエゾセンニュウの個体数の多さは実感できました。フェリーで苫小牧に着いて高速道路に乗るまでにも道路わきの茂みで鳴き声を聞きました。また、札幌の森林公園でもエゾセンニュウは鳴いていました。それでも姿は見えませんでした。
 ネットで調べたのですが、天売島にはエゾセンニュウとシマセンニュウが営巣しているそうです。ここで写真撮影に成功されている方も居ます。それなのでそろそろ、この天売島から3センニュウの捜索を始めようと思いました。理由の1つは天売島は小さな島で、陸から見る海鳥のフィールドと草原性の夏鳥のフィールドとが隣り合っていることです。事実、ケイマフリやウミガラス、ウミウ、オオセグロカモメなどを見下ろす赤岩展望台と海鳥観察舎はすぐそばでその周りにはびっしりとイタドリが密生していてそこからエゾセンニュウの「じょっぴん掛けたか」の声が響いていました。つまり、断崖絶壁の上から海鳥の繁殖地を覗き、振り返ると草原性の野鳥を見ることが出来るわけです。赤岩展望台の駐車場の周りには数組のエゾセンニュウが繁殖しているようでした。理由の2つ目は天売島は渡り鳥の中継地でたまたま渡り遅れているセンニュウが北海道に近い焼尻島の方角へ出てくるかもしれないと思いました。渡り途中の中継地でのエゾセンニュウは繁殖地ほど忍者ぶりは発揮しないとも聞いたことがあります。
 エゾセンニュウは葉の茂った草木の中で1日中鳴いているそうです。もちろん夕方も夜中も明け方も鳴いていて、慣れない人は煩くて眠れず睡眠不足になるそうです。それならば絶対にこっそりとサボっている時間があるはずだ!と思いました。科がお隣のオオヨシキリなどは葦原でギョシギョシと鳴き続けていますが、ときどき涼しげな木陰で「おれはオオヨシキリじゃないよ。」みたいな顔をして休みますから、エゾセンニュウも休むことがあるんじゃないかと考えた訳です。そう思ってネットでエゾセンニュウの写真を見ると鳴いていないあまり葉の茂っていない枝に止っている写真も多いです。むしろ、囀りの写真は少ないとさえ思えます。赤岩展望台から海鳥観察舎までの上り坂の両側はイタドリ密生地でノゴマやノビタキが盛んに餌を捕ったり囀ったりしていますが、イタドリの中からはかなりの密度でエゾセンニュウの「じょっぴん掛けたか」が聞こえてきました。よく見ると葉が動いています。葉の影で見えないだけで、至近の距離で鳴いているのです。そばまで行って待っていても、藪の中で目まぐるしく移動しているようで、草や葉の揺れる位置がどんどん変わります。見えても一瞬だけ茶色っぽいものが見えるだけで、すぐに隠れてしまいました。
 イタドリの密生する道路にそこからもう少し背が高くて葉の茂っていない木を探し、そのそばで待つことにしました。自分ならちょっとだけこの木に止りたくなるなと思われる木を選びました。その木にサボりというか、気分転換というか、とにかくヒョイと来るのを待つことにしました。待っている間も気楽に待つのではなく、草や葉の揺れを必死に追いかけますが、三脚は木のそばにした訳です。予想が当たったのか、たまたま偶然かはわかりませんが作戦成功です。ほどなくエゾセンニュウは葉の茂っていない木に来ました。何回か撮り損ないましたが、夫婦共に数枚撮ることができました。写真の出来不出来は不問で初見初撮りです。あまりの嬉しさに誰も居ない草原で大声で叫びたい衝動に駆られましたが、そこは大人です。自制しました。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-07-11 06:00 | 北海道旅行 | Comments(8)