タグ:エトピリカ ( 2 ) タグの人気記事
エトピリカ  北海道旅行その33  落石クルーズ
 好奇心の強いエトピリカは遠くにいても、船に近寄ってくることが良くあるので少し待機することになりましたが
エトピリカたちは寄ってくる気配がありませんでした。
ガイドさんが少し離れた場所にいたもう一羽を見つけ、そちらの方へ近寄ってみようと言うことになりました。
幸いその1羽は船が近寄っても逃げる様子もなく、のんびりと泳いでくれました。
少しずつ近寄って、最短5メートルまで近づくことが出来ました。
船の揺れは相変わらず大きくて、間近にいるエトピリカをファインダーに入れるのが大変でしたが、なんとか写っている写真があって本当に嬉しかったです。
(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧下さい


船が近くへ寄っても逃げません
a0052080_16083605.jpg








ガイドさんが「5m」と言いました  最短です まるでオモチャを見ているようです
a0052080_16281459.jpg







後姿もどうぞ
a0052080_15063907.jpg






ちゃんとパタパタもやってくれました
a0052080_15070715.jpg






このときのパタパタは近かったです
a0052080_16271547.jpg






さんざんサービスしてから突然飛び去りました
a0052080_16260829.jpg







旋回するかな?と思いましたが...
a0052080_15105990.jpg







後ろ向きにGoodByeでした
a0052080_16264664.jpg







漁船は帰りに向かう途中もエトピリカは飛んでいました
a0052080_15111108.jpg







繁殖地近くの沿岸を飛びます
a0052080_16302112.jpg






帰りには5羽が同時に画角に入りました
a0052080_16292197.jpg







絶景の海に浮かんでいました
a0052080_08310632.jpg






蛇足ですが...
a0052080_22291285.jpg



 暑さも一段落かと思いましたが、今日も蒸し暑いです。

 エトピリカは前回のブログ記事でUPしています。続けてまたエトピリカのUPは変な感じがしますが、北海道旅行からすでに1ヶ月以上が経過して終了を急ぎたい気持ちと写真の整理が間に合わないのとでチグハグなった結果です。初めからエトピリカ (1),(2)にしてしまえばよかったのですが、計画性がないのでこの始末です。
 ユルリ島、モユルリ島は海鳥の繁殖地で上陸することは出来ません。落石クルーズでは出来るだけ海鳥繁殖の妨げにならないように両島へはあまり近づきません。両島から離れたところにいるエトピリカなら脅かさないように少し近づいても、エトピリカが嫌なら自分で逃げるのでそれほど影響は無いという事でした。それでも逃げるエトピリカを追う事はしないそうです。嫌われて逃げられたら、去るものは追わず、となります。このような説明を受けながらエトピリカにゆっくりと近づく訳ですから、心中はドキドキです。固唾を呑んで見守ると言いたいところですが、近づきながらシャッターは切りっぱなしでした。なにしろいつ飛んで逃げられるかわからないので撮れるうちに撮ろうと、皆さんのシャッター音だらけです。至近に近づいて船が止まるとプカプカ浮きながら振り子のように揺れ始めます。こりゃー近いなと思いましたが、他の乗客から「10回以上乗っているけれど、これほど近いのは初めてだ。」と言う声がしたので、たぶんそうなのでしょう。目の上に伸びた眉毛のような黄白色の羽根毛がはっきり見えました。場所が眉の位置なので冠羽と呼んだら間違いなのかもしれませんが、冠羽が良く見えました。ガイドさんは少し若いのか少し眉が小さめだと言っていました。自分はエトピリカは初見初撮りです。したがって比べる対象がなく、とても立派な眉毛だなと思っていたのでカクッとなりました。
 海鳥に限りませんが、水鳥を撮影に行って悩むのがどんな写真を撮ればいいかです。餌を捕って食べていてくれたりしたら良いのですが、ただただ水面に浮いていられるとどうして良いのかわかりません。どうしようもなく同じ写真を撮り続けることになりがちです。今回も右を向いたり左を向いたりするのみでしたが、事情は大きく違います。水面の波間に揺れているエトピリカをさらに揺れている漁船の上で立って撮るのですから自分の技量を超えています。でも自虐している暇はありません。今回の落石クルーズの目玉の鳥が信じがたいほどの近い距離に浮いているのですから。連写を止めてふっと一息ついたところでエトピリカはパタパタをやってくれました。あわててレンズを向けるのですが、近すぎるためか上手くファインダーに収まりません。そんなことが2度ありました。パタパタも2回やって、そろそろ飛ぶのかな?と思って見たとたんに助走が始まり飛び去ってしまいました。そんな感じでしたが、船が引き返しはじめにも遠くでエトピリカを見ることが出来て、まぁ、満足すべきクルーズでした。
北海道旅行をしていてすぐ気がついたのは、野鳥撮影に使うレンズについてです。他を大きく引き離して1番に使われていたのはニコンでもキャノンでもなく、タムロンの150-600ズームレンズでした。自分は500mmレンズを持っているのでキャノン100-400ズームにしましたが、むしろ少数派でした。サロベツ原野では同宿の方がやはりタムロンでした。腕の違いもあるのかもしれませんが、自分のキャノン500mm+1.4+APS-Hよりタムロン150-600+APS-Cのほうが優位性があるように思えました。タムロン150-600はテレ端ではF6.3ですから明るさは自分の100-400と同等です。とても軽いらしくテレ端で手持ちで飛ぶ鳥を追いかけている人が多く、売れる訳だなと思いました。この落石クルーズでも半分くらいの乗客がタムロン150-600持参でした。長旅にこれ1本でという方にはシグマ150-600とあわせて検討の余地ありと思いました。(likebirds夫)



by likebirds | 2015-08-13 06:00 | 北海道旅行 | Comments(6)
ウミガラス、エトピリカ   北海道旅行その32  落石クルーズ
 ゆれる船の上で四苦八苦していると、「3時にハシブトウミガラス」の声が、
「おぉ!」と思ってその方を見ると、すぐ近くにその姿を見つけましたが、そのとたん「じゃ無くて、ただのウミガラスです」と訂正になりました。
ハシブトウミガラスも見てみたいと思っていたので、ちょっと残念でしたがガイドさんが「この先でまだ見られるかもしれません」と
仰ったので気を取り直しました。
そうこうしていると「11時にエトピリカ」「距離があります」とのこと。
その方向に必死で目をやりますが、揺れる波に見え隠れして姿を確認することが出来ません。
やっと、遠くにその姿を見る事ができました。大きな真っ赤なクチバシがとても目立ちました。
船を止めてエトピリカを観察することになりました。(likebirds妻)

写真をクリックして拡大画像をご覧下さい


ウミガラスはのんびり海に浮いていました
a0052080_20030826.jpg







ウミガラスは天売で2回、ここを加えると3回見ることが出来ました
a0052080_20484367.jpg







至近で見ると可愛い目をしていました
a0052080_20511370.jpg







エトピリカのようですが遠すぎますね
a0052080_21081586.jpg






あっ、いた!
a0052080_20032687.jpg






5羽見えましたが、4羽しか写りませんでした
a0052080_20045900.jpg







仲間のところへ飛んできました
a0052080_21081592.jpg


 本日は強烈な暑さもやっと一服したようなお天気でした。この間の暑さで頭がぼ~っとしてブログの更新に考えがまとまりません。
 天売島でウミガラス、ユルリ島モユルリ島ではハシブトウミガラスと皮算用していたので残念ですが、こればっかりは文句が言えません。モニタで確認してもハシブトウミガラスの特徴の上下のクチバシの境目にある白い線が見えませんでした。
 操舵だけして徐々に近づくと、ウミガラスはのんびりした様子で逃げようとはしませんでした。絶好のシャッターチャンスなんですが、こういうときばかり揺れるんです。慣れている人は両足を踏みしめながら、軽く曲げた膝と体幹で上手くバランスを取って両手を離した状態で撮影すると聞いていましたが、そんな人は居ませんでした。手を離した瞬間に揺れで1歩2歩よろめくので何度も足を踏まれました。ゴム長靴は風も水も通しませんが肉薄でかなり痛かったです。1度は私の足を踏んだまま足を踏ん張って撮影する人がいて、「足踏んでます。足踏んでます。」と連呼しましたがエンジン音にかき消されて届きませんでした。あまりの痛さにその人の足を叩いたら、驚いた顔で見られ、「足を踏んでましたよ。」と言いましたが、それも聞こえなかったようです。誤解されましたが仕方がありません。
 エトピリカは嬉しい初見初撮りです。翌日はまったく見えなかったそうですから幸運です。
 船の揺れはエトピリカのときも似たり寄ったりで難しかったです。とくに船にしっかり掴まって写真を撮ろうとすると、揺れがそもままレンズの揺れに直結するので鳥が画角の上に外れたり下に外れたりして真ん中に来てくれません。さらに海面の鳥さんが波間に隠れたりするので尚更でした。(likebirds夫)
 

by likebirds | 2015-08-10 06:00 | 北海道旅行 | Comments(8)