タグ:オオソリハシシギ ( 9 ) タグの人気記事
オオソリハシシギ
 貝拾いや干潟遊びで賑やかな砂浜で、鳥たちは人の少ない水際に集結していましたが、オオソリハシシギは元気よく走り回っていました。
広い干潟をマイペースで走り回る姿は、とても目だって綺麗でした。(likebirds妻)




ばらんす~
a0052080_20231306.jpg







ばらんす~ 2
a0052080_21475205.jpg







潮溜まりに影を落として
a0052080_20232525.jpg







突然目の前を低く飛び去りました
a0052080_20233865.jpg







干潟遊を走り回っていた男の子に驚いて飛びました
a0052080_20234998.jpg







2羽で眼前を横切るオオソリハシシギ
a0052080_21493037.jpg







貝拾いのお客さんから離れて
a0052080_21501793.jpg







デュエットのように寄り添う2羽でした
a0052080_21504053.jpg


 オオソリハシシギは好きな鳥です。理由の第一はとてもわかりやすいことです。シギの中では比較的大きいし、クチバシの形状も明瞭で間違えにくい鳥だと思います。家に帰ってから撮ってきた写真を見て「う~ん????」ということも少ないです。身体が大きい分、ファインダーに捕らえやすく飛翔写真を撮るのも容易です。飛んでいるのをバシャバシャと撮るのは爽快です。
 もちろん差異が少なく微妙に違う箇所を確認しながら鳥種を識別する面白さを否定する訳では毛頭ありません。以前、親の自分にはまったく違う顔に見える子供達を、友人から全員同じ顔をしているね、と言われたことがあり不思議な気持ちになりました。たぶん見慣れると識別眼が養われるのでしょう。
 親しく鳥と接していると微妙な個性を見分けて、余計それぞれに愛着を持ち楽しくなるのだと思います。ただ、誰からも愛されるアイドルになるにはわかり易さも必要条件かもしれません。例えば、もし自分がアフリカへ野生動物を短期間で見に行くとしたら、まずアフリカライオン、アフリカゾウ、キリンです。インパラやガゼルなどのウシ科の微妙な種を見分けるのはその後に廻します。(ウシ科の動物を先に見る人がいてもゼンゼンOKです)
 そういう意味ではオオソリハシシギは自分にはアイドル的存在です。この日も鳥は低調でしたが、オオソリハシシギは遠くでもよく目立ち、自分の気分を明るくしてくれました。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-10-03 18:48 | 野鳥観察 | Comments(8)
オグロシギ、オオソリハシシギ
 オオソリハシシギもオグロシギも久しぶりに見ました。
波打ち際にトウネンやキアシシギたちと大集合しているととても圧巻でした。
優雅に歩いたり餌を探す様子は、いつまで見ていても飽きない美しさでした。(likebirds妻)

飛んできたオオソリハシシギの群れの中にオグロシギが混じっていました
a0052080_10535972.jpg


オオソリハシシギとオグロシギ
a0052080_10542312.jpg


オオソリハシシギとトウネンミユビシギ
a0052080_1132615.jpg


オグロシギ(左)、気品があります 奥にいる2羽はオオソリハシシギ 
a0052080_1135199.jpg


オオソリハシシギ  下のオグロシギの写真と比べてみてください
a0052080_10553939.jpg


オグロシギ、尾が黒く翼の内側は真っ白です
a0052080_10564920.jpg


オオソリハシシギの頭上スレスレをオグロシギが飛びました
a0052080_10565515.jpg


超お久しぶりの干潟で渡りのシギチを堪能しました。やっぱり海は広くて気持ちがよかったです。(likebirds夫)
by likebirds | 2011-08-16 11:31 | 野鳥観察 | Comments(12)
チュウシャクシギとオオソリハシシギ
 この日は小潮で早朝から干潟が広がっていました。
シギたちの姿は少なく、少しがっかりしましたが、だんだんとミヤコドリやオオソリハシシギ、チュウシャクシギなどが海に出来た砂浜に集まってきました。
さかんに餌をつついたり、羽繕いをしたり、思い思いに歩き回ったりと楽しい光景でした。
海辺の干潟が静かになったので、今度は谷津干潟に移動しました。
こちらでも、オオソリハシシギやチュウシャクシギが居ました。
干潟には青さが広がってまるで緑の芝生のようでした。
この日はオオソリハシシギやチュウシャクシギ、ハマシギの大群や、ダイゼン、ムナグロ、メダイチドリ、キョウジョシギなどたくさんのシギチにあえてとても楽しかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0  ミヤコドリのいる場所へ舞い下りるオオソリハシシギの群れ
a0052080_20554678.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4  左がチュウシャクシギ、右がオオソリハシシギ
a0052080_20561388.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0 オオソリハシシギ(2)とチュウシャクシギ(2)  他にメダイチドリ(2)、シロチドリ(1)、ハマシギ(1)
a0052080_2057442.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0 オオソリハシシギ♂夏羽(1) 冬羽(1)、♀(1)  (と思うのですが...)
a0052080_20571743.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  カニを捕まえたチュウシャクシギ
a0052080_20574264.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4  チュウシャクシギが蟹を見つけて先を争っていました
a0052080_20575731.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4  オオソリハシシギがダイゼンと一緒に飛びました
a0052080_20581196.jpg


オオソリハシシギの冬羽と♀夏羽との違いは難しそうです。修行が足らず自信がありません。(likebirds夫)

More ダイシャクシギとホウロクシギはこちらをクリック!
by likebirds | 2009-04-22 21:54 | 野鳥観察 | Comments(8)
オオソリハシシギ、ソリハシシギ
 潮が引き始めると、キアシシギの群れや、ミユビシギがすぐに飛んできました。
海水が浅くなった所には、いつの間にかオオソリハシシギが3羽来ていて、さかんに水の中にクチバシを突っ込んでえさ探しをしていました。見ているともう一羽飛んできて、少しするとまた一羽やって来て全部で5羽がえさ探しをしていました。
波打ち際では一羽のソリハシシギが忙しそうに歩き回ったり、飛んだりしていました。
干潟が現れると、ようやく賑やかな水鳥たちの世界になりました。
心がワクワクする瞬間です。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0 後ろのは冬羽ではなく、メスだと思います。
a0052080_20245627.jpg


likebirds妻;40D+300mmF8  オオシリハシシギ、2羽のクチバシがくっつきそう・・・。手前はキアシシギ
a0052080_2025211.jpg


likebirds妻;40D+300mmF8  もう一羽のオオソリハシシギが飛んできました
a0052080_20254279.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20255882.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0 オオソリハシシギなどのシギを見ると寛げます
a0052080_2026119.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  ソリハシシギ、ゆったりした動作のオオソリハシシギと違い、チョコマカと動き回ります。
a0052080_20264396.jpg


likebirds妻;40D+300mmF8  ソリハシシギ、砂浜を小走りに走っていました。左はキョウジョシギ、飛んでいるのはキアシシギ
a0052080_20271955.jpg


likebirds妻;40D+300mmF8  ソリハシシギ、キアシシギ(後ろ)と一緒に飛びました。
a0052080_20273885.jpg


likebirds妻;40D+300mmF8  ソリハシシギ、水浴びしましたが後ろ向きでした
a0052080_202801.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20281915.jpg


干潟が現れると妻の心はワクワクでしょうが、私の足はガクガクでした。潮が引くのを待つ間に張り切ってカモメを撮りまくり疲れてしまい、日陰で座り込んでいました。全身大汗でプールに落ちたような状態でした。そのため服が体にまとわりつき動きにくいので余計疲れました。
すべて最近の体重の急激な増加が原因と分かっているのですが、減らす努力ができません。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-08-05 21:11 | 野鳥観察 | Comments(10)
オオソリハシシギ
 この日、ぜひ会いたいと思っていたのが赤い夏羽のオオソリハシシギでした。
朝、たくさんのシギたちの中で、餌を探している2羽のオオソリハシシギがすぐ見つかりました。
色彩のない干潟で、レンガ色の美しい姿が、とても目立ちました。
朝日を浴びて、颯爽と歩く姿がとても綺麗でした。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2004122.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2002525.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  赤い夏羽の雄。2羽で歩いていました
a0052080_2062380.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  こちらは♀です
a0052080_2074541.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6 オオソリハシシギ、メス。ハマシギに囲まれて
a0052080_2014110.jpg


オオソリハシシギは遠かったです。オオソリハシシギと自分との間にたくさんのハマシギが遊んでいました。オオソリハシシギに近づくとハマシギが飛んで連鎖反応になることが心配で前へ進めませんでした。じっくり近づこうと思いましたが、他のシギが出てそちらに気が行ってしまいました。何事も欲張ってはいけません。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-04-08 20:32 | 野鳥観察 | Comments(10)
オオソリハシシギ、キリアイ
 この夏は、何度も干潟にシギチを撮りに行きました。初見初撮りも増えました。
たくさん撮ったので、載せていなかったものを選んでみました。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mm  オオソリハシシギ
a0052080_20394317.jpg


likebirds妻;30D+400mm  初見初撮りのキリアイ。クチバシの先が少し曲がっていました
a0052080_20402397.jpg


 雨のため鳥見が出来ませんでした。先月の在庫から苦し紛れの掲載です。上下の写真のクチバシの曲がり具合を見てください。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-10-03 20:50 | 野鳥観察 | Comments(18)
ソリハシシギとオオソリハシシギ
 シギのクチバシはまっすぐなのや反っているのやいろいろいます。反っているのでも上に反っていたり、下向きに反っていたり・・・。下に反っているのは「・・・シャクシギ」上に反っているのは「・・・ソリハシシギ」と呼ばれているのが多いような気がします。
 干潟ではクチバシが上向きに反っているソリハシシギとオオソリハシシギの両方を見ることが出来ました。
 ソリハシシギは小さくて、ムクドリくらいの大きさです。オオソリハシシギは大きなシギで、オグロシギに良く似ていました。
反った長いくちばしで上手に餌を探す姿が印象的でした。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mm ソリハシギ
a0052080_2014915.jpg


likebirds妻;30D+400mm オオソリハシシギ  6羽くらいの群で、餌探しをしていました。行進しているみたいで面白かったです
a0052080_202690.jpg


 ソリハシシギはヘラシギのそばにいました。ヘラちゃんに夢中であまり関心がありませんした。今から思うともっと撮っておけば良かったです。オオソリハシシギは昨日載せたチュウシャクシギと一緒にいました。クチバシの反り方が逆で笑えました。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-09-12 20:36 | 野鳥観察 | Comments(8)
オオソリハシシギ、キアシシギ、イカルチドリ(?)
 車を田んぼ道に止めて休耕田を探すと意外といろいろなシギチドリを見つけることが出来ました。
 チョコチョコと近くまで来てくれたのは、コチドリとイカルチドリ(多分)でした。ムナグロやキョウジョシギはとても遠くにいました。田んぼの中を少しずつ歩いて移動していましたが、近くには来てくれませんでした。他にもヒバリシギやウズラシギなどがいましたが、遠くて写真は撮れませんでした。コサギやアマサギものんびり歩いていました。アマサギは喉の亜麻色がだいぶうすくなっていました。
コチドリは群で行動していて、田んぼ道を集団で歩き回ったり、道の真ん中で休んだりしていました。これには驚きました。
 夏の田んぼの周りは、一面の緑と香ばしい稲の苗のにおいがして、これぞ日本の夏の風景という感じでした。
一日でたくさんのシギチを見ることが出来、本当に楽しかったです。(likebirds妻)

likebirds妻;30D+400mm  エリマキシギと一緒にいたオオハシシギ、やっとやっと撮りました
a0052080_2113523.jpg


likebirds夫;30D+500mm  キアシシギ
a0052080_211599.jpg


likebirds妻;30D+400mm  チョコチョコと歩き回っていたイカルチドリ
a0052080_2122254.jpg


likebirds夫;30D+500mm  キョウジョシギ
a0052080_2123992.jpg


likebirds夫;30D+500mm ムナグロ冬羽 幼鳥かも知れません
a0052080_2123081.jpg


 あらためて写真をみて、酷暑の中でよく撮ったものだと我ながらあきれております。この後、妻は「疲れた。帰りたい。」しか言わなくなりましたので、家路に向かうことにしました。内心ホッとしました。
 ヒバリシギは初見初撮りでしたが、妻の「あまりにも酷い写真...」という評価であえなくボツとなりました。クチバシと翼があるので「鳥」とわかるくらいですから仕方ありません。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-08-23 21:53 | 野鳥観察 | Comments(12)
オオソリハシギ・キアシシギ・キョウジョシギ・チュウシャクシギ
 GW初日の今日は、鳥のお師匠さんのTさんにご一緒させていただいて谷津干潟にシギチを見に行きました。早朝の干潟は鳥の鳴き声があちこちから聞こえて、潮のにおいがとっても気持ちよかったです。昨日くらいからシギチ類が次々飛来しているとのことでした。シギチ一年生の私たちには初見初撮りのオンパレードでした。干潟をゆったり歩き回足り、飛んだりしているシギたちを一日堪能しました。(likebirds妻)

 シギ・チドリは頭が混乱します。一種説明を受けても、二種目の説明で忘れてしまいます。無数の順列組合せを聞いているようで、絶望感が先にたってしまいます。現地でお会いしたバード大国さんTさんの二人の鳥博士の会話を異星人のような気持ちで聞いていました。
 ずいぶん多くの種類の鳥を撮りましたが、帰ってきて図鑑を見ると疑問が湧いてきてブログに載せることが出来ません。後日徐々に載せていきたいと思っています。(likebirds夫)

likebirds夫;デジスコ オオソリハシギ♂♀(手前が♂)  ...ですよね?
a0052080_22232681.jpg



likebirds夫;デジスコ オオソリハシギ♂(手前はハマシギ)
a0052080_22235319.jpg


likebirds妻;30D+500mm キアシシギが飛び出したところ、横に止まっているのはキョウジョシギ、初撮りです
a0052080_22241364.jpg


likebirds妻;30D+500mm  チュウシャクシギの飛び出し。とても綺麗でした。初見初撮りです
a0052080_22244854.jpg

by likebirds | 2007-04-28 23:15 | 野鳥観察 | Comments(16)