タグ:オオミズナギドリ ( 4 ) タグの人気記事
オオミズナギドリ トウゾクカモメ 北海道旅行その52  (往路・復路)
 帰りの航路は冷たい風もなくとても穏やかでした。
でも鳥の姿はほとんど見る事ができませんでした。
遠くには大きな鳥山が見えましたが、鳥たちはこちらに飛んでくることはありませんでした。
船のラウンジで静かな海を眺めながら、大洗港へと向かいました。
楽しかった北海道旅行も長いようであっという間でした。(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧下さい




遠くに見えた大きな鳥山の一部です
a0052080_21263716.jpg







話には聞いていましたが、こんな群れは初めて見ました
a0052080_07550732.jpg






往路で見たオオミズナギドリです 近くを飛びました
a0052080_19011093.jpg







オオミズナギドリの大きな群れの中を探すと、やっぱりトウゾクカモメが居ました
a0052080_19011124.jpg

 北海道旅行で大洗ー苫小牧をフェリーで往復しました。オオミズナギドリはその往路でも復路でも群れで飛ぶ姿を見ることが出来ました。日本の近海に普通にいるミズナギドリですが、海鳥を見慣れない自分達にはやはり珍しい鳥です。とくに復路でのオオミズナギドリの群れは数百羽の規模で驚きました。
 これほどの大きな群れなのでトウゾクカモメが居るだろうと探すとやっぱり飛んできていました。ミズナギドリの獲物を奪うところを見たかったのですが、このトウゾクカモメはあっさりと海面に着水してしまいました。
 今回で北海道旅行のレポートはお終いです。無計画にUPを始めたので、その52までになるとは思いませんでした。今回は初めての北海道だったということもあり、ガイドブックに出ているような定番の場所を順番に訪ねて回りました。そういうこともあってか、数多くの鳥を見ることが出来ました。予想外の天気の急変などがあって逃した鳥もありましたが、希望した鳥に概ね出会うことが出来ました。出発前に相談にのっていただいた鳥友や現地でお会いした人達にこの場を借りてお礼いたします。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-09-25 07:57 | 北海道旅行 | Comments(10)
オオミズナギドリ (小笠原航路)
 憧れの小笠原航路に乗ってきました。
図鑑を何度も見ながら、見たい鳥を思い浮かべて期待が膨らんでの乗船でした。
でも、外洋に出てからも鳥がほとんど飛んでいませんでした。
唯一ずっと姿を見せてくれたのが、オオミズナギドリでした。
何度かは近くを飛んでくれて、癒してくれました。(likebirds妻)


写真はすべてクリックすると拡大してご覧になれます


東京湾の出口付近から伊豆七島くらいまではオオミズナギドリがさかんに飛んでいました。湘南や三浦半島の海岸からも遠くにその姿を見ることが出来ますが、船からだとやはり近いです。頭のマダラ模様が特徴ですね。
a0052080_15344107.jpg




a0052080_15350295.jpg





a0052080_17194874.jpg





a0052080_17194853.jpg





a0052080_23045703.jpg






a0052080_17194706.jpg


 鳥くんガイドの0泊3日の小笠原航路(3月27日~29日)のツアーに行ってきました。前週のツアーは鳥の出が良かったと聞いていたので期待がパンパンに膨れ上がりましたが、一週間でこれほど違うのかというほど鳥種は少なかったです。初日は東京湾内から風が強く、出航後まもなくデッキ前方が閉鎖されデッキ後方からの観察となりました。前週参加の知人からのアドバイスで持参したビニール袋を加工した手作りの機材カバー(MoreにUP)は潮を被り塩分が析出して白く濁るほどでした。レンズも曇りガラスのように白濁してしまい、致し方なく濡れたタオルで拭きました。
 今回のツアーの最大の出来事は2日目の午前7時過ぎに幻のオガサワラヒメミズナギドリが出現したことです。意図せずたまたま同舟した知人がすぐ隣で「なんだろ?白い鳥」とつぶやくのは聞こえましたが、そのとき私はオーストンウミツバメを探すのに夢中で他所を見ていたので見れず撮れずでした。ヒメミズナギドリを初見出来なかったのは運が悪くて仕方が無いと諦めがつきましたが、そのときオーストンウミツバメの写真も撮れていなかったのは流石に堪えました。
 2時間以上も鳥の出ない時間帯が何回かありましたが、ガイドさんの話も面白くて退屈することもなくとても楽しい船旅となりました。(likebirds夫)


More
by likebirds | 2015-04-01 20:32 | 小笠原諸島・航路 | Comments(8)
オオミズナギドリ
 オオミズナギドリは一番たくさん飛んでいたように思います。
コアホウドリに比べるととても小さく見えました。
”鳥島”と呼ばれる、大きな鳥の群れが海面に浮かんで休んでいる姿もたくさん見ることが出来ました。
青い海から白い姿が一斉に飛立つ様はとても綺麗でした。
漁船のあとを追いかけながら飛ぶシーンはとても面白かったです。(likebirds妻)

likebirds夫;40D+500mmF4.0x1.4  オオミズナギドリ  翼開長112cm
a0052080_213457.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0x1.4
a0052080_2131532.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x2.0
a0052080_2133277.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x2.0  遠くで群れが飛立ちました
a0052080_2134443.jpg


 苫小牧航路海鳥ウォッチングツアーの続きです。
 オオミズナギドリはこのツアーで最初にUPすべき鳥だったかもしれません。この鳥は群れでいつも船の周りを飛んでいました。それでも気に入った写真はありませんでした。
オオミズナギドリが飛んでいると傍で「コアホウ!コアホウ!」とか「クロアシー!」や「アカアシ!」、また「トウゾク!トウゾク!」などと声がかかり、「えっ何処何処?」とつい別の鳥を探してしまいます。アカカシミズナギドリやミナミオナガミズナギドリなどもオオミズナギドリの群れの中にいることがあるので目は離せません。双眼鏡ではたっぷりと見学しました。(likebirds夫)
by likebirds | 2010-12-07 21:32 | 野鳥観察 | Comments(9)
ベニアジサシ、オオミズナギドリ
 ベニアジサシやハジロクロハラアジサシ、クロハラアジサシを求めてまた海に行ってきました。
でもこの日は朝から待てど暮らせど、コアジサシばかり・・・
先週はたくさん居たアジサシは数羽しか居ません。
海は思ったよりも荒れていて、コアジサシたちは波打ち際に漁に出て行きませんでした。
青く澄んだ海の沖合いではオオミズナギドリの群れが魚群を追いかけているようでした。
レンズで覗くとやっとその姿が見えました。
 今日はベニアジサシも、ハジロクロハラアジサシも来ないのかしら?と半ばあきらめかけたころ、どこからかたくさんのウミネコの群れとそれに混じってアジサシもやってきました。
すると、「ベニがいる!」との声。
砂浜に舞い下りたアジサシたちの中に、ぽっかりとピンク色のオーラが・・・
やっとベニアジサシがやってきてくれました。
今回はクチバシの黒い個体でしたが、もう一度ベニアジサシに出会うことができて本当に嬉しかったです。
ベニアジサシは何度か飛び立っては砂浜に舞い下り、美しい姿を見せてくれました。
この日はまた、色々な方とお会いできて、とても楽しい時間を過ごすことができました。
お会いした皆様、お世話になりました。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4  クチバシの基部は赤かったです
a0052080_21165412.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  尾羽が翼端より突き出ています
a0052080_21171392.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  尾羽を広げると、とりわけ長いのは外側両端です
a0052080_2117305.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  丸い燕尾の尾羽です
a0052080_21174514.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4
a0052080_2118365.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4  長い尾羽がよくわかりました
a0052080_21181867.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  遠い海上を飛ぶオオミズナギドリ
a0052080_21184263.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4  一応初見初撮り!オオミズナギドリ
a0052080_21185857.jpg


先週、ベニアジサシをUPしました。行く先々でベニアジサシが話題になりました。
曰く
「likebirdsさんのベニアジサシは尾羽が長くないね」
「その他の特徴はベニアジサシなんだけど尾羽が気になるね」
「混血じゃない?」
笑顔で同意しながらも内心は「グ、グヤヂ~~!(涙)」。 で、もう一度ベニアジサシを見に行くことにしました。
しかし世の中はうまくいかないのが常。
この日のベニアジサシはクチバシが赤くありませんでした。それでもベニはベニなので撮ろうとすると、今度はなかなか長い尾羽を撮らせてくれませんでした。
私達の方を向いてくれるのですが、今回は横や後ろを向いてほしいのです。かなりイライラが募りましたが何とか撮ることができました。
オオミズナギドリは証拠写真です。これで初見初撮りと言っていいのでしょうか?  (大声で)「いいんです。」 (likebirds夫)
by likebirds | 2009-07-14 22:12 | 野鳥観察 | Comments(6)