タグ:オガサワラノスリ ( 2 ) タグの人気記事
オガサワラノスリ 小笠原・硫黄島3島クルーズツアー(16)父島・母島
 オガサワラノスリは何度か見ることができました。
こちらで見るノスリより色白でした。
前回に続き、今回もオガサワラノスリを見ることができて嬉しかったです。
(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧ください


宿泊した母島での夕食。 名物の島寿司はとても美味しかったです
a0052080_15150264.jpg






父島の二見港で電線にとまるオガサワラノスリ  ははじま丸のデッキから
a0052080_16030661.jpg






レンズを向けると直ぐに飛びました
a0052080_16030755.jpg






母島では青空を旋回する姿を見ることが出来ました
a0052080_18040918.jpg







本土のノスリより白っぽいそうです
a0052080_18045372.jpg






母島で、高いところを旋回して飛び去ってしまいました
a0052080_21065445.jpg


 9月8日~9月13日の小笠原旅行の報告を続けます。
 父島や母島の気候は気温が30度くらいでした。東京の酷暑日程は高くありません。日陰に入ると案外涼しかったです。
木陰に入って風に吹かれると何とも気持ちが良く、日向で歩きに歩いて掻いた大汗も引いてくれました。
島にとまったのは唯一母島だけでしたが、ここで泊まった「アイランドリゾート母島ナンプー」は清潔感満点、広くて快適で
した。食事も地元の料理がとても美味しかったです。船中泊をまったく苦にしていませんでしたが、やはり陸地の広いベッド
での睡眠はこの旅行を通じて1番の睡眠を得ることが出来ました。風呂も各部屋に付いていて船内のシャワーのような混雑や
順番もなく、後ろで待つ人を気にすることなくゆっくりと入浴することが出来ました。
 オガサワラノスリは以前にも飛んでいるのを短時間見たことがありましたが、今回も見たのは短時間でした。父島から母島
へ向かうためははじま丸に乗船し、デッキから港岸辺の電柱に居るオガサワラノスリを見つけました。レンズを向けると直ぐ
に飛びました。その次は母島でガイドさんに引率されて移動中に空を飛んでいました。河口近くの川で幼鳥が水浴びをしたり
餌を捕っているのを見た人もいました。その場所へ私たち二人も何回か行ってみましたがその度にオガサワラノスリは留守で
した。
 ノスリの国内の亜種は基亜種ノスリ、この亜種オガサワラノスリの他には亜種ダイトウノスリがあります。ダイトウノスリ
は絶滅、亜種としての存在に疑問とのことです。そうすると現在国内では2亜種だけと言うことになります。そして推定生息
数約60羽という少なさです。それなら、もう少し様々なオガサワラノスリの写真が欲しかったとちょっと悔いています。
 他に猛禽も居ないため、このオガサワラノスリが生態系の頂点に君臨している鳥さんです。今の頂点は野生化したネコと言
う人もいますが。(likebirds夫)

by likebirds | 2017-10-21 05:00 | 小笠原諸島・航路 | Comments(8)
オガサワラノスリ
 父島に上陸したとたん、メジロとウグイスの鳴き声が盛んに聞こえました。
木の中で盛んに鳴いているけれど姿が見えないオガサワラメジロに手を焼いていると、上空をオガサワラノスリが飛んできたのです。
見てみたかったオガサワラノスリを、下船して直ぐに撮ることができて、とても嬉しかったです。(likebirds妻)


写真はすべてクリックすると拡大してご覧になれます
a0052080_17085872.jpg





a0052080_21281695.jpg






a0052080_21282185.jpg



 父島へ上陸後は自由行動で、まず一番に亜種オガサワラノスリを見てみたいと話し合っていました。父島の滞在時間は僅か2時間強なので昼食はおがさわら丸の中でパンを食べて済ませておきました。下船後、木の葉の中から出てこないメジロを中断。すぐにノスリの飛びそうな山の方向へ急ごうと思いましたが、未だ港のターミナル内であっさりと2羽のノスリが空を飛びました。図鑑では本土のノスリより白っぽいとのことでしたが、空を見上げて見た感じでは比べるものがなくてわかりませんでした。それよりも印象的だったのはその飛翔スピードで、遮るもののない広い空を飛ぶノスリをファインダーで追うのに苦労しました。大海原に浮かぶ小さな島なので地上は風がなくても上空は強い風が吹いていたのかもしれません。あまりにも簡単にオガサワラノスリを初見してしまったので、次はさかんに鳴いている亜種オガサワラヒヨドリを撮ろうと思いました。このオガサワラヒヨドリはやかましく鳴き募るのは同じですが、本土のヒヨドリよりはずっと声が甲高かったです。このオガヒヨちゃんが曲者でした。目の前の枝から枝へとしきりに飛び移るので目には見えるのですが、必ず葉の後ろにとまり、まったく写真に撮らせてくれません。当初は簡単に撮れると思っていましたが自分には撮れませんでした。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-04-15 16:56 | 小笠原諸島・航路 | Comments(4)