タグ:オジロトウネン ( 3 ) タグの人気記事
オジロトウネン  猛禽の干拓地の水溜り
 ハイイロチュウヒを待っていた干拓地。
この日はとても風が強く、鳥の姿はほとんど見ることができませんでした。
ひたすら風が弱くなるのを待っている間、水溜りにいたホシハジロのメスを見ていたら、水辺をチョコチョコ歩いている小さな鳥が見えました。
歩き方はイソシギとは違っていました、セキレイよりは小さくて丸っこい姿です。
ライブビューで見てみると、オジロトウネンでした。
思いがけなくオジロトウネンを見ることができて、鳥が居ない虚しさが少し晴れました。(likebirds妻)


写真は右クリックで拡大してご覧になれます 是非クリックしてみてください



白鳥も休むほどの大きな水溜りの対岸に地味~な鳥が
a0052080_08593526.jpg





ライブビューで撮影  かなりキビシイですが足の色はわかります
a0052080_20385358.jpg





じっと待っていると近くへ飛んできました
a0052080_08593527.jpg







比較的近くへやってきました
a0052080_08593529.jpg







オジロトウネン
a0052080_08593565.jpg







何かの拍子に急に5羽で飛び去りました
a0052080_08593518.jpg







オジロトウネンの尾白が写っていました  幸運です
a0052080_08593554.jpg



 干拓地でハイイロチュウヒを待つ間に、目の前の巨大な水溜りの対岸にハクセキレイが数羽チョロチョロしていました。それを見ていると、そのそばに泥の色と同化しそうなくらい地味目な鳥が3羽見えました。遠目には肩に白い切れ込みがあるようにも見えたのですが、歩き方が忙しいイソシギとは違いました。「オジロトウネンかな」と少し離れた場所にいたlikebirds(妻)に言いに行くと、同じ鳥を見ていたらしく「そう、そう。オジロトウネン」と答えました。元の位置に戻って双眼鏡で見ていると、そばにいた男性に「あそこにいるのはオジロトウネンじゃないですか」と話しかけられました。自信がないので「そうかも知れませんね」とだけ答えました。その内その人がSP200-600mm+7Dmk2で撮った横向きの写真を拡大して見せてくれました。黄色の足もはっきり見えていました。(600X1.6は凄いです!)  「ほら、オジロトウネンですよ」と言われ「そうですね」と同意しました。ちょうど同じ瞬間をlikebirds(妻)もライブビューで撮っていたようで「やっぱりオジロトウネン!」と言いにやってきました。それなら!としばらく注目しているとその3羽は水溜りを渡って近くへ飛んできました。オジロトウネンは5羽だったようです。飛んでいるオジロトウネンを初めて撮影することが出来ました。ヘッポコでも続けていれば良いこともあるもんだと喜びました。一緒に観察した方とはお互いに名乗り合うこともなくお別れしましたが感謝しております。(likebirds夫)

by likebirds | 2014-11-20 06:30 | 野鳥観察 | Comments(0)
石垣島  トウネン オジロトウネン
写真はクリックすると拡大してご覧になれます
a0052080_21005062.jpg
a0052080_21002495.jpg
a0052080_21003970.jpg

a0052080_21014346.jpg
a0052080_21015789.jpg
a0052080_21021052.jpg
石垣島1日目、2日目はガイドさんに案内してもらいましたが、3日目からいよいよ自分達だけでの探鳥が始まりました。まず手始めに島の南側の河口へ行ってみました。小さいシギがウロチョロしているので双眼鏡で見るとオジロトウネンとトウネン、コチドリでした。地味~なオジロトウネンは久しぶりでした。午後からもう一度訪ねたときにはもう居ませんでした。(likebirds夫)

by likebirds | 2014-06-13 21:14 | 石垣島旅行 | Comments(4)
オオハシシギ、オジロトウネン
 久しぶりに出かけた蓮田は賑やかなシギチの鳴き声がしました。
田んぼの真ん中辺りに3羽のオオハシシギが餌探しをしながら歩き回っていました。
この夏、オオハシシギに出会えなかったので、朝日を浴びる綺麗で上品な姿に出会えてとてもうれしかったです。
 オジロトウネンは朝は見かけませんでした。
場所を移動した後、オジロトウネンが入ったと聞いて急いで蓮田に引き返しました。
でも、少し逆光になってしまった水田は眩しく、そしてシギたちは田んぼの対岸近くに移動していました。
まだ見たことが無いオジロトウネンはなかなか見つけられませんでした。
端から探しても、ちょこちょこ歩き回るタカブシギばかりが目に入ってしまいます。
このときばかりはタカブシギに眠っていて欲しかったです^^;。
「タカブシギじゃないシギ」・・・と丹念に見ていくと、遠くの蓮の茎が積みあがった上を登ったり下りたりしている小さなシギがやっと目に留まりました。
足の黄色は泥にまみれてはっきりと確認できませんでしたが、シギチハンドブックとにらめっこで、オジロトウネンであることがわかりました。
遠くで逆光だったので本当に証拠写真しか撮れませんでしたが、この夏振られ続けたオジロトウネンを初見初撮りできてとてもうれしかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;40D+500mmF4.0  左の個体は肩羽に褐色味が認められました。幼鳥だと思います。
a0052080_2136289.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  オオハシシギ、とても美しい羽でした
a0052080_21364816.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  オオハシシギ冬羽
a0052080_2137616.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4
a0052080_21372850.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  オジロトウネン   (の足は黄色です)
a0052080_2138151.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  初見初撮りオジロトウネン!
a0052080_21432651.jpg


 likebirds(妻)も書いていますが、オジロトウネンの撮影には苦労しました。私はUPに反対でしたが発見者でもある女性編集長に押し切られました。何しろ足の黄色が見えません。
「なぜ自分達だけオジロトウネンに出会えないのだろうか?」と思っていましたから、初見の瞬間は感慨がありました。
冬羽はヒバリシギとの識別に苦労しそうです。頭・胸・背中にほとんど柄が無いのでオジロトウネン成鳥冬羽だと思います。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-11-11 22:31 | 野鳥観察 | Comments(14)