タグ:オジロワシ ( 12 ) タグの人気記事
冬の北海道旅行その19 (温根元漁港 オオワシ、オジロワシ、ハギマシコ)
 朝から漁港を回って、最後に温根元漁港にやってきました。
ここは奥の港がハスの葉のような氷で覆われていて、とても綺麗でした。
氷の上ではオオワシが止まっていたり、カモメたちがのんびり歩いていたり・・・今まで見た港の風景とは違って新鮮でした。
(likebirds妻)





氷の上のオオワシ
a0052080_18032566.jpg






蓮氷の上で仲が良さそうです  ペアかもしれません
a0052080_21133654.jpg






1羽が突然飛びました。もう1羽は見送っているみたいです
a0052080_18034251.jpg






雪山の上にオジロワシ若鳥
a0052080_18040348.jpg







警戒心が強くレンズを向けると必ず飛びます
a0052080_21150200.jpg







メガフォンの上には成鳥のペアのようです
a0052080_21174563.jpg






シロカモメ成鳥
a0052080_18042631.jpg






シロカモメ第一回冬羽、凍っていない場所で水浴び?
a0052080_18044349.jpg







オオセグロカモメはとても綺麗でした
a0052080_21161903.jpg







ワシカモメ
a0052080_21195117.jpg






温根元ハイドではハギマシコ
a0052080_18050516.jpg







雪の上で
a0052080_21270573.jpg







壊れかけの餌台  ハイドの窓からは近すぎです
a0052080_21270496.jpg






温根元ハイドの窓正面の岩礁です  チシマシギは???
a0052080_21231061.jpg







テレコン装着してみましたが、残念ながらチシマシギは居ませんでした  画像をクリックすると居ないのが良く見えます(笑)
a0052080_21231145.jpg







移動中に見たオジロワシ
a0052080_18052106.jpg






電線にはチョウゲンボウ
a0052080_21011544.jpg




 前日の雪降る中で訪れた温根元漁港は全氷していて鳥は見かけませんでした。この日はお天気が良く氷が割れて互いにぶつ
かり合い角が取れて丸いテーブル状になっていました。蓮が浮いているように見えることから蓮氷とも言われています。
 そんな蓮氷の上にとまるオオワシは北国ならではで思わず写真を撮りました。
 雪の山にとまっていたオジロワシの若鳥は最初に見たときには後ろを向いていてトビかと思いましたが、横顔を向けてくれ
た時に慌てて撮りました。
 平らな氷に乗って休むオオワシやオジロワシ、シロカモメ、オオセグロカモメ、セグロカモメ、ワシカモメなどを見ている
と気分が和みます。 今回は流氷が未着だったこともあって流氷クルーズに乗りませんでしたが、一応は氷の上のオオワシを
見たねと話し合いました。
 温根元漁港の直ぐそばに最近できたという温根元ハイドにも行ってみました。 膝くらいまで雪が積もった駐車スペースに
やっと車を止めて200mほど先にあるハイドまでは雪にまみれながらの行軍で息が切れました。あと100mほどのところ
からハイド周辺を眺めると一面の雪の上にポツポツと顔を出している穂にハギマシコの群れが良い雰囲気で遊んでいました。
もう少し近づいたら写真に撮ろうと思いながら歩くと、あっという間に飛んで逃げてしまいました。関東のハギマシコとは違
って気質が違います。 残念です。 ハギマシコは私たちがハイドに隠れると寄って来るのですが、我々の持つレンズでは近
すぎでした。
 このハイドへ来た目的はハイドの窓から正面に見える岩に来るチシマシギを見ることでしたが、こちらも残念ながらお留守
でした。 今回の旅行は「お留守」が多くて困ります。
 車で走っているとあちこちでオジロワシが止まっているのを見かけて、この頃にはあまり車を止めなくなっていましたが、
とても小さな白い猛禽が電線にいるのを見つけてさすがに車を止めました。 双眼鏡で見るとチョウゲンボウの雌でした。
南国と逆で鳥が白いです。(likebirds夫)

by likebirds | 2017-03-03 21:10 | 北海道旅行 | Comments(6)
冬の北海道旅行 その14(雪が止んだ風蓮湖 枝に止まるワシ達)
 餌の取り合いに勝利したワシは、湖畔の木の枝で食事開始です。
その間も近くには別のワシやカラスが、虎視眈々と横取りの機会をうかがっています。
周囲を警戒しながらの食事です。
生存競争は本当に熾烈でした。
大きくてかっこいいワシ達の、時にはかっこ悪く、そして逞しい姿はとても素敵でした。
(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧ください



餌を掴んだオオワシ成鳥が。。
a0052080_12173156.jpg







近くの枝に飛んで来ました
a0052080_12184265.jpg







餌を掴んで枝にとまるオオワシ成鳥
a0052080_12184252.jpg







豪快に食べ始めました
a0052080_16192766.jpg








舌が見えます
a0052080_16195744.jpg







オジロワシは恨めしそうにオオワシを見ていました
a0052080_11312398.jpg






 別のオオワシです  巨大な塊を勝ち取ったようです
a0052080_12284042.jpg







大きな餌を独り占め  右端は食べ終わって満腹のオオワシ
a0052080_12304392.jpg







横取りの機会をうかがっているオジロワシ
a0052080_11313794.jpg







オオワシが落とした餌を別のオオワシが拾って飛び去りました
a0052080_11322579.jpg







この時、オジロワシは餌を食べられませんでした
a0052080_12325342.jpg






鈴なりのワシ達
a0052080_12341076.jpg
 しつこく、またオオワシとオジロワシです。
 餌を掴んだオオワシが飛び出すのを撮っていたとき、ファインダーからはオオワシが自分に向かってまっしぐらに飛んで来た
ように見えてびっくりしてシャッターが切れませんでした。 その後、慌ててシャッターを切ったのは餌を掴んだオオワシが
すぐそばの木の枝に止まろうとしていた時でした。 枝までの距離は30mくらいでその迫力は怖いくらいでした。
 コテージで蒔いた餌は凍っていてオオワシは食べにくそうにしていました。 そのすぐそばには空腹に耐えるオジロワシの
姿があり、少し気の毒に見えました。 でも黙って見ているわけではなく、隙あらば奪おうとしているようでした。
 その後も別のオオワシがやはり大きな餌を勝ち取って同じ木にやって来ました。 あまりに大きな塊だったので、餌は半分
に割れて片方が枝から落ちると、オジロワシが拾いに行きましたがタッチの差で飛んで来た別のオオワシに奪われました。
 そんなことが何回も続く風連湖の畔でした。(likebirds夫)

by likebirds | 2017-02-22 17:33 | 北海道旅行 | Comments(6)
冬の北海道旅行 その13(雪の止んだ風蓮湖 ワシ達の氷上戦)
 氷の上に餌が撒かれると、今度は氷上戦の始まりです。
あちこちでバトルが勃発して、それはそれは迫力満点でした。
(likebirds妻) 



午前9時頃  コテージの人が凍った魚の塊を撒きます
a0052080_16091207.jpg







人間が引き上げてしばらくすると、凄いことになります
a0052080_17503755.jpg





バトルは主に蹴り合い
a0052080_17300045.jpg






睨み合い
a0052080_17350908.jpg






飛んで逃げるのを蹴りあげて阻止
a0052080_17365715.jpg







オジロワシも負けていません
a0052080_17532903.jpg







睨み合いしている間に、ちゃっかり餌をゲット
a0052080_17372479.jpg






大きな塊を掴むオオワシ
a0052080_17552698.jpg







オオワシの幼鳥も参戦します
a0052080_17563967.jpg






オオワシ幼鳥同士の争い
a0052080_17574145.jpg

 漁師さんの捨てた雑魚の争奪戦が一段落したころ、今度は宿泊したコテージの餌蒔きが始まります。 これは予め凍らせた
魚の大きな塊でした。 小さな雑魚と違って、塊が大きいので奪い合いは氷上になります。
 ワシ達はとても警戒心が強くて人の居るうちに近づくのはカラスたちだけです。 人が帰ってしまうまで待ってからワシ達
の争奪戦は始まります。 以前にも書きましたが、自分の視界から餌の魚が消えると急に静かになり、ちょっとでも見えると
狂ったような奪い合いになります。 このギャップが案外面白かったです。
 ひとつだけわかったことがあります。 今の冬の道東ではワシ達が自然の中で独力で生き抜くだけの環境はないということです。
(likebirds夫)

by likebirds | 2017-02-20 18:41 | 北海道旅行 | Comments(14)
冬の北海道旅行  その12(雪が止んだ風連湖  ワシ達の空中戦)
 氷下網待ち漁が終わるのを待ちきれないように、ワシたちのバトルが始まりました。
捨てられた雑魚を取り合うワシたちの激しい空中戦は、本当に迫力満点でした。
(likebirds妻)





写真をクリックして拡大画像をご覧ください



氷下網待ち漁の漁師さんたちです
a0052080_16030375.jpg






ワシたちのバトル開始です
a0052080_19520577.jpg






空中で蹴りあい
a0052080_19522406.jpg






魚の奪い合い
a0052080_19524399.jpg







空中戦ではオジロワシも負けていません
a0052080_20211559.jpg







組んず解れつ

a0052080_20211574.jpg








オジロワシが餌を守り通しました
a0052080_20211612.jpg







別の場面  オジロワシを猛スピードで追いかけるオオワシ
a0052080_20301904.jpg







オジロワシに襲い掛かるオオワシ
a0052080_20301971.jpg







オジロワシは餌を落とし奪われました
a0052080_20302004.jpg







こちらは三つ巴の戦い
a0052080_20323866.jpg

 前回は茨城県のアネハヅルをUPしましたが、また冬の北海道旅行の報告を再開します。

 風連湖のオジロワシやオオワシの飛翔場面をUPしてきましたが、今回は激しい空中戦をご紹介します。ワシ達は餌を
掴んでも安心はできません。それが見つかると森の枝に逃げ込むまで何処までも追いかけられます。
 全氷した風連湖では狩りを行えずに餌をもらっているワシ達ですが生活はむしろ厳しいかもしれません。(likebirds夫)


by likebirds | 2017-02-18 21:23 | 北海道旅行 | Comments(10)
冬の北海道旅行  その11(雪が止んだ風連湖  オオワシ)
  風連湖にはオオワシも沢山集まってきます。
黒と白のハッキリした色合いでオジロワシよりも目立ちます。
凍った湖面を自在に飛び回ったり、旋回したり、迫力あるかっこいい姿で、私たちを魅了させてくれました。
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください




雪景色を何度も飛びます
a0052080_22004025.jpg






ワシの実る木の前を
a0052080_22011306.jpg






身体に似合わぬ優しい表情です
a0052080_23461935.jpg







魚をしっかりつかんでいます
a0052080_22014208.jpg







a0052080_22020843.jpg






後ろに見えるのは伝統漁法の漁師さんたちとスノーモービルです
a0052080_22504400.jpg






オジロワシよりも一回り大きく強そうです
a0052080_22593413.jpg







着地しそうですが、ここから風を氷と翼で挟み込んで長く飛びます
a0052080_23023540.jpg






身体の雪を飛び散らしながら真正面から飛んで来ました
a0052080_23054919.jpg







滑空する姿も。。
a0052080_23075194.jpg







若いオオワシも負けずに飛びますが。。
a0052080_23441943.jpg






若いオオワシは苦労が多そうです
a0052080_23414245.jpg






どの若も羽はボロボロでした
a0052080_23425379.jpg




 オジロワシの次はオオワシをUPします。
 オオワシはオジロワシよりも一回り大きく、その分威張っていました。 くんずほぐれつの餌の争奪戦の時は別ですが、
オオワシが餌を食べている横でオジロワシが悔しそうに見ている場面をよく目にしました。
 オオワシの撮影はコントラストがある分だけAFで捕えやすいのですが、白飛びと黒潰れには悩まされました。(likebirds夫)

by likebirds | 2017-02-14 17:39 | 北海道旅行 | Comments(12)
冬の北海道旅行 その10(雪が止んだ風連湖  オジロワシ)
 雪景色の風連湖の幻想的な美しさ
その絶景の中で、迫力満点のオジロワシの姿を堪能することが出来ました。
ただただ、素晴らしさに感動でした。
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください




雪が止み、陽が雪山を照らしました
a0052080_14574917.jpg






雪の松林の前を低く飛んで
a0052080_21261191.jpg






背景はワシの実る木
a0052080_21263888.jpg







a0052080_21270124.jpg






猟師さんが捨てた魚を取り合い
a0052080_21272759.jpg








a0052080_22023859.jpg







氷上を滑空したかと思うと。。
a0052080_21534145.jpg






徐々に旋回して
a0052080_21523125.jpg







こちら向きに迫ってきます
a0052080_21561081.jpg







背中の模様が綺麗でした
a0052080_21581241.jpg






こちらは尾羽の先端が黒い若鳥ですね
a0052080_22044959.jpg






若鳥でもファインダーで覗くと迫力十分!
a0052080_22060830.jpg







顔が何処にあるかわかりますか?
a0052080_22060777.jpg

 1枚目の写真の枯れ松林の向こうにそびえる雪山は国後島の羅臼山のようです。 釈迦に説法ですが、知床半島にあるのは
羅臼岳で別の山です。 雪が止んでくれたので、大胆にレンズも振れるようになりました。
 風連湖の畔では18日と19日の2回オジロワシやオオワシを撮影しました。 これほど間近にオジロワシを見たのは初め
てで、興奮のあまりに撮りまくってしまいました。写真整理のために似たような写真は削除しなければなりませんが、もった
いなくて整理がぜんぜん捗りません。(likebirds夫)


by likebirds | 2017-02-12 22:49 | 北海道旅行 | Comments(16)
冬の北海道旅行 その9(風連湖の雪中の鷲達)
 全結氷した風連湖のオオワシとオジロワシ。
物凄くたくさん集まってきて、迫力満点でした。
雪が激しく降って少し困惑しましたが、雪の中のワシ達の生き生きとした姿はとても素敵でした。
(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧ください




早朝 あ~あ、また雪です  ですから今回は雪中の鷲達です
a0052080_15182893.jpg







眼前の風連湖は雪ですが、遠くの空は晴れているようです。。
a0052080_15193077.jpg






オオワシ オジロワシ トビ ハシブトガラス
a0052080_17505101.jpg






早朝の氷下待ち網漁の後、捨てられた雑魚に集まる海鷲やトビです
a0052080_21064796.jpg






若いオオワシとトビ
a0052080_21130854.jpg






先頭オジロワシ続いてオオワシ
a0052080_21455669.jpg






オジロワシ  風連湖は全氷でした
a0052080_21590715.jpg






枯れ松林の前を飛ぶ鷲達
a0052080_22521601.jpg



 早朝、風連湖の畔で伝統漁法の氷下待ち網漁で漁師さんが捨てた雑魚を食べに集まるオオワシとオジロワシを撮影しました。
午前9時からは宿泊したコテージでも凍った魚を蒔いて争奪戦をカメラマンたちに見せてくれるのですが、これはその前です。
 朝起きてみると雪が降っていて、それも一時は激しい降り方になり撮影できなくなるのでは?と心配しました。幸い、雪は
コテージの餌蒔きの頃にはやんでくれました。
まだ幾分暗い朝の雪の中を飛ぶ鷲達は何やら幻想的でファインダーの中の絵を見ているようでした。
 この日はどういう訳か未だにわからないのですが、カメラの画像サイズの設定がJPGスモールサイズに設定されていて大
部分をそれで撮影してしまいました。 画像サイズが1/4しかないのでどうなるかと気を揉みましたが結果的には現像の手
間が省けました。


by likebirds | 2017-02-11 22:56 | 北海道旅行 | Comments(12)
冬の北海道旅行 その8(本別海の一本松 オジロワシ)
 一本松に止まるオジロワシを撮りに行ってきました。
朝焼け色の空と太陽を背に、大きく枝を広げた一本松に止まるオジロワシの姿は蒔絵のような美しさでした。
(likebirds妻)

写真をクリックして拡大画像をご覧ください





クチョロ原野付近の釧路川
a0052080_18391380.jpg






高台からコッタロ原野の眺望
a0052080_18391489.jpg






立木の天辺にオジロワシ
a0052080_18413305.jpg






走古丹へ向かう途中
a0052080_18391433.jpg






「本別海一本松」  1月17日昼過ぎに撮影  夜明けを撮影するための下見です
オジロワシがとまっていました  その上をもう1羽が通過します
a0052080_18484455.jpg






4日後の21日夜明けの一本松を撮りに行きました  オジロワシはまだ来ません
a0052080_21555502.jpg







やっとオジロワシが飛んできました
a0052080_21564142.jpg








a0052080_21572320.jpg








a0052080_21574440.jpg








a0052080_21581834.jpg


 「本別海一本松」は別海町指定文化財とのことです。 明治初期に西別川の漁労の番屋の横に生えていたものだそうです。
当時は2・3本あったそうですが、130年間の風雪に耐えてきたのはこの1本のみなのだと聞きました。(別海町役場HPを見て)
 この一本松に夜明けと同時に飛んでくるオジロワシを撮影するのが定番だそうです。自分たちも1月21日にチャレンジしました。
撮影4日前の1月17日に案内していただいて下見をしました。 下見のその日、ここへ来る途中で凄いヘマをやってしまいました。
 路肩に駐車しようとして自分の車を道路から落としてしまいました。 左に車を寄せ始めたら、突然車体がドンと45度
傾いて動けなくなりました。 降雪で見えなかったのですが、道路から脱輪してしまったのでした。 幸い、同行の方の1人に
この付近にお住まいの方が居て、付近の農家の巨大なトラクターで引き上げていただきました。 
 同行の皆さんにもご迷惑を掛けました。 本当に何度お礼とお詫びを申し上げても足りません。(likebirds夫)

 

by likebirds | 2017-02-10 23:57 | 北海道旅行 | Comments(10)
冬の北海道旅行 その5 (鶴居村から移動中 オジロワシ、オオワシ)
 タンチョウを見てから移動する途中で、前を走っていた友人の車が止まったので、道路わきの斜面を見ると
一本の木にオオワシとオジロワシが止まっていました。その近くにもオオワシが・・・。
雪景色のオオワシとオジロワシをいっぺんに見ることができて、興奮しました。
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください



右の木にオオワシの成鳥が居ました  左は上からカラス、オオワシ若鳥、オジロワシ成鳥です
a0052080_22383865.jpg







a0052080_21435110.jpg






枝の雪を蹴散らしてオジロワシが飛びました
a0052080_21545726.jpg






真上を旋回、ノートリです
a0052080_22570579.jpg






続いてオオワシ若鳥の飛び出しです
a0052080_22405523.jpg






オオワシは若いうちからクチバシがオレンジ色です
a0052080_22410803.jpg






オオワシ若も旋回
a0052080_21300922.jpg






気が付くと右の木のオオワシの成鳥も飛び出していました
a0052080_22433291.jpg

 1月13日からの北海道旅行をUPしています。
 阿寒ツルセンターと音羽橋のタンチョウをUPしてきましたが、タンチョウは伊藤サンクチュアリ、鶴見台とまだ続きます。
 ちょっと目先を変えてオオワシとオジロワシをUPしてみます。今回の旅行でオオワシとオジロワシはお腹いっぱい見ることが
出来たのですが、この頃はまだ目新しくて見るたびに撮りました。鶴居村からコッタロ原野へ向かう途中の山道で見たものです。(likebirds夫)



More 音羽橋の真上を飛んだオジロワシ
by likebirds | 2017-02-04 12:31 | 北海道旅行 | Comments(8)
オジロワシ  北海道旅行その29  風連湖
 風連湖岸で休んでいたオジロワシの1羽が、ぱっと飛び立ちました。
湖面を滑るように飛び始めだんだん高く飛んで、見る見るこちらに向かって飛んできました。
目の前を飛ぶオジロワシの迫力に圧倒されて、手持ちで撮っている手が震えました。
オジロワシはそのままUターンして、元の場所へ戻り森の中へ入っていきました。
美しい風連湖を飛ぶオジロワシは本当に素敵でした。(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧下さい


最初は2羽並んでこちらを向いていたのですが、1羽になってしまいました
a0052080_14484585.jpg







湖面を滑るように飛んでいます
a0052080_14035677.jpg







だんだん上昇しました
a0052080_14042770.jpg







木立を背景に息を呑む美しさでした
a0052080_14045452.jpg






どんどん空に上がっていきます
a0052080_14052207.jpg







そのまま飛び去るかと思いましたが
a0052080_14054042.jpg







だんだんこちらに向かってきます
a0052080_14062134.jpg








あっという間に目の前を横切ったのです
a0052080_14064449.jpg







目の前を飛ぶオジロワシは怖いほど大きかったです
a0052080_14065860.jpg







ハシブトガラスの攻撃の後、身を翻して着陸態勢へ
a0052080_15050283.jpg







オジロワシの白い尾羽がきれいに広がって見えました
a0052080_15050298.jpg






元いた浜へ下りるかと思いましたが、気持ちが変わったようです  右旋回しました
a0052080_15050289.jpg






 別個体です  ぐるりと回って、元の湖岸の奥の森へと入っていきました
a0052080_14071515.jpg



 風連湖にある道の駅「スワン44ねむろ」に昼食をとろうと立ち寄ったときのことです。ここは大きな駐車場があり、観光
バスの立ち寄り場所でもあります。車中泊をする人も多いところのようです。
 広いガラス張りのラウンジがあり、美しい森に囲まれた風連湖を見下ろすように一望できました。首に下げている双眼鏡で
風景を見ながら、見通しの良い席を見つけてラーメンを頼みました。寒かったこともありますが、和食や和食風の料理に幾分
飽きてきて醤油ラーメンを食べることで意見が一致しました。
 ウェイトレスさんにラーメンを注文した直後に、likebirds妻が「あれ、オジロワシじゃない?」と言うので、双眼鏡で見る
と白っぽいオジロワシが2羽仲良く並んでこちらを向いていました。
 この展望レストランの広いガラスの下は風連湖の湖面からは10mほど高い位置にあり、真正面は風連湖、向かって右側は
草地になっていてその先に3方を草に囲まれた小さな土浜がありました。その砂浜の端にオジロワシがいたのです。すぐに撮
りに行きたいところですが、ラーメンは注文済みです。ここは食券などではなく、後払いなのでそのまま出て行ったら実質的
に喰い逃げですからラーメンが来るのを待つしかありませんでした。
 ところがラーメンはなかなか来ませんでした。都会の素早いデリバリに慣れた身としては到底信じがたい時間です。いよい
よ来たと思うと自分達の席を素通りして別の席へ持って行きます。そんなことが数回ありました。「なんでみんながラーメン
を頼むのか?」などと筋違いの疑問も涌いてきました。何かに待たせられるとスマホをいじって時間を過ごすのですが、オジ
ロワシが今にも飛び去りそうな気がして、このときばかりはそれどころではありませんでした。
 自分はズル賢くアサッテの方向を見ながら横目でときどきオジロワシを見ていたのですが、likebirds妻は双眼鏡を使って夢
中でオジロワシを見るので、やがて一般の観光客にもバレてしまいました。そうなったら大変です。自分たちもそうなんです
が、異常低温と霧で寒いし見えないの2重苦で退屈し切っていたでしょうから、さざ波のように知れわたりました。あわてて
外へ駆け出していく人、テーブルのお食事を必死に口へ掻き込む人、デジカメを出す人、ガラス越しにスマホで撮ろうとする
人(50m以上あるので到底無理です)。あまり混んではいませんでしたが、少なくとも30人以上は居たと思います。ガラ
ス張りの中から外を見ると、数人づつが小走りに湖畔へ続く小道を走っていきます。小道は途中で途絶えてオジロワシの場所
までは行くことは出来ないのですが、その行き止まりで人だかりが出来ました。当たり前ですが、オジロワシは飛びました。
その中で自分達2人は為す術もなくただただラーメンの到着を待ちました。
 まったく誰のせいでもありませんが、腹の立つことにそれでもラーメンは来ません。やっとラーメンが運ばれてきて「も
う、遅いよ!」と心の中で言いながら受け取ろうとしたら、それがまた素通りで別の席へ行きました。「誰がラーメンなんか
頼もうと言ったんだ!」(自分です)と言ってみたりする頃になって、やっと満面の笑みのウェイトレス(すらっとした美人
で、しかも制服はCAふうです)さんがラーメンを持ってきてくれました。
制服はCA風です)でラーメンが届けられました。ラーメンの味は夫婦共にわかりません。ただ熱いのを必死に口でフーフー
しながら呑み込みました。もともと塩分制限で汁は飲みませんが。
 あえて書かせて頂けば、食後に伝票を持って会計所へ行きましたが、払おうにも誰も居ません。そういうときにピンポーン
と押す呼び出しボタンも無かったです。
 そんなこんなで食堂を出て湖畔へ向かった頃には、一般の観光客さんたちは飽きてしまって数人しか居ませんでした。幸運
なことに、1羽が湖浜の隅に居るのを見つけました。持っていたのが手持ち用の撮影機材だったのが残念でした。遠くにポツ
ンといるオジロワシを手持ちで撮るはあまりにも厳しいので、少し離れた駐車場に置いた車を近くまで移動してそこに積んで
あるレンズ・三脚で撮ろうということになり車を取りに行きました。車を運転して戻ってくるとlikebirds妻はオジロワシの場
所を離れて駐車場で待っていました。オジロワシは私が車を取りにその場を離れるとすぐに飛び立ち湖面を飛んでしまったと
いうのです。オジロワシが飛んで湖面を滑空するのを数カット撮って、あとは一刻も早く私に知らせようと駐車場に来て待っ
ていたという訳です。これには呆れてしまいました。待っていなくても走って車まで行き、急いで現場へ戻ります。駐車場ま
で迎えに来てもらわなくても大人ですから自分で行けます。その場に留まってオジロワシの良い場面を1枚でも多く撮ってい
てくれたほうがありがたかったです。(気持ちはわかるのですが)  三脚等出している暇はないと思い、結局手持ちの機材
のまま2人で湖畔に走りました。
 物事が裏目ばかりに出るので幾分気落ちしながら走りましたが、オジロワシはまだ飛び続けていてちょうど湖畔の草地で身
を翻している最中でした。写真には写っていませんが、直前にハシブトガラスのモビングを受けていたようです。
 いろいろありましたが、何とか深い緑の森を背景に草地の上で身を翻すオジロワシを数カット撮ることができました。2人
とも慣れない手持ちで上手くは撮れませんでしたがまぁ”良し”です。
 鳥見の楽しみには、似たのがいてわかりにくい鳥の眉斑の色や頭央線、翼の裏側を見たり、尾羽の数を数えたり、その他鳴
き声やいろいろ確認するのも楽しいことは楽しいのですが、わかりやすい鳥をバシッと見るもの気持ちが良いです。オジロワ
シは成鳥ならば誰が見ても文句なしのオジロワシですから最初から見たとたんにスッキリします。北海道に来て最初に見たク
マゲラもそうだったのですが、カッコ良くてわかりやすいオジロワシを近くで見ることができて気分は上々でした。
「ジ オジロワシーー!!」という気分で撮影できます。(likebirds夫)





by likebirds | 2015-08-06 06:00 | 北海道旅行 | Comments(10)