タグ:オナガミズナギドリ ( 3 ) タグの人気記事
カツオドリ、オナガミズナギドリ、アナドリの雛たち 小笠原・硫黄島3島クルーズツアー(4)南島
  昼前に父島に上陸、焼け付くような日差しは眩しいほどでしたが、日影に入ると風が爽やかでした。
昼食を済ませてから、南島クルーズです。
穏やかな海に浮かぶ小さな南島は、全体がごつごつした岩場で出来ていて、とても歩きにくいところでした。
でも、絶景の扇池やカツオドリの雛など、ここに来なければ見ることに出来ない素晴らしい景色を見ることができて、本当によかったと思いました。
(likebirds妻)





写真をクリックして拡大画像をご覧ください

国の天然記念物南島上陸後の写真は東京都自然ガイドの指導・管理の下撮影しました





午前11時父島二見港に到着  あまりにもつまらない月並み写真でごめんなさい
a0052080_19020443.jpg






取りあえず撮った父島のメジロです。。ほんの少しクチバシが長い気がします
a0052080_19070764.jpg






昼過ぎに南島へ行くクルーズ船「ピンクドルフィン」  ド派手さ充分です!
a0052080_19025225.jpg






さあ! 南島に向けて出港です  後ろに父島二見港が見えます
a0052080_21525591.jpg







南島が近づくと船から可愛いカツオドリの皆が見えました  これは可愛い!
a0052080_10361915.jpg






海に張り出す岩場にちょこんと座ったカツオドリの雛、船からの撮影です
a0052080_10234130.jpg






少し進むとまた。。。揺れる船からの撮影です
a0052080_10240203.jpg





南島上陸後の写真は東京都自然ガイドの指導・管理の下撮影しました





船から下りて急な崖を登るとここにもカツオドリの雛が
a0052080_10242834.jpg







東京都自然ガイドさんに促されて岩穴を覗くと。。オナガミズナギドリの雛だそうです
a0052080_11093091.jpg







アナドリの雛  向こうを向いて座っていました
a0052080_11112835.jpg







別のオナガミズナギドリの雛  岩穴ではなく親が掘った穴とのこと
a0052080_11131615.jpg





綿帽子のような産毛、暑くないのかしら??
a0052080_10250550.jpg





頭の産毛が取れてカツオドリらしくなった雛
a0052080_10253256.jpg







翼をバタつかせてくれました  もうすぐ巣立ちでしょうか
a0052080_10392703.jpg






絶滅したヒロベソカタマイマイ
a0052080_11453785.jpg







半化石となってビーチの砂浜一面に散らばっていました
a0052080_11455181.jpg







這い蹲るように登った南島の高台から望む扇池の絶景。苦労した甲斐がありました
a0052080_16492443.jpg








扇池の反対側も絶景です  手前の緑は外来種とのこと
a0052080_12573561.jpg




[MORE]小笠原諸島の南島で撮ったその他の写真もご覧ください





 9月9日、小笠原・硫黄島3島クルーズツアー2日目午前11時におがさわら丸は父島二見港へ到着しました。11時半には父島への

上陸完了です。

 私たち夫婦は国の天然記念物の南島へのオプションを申し込んでありました。一旦解散の後、午後12時半に再集合です。それまでに

昼食を済ませなければなりません。食べ物屋はたくさんあり何でも食べられます。同じツアーを申し込んでいた先輩Sさんに付いて行き、

直ぐそばの売店で名物島寿司を買いました。

ここの寿司は島寿司本来のサワラではなく高級なカジキだとお店で聞きました。名物は後でも食べられるので、それを買い付近の東屋で

昼食にしました。

 この時の父島の気温は30度くらいで東京の酷暑ほどではありません。日陰に入って風に吹かれると涼しくて快適で死した。それでも

紫外線量は半端ではありません。照り返しも強く、慣れるまではサングラスが必須です。

 昼食後、スーパーやお土産店などを下見しているとあっという間に南島行の集合時刻になりました。午後1時、ピンク色の小型クルーズ

船「ピンクドルフィン」号で南島に向け出発です。波に揺られ潮風に吹かれながらピンクドルフィンは海原を快走し、約45分ほどで南島に

到着しました。到着前に南島の岸には何羽かのカツオドリの雛が岩の上にゴロンと座っていてとても可愛かったです。何枚も写真を

撮りました。こんな場所に外来肉食生物でも入ったらあっという間に遣られてしまうでしょう。

 南島には桟橋が無く、船の舳先から岩場へ下りて急こう配の崖をよじ登らなければならないと聞いていましたが、崖には階段と手摺が

設置されていました。動作のとろい私たちはかなり心配していましたが、これには助かりました。

 東京自然ガイドさんに引率されて島内の見物です。岩場にはカツオドリの雛が鎮座、透明な海の中には青緑色の鮫のような魚が泳いで

います。鳥の声で見上げると高いところにイソヒヨドリ、草地にはダイサギやセイタカシギが見えました。東京都自然ガイドさんに促されて

外来種灌木の茂る岩の穴を覗くとオナガミズナギドリの雛やアナドリの雛が見えました。この季節の南島では繁殖期が過ぎていて、

雛を見ることは出来ないだろうと諦めていましたが、可愛い雛たちを見ることが出来て感激でした。季節の気温差の少ない小笠原地方では

繁殖時期が比較的長いのかもしれません。

 南島のオプショナルツアーは楽しかったですが、思ったよりはよっぽどハードでした。平地は少なく、どこも急峻な岩場ばかりで

落ち着いて立っていられる場所がほとんどありませんでした。自分たちだけだったら絶対に登らない超急こう配の踏み分け道を登り下りします。

道中の外来の灌木は掴むとすぐに折れるので危なくて掴ることが出来ません。嫌でしたが置いて行かれるとシャレにならないと思って必死に

崖を登って下りました。でも滝の汗をかきながら登り切った高台からの眺めは文字通りの絶景でした。船の付いた鮫池、岩に穴の開いた扇池、

遠くには父島も見えました。扇池の砂浜で見た既に絶滅しているヒロベソカタマイマイが半化石となって散乱している様も壮観でした。

 南島は東京都自然ガイド同行必須で、1日の上陸人数制限や時間制限もある天然記念物ですが時間があれば1度は見ておいて損はない

と思いました。

 帰りの船は2階席に乗りましたが、疲れて居眠りをしてしまい椅子から派手に転げ落ちました。A社のガイドさん2名に見られてしまい

恥をかきました。(likebirds夫)

宜しければ[MORE]小笠原諸島の南島で撮ったその他の写真もご覧ください




More 小笠原諸島の南島で撮ったその他の写真
by likebirds | 2017-09-20 17:10 | 小笠原諸島・航路 | Comments(7)
アカアシカツオドリ カツオドリ オナガミズナギドリ 小笠原・硫黄島3島クルーズツアー(3)ケータ列島~父島
  海の色はだんだんと青さを増して眩しく光ります。
次々に飛んでくるカツオドリの中に真っ白な鳥の姿が現れました。
アカアシカツオドリが船首の方からまっしぐらに飛んできたのです。
その後も船を追いつ追われつずっと飛んでくれました。
迫力ある飛翔姿に愛嬌たっぷりの可愛い顔、本当に魅力的な姿に夢中でシャッターを切りました。
(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧ください



アカアシカツオドリ登場! 初見初撮りです。赤い足が少しだけ見えます
a0052080_21421351.jpg







おーい  君に会うためにはるばるやって来たんだー!
a0052080_08271554.jpg







船に付いて飛んでくれます。嬉しい!
a0052080_21430244.jpg






カツオドリと競うようにスピードを上げます。
a0052080_21434511.jpg







カツオドリとアカアシカツオドリ  仲良く並翔です
a0052080_08251734.jpg







アカアシカツオドリ  青いクチバシにピンクの顔と赤い足
a0052080_08284725.jpg







カツオドリ♀も目の前通過
a0052080_21441523.jpg






今度はカツオドリ♂が通過
a0052080_11244364.jpg






オナガミズナギドリ  まずは背中側  朝のうちに何回か出てくれましたが、ほとんど撮り損ないました
a0052080_16503925.jpg






オナガミズナギドリの腹側です
a0052080_16504006.jpg







以前の弾丸ツアーではオナガミズナギドリばかりで飽きたのに。。
a0052080_16562241.jpg






今回はサービスの悪かったオナガミズナギドリでした
a0052080_16562235.jpg





 9月9日、旅行2日目の午前7時40分頃にカツオドリの群れに白い1羽が混じりました。待望のアカアシカツオドリです。

 アカアシカツオドリの登場にデッキの観衆も一気に沸き立ちました。白い身体で遠くを飛んだり、怖いほど近寄って来たり、

あるときは水平線の上を、またある時は青い海の上を舐めるように飛び、急上昇と急降下を断続的に繰り返すのですから堪りません。

 この説明の全く要らない誰にでも一目で見るだけで判るヒーロー(ヒロインかもしれませんが)は自分好みのど真ん中の鳥さんです。

微妙な識別が野鳥観察の醍醐味だというベテランの方たちのご意見には全く異存がありませんが、自分の好みとしては路傍の石の微妙な

違いよりは断層で見つけた光る金脈がより好きと言う感じです。街で見かけた渋い脇役俳優女優さんにも興味はありますが、判りやすい

目立つ格好で出て来てくれたガッキーの方がやっぱり断然好きなんです。もっともそんなことをその時に考えていたわけではありません。

もう夢中でアカアシカツオドリをファインダーで追い駆けて猛烈な枚数を撮りまくりました。それでもカツオドリやアカアシカツオドリは

我々の乗ったおがさわら丸にずっと付いてきて離れようとはしませんでした。

 最初の興奮が少し収まり気分が落ち着いてきた頃にこの素敵な鳥さんをゆっくりと眺めると翼の表裏に焦げ茶色の斑が見えます。

「海鳥ハンドブック」にある成鳥にはそれが見られません。幼鳥や亜成鳥と言う訳ではなく、成鳥で比較的若い個体なんだろうと思います。

 この旅行で絶対に見たい鳥のひとつ「アカアシカツオドリ」クリアです。にんまり。あぁ来て良かった~~!

 忘れちゃかわいそうなのがオナガミズナギドリです。遠目でも頭が黒いので、白く見えるオオミズナギドリと区別できます。

前回の0泊3日の航路ではこればっかりでもう見飽きたと思っていたのですが、再三に渡り見つけられなかったり撮り損なうと

だんだん意地が出てきます。

 デッキの船首側に三脚が据えられなかったことも影響していたのだろうと思います。海鳥の居るところに船が突入すると基本的には

海鳥は逃げて離れていきます。それで船首側では近い海鳥も船の後方では逃げてしまい鳥が遠いのかもしれません。また、船首側の方が

レンズを後方に振って通り過ぎた海鳥を捕えることも出来ます。つまり野鳥観察や撮影チャンスの時間が長いのではないでしょうか。

 どうかこれから航路の海鳥を見に行く方は早起きをして低い階の船首側を確保してください。とても混み合い、風が強かったり、

波しぶきをかぶることもあるようですが。(likebirds夫)

by likebirds | 2017-09-18 12:15 | 小笠原諸島・航路 | Comments(10)
オナガミズナギドリ
 この時は飛んできてくれるのはオナガミズナギドリばかりが続きました。
航路ではシロハラミズナギドリも期待できますと聞いていましたので「今度こそはシロハラミズナギドリも!」と
ワクワクしていると「またオナガー」の声が・・・
「違うのも飛んできてほしいなぁ」とオナガミズナギドリには失礼なことを言いながらも波間を颯爽と飛ぶオナガミズナギドリの姿を堪能しました。
結局シロハラミズナギドリは一度も飛びませんでした。(likebirds妻)





a0052080_15361730.jpg







a0052080_15370406.jpg







a0052080_15392565.jpg






オナガミズナギドリが何かを咥えているように見えました。 あわててシャッターを切ったときには落としてしまっていました。
a0052080_18032030.jpg







次の瞬間に水面に下りて咥えなおして水面を助走します
a0052080_18110359.jpg







やはり、一旦海に下りてしまうとなかなか飛び上がれませんでした。
a0052080_18032004.jpg







飛び上がりました。  咥えていたのはアカイカらしいそうです。
a0052080_18032016.jpg



 オナガミズナギドリも嬉しい初見初撮りです。竹下桟橋を出航してしばらくはオオミズナギドリばかり出てきていたのですが、だんだん少なくなる頃から選手交代するようにこのオナガミズナギドリが出てくるようになりました。最初のうちは嬉しくて夢中で見たり撮影したりしていたのですが、次はどんな鳥が出てくるだろうと期待に胸を膨らませていると金太郎飴のようにオナガミズナギドリが出てきました。潮流の変化のためか、海鳥の出が悪くて手持ち無沙汰の時間がかなりありました。何でも良いから飛んでいる鳥がを見たいと切望していると決まってオナガミズナギドリだけが飛んできました。ガイドの♪鳥くんも最初の頃の「オナガミズナギドリ! **時の方向!!」から「オナガミズナギドリ~~」へ変わってきました。しまいには「またオナガ~~」になってしまいました。それほど一つ覚えのオナガミズナギドリでしたが、アカイカを捕まえて咥えて飛ぶ姿を見たときには心が躍りました。でもそのあともオナガミズナギドリばかりだったのでやはり飽きました。そんな態度だからオガサワラヒメミズナギドリを見逃したのだと言われても特に反論はありませんが。小笠原航路の写真を見るたびにオガサワラミズナギドリの部分は大急ぎで通過しています。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-04-13 21:11 | 小笠原諸島・航路 | Comments(2)