タグ:オバシギ ( 8 ) タグの人気記事
オバシギ、コオバシギ
 午後の干潟は逆光で、波がきらきら光って綺麗でしたが、鳥の姿は見えにくかったです。
オバシギやコオバシギを見るのもとても久しぶりでした。
既に地味な冬羽に換羽していましたが、とても可愛らしかったです。(likebirds妻)

写真をクリックして拡大画像をご覧下さい



最初にオバシギを見つけたのはネットの向こう側でした
a0052080_11272145.jpg






貝を食べるオバシギ
a0052080_10484062.jpg






オバシギ
a0052080_10485583.jpg







オバシギ  出水辺で羽ばたき
a0052080_10490941.jpg







オバシギ3羽  略してオバサン!
a0052080_11383522.jpg






オバシギを真横から
a0052080_11212132.jpg







コオバシギを同じく真横から  羽縁に沿ってすぐ内側に濃い線が見えるので幼鳥ですね
a0052080_11212104.jpg







コオバシギ
a0052080_10493687.jpg






元気な姿も見せてくれたコオバシギ幼鳥
a0052080_11230897.jpg





コオバシギ(左)オバシギ(右)
a0052080_10495266.jpg







手前のコオバシギ2羽とその奥のオバシギ  なるほどクチバシの長さが違いますね
a0052080_11331955.jpg






上段右からオオソリハシシギ、コオバシギ、ミユビシギ2羽、オバシギ、ミユビシギ、後ろに顔の隠れたオバシギ
a0052080_11343092.jpg






撮った時には両方オバシギで左は冬羽と思ったんですが...帰ってから写真を見ると???
a0052080_12101717.jpg


 話題のアライソシギとオバシギのハイブリッドを探しに行きましたが見つけられませんでした。日曜日のほうが鳥見人も
多くて探す手間が省けると思いましたが、居たのは行楽客ばかりで鳥はあまり浜に下りてきませんでした。干潟の鳥に
詳しい人達は事情をそういう知っているのか、とても少なかったです。とくに午前中はほとんど鳥の居ない状態でした。昼から
出直すと逆光で羽衣が良く見えずに泣く羽目に。こういう他力本願の姿勢では識別眼は養われないことはわかっているのですが
生来の安易に傾く傾向はなかなか手強く容易には治りません。唯一、とても詳しい方とばったり出会うことが出来たのですが
この日は可愛いお孫さんと貝拾いでした。
 眩しくて仕方が無いので、クチバシ短めのオバシギをシルエットで探しました。そのほか、正面の太陽を避けて右や左から
見てみたり、何とか回り込めないかとか色々やってみました。クチバシ短めのオバシギをシルエットで探すと
コオバシギにぶち当たります。
 でもコオバシギなんです。身体の黒さや下クチバシの基部の色を確認する前にもうコテコテのコオバシギなんです。
 結局、冒頭に書きましたが、それしき鳥さんは見つけられませんでした。
 そんなこんなでオバシギとコオバシギの写真はたくさん撮りました。もったいないのでたくさんUPします。
(likebirds夫)

by likebirds | 2015-10-05 14:03 | 野鳥観察 | Comments(8)
アメリカウズラシギ
 アメリカウズラシギを久しぶりに見ることができました。
なかなかじっとしてくれず、早足で田んぼを走り回ったかと思うと、畦の草に隠れてしまいます。
もう少し近くで見たかったのですが、出会えただけでラッキーでした。(likebirds妻)



胸の黒い縦斑と白っぽい腹部の境界がはっきりしているのはアメリカウズラシギと図鑑に書いてあります
a0052080_1933422.jpg


頭部などに赤みがないので成鳥夏羽ではないでしょうか
a0052080_19332428.jpg


見返り
a0052080_19335887.jpg


餌をパクリ  左側の羽毛は少し抜けていました
a0052080_19341635.jpg


胸の縦斑が強いので雄かも...
a0052080_19343230.jpg


ヒバリシギと一緒に行動していました  右側は抜けている羽毛はありませんでした
a0052080_19351992.jpg


オバシギ(手前)と並びました
a0052080_19353997.jpg



a0052080_19355994.jpg

 
 かなり久しぶりのブログ更新です。
 先月8月は暑さに負けて鳥見は一度だけでした。休耕田にアメリカウズラシギがいました。見たのは昼過ぎの真逆光だったので困り果てました。しばらく付近を廻ってケリやコアオアシギなどを見て時間をつぶしてから夕方になって戻るとまだ居てくれました。陽も傾いて反逆光になり、幾分見易くなりました。アメリカウズラシギと言えば大抵は幼鳥だということです。以前、別の場所で見たときも幼鳥でした。この個体は成鳥だと思うのですが、さてどうでしょう? 雄成鳥ならうれしいのですが。(likebirds夫)
by likebirds | 2013-09-11 20:14 | 野鳥観察 | Comments(2)
オバシギ、コオバシギ
 コオバシギの夏羽、このあでやかなまでの美しさに出会ったのは初めてでした。
そして、幾何学模様のようなおしゃれなオバシギ。
のどかな干潟で思い思いに餌探しをしたり、昼寝をしたり・・・輝くような美しさに見とれました。(likebirds妻)

likebirds夫;40D+500mmF4.0  コオバシギ  かなりメタボな印象を受けました (クリックすると大きな写真が見れます)
a0052080_20235435.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  コオバシギ
a0052080_20241319.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  オバシギ
a0052080_20242658.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  コオバシギ(左)とオバシギ(右)
a0052080_20243749.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  オバシギ(左)とコオバシギ(右) (クリックすると大きな写真が見れます)
a0052080_20244723.jpg


 数年前鳥友に言われたことがあります。「山の夏鳥を見るのを少し我慢すれば、シギチドリの見事な夏羽を見られるよ!」
 そう思うのですが、毎年欲張って二兎を追いかけてしまいます。GW中、綺麗なコオバシギの夏羽を近くで見ることが出来て満足しました。
他にはオオソリハシシギやハマシギ、トウネン、メダイチドリなどの夏羽を楽しむことが出来ました。午後2時頃までここに未見のサルハマシギもいたそうです。我々の到着は3時過ぎでした。来年の楽しみにしておきます。(likebirds夫)
by likebirds | 2010-05-17 20:53 | 野鳥観察 | Comments(8)
コオバシギ、オバシギ
 夏羽のシギたちを見ようと早朝出かけました。
干潟に着くと、凄い数の車、車・・・そして人、人、人・・・
まるで真夏の海水浴場のようです。
あまりの人の多さに驚いて、一時は帰ろうかと思いました。
でも、気を取り直して干潟に行ってみると、やはり凄い人。
潮干狩りの一番良い日だったのです^^;。
それでも干潟には、鮮やかな夏色のシギ達やコアジサシ、アジサシなどがたくさん餌探しをしていました。
賑やかなシギたちやコアジサシをたくさん撮りましたが、潮が引いて鳥も遠くなったので、谷津干潟に移動。
でも、鳥達はまばら・・・
仕方なく、コアジサシを探しに移動しましたが、鳥影はなく・・・メリケンキアシもまだ来ていないとのこと・・・
谷津干潟の観察屋根の下でノンビリと遠くの鳥を眺めながら休んでいると、潮が満ちてくるに連れて、だんだんと鳥達がやってきました。
そろそろ帰ろうかと思った頃、オバシギがやってきてくれました。
最後にオバシギの夏羽を撮ることができ、弾んだ気分になりました。(likebirds妻)


likebirds夫;30D+500mmF4.0  コオバシギ  撮れたのはこの一枚だけでした
a0052080_19522462.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  やっとオバシギが飛んできました
a0052080_19524662.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  ワクワクします
a0052080_1953426.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  オバシギ、右と後ろはキョウジョシギ
a0052080_19532827.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  オバシギ、手前はハマシギ
a0052080_19534829.jpg


三番瀬へ着くと早朝6時にもかかわらず凄い車の数でした。結局、車を止めるのに30分以上かかってしまいました。この30分が痛かったです。干潟に出るとカメラマンがコオバシギを撮り終えた直後でした。場所を教えて頂き1枚撮って、双眼鏡で確認するともう居ませんでした。
アジサシ、コアジサシの混群やオオソリハシシギ、トウネン、ミユビシギ、メダイチドリなどの見事な夏羽を楽しみましたが、潮干狩りの人たちに押し出されるように三番瀬を後にしました。
谷津干潟に移ると野鳥観察の人はほとんど居ませんでした。キアシシギが1羽見える程度でハマシギ、アオサギさえ居ませんでした。
しばらく待っていると潮が満ち始め、野鳥観察の人たちも集まり始めました。メダイチドリ、キアシシギ、オオソリハシシギ、ムナグロ、コアジサシその他が飛んで来始めると、地元のベテランの方達もぞくぞくお出でになりました。(さすが地元!)
はるか彼方の点にしか見えない鳥を肉眼や双眼鏡で「オオメダイチドリだ!」、「オバシギだ!」と次々見つけられ関心させされました。
残念ながら目的のメリケンキアシシギは来ていないと教えていただき見に行きませんでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-05-22 20:49 | 野鳥観察 | Comments(14)
オバシギ
 渡りのシギチに会いに干潟にでかけました。
早朝の海はすでに潮が引いて、広い干潟が出来ていました。
朝日を浴びながら、たくさんの海鳥たちがかたまって餌探しをしたり、水浴びをしたり、羽繕いをしたりと、のどかな海辺の風景が広がっていました。
この朝、おあいしたKさんが、オバシギが入ったよ!と教えてくださいました。
たくさんの、ハマシギやユリカモメ、ウミネコ、カモメなどに混じって、最初は数羽のオバシギを見つけました。
午後になって、潮が満ちてた波打ち際で12羽ほどのオバシギが、見つけた貝を取り合って追いかけっこをしていました。
すぐに餌の取り合いが終わってしまったので、もう一度走り回らないかと見ていたら突然飛び立ちました。 
目の前を飛ぶオバシギは、小紋のような美しい模様の羽が光ってとても綺麗でした。夏羽になっている個体もいて、羽のオレンジ色が綺麗でした。
この日は、色々な方とお会いできて、とても楽しい一日でした。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0  羽縁が白く綺麗な鱗模様に見えます  肩羽にはところどころにオレンジ色が入ります
a0052080_19485970.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  首から下にかなり濃い黒斑があります
a0052080_19482729.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  ゴカイなどをほじくり出して食べていたようですが、貝も好物のようです
a0052080_19484794.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  すこしメタボ体形ですが、眺めの良いシギです
a0052080_1949143.jpg


likebirds妻;40D+400mmF8 群れて餌の取り合いをしていましたが、いきなり飛び立ちました。一羽餌をくわえたまま飛んでいます^^。
a0052080_19493094.jpg


likebirds妻;40D+400mmF8 前方を横切って  オバシギの腰の白が目立ちます
a0052080_19494242.jpg


likebirds妻;40D+400mmF8 少し遠くなりました
a0052080_19495411.jpg


likebirds妻;40D+400mmF8 大きく旋回して、砂地に降り立ちました
a0052080_19501281.jpg


オバシギ夏羽は昨年5月が初見でした。約一年ぶりですが辛うじて覚えていました。日差しを浴びているオバシギのオレンジ色の羽毛の色が出るかどうか気になりました。そんなことをウダウダ考えているうちに、妻に豪快な飛び物を撮られてしまいました。「飛んでいるオバシギ、撮れた~!」の声に呆然としました。降立ったオバシギに「もう一度、近くで飛んで」とお願いしましたがダメでした。自分もオバシギの腰の白を撮りたかったです。悔しさを押し殺し、長靴で砂を踏みしめました。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-04-07 20:57 | 野鳥観察 | Comments(20)
干潟のシギチ達・・・オバシギ、ミユビシギ、トウネン
 夢中でヘラシギを撮っていたら、いつのまに潮が引いていて、あたりには広い砂浜が広がっていました。
 波打ち際にいた人たちはどんどん干潟のほうへ入っていました。岸辺で沖を見ているのは長靴をはいていない人ばかりでした。
私達もせっかく長靴を履いて来てのだからと、潮が引いた浜の沖へ行きました。干潟の潮溜まりにはたくさんのシギがいました。
 ここで私はやっとオバシギを撮ることが出来ました。オバシギは以前、遠くにいるのを撮っただけだったので、比較的近くで撮れて良かったです。
 またここには、たくさんのミユビシギもいました。ミユビシギは夏羽から冬羽に換羽中でいろいろな色合いのがいました。見た目はとても白っぽい鳥という印象でした。
ミユビシギも以前見たときは小さいシギと思ったのですが、トウネンと比べるとずっと大きかったです。
たくさんのシギチを一度に見ることが出来て、色や模様だけでなく、大きさも見比べることができて、とても勉強になった一日でした。
 でもここで覚えたことを、次に見るまで覚えていられるかが、一番の難問なのです・・・(泣)(likebirds妻)

likebirds妻;30D+400mm  のんびり歩くオバシギ
a0052080_2111697.jpg


likebirds夫;30D+500mm  妻のオバシギのほうが水の色がよいので、咥えものを
a0052080_21111927.jpg


likebirds夫;30D+500mm  トウネン
a0052080_21113594.jpg


likebirds妻;30D+400mm  ミユビシギ、後ろにいるのはトウネン
a0052080_21114883.jpg


 やっと識別できるようになったと思っても、帰って写真を見ると疑問が湧いてきます。箇条書きのように特徴を覚えている人がウラヤマシイです。順列組合せのようで頭が痛くなります。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-09-07 21:48 | 野鳥観察 | Comments(16)
トオネン、オバシギ、シロチドリ
 谷津干潟では、今回も初見の鳥さんに会えました。頭と喉がレンガ色で、体が小さめのトウネンです。頭が少し丸い感じでかわいかったです。
そして私は前回見逃したシロチドリを撮ることが出来ました。この子は目の前の干潟に何度も来て、じっと立っていました。「何をみているのかな?」と思って見ていると、突然すたすた歩いて遠くに行ってしまいます。鳥さんは、時にとても不思議な行動をします。それがまた魅力です。(likebirds妻)


likebirds夫;デジスコ  トオネンも初見初撮りです シギチはほとんどそうですが
a0052080_20473358.jpg


likebirds妻;30D+500mm  今回は割合と近くに来てくれたオバシギ。水浴びのあとちょっとだけ飛んで移動してました
a0052080_20474430.jpg


likebirds妻;30D+500mm  何度も目の前に来てくれたシロチドリのオス。頭の黒い模様が「大五郎」みたいでした
a0052080_20482620.jpg


likebirds夫;デジスコ  シロチドリ♀は地味ですねー 清楚と言っておきます
a0052080_20484466.jpg


 シギチを見ていると、そばの人がスコープを覗きながら「オバが10、20、30...」と数えだしました。「オバシギがそんなにいるのか!」と思ったら女性の団体さんでした。「なんだ、オバサンかぁ」などと周りの人が話しに加わりました。likebirds妻が「ここにも一人いますけど」と言うと急に黙ってしまいました。笑いそうになりましたが、グッとこらえました。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-05-16 21:20 | 野鳥観察 | Comments(8)
谷津干潟の続き
 GW初日に行った谷津干潟の続きです。さわやかな磯のかおりと賑やかな水鳥たちの声がいっぱいでとても気持ちのいい一日でした。
シギチ一年生の私たちは初見づくしでした。次々と名前を教えていただいたのですが、家に帰ったらすっかり混乱してしまい、もう一度本で調べ直しました(汗)
たくさんのシギたちにあえてとても楽しかったです。また行きたいです。(likebirds妻)

likebirds夫;デジスコ  シロチドリ
a0052080_21411789.jpg


likebirds夫;デジスコ  オバシギとハマシギ
a0052080_2118574.jpg


likebirds夫;デジスコ  コオバシギ
a0052080_21182465.jpg


likebirds妻;30D+500mmx1.4  湿地の水辺にいたメダイチドリ。後ろにカニさんもいました
a0052080_21191485.jpg


likebirds妻;30D+500mmx1.4  キョウジョシギもたくさんいました。皆で水浴びしたり飛び交ったりしてました
a0052080_21193468.jpg


likebirds妻;30D+500mmx1.4  ソリハシシギ、後ろはハマシギ。何故かずっと一緒にいました
a0052080_2120123.jpg


likebirds妻;30D+500mmx1.4   ずっと会いたいと思っていたダイゼン。黒と白がとても綺麗でした
a0052080_21202820.jpg


likebirds夫;30D+500mm  ハマシギ表側 メダイチドリが混じっています 上空にチョウゲンボウが現われ、眼前の鳥が一斉に飛び立ちました
a0052080_21205850.jpg


likebirds夫;30D+500mm  ハマシギ裏側
a0052080_21211721.jpg


 何回も書きますが、シギチは勉強中です。必死に覚えようとすると嫌いになりそうですが、覚えなければ面白さが半減します。ぼちぼち...というところでしょうか。また行きます。ソリハシギを見逃しましたから。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-05-10 21:59 | 野鳥観察 | Comments(6)