タグ:カヤクグリ ( 13 ) タグの人気記事
カヤクグリ
林道を歩き続けましたが、冬のカヤクグリはその名の通り藪の中ばかりを忙しそうに動き回るので写真に撮れませんでした。
諦めかけた頃、前方の舗道に下りているのを見つけることが出来ました。落ち穂を食べていたようです。(likebirds夫)
a0052080_18131209.jpg

by likebirds | 2015-01-17 08:28 | 野鳥観察 | Comments(0)
イワヒバリ、カヤクグリ
 ライチョウを探している時や、ホシガラスを見ている時、急にすぐ近くにやってきてくれたイワヒバリとカヤクグリ。
シックでとても愛らしい姿に癒されました。4(likebirds妻)


岩の上にポツンととまり、鳴きもせずじっとしていました
a0052080_2045566.jpg


飛び出しを狙いましたが全く飛びませんでした
a0052080_205957.jpg



a0052080_2053057.jpg


背景が岩場だとイワヒバリの模様は保護色のようです
a0052080_2054529.jpg


この子は今年生まれのイワヒバリのようです
a0052080_205554.jpg


朝すぐ前のハイマツの天辺に飛んできたカヤクグリ
a0052080_206851.jpg


 乗鞍で天気に荒れられたらしんどいですが、この日は雲ひとつなく天気良すぎでした。強い日差しで双眼鏡で覗くとハイマツも岩も鳥も光りまくっていました。
 イワヒバリの飛び出しを何回も狙いましたがトコトコ歩き回るのみで一向に飛びませんでした。仕方ありませんね。(likebirds夫)
by likebirds | 2013-10-03 20:31 | 野鳥観察 | Comments(4)
イワヒバリ、カヤクグリ
 イワヒバリは同じところに時々やって来て、とてもきれいな声で囀っていました。
お花畑では、餌を探しながらどんどん此方にやってきてくれ間近で見ることが出来て嬉しかったです。
カヤクグリは子育て中で、餌を咥えてはハイマツの中に運んでいました。
さわやかな高原で、可憐な高山のお花とイワヒバリやカヤクグリを見ることが出来て楽しかったです。(likebirds妻)

イワヒバリ
a0052080_20535721.jpg


イワヒバリ
a0052080_2054179.jpg


イワヒバリ  クロユリやチングルマの咲き乱れる高山のイワヒバリは最高です!
a0052080_20543483.jpg


イワヒバリ  岩の上で長い間囀りつづけていました
a0052080_20545788.jpg


イワヒバリ
a0052080_20551068.jpg


カヤクグリ  標高2700mの高地で子育てのために虫を捕まえたカヤクグリ
a0052080_20552487.jpg


コマクサに止まったクジャクチョウ
a0052080_20553624.jpg


 イワヒバリの声は周囲の岩山にコダマして一瞬何処から聞こえてくるのかわかりません。空を見上げたり、眼下の崖を見下ろしたりして探しているとなんと根の前の岩の上でした。 高山の岩の上で元気良く囀り続けるイワヒバリを眺めていると「上手いネーミングだなー」とつくづく思います。
 それに反してカヤクグリという名前は冬季に平地で見たときに名づけられたのかの知れませんね。寒い頃、藪の下のほうで鈴を転がすような声で鳴いている姿を見て「上手いネーミングだなー」と思ったことがありました。冬のカヤクグリは可愛い感じですが、夏の高山での子育ての姿を見るととても逞しい印象で気分も高揚します。
 数々の高山植物が所狭しと咲き乱れる浮世離れした別世界でみるイワヒバリとカヤクグリは最高でした。(likebirds夫)
by likebirds | 2012-08-28 22:04 | 野鳥観察 | Comments(8)
イワヒバリ、カヤクグリ、アマツバメ
 猛暑の街を離れ、夫のリハビリを兼ねてプチ登山に行きました。
さわやかな空気と風。でも照りつける日差しは結構暑かったです。
ごつごつした火山岩の登山道を何度も休みながら登りました。
途中でビンズイが飛んだり、イワヒバリが近くに止まったり、遠くにカヤクグリを見つけたり・・・
下界を遥かに望みながら、疾風のように飛び交うアマツバメの群れに圧倒されたり・・・とても楽しい一日でした。(likebirds妻)

likebirds夫;IXY1000  宝永山墳火口の縁に立って中を覗こうというのが今回の目的です
a0052080_2074850.jpg


likebirds夫;IXY1000  ちょうど森林限界に沿って道を歩きます  眼下には雲海が広がっています
a0052080_208136.jpg


likebirds夫;IXY1000  20分くらい登ると六合目の雲海荘へ着きます
a0052080_2081383.jpg


likebirds妻;50D+300mmF4.0 イワヒバリ♂
a0052080_2082961.jpg


likebirds妻;50D+300mmF4.0  イワヒバリ♀
a0052080_2084284.jpg


likebirds夫;IXY1000  他の皆さんが山頂を目指す中、我々は六合目から宝永山へ
a0052080_2085979.jpg


likebirds夫;40D+400mmF5.6  カヤクグリ
a0052080_209896.jpg


likebirds夫;IXY1000  火口の淵から中を覗くと、荒涼とした風景でした
a0052080_2092440.jpg


likebirds夫;IXY1000  噴火口からの見晴らしは最高でした 下から冷たい風が吹き上げてきます
a0052080_2093760.jpg


likebirds夫;40D+400mmF5.6  アマツバメ  群れで飛ぶ様は豪快です
a0052080_2095128.jpg


likebirds夫;40D+400mmF5.6  アマツバメ
a0052080_2010172.jpg


likebirds妻;50D+300mmF4.0  アマツバメ
a0052080_20101576.jpg


 新五合目から宝永山火口までハイキングをしました。強い日差しで大量の汗をかきますが、あっという間に乾きます。火口の淵で下を眺めるととても冷たい空気が吹き上げてきて身体を急速に冷やすのがわかりました。景色は雄大な分だけ鳥さんは遠かったです。(likebirds夫)
by likebirds | 2010-07-28 20:53 | 野鳥観察 | Comments(14)
カヤクグリ、カケス
 立山の室堂ではライチョウばかりに目が行っていました。
近くではカヤクグリがたくさん鳴いては、飛び交っていたのです。
次の日の早朝、カヤクグリはいきなり、宿の前に現れました。
そして、ハイマツの上や歩道など、あちこちで可愛い姿を見せてくれました。
2羽でくるくる回って、まるで求愛ダンスのを踊っているような場面も見ることができました。
ライチョウもまた近くで見ることができ、朝食をとった後は楽しかった室堂を後に下山することにしました。
 立山駅に着いたのは10時頃、少し小雨が降っていました。
荷物の整理をしていると、カラフルで可愛い2両編成の電車が駅に入っていきました。
まるでおもちゃの電車のような姿を撮影して、家路に向かいました。
 帰り道は、目の前に広がる景色の美しさに感激しながらの道中でした。
念願のライチョウもたくさん見ることができ、美しい景色に癒され・・・本当に素晴らしい立山の旅でした。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+300mmF2.8  ハイマツの上で鳴くカヤクグリ
a0052080_20422448.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  2羽のカヤクグリ、ダンスを踊っているようでした^^
a0052080_2043119.jpg


likebirds妻;W1  立山駅に入る可愛い電車
a0052080_20432515.jpg


likebirds妻;W1  岐阜で立ち寄った手打ち蕎麦屋さん^^
a0052080_20434957.jpg


likebirds夫;IXY1000  お蕎麦屋さんの入り口でカケスと鉢合わせ  コンデジで
a0052080_20441081.jpg


likebirds夫;IXY1000  「君はカケスだろ もっと警戒心を」と思いながらコンデジで
a0052080_2044292.jpg


「カヤクグリ」 対 「カケス」です。笑。
私ももちろんカヤクグリを撮りました。UP予定の写真を見て「かなり苦しい写真ネ~」と言われてしまい、敢無くボツとなりました。
立山から帰る途中、富山県から岐阜県に入り、飛騨高山付近を通ると合掌造りの古民家のお蕎麦屋さんがありました。
想像通りなかなか蕎麦が出てこないので外を散歩すると、すぐそばの道にカケスがいました。私のほうを見るのですが全く逃げようとしません。カメラを車の中に置いてきたのを後悔しました。
しばらく見つめあった後、ポケットからコンパクトデジカメを取り出して撮りました。オートモードにしてあったのでフラッシュが光ってしまいました。(カケスさん、ゴメンネ)
それでもキョトンとしたカケスは逃げません。それどころかもっと近くにとまりました。カメラを発光禁止に設定している間に、カケスは私の近くの低い建物の屋根に飛び移りました。そこをまたコンデジでパチリ。こんなカケスに出会ったことはありません。
東京では考えられないほど待ちましたが、出てきた蕎麦は美味でした。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-06-10 21:28 | 野鳥観察 | Comments(16)
カヤクグリ
 雪の中のカヤクグリは初めて見ました。
「ちりりり」とか細い声が聞こえ、時々雪のところに出てきました。
赤茶色の目立たない姿の鳥と思っていましたが、白い雪の中でとても綺麗に見えました。
積もったばかりの雪にはカヤクグリも難儀しているようで面白かったです。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+300mmF2.8  粉雪が降り注いでいます
a0052080_21222288.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_21225332.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  スキーかスノボを思い起こさせます
a0052080_2123554.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_21231887.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  雪の上を飛び移ろうとして転びそうでした^^
a0052080_21233148.jpg


カヤクグリも雪上で撮ることができました。
雪が背景だと鳥の写真の七難を隠しますね。明るいので高速シャッターも切れます。凸凹した雪は乱反射してレフ板のような効果もあります。嫌いですが雪さまさまでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-01-30 22:05 | 野鳥観察 | Comments(30)
カヤクグリ
 駐車場からハイマツ林を見ていたら、「カヤクグリ、松のところ」と夫が言いました。
以外に保護色のカヤクグリは、松の上にいると見つけにくかったのです。
私は「どこ?どこ?」と一生懸命探しましたが、見つけられませんでした。松の上から飛んだので初めてどこにいたのか分かりました。
「あーぁ!カヤクグリ撮りそこなった!」とがっかりしていたら、いきなりイワヒバリが飛んで来ました。そして目の前のイワヒバリを撮っていたら、すぐそばにカヤクグリも飛んできました。
2羽はお互いに知らん振りで、相手を気にしている様子はありませんでした。
カヤクグリは目の前から石の上、またハイマツのところと、あちこち飛び回っていましたが、少しすると畳平のほうへ飛んでいってしまいました。
 久しぶりに見たカヤクグリは、やはり眠そうな目でした^^。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+300mmF2.8  すぐそばの石垣に止まりました
a0052080_205977.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  ハイマツ林を飛びました
a0052080_2053174.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  「キミは地味な鳥だね~」と言いながら撮りました
a0052080_2054435.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2055589.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2061069.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  石垣のところで少しうろうろしていました
a0052080_2065844.jpg


順番が前後しましたが、乗鞍岳畳平です。
「カヤクグリ」の名前は、冬に平地で見た人が名付けたのでしょう。以前、富士山で見たときもそうでしたが、夏のカヤクグリはカヤの下でチマチマしたりしてはいません。松の天辺で囀り、明るい場所を飛び回ります。鳴き声は冬と同じで「チリリリリ、チリリリリ」でした。
妻は帰りのバスに人が乗り込みだすまで粘って撮っていました。少し焦りました。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-09-25 20:39 | 野鳥観察 | Comments(14)
カヤクグリ
 カヤクグリは地味な鳥と思っていましたが、良く見ると赤茶色い羽とガラスのように澄んだ目がとても綺麗でした。
 松の木の天辺は、鳥たちのソングポイントのようで、カヤクグリも大きな声で鳴いていました。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20181688.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  松ノ木の天辺で鳴いていました
a0052080_2024371.jpg


冬に平地で見ると名前に納得しますが、夏のカヤクグリは全然イメージが違います。樹間を飛び回り、木の天辺で元気に囀ります。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-06-12 20:51 | 野鳥観察 | Comments(17)
カヤクグリ
 ここの鳥達はペアリングの最中らしく、出会った鳥はみんな番で現われました。
特にカヤクグリはアツアツでいつも2羽で連れ立って歩き回っていました。見ているとまるでドラクエの移動シーンのようでした。
1羽で居たのは、木の上で大きな声で囀っている時だけでした。でも木の上で大きく囀るカヤクグリを見たのは初めてだったのでとてもびっくりしました。違う鳥を見ているような新鮮な印象を受けました。(likebirds妻)

likebirds妻;30D+400mm  松の木の天辺で大きな声で囀っていました
a0052080_20482471.jpg


likebirds妻;30D+400mm  松の葉の付け根をつついていました。虫でもいるのでしょうか?
a0052080_20485325.jpg


likebirds夫;30D+500mm 下が♀だと思います 一度も振り向いてはくれませんでした
a0052080_2049520.jpg


 冬の里にいるカヤクグリを見慣れている私にとって初夏のカヤクグリは別物でした。「チリリン」という鳴き声は同じでも、飛び回ること飛び回ること。夏は名前を変えたほうがよいと思うほどでした。
 木の天辺で鳴くカヤクグリも撮りましたが、あえなく私のはボツとなりました。理由は妻曰く「だって良くないんだもん」だそうです。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-06-21 21:18 | 野鳥観察 | Comments(13)
ジョウビタキ、アオジ、カシラダカ、カヤクグリ
 この公園に来たのは久しぶりでしたので、ちょっと懐かしい感じでした。この日は、強い北風と、園内の木がだいぶ伐採されていたのとで、見たい鳥さんは現われてくれませんでした。
それでも、だいぶ春めいた日差しの中でいろいろな鳥に会うことが出来ました。もう番で仲良く餌取りしている鳥もいました。(likebirds妻)

likebirds妻;30D 湿地の中の木を飛び回っていたジョビオ君。
a0052080_21122119.jpg


likebirds妻;30D  帰る途中で、目の前の枝にとまったアオジ。嘴に泥がついていました
a0052080_21123685.jpg


likebirds夫;デジスコ   すぐ足元の小さな藪で鈴を転がすような声がきこえました。「カヤクグリがいますよ」と教えられ、中を覗きました。
a0052080_21125423.jpg


likebirds夫;デジスコ   逆光でホオジロかな?と思いスコープを覗くとカシラダカでした。
a0052080_2113910.jpg


 アトリのいた公園では、ジョウビタキ、アオジ、カヤクグリ、カシラダカ、アカハラ、シロハラ、ルりビタキ、ヤマガラ、シメを撮りました。他にもホオジロ、カワセミ、ウソ、モズなどがいました。ベニマシコは近くで声が聞こえましたが、強風のためか上には出てきてくれませんでした。
 広い所へ出ると砂塵をともなった強風にさらされ、スコープのフードの中に砂が溜まるようになりました。ドライアイ気味の妻は目薬を指しっぱなしとなり、私も「早く車に戻りたい」ことが主要な関心事となってきたので引き上げました。車の中はさすがに風もなくホッとしました。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-02-06 21:44 | 野鳥観察 | Comments(5)