タグ:カラスバト ( 1 ) タグの人気記事
宮古島   ヨナクニカラスバト
 ヨナクニカラスバトは、声は何度も聞いたのですが姿を見ることができないまま最終日になってしまいました。
最後の日、やはりヨナクニカラスバトは近くで鳴いていました。
しかも2羽いるようでした。
声のする方を一生懸命さがいていた夫が、暫くしてその姿を見つけてくれました。
その後ヨナクニカラスバトは2羽でバサバサっと枝を飛び移ったので、私のいるところからも見ることができました。
その後、ほほえましいツーショットも見ることができて、本当に嬉しかったです。
諦めずに探してくれた夫に感謝です。(likebirds妻)


写真はすべてクリックすると拡大してご覧になれます


大きな羽音のする場所へ近づき、そこから見上げて葉の隙間を双眼鏡で覗くとリュウキュウマツにカラスバトがとまっていました  感激の瞬間でした
a0052080_21155633.jpg




少し場所を変えて見上げてみました  見たこともない大きなハトでした
a0052080_23133411.jpg





カラスバトはこちらに気づいたようですが、特に気にする様子もなく枝上を歩いて日の射す場所へ移動してくれました
a0052080_21164020.jpg




光があたると全体に黒っぽい身体のなかで胸の青緑色の光沢が見えます
a0052080_21171513.jpg




松の木の間から姿が見えました
a0052080_21173858.jpg





もう1羽が飛んできて仲睦まじい場面を見せてくれました
a0052080_21182495.jpg



やがて後から飛んできた右の1羽が飛び去りました  もう1羽も追いかけようとしています
a0052080_21180266.jpg

 宮古島でもカラスバトは減少して生息数は極めて少なくなっているそうです。そのせいかどうかはわかりませんが、なかなか出会えませんでした。半分は諦めかけたこともありましたが、最終日に再度大野山林を探してみることしました。朝、大野山林の入り口に来るとカメラマンが帰り支度で車に荷物を積んでいる最中で「今日は水場にカラスバトが下りてきて水を飲んでいきました」と話してくれました。「早起きをして早く来るべきだった」という気持ちと「それなら希望が持てる」という気持ちが交錯しながら水場付近へ急ぎました。大野山林はどこを歩いてもアカショウビンとサンコウチョウの声に溢れています。声が聞こえるとついそちらへレンズを向けてしまい、時間が過ぎていきました。カラスバトの「ウー、ウー」いう声は聞こえてくるのですが、茂った枝葉に阻まれて林の上層が見えません。ところどころにある枝葉の小さな隙間を双眼鏡で覗くとやっとカラスバト2羽が高いリュウキュウマツの枝で羽をバタつかせているのが見えました。写真に撮る間もなくカラスバトは太い幹の向こう側の枝に移り見えなくなりました。気落ちして戻りましたが、しばらくするとハト同士がぶつかり合うようなバサバサという大きな音がするので見上げると1羽のカラスバトがマツの枝にとまっているのが見えました。ちょうどその頃、少し離れた場所でlikebirds(妻)も大きな羽音を聞き見上げると2本のマツの間から同じカラスバトが見えて撮影していました。
 カラスバトは巨大なハト(図鑑では体長40cm)でした。色は時々見かける全身黒っぽいカワラバトに似ていました。どうにか最終日に出会うことが出来ました。(likebirds夫)


by likebirds | 2014-07-20 22:41 | 宮古島旅行 | Comments(4)