タグ:カンムリワシ ( 2 ) タグの人気記事
石垣島 カンムリワシ(その2)
 石垣島ではカンムリワシとは、いつもひょっこりと出会いました。
幼鳥から成鳥まで全部で10個体も見ることができて本当に嬉しかったです。(likebirds妻)


写真はすべてクリックすると拡大してご覧になれます。

4月4日 個体E幼鳥 ガイドさんの車の中から撮影なので近すぎても下がれません
a0052080_20025172.jpg



4月4日 個体E 2列目の左側の座席にいたので右側に移り縦撮りで撮影
a0052080_20031365.jpg

4月5日 個体F幼鳥 車で走っていたら道路わきの作業場風の建物にとまっていました
a0052080_20040328.jpg




4月5日 個体F幼鳥 あわてて車を止めたら飛ばれました しまった!と思いました
a0052080_20043456.jpg



4月5日 個体F幼鳥 飛ばれましたが遠くへは行かず、反対側の街路樹に止りました
a0052080_20055458.jpg






4月5日 個体F 車を寄せすぎて全身が入らなくなりました
a0052080_20051739.jpg




4月7日 個体A亜成鳥 初日に案内された亜成鳥を見に行ってみました  カラスの嫌がらせに閉口していました
a0052080_20082431.jpg



4月7日 個体A亜成鳥  カラスに後ろから攻撃され...おかげで飛び出しが撮れました
a0052080_20095379.jpg



4月8日 個体G亜成鳥  観光も兼ねて島北端の灯台を見に行きました 電柱の上にポツンと止っていました
a0052080_20145066.jpg



4月8日 個体G亜成鳥  車で下まで近づきましたが逃げません
a0052080_20151681.jpg




4月8日 個体H亜成鳥  草原にカンムリワシが下りているのが見えました 良い位置です
a0052080_20105016.jpg




4月8日 個体H亜成鳥  巨大なウシガエルを両足で押さえていました
a0052080_20111730.jpg




4月8日 個体H亜成鳥  周囲からカラスの鳴き声が聞こえてくるたびに冠羽をあげてくれました
a0052080_20113895.jpg




4月8日 個体H亜成鳥  冠羽をあげています カラスの鳴き声、大歓迎でした
a0052080_20121944.jpg

4月10日 個体I亜成鳥 公園にもカンムリワシがとまっていました  やはり近すぎて下がれません
a0052080_20164399.jpg



4月10日 個体I亜成鳥 車で通り過ぎてから振り向くように撮りました
a0052080_20174513.jpg


4月10日 成鳥個体Jと幼鳥個体C  ちょうど1年の幼鳥が獲物を捕らえた成鳥のところへやって来てピーピーと雛のような声で鳴きます
a0052080_20194852.jpg


4月10日 個体J成鳥  もちろん成鳥Jは獲物を分け与えたりはしません  冠羽を逆立てて幼鳥Cを威嚇しました
a0052080_20191345.jpg

カンムリワシは色々な場所で見ることができました。印象に残ったのは餌をうまく捕れずにお腹を空かせてやっと生きている幼鳥です。大丈夫なのかとガイドさんに尋ねると、この時期まで生き延びれば餌は増えるので心配はないとのことでした。むしろカンムリワシは車に接触して命を落とすことが多いそうです。気をつけて走るといっても気をつけようがないのが実際だと言われ、そう思いました。
長々と石垣島旅行で見た野鳥をUPしてきました。まだ他にもたくさんの写真を撮りましたが取りあえず今回で終わりにいたします。(likebirds夫)

by likebirds | 2014-07-08 21:30 | 石垣島旅行
石垣島   カンムリワシ(その1)
 石垣島の鳥で、まず見たいと思っていたのは、カンムリワシでした。
幸い旅行中に10個体見ることができました。
初日には4個体も見ることができて、とても嬉しかったです。 (likebirds妻)

個体A 石垣島へ到着し午後からガイドさんの車に乗り、最初に撮影したのがこのカンムリワシでした  ガイドさんの「居てくれるかなー? やっぱり居た」と指差す先の枝に居ました。
a0052080_19594178.jpg


個体A 牧場の隣の針金で囲われた場所に何となくひっそりと止まっていました 翼に黒い羽毛が見えるので亜成鳥かもしれません
a0052080_2003665.jpg


個体B 次に案内されたのは翼以外は白色の幼鳥でした 急な崖のような斜面でした
a0052080_201737.jpg


個体B 幼鳥ですが、白髪なので年老いた仙人のような印象でした
a0052080_2011920.jpg


個体C 広い水田地帯のトラクターにとまっていた幼鳥は痩せて羽もボロボロでした 
a0052080_2013850.jpg


個体C 何となく頼りなげで大丈夫かと気になりましたが...
a0052080_2015229.jpg


個体C でも元気に飛びました
a0052080_202855.jpg


個体D ガイドさんが「あっ居た!」と言ってブレーキをかけたらカンムリワシの真横で車がとまりました あまりに近くて上半身しか入りません
a0052080_2022253.jpg


個体D さすがに飛び去って畑の散水機に止まりました  立派な成鳥で足に獲物を持っていました
a0052080_2025627.jpg


個体D 何故かクチバシで獲物を咥え振り回しました
a0052080_2024292.jpg


 昼に新石垣空港に到着しました。沖縄県そのものが初めてだった我々は友人の紹介の「SeaBeans」さんにその日の午後と翌日中、夜のガイドをお願いしました。
たまたま初日はツアー客が我々だけでした。最初は何かな?と思っていたらカンムリワシの幼鳥でした。ほんの少しの時間でガイドさんが車を発進させたので物足りなさが残りましたが、それが正解でした。その後も各所でカンムリワシを見ることができて初日に4個体も見てしまいました。あまりにもあっさりとカンムリワシがとまっているので拍子抜けするほどでした。車の中から見ているかぎり、間近まで近づいてもカンムリワシは逃げません。むしろこちらを無視するように平然としていました。あまりに逃げないので、こちらが緊張の糸が切れてよそ見をすると必ず飛びました。やはり人間が気になっているのでしょう。隙を見て逃げるのかと思いました。毎回この繰り返しで飛んでいるカンムリワシはほとんど撮れませんでした。カンムリワシの個体に夫々アルファベットを付けたのは後日再登場するものがあるためです。(likebirds夫)
by likebirds | 2014-04-14 21:59 | 石垣島旅行 | Comments(4)