タグ:クロアシアホウドリ ( 3 ) タグの人気記事
クロアシアホウドリ   北海道旅行その48   苫小牧航路(往路)
 大洗を夕方出航して、次の朝早くから甲板で海鳥を見ることにしましたが、この日は冷たい風が強くとても寒かったです。
時々風を避けるために船室の陰に逃げ込んだりしました。
でもクロアシアホウドリは良く飛んでくれました。迫力ある姿を近くで見る事ができて、寒かったですが嬉しかったです。(likebirds妻)

写真をクリックして拡大画像をご覧下さい


クロアシアホウドリは水面近くを飛びました
a0052080_19344839.jpg







低く飛んだので海面に影が映っていました
a0052080_19345929.jpg







アホウドリには敵いませんが、クロアシアホウドリも実際に見ると巨大です
a0052080_19522155.jpg







陸に居るとき飛び出すのは苦手だそうですが、海面でも必死で水を蹴って飛び出しました
a0052080_20275220.jpg






海面に降りてのんびり休んでもいました
a0052080_19424379.jpg

 本日朝、ブログの訪問者数が百万人に到達しました。訪問していただいた皆様に感謝申し上げます。



 今回の北海道旅行は苫小牧航路を利用したので海鳥撮影にも挑戦してみました。撮った写真と海鳥ハンドブックを交互に眺めながら思案投げ首状態です。とりあえず、一番わかりやすいクロアシアホウドリからUPしてみました。
 クロアシアホウドリは往路復路ともに良く出てきてくれました。写真はすべて鳥が右向きなのは、船の進行方向が右だからです。この方向だと比較的取れるのですが、逆向きになると鳥が右から左へ超高速で流れ去り良い写真はありませんでした。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-09-14 21:06 | 北海道旅行 | Comments(8)
クロアシアホウドリ
 鳥が少ない中、クロアシアホウドリは3日間ともよく飛んでくれました。
時々は急に船のすぐ近くに飛んできて、歓声が上がりました。
でも、クロアシアホウドリには申し訳ないのですが、他の鳥ももっと飛んでくれればよかったな・・・と思いました。(likebirds妻)

上尾筒・下尾筒とも暗色の個体です
a0052080_15411967.jpg





a0052080_17052020.jpg




下尾筒が白い個体だとわかります
a0052080_15415180.jpg




上尾筒・下尾筒とも白く見えます
a0052080_17020869.jpg





a0052080_17453366.jpg





船の近くを飛ぶと背中の濃淡が見えました  初列の外弁も白く見えます
a0052080_17453302.jpg





海面すれすれを飛んでいたのですが、突然着水しました
a0052080_17453373.jpg





 0泊3日の小笠原航路ツアーに参加しました。片道1000km往復2000km。父島の滞在は僅か2時間強で、ほとんどが海上の3日間船旅でした。こう言うと如何にもハードな日程をこなしているように聞こえますが実際は逆でした。初日にデッキでの鳥見を終えて3分程歩いて船室に戻り着替えを持ってシャワーを浴びました。その後、2分ほど歩くと食堂です。この日は食堂で食べてみました。帰りに缶ビールを買ってまた船室の寝床まで戻るのに2~3分。歯磨きして喋って寝るだけです。翌日は寝床から起きだして鳥見ポイントであるデッキまでは3分。要するに、鳥、食べる、寝るだけですから、横着なバードウォッチングの極みのような旅でした。そのお陰で父島では鳥を見るのに数百メートル歩くのが億劫でした。(likebirds夫)


by likebirds | 2015-04-07 18:41 | 野鳥観察 | Comments(6)
クロアシアホウドリ
 クロアシアホウドリは何度か飛びました。
でも、揺れる波、速いスピードで進む船。不規則な飛翔を繰り返す鳥。
ファインダーに鳥を捕らえるのは至難の業でした。
必死で追いかけて、豆粒のようでも撮れていたときはとても嬉しかったです。
クロアシアホウドリの特徴の、目の下とクチバシ基部の白い色が何とか撮れていて良かったです。(likebirds妻)

likebirds夫;40D+500mmF4.0x1.4  クロアシアホウドリ 往路15時 初見初撮り  尾羽からちょんと後方に飛び出して見えるのが足です
a0052080_20485361.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0x1.4  翼開長約2m
a0052080_2049411.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x2.0  何とか目の下とクチバシ付け根の白い色が分かります^^;
a0052080_20491644.jpg


 苫小牧航路海鳥ツアーの続きです。
 サンフラワー号の体感スピードは案外速く、電車に乗って窓から外を見るようでした。近くの鳥は猛スピードで後方へ流れ去ります。遠くの鳥はゆっくりですが小さくて初心者の私には何の鳥か判りませんでした。
 クロアシアホウドリと判る写真を撮れたのは往路の15時になってからでした。それまでにも数回「クロアシアホウ!」との声を聞きましたが、それがどの鳥なのか識別できませんでした。いろいろ考えるのを止めて肉眼で探すと海面すれすれを飛ぶ大きな黒っぽい鳥を見つけました。あわてて双眼鏡で見るとクロアシアホウドリでした。それまで途方に暮れていましたので大きな満足感を得ることが出来ました。(likebirds夫)
 
by likebirds | 2010-11-29 21:30 | 野鳥観察 | Comments(12)