タグ:コイカル ( 3 ) タグの人気記事
コイカル♀
 コイカルのメスを見ることが出来ました。
シメの群れの中で、2羽のコイカルメスは目立ちました。
大きなクチバシで一心に木の実をほおばる姿はとても可愛かったです。(likebirds妻)

コイカル♀
a0052080_204407.jpg


a0052080_2045684.jpg


a0052080_2051169.jpg


a0052080_206131.jpg


a0052080_2062983.jpg


a0052080_2063766.jpg


a0052080_2064870.jpg


 コイカルのメスを見たいと思っていました。場所を教えていただいて早速見に行ってきました。カメラマンが10人ほどいる場所へ行ってみるとコイカルのメスがカエデの木に止まっていました。双眼鏡で確認して写真を撮ろうとしたらその前に飛び去ってしまいました。気落ちしているとコイカルのメスは直ぐに戻ってきて地面に下りてシメに混じって地面の枯葉をほじくり返したり、2羽で飛び立ちカエデにとまって実をしごいて食べたりしました。大きさはオスと同じでシメよりひとまわり小柄でした。真正面から見ると黄色のクチバシ以外は灰褐色単色でシメよりも地味に見えました。
その後、徐々にカメラマンが増え始めて20人ほどになりました。なかなか人気は高そうでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2013-02-14 20:40 | 野鳥観察 | Comments(10)
コイカル
 久しぶりにコイカルを見ることが出来ました。
シックな可愛らしい姿はとても魅力的です。(likebirds妻)


待ちくたびれて飽きてきた頃、桜の枝に飛んできました
a0052080_20411892.jpg


アキニレの木に実を食べに来ました  前向きで一瞬イカルかと思いましたがコイカルでした
a0052080_2042717.jpg



a0052080_20422487.jpg



a0052080_204236100.jpg


川辺の草に実をほおばっていました。
a0052080_20493247.jpg


 鳥友に教えてもらいコイカルを見に行ってきました。なかなか現れてもらえず、鳥運の無さを嘆き始めたとたん桜の木に飛んできてくれました。このときはハシブトガラスに追われて直ぐ飛び去ってしまいましたが、その後は勇気百倍で待ちました。すると待機していたアキニレの木に実を食べに来てくれました。自分でも気恥ずかしくなるほど連写してしまいました。それが正解でコイカルの滞在時間は1分弱でした。
その後、一緒に居た人が小川の中州で草の実を夢中で食べているコイカルを見つけたのですぐ横で撮らせてもらいました。
久しぶりに見るコイカルは白に濃紺とオレンジ色が鮮やかでとても目立ち綺麗でした。(likebirds夫)
by likebirds | 2013-02-06 21:18 | 野鳥観察 | Comments(6)
コイカル(♂)
 もう会えないかも?と諦めかけていたコイカル!
でも、念願かなって会うことが出来ました。
20羽ほどのイカルの群れに一緒にいました。
イカルよりも二周りくらい小さくて、スマートな感じ。
大きなイカルに追い回されたりもしていましたが、とても元気そうでした。
背中の色がイカルよりも少し濃い茶色で、羽の先の白が目立ちます。
クチバシの先が少し黒いので正面からでもよく判りました。
可愛いコイカル、初見初撮りです。本当に嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4
a0052080_20171018.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  黄色のクチバシ先端部に黒ずみ
a0052080_20172228.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2017347.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4  綺麗な声で鳴いていました
a0052080_20174718.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4  朝一番でいきなり伸びをしました^^   翼の先端は白
a0052080_20181160.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  コイカル(左)とイカル(右)  コイカルのほうがかなり小さめです   黒いお面もコイカルのほうが深くかぶっています
a0052080_20182729.jpg


遅ればせながら(最近これバッカリ)コイカルを見ることが出来ました。毎年行きそびれて「今年はコイカルを見に行こう」と思っていたら一度振られました。笑。
「初見の自分にイカルとの区別ができるだろうか?」と不安でしたが、脇腹のオレンジがかなり目立つので目が慣れると簡単にわかりました。
正面から見ると脇腹が見えませんがコイカルの黄色のクチバシ先端部が黒ずんでいるので目安になりました。
コイカルを背中から見ると白斑がとても目立ちました。写真で確認すると初列風切の先端部にかなり大きな白斑がありました。よく見ると雨覆の先端にも目立つ白班があります。
アトリ科の鳥は比較的わかりやすそうです。
難しいカモメのシーズンも終わりだと思っていると「もうシギチのシーズンね」と妻に言われ、また悩みそうです。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-03-30 21:10 | 野鳥観察 | Comments(18)