タグ:コウライアイサ ( 3 ) タグの人気記事
コウライアイサ
 昨年に引き続きコウライアイサを見ることが出来ました。
「次は雄が見てみたいねぇ」などと欲の深いことを冗談交じりに話していたのが実現するなんて!
緩やかな流れに白く輝くコウライアイサを見たときは本当に感激でした。(likebirds妻)

コウライアイサ(写真右)は羽繕いに余念がありません
a0052080_17421892.jpg


先行してカワアイサのメスが飛び立ち、コウライアイサのオスが追い抜きました。
a0052080_17423038.jpg


 川沿いの土手を上流へ行ったり下流へ行ったり、重い機材を担いで歩きに歩きました。大汗の後、やっとコウライアイサのオスを見ることが出来ました。カワアイサのメスと一緒に中州の淵で寛いでいました。
最初に見たときはコウライアイサ♂は真正面を向いて白い胸を見せていました。吹流しの後髪もはっきり確認できず、昨年の♀タイプのように首から胸・腹につながる模様も♂にはありませんでした。多少イラつきながら見ていると、横を向いてくれました。後頭部の長い冠羽と脇腹後半の模様が確認できました。この瞬間に「コウライアイサ!」と胸がいっぱいになりました。
昨年のメスタイプに続いて夢のような時間を過ごすことが出来ました。(likebirds夫)
↓の[more]もクリックしてみてください。

More たくさん撮りましたのでその他のコウライアイサの写真もご覧ください。
by likebirds | 2011-11-06 18:16 | 野鳥観察 | Comments(14)
コウライアイサ・カワアイサ
 コウライアイサは、カワアイサ雄2羽と雌2羽と一緒でした。
潜水を繰り返してのんびりと餌探しをしているようでした。
車の窓からカメラを向けたのですが生憎と雲が広って少し暗く・・。心配になって画像をチェックしていたら・・・
バシャバシャという水の音。
コウライアイサたちは急に飛立ってしまい、中州の向こうへ飛んでしまいました。
慌ててカメラを向けたのですが後の祭り・・・。
本当に超ショック!!
でも、もう一度コウライアイサに出会えたのだから、まっ、いいか^^v(likebirds妻)

likebirds夫;40D+500mmF4.0  目の周囲が少し黒ずんできたような気がしました
a0052080_194744.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_1947183.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4
a0052080_1953516.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_19474285.jpg


 11月に見たコウライアイサはまだ居てくれました。相変わらずカワアイサたちと一緒に行動していました。
頭を水の中に突っ込んでさかんに採餌していました。一瞬水面から顔を上げたときを狙ってシャッターを切りましたが、運動神経が悪く写真は首無しばかりでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2011-01-20 20:23 | 野鳥観察 | Comments(8)
コウライアイサ
 思いがけなくコウライアイサを見ることが出来ました。
とてもやんちゃな髪型で可愛い姿でした。
最高の出会いに感謝一杯です。(likebirds妻)

likebirds夫;40D+500mmF4.0 初見初撮り コウライアイサ♀タイプ
a0052080_20565360.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4
a0052080_2057645.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_20571724.jpg



likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  コウライアイサ♀(左)とカワアイサ♀(右)
a0052080_20574477.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  上の写真の引き立て役です(笑)
a0052080_2058144.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_2058964.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4
a0052080_20582693.jpg


 一週間前、相互リンクをさせていただいている鳥友のブログにコウライアイサ♀がUPされていました。早速私たちも翌朝に見に行ってきました。朝不覚にも寝過ごしてしまいかなり遅い到着となり、いやな予感がしましたが無事見ることが出来ました。
 10時前に河原に到着し、草の切れ目から川面を覗くとコウライアイサ♀は換羽中のカワアイサ♂1羽と♀1羽に混じって3羽で寛いでいました。水面を泳いだり、羽繕いをしたり、居眠りをしていました。
 コウライアイサはカワアイサと比べると一回り小柄で、特に頭が小さい印象でした。また、図鑑で見る通り首から胸・脇の鱗模様が目立っていました。カワアイサのクチバシ基部が太く円錐形で先端が鉤形に曲がっているのに対し、コウライアイサのそれは基部から細長く、鉤形はとても小さいのかよく分かりませんでした。
 3羽の直ぐ上の木にオオタカ幼鳥が止まっていましたが、3羽ともまったく気にする様子はありませんでした。いつもならオオタカに注目するところですが、今回は流石に何枚もオオタカを撮る気にはなれませんでした。カワアイサ♂♀とコウライアイサ♀は私たちが水際に近づいても不思議と逃げませんでした。30分以上ゆったりとしていてくれましたが、10時半頃、突然すぐそばでバイクのエンジン音が響き驚いて上流へ300mほど飛びました。私たちも追いかけるとカワアイサ2羽は見当たらず、対岸近くにコウライアイサ♀単独で上流へ向かって泳いでいました。ここで私たちは見失いました。上流へ飛び去ったようなので11時過ぎに引き上げることにしました。
 この河でコウライアイサを見つけた第一発見者の鳥友の優れた感性に脱帽です。私たちなら絶対に気が付かなかったことでしょう。(likebirds夫)

 宜しければ の「More」をクリックしてコウライアイサの他の写真もご覧ください。

More コウライアイサあと9枚
by likebirds | 2010-12-04 22:04 | 野鳥観察 | Comments(22)