タグ:コオリガモ ( 4 ) タグの人気記事
冬の北海道旅行その18 (漁港めぐり 落石漁港・花咲漁港 コオリガモ、ホオジロガモ、シノリガモ)
 この日は、空気が澄みわたる見事な晴天でした。
前日夜の天気予報では「午前中は濃霧注意報」だったのです。天気予報は大はずれ・・・。
漁港は鏡のように穏やかで、水鳥たちは水面に姿を写してとても綺麗に見えました。
(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧ください




根室本線 落石駅
a0052080_19161051.jpg







落石漁港は薄氷に覆われていました
a0052080_19162335.jpg







最初に目に飛び込んできた堤防のオジロワシ
a0052080_19291098.jpg







並んで浮かぶコオリガモ雄2羽
a0052080_21372144.jpg







見ていると1羽が飛び出し
a0052080_21390598.jpg






助走開始
a0052080_11185397.jpg






ふわりと飛びました
a0052080_11191179.jpg






尾羽をくるりと
a0052080_12005471.jpg






パタパタも・・・
a0052080_12010895.jpg






何故か氷の上に唯カモメ
a0052080_21404201.jpg







続いて花咲漁港です   花咲漁港も前日の雪で覆われていました
a0052080_21111017.jpg







静かな朝の花咲漁港
a0052080_21111184.jpg







水揚げ・仕分作業
a0052080_21111143.jpg






コオリガモ雄成鳥
a0052080_11192637.jpg







長く伸びているのは尾羽の中央部のみです
a0052080_22411250.jpg






コオリガモ雌成鳥
a0052080_22383318.jpg







コオリガモ雌第一回冬羽
a0052080_22205322.jpg







ホオジロガモのペア  雄はディスプレイを始めていました
a0052080_22591756.jpg






ホオジロガモオス
a0052080_11205290.jpg





こちらを向いてパタパタ
a0052080_11210873.jpg







シノリガモのペア
a0052080_23022196.jpg






渋い色合いのシノリガモオス
a0052080_11212640.jpg







ヒメウ、ウミアイサ、シロカモメ1W
a0052080_22243318.jpg







クロガモの群れ
a0052080_23034036.jpg







冬は関東でもお馴染みのキンクロハジロ
a0052080_23370396.jpg







セグロカモメ、オオセグロカモメ
a0052080_22262859.jpg






たくさんのオオセグロカモメ
a0052080_22283925.jpg






花咲灯台車石
a0052080_23390602.jpg






車石からみるモユルリ島  ここから先へ行くなと言われました
言われなくても、足がすくんで前へ行けません
a0052080_23401926.jpg






花咲灯台の下の海ではラッコが餌を食べていました
a0052080_09330516.jpg






仲良く並んで
a0052080_09331835.jpg







並んで餌をむしゃむしゃ
a0052080_13003660.jpg







友知漁港の巨大なツララ
a0052080_22184758.jpg






 今年1月の道東旅行の写真をUPしています。
 気が付けば、もう3月ですね。 のんびりダラダラと続けていた旅行報告ですが、急がねば。。。。。。
 1月20日。 前日の雪がまるで嘘だったようにからりと晴れた朝でした。 こんな日なら落石クルーズに申し込めば良か
ったと後悔しましたが仕方がありません。 午前中は良くない天気予報だったので申し込みませんでした。
 他の動物でもそうでしょうが、野鳥を見て回る旅行は天気予報が半日狂うだけで予定はメチャメチャです。 同じ場所にず
~っと居ればよいのでしょうが、限られた日程ではそうもいきません。
 根室半島の漁港巡りに出発です。まずは落石漁港から初めて海沿いを昆布盛漁港、花咲漁港、花咲灯台(根室車石)、友知
漁港、歯舞漁港、珸瑶瑁漁港、納沙布岬を経て温根元漁港と廻りました。その前半です。(likebirds夫)

by likebirds | 2017-03-01 12:41 | 北海道旅行 | Comments(10)
冬の北海道旅行 その17 (花咲港 コオリガモ、ウミアイサ)
 納沙布岬は雪がどんどん激しくなり、ハシブトウミガラスも見ることができたので、花咲港へ行ってみることにしました。
横なぐりの雪が吹き付ける港では、コオリガモやウミアイサ、スズガモなどがのんびりと泳いでいました。
雪が吹き付けて撮影は大変でしたが「北国にやってきた」ことを強く感じることが出来ました。
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください



納沙布岬の後に寄った雪の降り続く花咲港
a0052080_23084389.jpg






コオリガモオス、雪が激しく降っています
a0052080_22343012.jpg







若い雄ですね  短い尻尾がキャワユイです
a0052080_22350012.jpg







若い雌だと思いますが。。
a0052080_23112262.jpg







オスとメスがすれ違い
a0052080_22352811.jpg







羽ばたきもせず、突然身体を立たせる雌  雄は無反応
a0052080_23123017.jpg







若いオスとメスが並びました
a0052080_22354294.jpg







若い雄の前でも、また突然身体を立てました
a0052080_23130288.jpg







ウミアイサオス、雪でパンクへァーもぺしゃんこ
a0052080_22361156.jpg







ウミアイサメス、背中には雪が積もって・・・
a0052080_22362314.jpg






スズガモの群れにキンクロハジロが混じっています  かなり紛らわしいです
a0052080_19031036.jpg


 

 1月に行った道東旅行の写真をUPしています。
 1月19日、珸瑶瑁漁港でエトロフウミスズメをタッチの差で振られどん底気分。 納沙布岬でハシブトウミガラスの初見
初撮りで有頂天と上下の多い昼まででした。
 雪が止む気配が無いので昼過ぎには引き上げることにしました。 引き上げるにしても、そのまま宿泊先に帰るのはあまり
にも芸が無いので、かの有名な花咲漁港へ寄ることにしました。 花咲蟹の名前の由来は漁獲地の花咲魚港だという説も有力
らしいです。 岬の先端と比べると、花咲港の体感温度はかなり楽でした。
 車の窓から港の海を眺めるとたくさんのカモが浮かんでいて、その中にコオリガモも混じっていました。 コオリガモは以
前に雌も雄も銚子アリーナで迷鳥を見たことがありましたが、雪の中で見るその雰囲気はやはり違っていました。 (likebirds夫)

by likebirds | 2017-02-27 21:48 | 北海道旅行 | Comments(10)
コオリガモ
 コオリガモはなかなか見つけられませんでした。
 11時近くになってやっとスズガモの群れが飛んできました。
もしかしてその中にコオリガモがいるかしら?と岸壁に行ってみるとスズガモの向こうに白い鳥が潜るのが見えました。
「いた!コオリガモ!!」
本当に飛び上がりたいほどうれしかったです。
コオリガモは雄と雌が仲良く泳いでいました。
雄が必ず先に潜ります。続けて雌が潜っていました。
雄と雌の距離が広がると、必ず雄が全速力で雌の方に泳いでいきました。
本当に仲良しでほほえましいコオリガモでした^^
念願のコオリガモの雄を見ることが出来て、ルンルン気分でした。(likebirds妻)

likebirds夫;40D+500mmF4.0  左♂、右♀
a0052080_2033439.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  ♂  
a0052080_2034538.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0   ♂
a0052080_20342019.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  左♂、右♀
a0052080_20343549.jpg


 堤防を歩きに歩きコオリガモを10時まで探しました。「もう諦めよう」と駐車場に戻ると何と!車の左後輪がパンクしていて見事にひしゃげていました。何たる不運でしょうか。我が車のスペアタイヤはおまけのようなサブタイヤで、とても家まで帰れません。時間のロスを覚悟でJAFに来てもらいました。待つこと40分、パンク修理に20分、合計1時間を無駄に過ごしました。
 やっと修理が終わり「やれやれ」と双眼鏡で海を見ると堤防近くにスズガモの群れが戻ってきました。二人で双眼鏡を覗くと「いる!いる!コオリガモ!」と妻の声が響きます。私は見つけることが出来ませんでしたが、とりあえず堤防へ急ぎました。パンクのおかげでコオリガモ♂♀を見ることが出来ました。
 何が幸いするかわかりません。JAF会員でしたから修理代も無料でした。(likebirds夫)
by likebirds | 2010-02-16 21:17 | 野鳥観察 | Comments(22)
コオリガモ(メス)
 コオリガモのメスにやっと会うことが出来ました。
前回は強風のため、見つけることが出来ず、諦めかけていましたが、この日岸壁近くで餌探しをしている姿を見ることが出来ました。
全体に茶色で、目の周りだけ白くて、白い仮面をかぶったような面白い顔。くちばしは少し青みがかって見えました。
ゆらゆら揺れる波間に姿が見えたと思うと、すぐに潜って餌探しをしてしまいます。
光のほうに顔が向いたと思うと、すぐに水の中。
撮れた写真は、水面の尾だけ・・・と言うものばかり・・・
でも、近くて明るかったので、個性的な姿をたっぷり見ることが出来ました。
コオリガモが旅立つ前に、何とか出会うことが出来てとても嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20112925.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4  えびのようなものを捕まえて食べていました
a0052080_201140100.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20115387.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4
a0052080_2012497.jpg


予想外の難産の末、やっとコオリガモを見ることが出来ました。笑。
カモの仲間は意表をつく風体のものが多いですが、コオリガモのメスも例外ではありませんでした。
一見して「美しくない」と思いましたが、見ているうちに「愛嬌があって可愛い」と思うようになるから不思議です。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-03-16 20:41 | 野鳥観察 | Comments(24)