タグ:コムクドリ ( 8 ) タグの人気記事
コムクドリ
 コムクドリは新芽の木に止まって移動しながら、草地に降りて餌を探していることが多かったです。
新緑に止まるコムクドリはとても爽やかで綺麗でした。(likebirds妻)


写真をクリックすると拡大画像をご覧になれます



近くの枝に開脚ポーズで
a0052080_20002013.jpg






こちらは♀、上の♂と一緒に飛んできました
a0052080_20021639.jpg







ケヤキの中でまったり
a0052080_20272146.jpg






新緑と青空が爽やかでした
a0052080_20013247.jpg







すぐに、少し離れた木に移動
a0052080_20011303.jpg







またまた移動の連続
a0052080_20265257.jpg







遠くてピントも甘いのですが。。。
a0052080_16263517.jpg







何処にいるのか?コムクドリ  4羽居ます
a0052080_16271818.jpg







青空背景で
a0052080_16271829.jpg







ペアで上下にとまりました
a0052080_16273991.jpg







おっと!!  これは唯のムクドリでした~~
a0052080_16292193.jpg

 先日UPした桜に来るコムクドリのときには、桜にこないコムクドリも撮りました。花は写っていませんが青葉にとまるコムクドリもそれなりに春らしいと思いました。(likebirds夫)

by likebirds | 2016-04-24 09:35 | 野鳥観察 | Comments(6)
桜とコムクドリの雄
熊本地震で被災された方々にお見舞い申し上げます。


 コムクドリは10羽ほどの群れがいました。
一緒に飛んでいたり、数羽づつに分かれて行動したりしていて、神出鬼没。
あっちこっちと翻弄され、昼近くになってしまいました。
この日は風がとても強く吹いていたので、桜の枝にはあまり来ないのかな?とすこし不安に思った頃、
コムクドリの雄が桜の中で餌を探し始めてくれました。
花に隠れて姿が見え隠れするコムクドリの雄を夢中で撮影しました。
本当に嬉しくて大満足で帰りました。(likebirds妻)




日差しを浴びて翼の光沢が綺麗でした
a0052080_16380830.jpg







a0052080_16383156.jpg







a0052080_16385822.jpg






a0052080_18430484.jpg







a0052080_18430407.jpg







a0052080_18430410.jpg

 桜に来るコムクドリの撮影は思っていたよりはよっぽど苦労しました。第一にあまりコムクドリは桜に来てくれませんでした。桜の花の芯にある蜜を食べるのが好きかと思っていましたが、ケヤキなどの柔らかい新芽を食べるのも大好きなようでした。
 次に、桜にコムクドリが来たといっても自分の立っている直ぐそばの桜とは限りません。自分から離れた桜に来た場合、その桜に駆け寄ればコムクドリは当然逃げます。逃げるな!逃げるな!とゆっくり近づくとコムクドリはその間に飛び去ります。上手く近づいても、見やすいところにいるコムクドリは下からそ~っと覗いた瞬間に飛び去ります。
 さらに、コムクドリは野鳥ですからレンズの向こうで「さあ、どうぞ」とポーズをとってはくれませんでした。なるべく人間の視界から隠れるように花や枝葉の裏に回ります。
 もう少し言うと、桜の下には何人ものカメラマンが群がっていました。桜の花や枝葉が混んでいると隣に並んでも撮れる人と撮れない人がいて悲喜こもごもでした。自分はキャノン50Dにズームレンズ手持ちで望みましたが、結果的には良かったかもしれません。(likebirds夫)

by likebirds | 2016-04-15 17:31 | 野鳥観察 | Comments(10)
桜とコムクドリの雌
 桜並木にやってくるコムクドリを初めて撮りに行きました。
コムクドリは行動範囲が広く、桜の木には滅多に止まってくれませんでしたが、願いが叶って桜にやって来てくれました。
とても嬉しかったです。likebirds(妻)


写真をクリックすると拡大画像をご覧になれます


a0052080_16595460.jpg








a0052080_16595556.jpg







a0052080_17083804.jpg







a0052080_17020580.jpg








a0052080_17090740.jpg

 しつこく桜シリーズが続きます。そろそろ桜ネタも切れかかってきたので今回のコムクドリはオスとメスに分けて小出しにすることにしました。この時期、土手に並ぶ桜にコムクドリが通過すると聞いていたので来てみました。実は1週間前にも見に来ましたが、朝早く1人だけ撮られたのみで自分たちは姿も見ずに帰りました。
 この日は川沿いの土手に到着するとコムクドリは数羽の群れで居るのですがケヤキなどの新芽を食べてばかりで桜には来ませんでした。桜の枝に止まっても一瞬だったり、コムクドリがゆっくりしてくれても桜の花が邪魔でよく見えません。なんとも皮肉です。
 少し散歩も兼ねて枝の疎な若木の場所を歩いていると運よくコムクドリが来てメスを撮ることができました。その後は大きな桜にも来てくれて数度の撮影チャンスに恵まれ、撮り損ないを繰り返しながらもオスメスともに撮影することが出来てホッとしました。
 せっかくの桜なのでのんびりと楽しみながら撮影するつもりでしたが、自分には予想外に難しいのでだんだん珍鳥撮るときのように必死になりました。帰る前にはフ~~っと大きく息をしました。(likebirds夫)

by likebirds | 2016-04-14 06:00 | 野鳥観察 | Comments(4)
アオジ、コムクドリ、ツツドリ、コヨシキリ  北海道旅行その9 天売島
天売島は舗装された周遊道路でぐるり一周することが出来ます。
ゆっくりと鳥を探しながら、歩きました。
「あれ、何?」などと言いながら鳥を探して歩くのはとても楽しかったです。(likebirds妻)

天売島で見た鳥たちです。

写真はすべてクリックすると拡大してご覧になれます

シマ***が常に頭の中にありますからアオジを見るとドキッとします
a0052080_22311185.jpg







すぐ霧が出ます  島に来ていますがシマ抜きのアオジ
a0052080_15062855.jpg






またドキッとしましたがアオジです
a0052080_09005075.jpg








コムクドリも営巣しているようでした
a0052080_22312995.jpg







またコムクドリオスです  メスは見つかりませんでした
a0052080_21435671.jpg







関東では渡りの時期以外は人に姿を見せないツツドリ成鳥がバッチリ見えます
a0052080_22314547.jpg








小さな天売島にしてはツツドリの個体数が多いかもしれません
a0052080_15053412.jpg






コヨシキリはこの後、北海道の各所で見ましたがまずは天売島でも
a0052080_22320121.jpg






あれれ これは?  ハクセキレイの幼鳥のようです
a0052080_15055239.jpg







あれっ!と思ったら「ケキョケキョケキョ」  ウグイスですね
a0052080_16222084.jpg


 天売島は渡り鳥の中継地で、本州では飛島、舳倉島や見島などと同様に珍鳥コレクターにはもってこいの場所です。事実、自分達の来る前にはアカマシコ、ヒメイソのペア、マミジロタヒバリ、コマミジロタヒバリ、インドガン、コウライウグイス、ノハラツグミ、亜種アカハラツバメなどが入っていたようです。往きの羽幌フェリーで同舟した北海道海鳥センターの方はコウライウグイスはまだ居ると思うと話されていました。ポイントも伺ったのですが、泊まった宿の真ん前でびっくりしました。でもコウライウグイスは探しませんでした。理由は霧です。天売島に居た2泊3日、低い場所は常に霧が立ち込めていました。土地勘の無い場所で霧で立ち往生すると貴重な時間がどんどん失われてしまうと思い諦めました。実際、霧が晴れて良い天気だと思えたのはこの中日の11時半頃から12時半頃までの2時間だけでした。移動しながら時間の経過を見ているので、霧の濃い場所と晴れている場所が狭い範囲で隣あっていたのかもしれません。
 初見のエゾセンニュウの後は野鳥観察舎で断崖にあるウミネコやオオセグロカモメの営巣地を見る予定だったのですが、その付近は濃い霧のため何も見えませんでした。観察舎の窓は透明なガラス張りでスコープも備え付けてありましたがまるで曇ガラスのようで視界はゼロでした。崖も見えないのでまったく恐怖心も涌きませんでした。観察舎では宿で作ってもらったおにぎりを昼過ぎに食べただけでした。風が入らないので食事には快適でした。
 この付近はエゾカンゾウの群生地(時期的に早く、花は少なめでした)でそこで遊ぶノゴマやノビタキもシルエットを見るのがやっとでした。最後にフットパスでコマドリを見るのも中止にしました。それでもアオジやコムクドリ、コヨシキリ、ツツドリなどを見ることが出来ました。特にツツドリは繁殖期に草原で喉を膨らませて鳴く成鳥を見るのは初めてだったので興奮しました。後日、サロベツで人に天売島経由で来ましたと言うと「ツツドリ撮った?」と聞かれたので有名なのかも知れません。
 鳥見しながら歩いていると、ときどきアオジに出くわしました。翌早朝に小さなボートでもう一度海鳥を見て、午後はサロベツでシマアオジを見る予定なのでその姿が頭に浮かび始め、黄色のアオジを見るとドキッとしました。
 今回は経験の無い長旅だったので事前の準備には相当悩みました。何を持っていき何を持っていかないかの判断が微妙でした。自分の車で行くことにしたのである程度の荷物は運搬可能です。投宿するときも、宿から出発するときも必要最低限の荷物の持ち運びで済むので楽です。この楽チンぶりは以前に九州旅行したときに味わっているので今回のフェリー使用も迷いませんでした。折角の野鳥撮影旅行なのでカメラ機材は優先して積み込みたいし、この時期の北海道は真冬の服装が必要との助言もいただいているので防寒着も優先しました。夫婦共に多シャッター性なので手持ちのCFをいくら増やしても足りないと考えて夫婦夫々1台モバイル用PCも積み込みました。その他、折りたたみ椅子や踏み台、ゴム長靴、ビデオ撮影もしたくなるかもしれないのでビデオカメラセット等。結局これほど積んだことは無いというほどの荷物を積み込みました。
 心配だったのは下着です。途中でコインランドリーを使うことを前提で考えていましたが、行く先々で洗濯乾燥をする時間的余裕があるかどうか見当もつきませんでした。あまり神経質なほうではありませんが、出来れば下穿きは毎日交換したいと思いました。旅程は厳密には決めていませんでしたが、月末には帰りたいと思っていたので18日くらいになるかも知れません。(結局フェリー滞在を含めて18日でした。) その日数分だけ下着を2人分持って行くのは不可能です。
 そこで思いついたのは100円ショップで売っている使い捨て紙パンツです。税抜き100円で5個入りです。これを風呂に入るたびに履き捨てて、新しいパンツを履こうと考えた訳です。普通のものも持っていくので100円分で充分かとも思いましたが、念のため300円15個購入しました。自分のケツの大きさは中くらいだと思っていたので「M」サイズを買いましたが少々小さかったです。ケツの小さい人なら「M」サイズ、中くらいなら「L」、ケツのでかい人は止めたほうが無難です。サウナのマッサージやアカスリで支給される紙パンツに似ていますが、履いてみるとかなり丈夫でそれほど違和感はありません。問題は前述したサイズでした。自分は足が細いほうだと思っていましたが腿も少々窮屈でした。フェリーで風呂の後に履いて鏡を見ると横幅に取られてパンツが横に伸びボディービルダーのビキニパンツのようになっていました。サイズがキツイ上、前開きでないため男性の小用には極めて不便。あっという間にギブアップ。いつものトランクスに履き替えました。
サイズを「L」にしていたら良かったかもしれませんが、試してみる予定はありません。もし、ご興味のある方がいましたらお試しを。(likebirds夫)


by likebirds | 2015-07-12 06:00 | 北海道旅行 | Comments(6)
コムクドリ
 芽吹いたばかりのカラマツの中でコムクドリが盛んに餌探しをしていました。
チョコチョコと動き回るし、葉っぱに隠れてしまってなかなか姿をみせてくれません。
でも時々は、枝先や枝の上に出てきてくれてました。
爽やかな松の色合いとコムクドリのシックな色合いがとても綺麗でした。(likebirds妻)


a0052080_17392034.jpg



a0052080_17393736.jpg



a0052080_17394729.jpg



a0052080_17395545.jpg


営巣開始直前のコムクドリのペアでした。それにしても私達の撮る鳥の写真は背景ゴチャゴチャが多いですねぇ。我ながら呆れます。(likebirds夫)
by likebirds | 2012-05-20 17:53 | 野鳥観察 | Comments(8)
コムクドリ
 子育て真っ最中のコムクドリ、虫や木の実を銜えた親鳥がかわるがわるやってきました。
ひな鳥が元気に育ってくれるといいですね。(likebirds妻)

likebirds妻;50D+300mmF2.8  ♂飛びつき
a0052080_20422194.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  ♂飛び出し
a0052080_20423198.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8  ♀飛びつき
a0052080_2042476.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  ♀飛び出し
a0052080_20425616.jpg


 鳥の飛び出す瞬間をカメラに捉えるのは難しいですが、枝にとまっている鳥の写真を撮ろうとしたら飛んでしまった写真は数多く保存しています。「棚ボタ写真」と呼んで一人でニンマリしています。(likebirds夫)
by likebirds | 2011-07-04 20:59 | 野鳥観察 | Comments(2)
コムクドリ
 コムクドリの番を見るのは、この時が初めてでした。
最初はコムクドリの群れが飛び交っていました。でもこの2羽だけが別行動でいつも一緒でした。
愛らしいメスと美しいオス。
枝に止まって寛いだり、一緒に飛び立ったりと、本当にほほえましい光景でした。
予期せぬ所でのコムクドリとの出会い。
とても嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0  手前が♀、後ろが♂
a0052080_18113533.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4  左がメス、右がオス
a0052080_18115323.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4
a0052080_18122080.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  三歩下がってとまるオス
a0052080_18123992.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4
a0052080_18131611.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  尾羽を支えに使ってキツツキのようにとまるコムクドリ♀
a0052080_1813376.jpg


巣作りに励むコムクドリの夫婦を見ることができました。大群小群を見るのも良いですが、夫婦の仲睦まじい場面も味わいがありました。時々アカゲラが飛んできてお邪魔虫をしていたのは笑えました。
大満足で帰りましたが、車のエンジンルームに石ころのお土産を積んでいるのには気がつきませんでした。
翌日、アクセルを踏み込むたびに異音と振動に驚きました。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-05-05 18:47 | 野鳥観察 | Comments(22)
コムクドリ
 この前干潟に行った時、空模様がだんだん怪しくなったので、そろそろ引き上げようと思っていたら「その先にコムクドリの群が水浴びに来ている」と、近くにいた方に教えていただきました。ちょうど帰る途中だったので、その場所に行ってみると、コムクドリの群が水浴びをしていました。でもすぐ横のケヤキの木の天辺に飛んでしまいました。大きなケヤキの木の上では、水浴びを終えたコムクドリたちが盛んに羽繕いをしていました。100羽以上はいたようです。時々一斉に旋回するとまたもとの木に戻ってきました。
 こんなにたくさんのコムクドリを見たのは初めてでした。ムクドリのように賑やかに鳴いてはいませんでしたが、後からみたら何羽かムクドリが混ざっていたようでした。
私はコムクドリは初撮りでしたので、とても嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds妻;30D+400mm  コムクドリとムクドリ、仲良く水浴びしていたようです。これは桜の木です
a0052080_19481454.jpg



likebirds夫;30D+500mm
a0052080_20165319.jpg



likebirds夫;30D+500mm
a0052080_19484371.jpg



likebirds妻;30D+400mm  木の天辺の群。もっとたくさんいたのですが、ファインダーに入りませんでした
a0052080_19485931.jpg


 7月最終日曜日の写真です。コムクドリの中にわずかにムクドリが混じっていました。これだけコムクドリが沢山いるのに、帰って写真をみると、ピントの合っている鳥がたまたま普通のムクドリだったりして結構笑えました。
 コムクドリで時間を食い、引き上げるのが夕方になり帰りは土砂降りになりました。渋滞にもあいました。暑がりの妻は車中で汗だらけになり、エアコンをつけると冷え性の妻はガタガタ震えだします。「いったいどうすりゃいいんだ」と思いながら運転しました。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-08-10 20:33 | 野鳥観察 | Comments(19)