タグ:サシバ ( 28 ) タグの人気記事
渡りのサシバ
この秋は雨ばかりで、なかなか出かけられませんでした。
やっと鷹の渡りを見にいってきました。
既に終盤を迎えていたのですが、この日は140羽余のサシバとノスリが元気に渡っていきました。
サシバ達は旋回することなくまっしぐらに上空を飛び去っていきました。
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください



a0052080_17553594.jpg








a0052080_17554021.jpg







a0052080_17543363.jpg







a0052080_17542863.jpg







a0052080_21052227.jpg








a0052080_21060797.jpg


 横須賀まで鷹の渡りを見に行ってきました。天気予報では北風が吹くのは昼からでしたが、山頂では幸先よく早朝から北東の風が吹いていました。朝早くから集まった人たちの期待は高まりましたが、肝心のタカは遅い出になりました。
 午前8時半過ぎにやっとサシバが飛んで来始め(15+3+5羽)、9時頃にまた比較的大きな一団(24羽)が通り過ぎました。その後も断続的にサシバが飛んでは来るものの通過ルートが遠かったり、飛行高度が高かったりが多かったです。
 それでも冷たい空気を吸いながら眺めるタカの飛行は秋の深まりを十二分に味わうことが出来て気持ちが良かったです。昼前に引き上げました。(likebirds夫)

by likebirds | 2016-10-11 21:43 | 野鳥観察 | Comments(6)
サシバ
 二ヵ月半ぶりにサシバの様子を見に立ち寄りました。
谷戸の森はすっかり緑に茂り、田んぼは青々と稲が伸びていました。
田んぼでカエルを狙うサシバ、派手さは無く狩の様子も決してかっこよくありませんが、
泥臭さがとても魅力的で好きです。(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください


田んぼわきの電柱でじっと獲物を狙います
a0052080_18573882.jpg







狙いは大きなカエル
a0052080_18575543.jpg







カエルを足に持ち替えて、急いで飛びます
a0052080_18581165.jpg







カエルをしっかり握って
a0052080_18582660.jpg







足で獲物のカエルを掴んだまま我々の頭上を飛びます
a0052080_20090363.jpg






いきなり真上の電柱に止まりました。カエルの顔が見えてます
a0052080_18583943.jpg







尾羽はぼろぼろ
a0052080_18585154.jpg



 北印旛の谷津田にサシバを見に行ってきました。滞在時間が極めて短かったので、じっくりと観察は出来ませんでしたが、どうやら子育て中のようで親鳥が交互に捕えた獲物を運んでいました。(likebirds夫)

by likebirds | 2016-06-20 20:46 | 野鳥観察 | Comments(6)
サシバ(2)
 長く広がる谷戸田を囲む森に、サシバの夫婦がやってきていました。
雄は足に怪我をして片方の足はぶらりと伸びたままでした。
そんな不自由な身体でも、カラスに噛み付くほどの気の強さ。
その気の強さが何年もの間、立派に子育てをしてきた源なのでしょうか?
本当にかっこ良かったです。(likebirds妻)


写真をクリックすると拡大画像をご覧になれます


このオスは地元のサシバファンのレジェンドらしいです
a0052080_15242415.jpg






飛び出しました   ここへは10年くらい来ているそうです
a0052080_19290957.jpg







このオス、随分以前から片足を痛めていて畳めません
a0052080_21301449.jpg







相当なご高齢と思われますがリタイヤしていません
a0052080_21325645.jpg






むしろ、とても勇猛です
a0052080_21592460.jpg






カラスを追い回し激しいバトル。。。
a0052080_22005176.jpg






こちらは相方のメスです。 勇猛なのはオスだけではなく、メスも勇猛でした
a0052080_22023878.jpg






ここではカラスは逃げ惑うばかりでした
a0052080_22025391.jpg



 先日、サシバを堪能した帰りにもう一箇所のフィールドへ寄ってみました。到着は午後2時頃になりましたが、何人ものカメラマンが並んでいたのでポイントは直ぐにわかりました。着いてみてサシバのオスの足が畳めずにぶら下がったまま飛んでいるのを見て、ここが有名なサシバのオスの営巣する場所だと初めて気づきました。このオスは片足が曲がらないようで、まっすぐに足を伸ばして枝などに止まるときには痛めたほうの足も枝を握っているので違和感はありませんでした。もう長い間、この場所へ毎年やってきては営巣するそうで「老年の星」と言えそうです。
 このフィールドは両側を林に挟まれた低く細長い谷戸田でした。こんなサシバの繁殖に適した場所が未だに残っているのは素晴らしいことだと感心しました。(likebirds夫)

by likebirds | 2016-04-27 10:05 | 野鳥観察 | Comments(10)
サシバ (1)
 今年も谷戸田にサシバの夫婦がやって来てくれました。
新緑の森とカエルの声が賑やかな里山でサシバのおおらかな姿を沢山見ることができました。
サシバの撮影は晴れ晴れと本当に楽しい時間です。(likebirds妻)


写真をクリックすると拡大画像をご覧になれます


新郎さんです
a0052080_15313072.jpg






高い枝で獲物を狙ってます
a0052080_15375710.jpg






新婦さんです
a0052080_15325251.jpg






新婚さん! いらっしゃーい  (左下;新郎 右上;新婦 間違えると失礼ですヨ)
a0052080_15340162.jpg






雌は木の天辺に良く止まります
a0052080_15393937.jpg






雌の元へ・・・
a0052080_15421258.jpg






新郎さんは点数稼ぎに必死です  トカゲを新婦にプレゼント
a0052080_15375725.jpg






人里に住む鷹サシバ  新郎さんの狩りの仕事場は畑です
a0052080_15574263.jpg







畑の杭で一休み
a0052080_15404316.jpg







桜の前も飛んでくれました カッコイイー!!
a0052080_16045534.jpg







空腹になれば新婦さんも待っているだけでなく狩りをします
a0052080_16292496.jpg







元気で健康そうな新婦さん
a0052080_16071985.jpg







「ピックイーーーー!」鳴きながら飛ぶ新郎さん
a0052080_16093863.jpg

 里に住んで人間と共生する鷹サシバは毎年1度抱卵前に見に行っています。線路が走り住宅地が寸前まで迫ってきて今年はどうか?と毎年のように心配しながら行きますが、今年も来てくれていました。
 メスのサシバは若くてとても健康そうに見えたので新婦さんと呼びました。オスは古亭主と呼んではかわいそうなので新郎さんです。実際は年齢不詳です。サシバを見ながら耕作前の田圃で最高の午前中を過ごしました。(likebirds夫)
 

by likebirds | 2016-04-19 16:24 | 野鳥観察 | Comments(8)
サシバ
 今年も鷹の渡りを見に行きました。
昨年は4~5回通いましたが、今年は都合がつかずに一度だけしか行かれませんでした。
ハチクマの渡りは既に終わっていて、サシバの渡りが中心でした。
この日のサシバのカウントは66羽でしたが、ほとんどははるか遠くを高く飛んだので、はっきりと見る事ができたのは20羽ほどだったと思います。
それでも、一心に南に向かって飛び去る姿は感動的でした。
来年また、元気に戻ってきてほしいと思いました。(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧下さい



100-400ズームレンズをテレ端から少しワイド側にして撮影しました
a0052080_17204490.jpg







少しワイド側にすると広い青空がファインダーに広がります
a0052080_17204436.jpg







頭上で旋回を始めました  100-400テレ端で
a0052080_17204430.jpg







こういうときにはズームレンズは便利ですね ♪
a0052080_17204577.jpg







こちらは500mmF4で撮影
a0052080_17272151.jpg







横が気になるようで、脇見運転していました
a0052080_17273052.jpg





後から飛んで来るサシバを待っているかのように旋回していました
a0052080_18513162.jpg

 例によってダラダラとしたシギのUPがやっと昨日終わりました。
 毎年、横須賀市のタカの渡り定点観察地へ出かけていますが、今回は1度切りでした。10月4日。前々日は雨、前日は好天なれど南風。当日は好天で北風。タカが飛ばない訳はない!と思っていましたが、渡りは低調でした。日曜日でもあり、皆さんが盛大なタカの渡りを期待したのか、観測地の山頂は車で、見晴台は人で大賑わいでした。
 好天に恵まれましたが、双眼鏡で東京湾の対岸の房総半島の空を見ると低く雲が垂れ込めているのが見えました。タカが飛ばないのはそのせいだと言う人や、もうタカは渡り切っていて在庫切れという人などが居ましたが、両方正しいようでした。
 自分たちはアマツバメやハヤブサ等を見たり、久しぶりに出会った友人達と鳥談義などをして過ごしましたが、11時ころには飽きてしまいました。
 さらに、前日は見晴台周辺で「ジジロ、ジジロ」と3音節で鳴くオオムシクイの声が聞こえたという話を聞き、すっかり腰が落ち着かなくなってしまいました。オオムシクイは今夏の知床峠で悪天候もあって惨敗しています。姿はメボソムシクイとそっくりですから探すのは鳴き声です。でも結局、声を聞くことはありませんでした。
 見晴台を下りて、レンズを手持ち用に取り替えている最中に上の見晴台が騒がしくなったので、空を見上げるとやっとサシバの一団が肉眼で見える高さで通りかかっている最中でした。手持ち用のズームレンズが幸いして鷹柱を撮ることができました。
 この場所へは数年前から毎年来て、毎年同じような変わり映えのしない写真を撮っていますがとても居心地が良いので続けたいものです。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-10-20 07:00 | 野鳥観察 | Comments(10)
サシバ(2)
  サシバはほとんどの時間を餌探しに費やしていました。
でも失敗することが多いように見えました。
何度も失敗したあと、虫を咥えているのを見た時は、とてもほっとしました。
”これから始まる子育て頑張ってね!”  (likebirds妻)
               

写真はすべてクリックすると拡大してご覧になれます


カラスに追われているように見えますが、実は逆で巣のそばに近づいたカラスを脅していました
a0052080_21295802.jpg





ペアの他にもう1羽いた独身と思われるメスです
a0052080_22320217.jpg






a0052080_21303031.jpg






a0052080_20510788.jpg






a0052080_21310137.jpg






a0052080_21321837.jpg





a0052080_20502833.jpg





a0052080_21325428.jpg





a0052080_21314586.jpg





a0052080_20495378.jpg







a0052080_20530222.jpg






a0052080_21342048.jpg






a0052080_21332923.jpg






a0052080_21334731.jpg






a0052080_20492019.jpg



サシバの飛翔写真をたくさんUPしました。
この場所でにサシバの狩を見ていると獲物はほとんどヘビ、カエル、トカゲだったように記憶していますが、今回は虫ばかり捕っていました。地面に舞い下りて足で地面をぐっと掴むのでモグラかと思うと虫ばかりで成功率も低く感じました。田に水が入っていなかったこともあるのかも知れませんが、餌にはかなり苦労しているように見えました。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-04-29 07:26 | 野鳥観察 | Comments(10)
サシバ(1)
  周囲をしゃれた町並みが迫った谷戸田は、ひんやりした空気と若葉色の森で囲まれたのどかな風景が残っています。
水を引き始めた田んぼで、蛙の鳴き声がかすかに聞こえています。
路肩に車を止めて待っていると「ピックイィー」と甲高い声が響いてきました。
サシバのペアを、また見ることができてとても嬉しかったです。(likebirds妻)


写真はすべてクリックすると拡大してご覧になれます
a0052080_21234096.jpg






a0052080_21240814.jpg






a0052080_21243528.jpg






a0052080_21245763.jpg






a0052080_21252106.jpg







a0052080_21254479.jpg







a0052080_21262347.jpg






a0052080_21265048.jpg






a0052080_17543085.jpg






a0052080_17520356.jpg







a0052080_21270765.jpg


 谷戸田のサシバを2年ぶりに見に行きました。近くを線路が通り、じわじわと開発が迫ってきているので果たして来ているか心配しましたがちゃんと来ていました。一昨年と同じでペアの2羽と別のメス1羽の3羽でした。(かなり遠くにもう2羽飛んでいました) 今年のペアは両方とも眉斑がはっきり見えず、胸も一様に茶褐色なので嫁と旦那の区別が出来ませんでした。求愛給餌でもしてくれればと思って待ちましたが、どちらも餌を捕るとすぐに食べていました。結局、交尾をしたので雌雄の判別は出来ましたが、その後はまたわからなくなりました。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-04-25 09:56 | 野鳥観察 | Comments(8)
サシバ、ハチクマ
秋の鷹の渡り。
今年は何度も振られましたが、台風18号が去っていった日に、今季最大の渡りを見ることができました。
早朝から次々と鷹柱があがり、歓声が上がりました。
この日は風が強く、鷹柱はあっという間にバラけて上空を飛び去ってしまいましたが、まっしぐらに渡っていく姿を沢山見送ることが出来て本当に嬉しかったです。(likebirds妻)

画像はすべてクリックすると拡大してご覧になれます

台風18号で渡ることが出来ずだいぶ溜まっていたのでしょう   朝から30余りのサシバの群れです
a0052080_19442283.jpg

こういう場面は写真に撮らずに肉眼で気分を味わうほうが良いのかもしれません
a0052080_19444622.jpg


まっすぐに低く向かって飛んでくるサシバもいました  ピクセル等倍ですが
a0052080_19450852.jpg


サシバがゆうゆうと頭上を横切っていきます
a0052080_19452591.jpg



a0052080_19454734.jpg


a0052080_19460706.jpg


ハチクマ登場です  さっそく定番のカラスがちょっかいをだします
a0052080_19464214.jpg

カラスを避けて...カラスは平行して追いかけます
a0052080_19472395.jpg


近づいてくると、そ嚢が膨らんでいるのが見えました
a0052080_20011655.jpg



何かを呑み込んだ直後のようです  若鳥暗色型です
a0052080_20030706.jpg


 東京湾を渡ってくるタカを見に行きましたが4連敗。今季は鳥運がないと思い、もうやめようと思っていましたが台風が通り過ぎると今度こそと思いました。この日の天気予報は朝のうちから晴れとなっていましたが、現地に着くと空は雲に覆われながらもところどころ青空がのぞいて見えました。風は北北東。
曇りがちながらも空が明るくなってくるといきなり30余りのサシバが東から飛んできて頭上で鷹柱をつくりました。4回来るんじゃなかったと思いましたが、はじめて来て良かった!と思うことが出来ました。(likebirds夫)

by likebirds | 2014-10-15 20:27 | 野鳥観察 | Comments(2)
石垣島  サシバ
 渡りの途中のサシバにも出会うことができました。
活発に飛び回ることもなく、ひっそりと羽を休めている感じでした。(likebirds妻)

サシバ♀  「Oh!渡りのサシバ」と喜びましたが、ガイドさんに「越冬個体です」と言われました
a0052080_16430396.jpg


こちらは別の日に別の場所で見つけた♀です  これはきっと渡りでしょう 根拠はありませんが異議なし!
a0052080_16530921.jpg

サシバ♂もいました 北へ向かってすぐに居なくなるのでしょうね
a0052080_16430375.jpg
 4月3日から10日まで石垣島へ旅行しました。そのとき見た野鳥をUPしています。
石垣島へ来て2日目まではガイドさん に案内してもらいました。そのときは何ともなかったのですが、3日目から自分の運転するレンタカーで島内を周遊しだすとまぶしくて目を開けていると辛くなりました。どうやら目玉焼きになってしまったようで昼前には痛みも出てきて運転が難しくなってしまいました。持参の目薬を頻繁に差してしのごうと思いましたが痛みは増すばかりでした。コンビニに飛び込んでサングラスを買おうとしましたが、この時期は未だ置いていませんと言われてしまいました。近くに眼鏡屋さんがあると聞き、なんとかたどり着きました。私は眼鏡をしているので眼鏡の上にする大きなサングラスを買うことにしましたが、「うぇっ、高いやー」。
とんだ出費ですが仕方がありません。少しでも眼の負担を減らそうと紫外線透過率の一番低い真っ黒なものを選びました。念のためちょっぴり値切ってみましたが、逆に「消費税が上がったので付いているタグより高いです」と言われて参りました。3日目からは早朝から日没後の7時頃まで屋外では大きなサングラスを着けっぱなしです。車のルームミラーや買い物時に鏡を見るたびに生まれて初めて見るような自分のキャラの変貌ぶりに笑いが止まりませんでした。(likebirds夫)


by likebirds | 2014-05-03 17:49 | 石垣島旅行 | Comments(2)
サシバ
 この日飛んだのはほとんどがサシバでした。
山の向こうや谷から沸きあがる鷹柱は、数え切れないほどの数と覚えきれないほどの回数でした。
湧き上がった鷹たちは旋回しながら上昇し、風をとらえて猛スピードで山肌を飛び去っていきました。
風向きによっては目の前を通過することもありました。
ダイナミックな鷹たちの渡りを心から楽しむことができました。
(likebirds妻)


鷹見広場の斜面に立って北東の方向を見ると無数のタカが沸きあがって来ました
a0052080_1953518.jpg


断続的に谷からあちこちの斜面にタカが音もなく浮いて来ます
a0052080_1954423.jpg


松本方面を見下ろしながら...壮観です
a0052080_19541893.jpg


山の斜面を吹き上がる上昇気流を捕まえてタカはどんどん上昇します
a0052080_19543757.jpg


山を吹き抜ける風を利用して猛スピードで渡っていきます
a0052080_1955580.jpg


見ているこちらへ向かって空に浮く凧のように飛んでくるサシバ
a0052080_19552574.jpg


比較的近くの斜面を鷹柱をつくって上昇するサシバ達
a0052080_19554536.jpg


上昇気流に乗って円を描くように上昇
a0052080_1956099.jpg


目の前を横切っていくサシバ(たぶん♀)
a0052080_19561830.jpg


ほぼ真上を通過するサシバ(たぶん♂)
a0052080_195633100.jpg


旋回して背中を見せるサシバ(たぶん♀)
a0052080_19564555.jpg


 予定を変更して急遽タカの渡りの本場へ来てみましたがさすがに壮観でした。到着した午前9時半頃はさしてタカが飛ぶこともなく散発的にサシバやハチクマ、ノスリなどが通過していくのを見物していたのですが、だんだん陽が高くなって気温も上昇してくると物凄い数のタカ達が下のほうから沸きあがってきました。これが全部タカなんだと思うと一体何処に待機していたのか信じられない気持ちでした。上昇してくるタカたちを双眼鏡で見ると、昼前まではかなりハチクマが渡って行きましたが昼前後からはハチクマはめっきり減り、ほとんど上昇してくるのはサシバになりました。凄い数のサシバが山麓から鷹柱をつくって上昇し空高く上るとバラけて猛スピードで頭上や目の前を通過していきます。その光景を見終わらないうちに次の高柱ができてきました。時にはハチクマやサシバにモビングを繰り返しながら飛んでいくツミも目を楽しませてくれました。またその合間にはハリオアマツバメ数羽でが旋回し、ハイタカも直線的に飛んでゆくました。
「ほう~」だの「わ~」だの言って感心しているうちにあっという間に時間が経ち午後4時頃に山を下りました。(likebirds夫)
by likebirds | 2013-09-24 21:05 | 野鳥観察 | Comments(4)