タグ:シジュウカラガン ( 2 ) タグの人気記事
マガン、シジュウカラガン (伊豆沼一日目 昼前後)
 念願だった、伊豆沼へ行ってきました。
十数万羽のマガンたちは、広い沼周辺の田んぼに大小の群れで点在して、思い思いに餌探しをしたり、
脈絡なく飛んだりと、どこを見てもマガンがいっぱい。
思い描いていたよりも、ずっとずっと素晴らしい光景でした。(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧ください



2羽仲良く・・・
a0052080_17531064.jpg







田園風景をマガンが飛ぶのは気持ちが良いです
a0052080_18371653.jpg






群れの一部がいきなり飛びます
a0052080_21081920.jpg








オオハクチョウ2羽(真ん中の2羽)とマガン4羽が向かってきます
a0052080_18392210.jpg






小鳥じゃなくて、大きなマガンですから凄いです
a0052080_18335784.jpg






なんと、何気なく撮った写真にシジュウカラガン(左から2羽)が。。
a0052080_18415512.jpg






シジュウカラガンの着地(中央下と右上)  これも偶然です
a0052080_18430844.jpg







露出補正せずに午後1時直前の写真です
a0052080_18505680.jpg

 明日はスーパームーンだそうですね。本日、我が家から見える月は秋ですがおぼろ月です。

 11月4・5・6日の2泊3日で宮城県北の伊豆沼へ旅行しました。オリンピック候補地として最近話題の長沼ボート場のある長沼のその隣の沼です。すぐ隣の内沼、付近の蕪栗沼を含めて日本に飛来するマガンのほとんどがこの3沼で越冬するそうです。

 4日(金)未明の午前3時に出発してひたすら宮城県を目指しました。早朝の塒立ちを見るために前日の夜に出発するのが効率が良いのでしょうが、年齢相応に朝ゆっくり出発してノンビリ向かおうとの計画でした。ところが高速道路の深夜割引に引っ張られて中途半端な時刻に出掛ける羽目になりました。今回初めて圏央道から東北道に入りましたが、時間や距離はともかく運転は楽でした。

 途中休憩もしながら、伊豆沼に着いたのは昼前の11時頃でした。まずは伊豆沼に隣接する内沼のサンクチュアリセンター(昆虫館)に寄って情報収集と思いましたが休館日でした。それではと伊豆沼東南の野鳥観察館に行きましたが今度は閉館でした。北側の伊豆沼内沼サンクチュアリセンターも休館。休館は月曜日のはずなのに何故?と思いましたが、祝日の翌日もお休みだと翌日行ってわかりました。

 それにしても野鳥の観察者がいません。カメラマンはときどき見かけましたが、皆さん風景撮影で野鳥カメラマンはこの日は見掛けませんでした。

 聞いていましたが、マガンはとても警戒心が強く車でゆっくり近づいても飛んで逃げました。近づかなくても車の窓を開けると飛んで逃げました。遠くからでも車の窓からレンズを出すとマガンは逃げました。
 1971年に狩猟が禁止されるまでの記憶が本能に残っているのだと思います。

 近づくと逃げるので仕方なく距離を置いて車中から見たり撮影をしたりしましたが、地上付近は陽炎が強くて困りました。そんな訳で1日目は飛んでいるマガンばっかり撮影することになりました。
 近づけば逃げるし、遠くからでは陽炎が強いしで、カリガネ探しなどは直ぐに諦めてマガンの居る風景を楽しむことにしました。ハクガンやシジュウカラガンなども諦めていたのですが、何気なく撮った写真にシジュウカラガン2羽がしっかり写っていたのは幸運でした。白い首輪の無い個体は今年生まれの幼鳥だと思います。

 カリガネやハクガンやシジュウカラガンといった珍し探しを諦めると時間はたっぷりあります。伊豆沼を二周したり、内沼へ行ってみたりとマガン見物をたっぷり楽しみました。(likebirds夫)
 ↓[more]もご覧ください。


More 伊豆沼のマガンもう少し
by likebirds | 2016-11-13 21:10 | 伊豆沼旅行 | Comments(10)
シジュウカラガン
 この美しいシジュウカラガンを近くで見ることができた幸せを、本当になんと表現したら良いのでしょう!
夜明けを迎えたばかりの川岸で、その美しい姿を見た時、まるでスクリーンの中のスターが目の前に現われてくれたような感激でした。
 大きな身体に、すらりと伸びた首。黒と白のはっきりした色合いの顔。しなやかな身のこなし。
本当にエレガントな水鳥でした。
河原の草を一心に食べながら、どんどん遠ざかったり、見る見る近くに来たり、不意打ちのように飛んだり・・・本当に見ている私達はこの美しくて、無邪気なシジュウカラガンから目が離せませんでした。
 広い河原で、のんびりと餌探ししたり、泳いだりする姿はとても和やかで愛らしく、穏かそのものでした。
もう少しここにいてくれるかしら?
もしここを気に入てくれたなら、来年も立ち寄ってほしいなぁと思いました。

現地ではまた、たくさんの方とお会いできとても楽しい時間を過ごすことができました。本当に素晴らしい一日でした。(likebirds妻)


likebirds夫;30D+500mm
a0052080_20343243.jpg


likebirds妻;30D+400mm  食事の合間に首を伸ばして・・・クチバシに食べた草をつけたまま、ちょっとお茶目♪
a0052080_20353396.jpg


likebirds妻;30D+400mm  草を啄ばんでいたかと思うと、突然のように飛び立ちます。慌ててシャッターを切ったら、羽まで切れてました・・・涙
a0052080_20355774.jpg


likebirds夫;30D+500mm  仁王立ちで羽ばたきをします
a0052080_20361937.jpg


likebirds夫;30D+500mm
a0052080_2036491.jpg


likebirds妻;30D+400mm  着水寸前、ヒドリガモとおそろいポーズです!
a0052080_2037564.jpg


likebirds夫;30D+500mm  ザブンと着水しました 
a0052080_21342246.jpg


ikebirds妻;30D+400mm  美しいスタイルは、ベジタリアンだから??おいしそうに草を食べていました
a0052080_20372280.jpg


 近所へシジュウカラガンが来ているとお聞きし、行ってきました。日曜日まで居てくれるか不安でしたが、何とか居てくれました。一週間の間に相当有名になっていたようで、たくさんのカメラマンが来ていました。地元でいつもお世話になっている方、久しぶりのご夫妻、埼玉でいつも親切にしていただいている方々と楽しい鳥見となりました。
 シジュウカラガンはおもに北アメリカ西海岸で越冬するそうです。日本への飛来はごく少数で、神奈川県では初めてのことと聞きました。頬の白斑は喉まで続き左右はかすかにつながっているようでした。胸は白ではなく褐色でした。翼を広げると1mを越えるほどの大きさで、あまり人を恐れるようなこともなく、のんびりと草を食べたり水面に浮かんだりしていました。(likebirds夫)

顎の下はこうなっています
a0052080_23492920.jpg

by likebirds | 2007-12-03 22:09 | 野鳥観察 | Comments(24)