タグ:シマセンニュウ ( 2 ) タグの人気記事
シマセンニュウ  北海道旅行その20  シブノツナイ湖
 車の窓を開けるといきなり、ハマナスの枝先に飛び乗って「ちょりちょり」と鳴くシマセンニュウの姿を見つけました。
シブノツナイ湖でもシマセンニュウを見る事ができて、嬉しかったです。(likebirds妻)

写真をクリックして拡大画像をご覧下さい

シブノツナイ湖ではシマセンニュウのお迎えを受けました
a0052080_16591174.jpg






青く見えるのはシブノツナイ湖です
a0052080_16592583.jpg






上にシブノツナイ湖、下にハマナスを入れて...
a0052080_17114585.jpg







シマセンニュウが高い場所に出てきて
a0052080_17295367.jpg






草の穂に止まってシマセンニュウが鳴いていました
a0052080_17140989.jpg


 先日も書きましたが、この場所ではエゾセンニュウ、マキノセンニュウ、シマセンニュウの3センニュウが揃い踏みでした。もっとも、エゾセンニュウは声を聞いただけで姿は見ませんでしたが。1度来ただけで断定するのは良くありませんが、センニュウの声の聞き比べや写真を撮るには最適の場所のように思えました。
 シマセンニュウは旅行前のにわか勉強で、鳴きながら数メートル飛び上がっては下りるディスプレー飛行をするかと思い期待していたのですが、1度もそういう挙動は見ませんでした。餌を運んだり、短く鳴く警戒音も発しなかったので育雛もまだ始まっていないようでした。Wikipediaを見るとメスのみ抱卵と書いてあるので、これらの写真はすべてオスの可能性が大きいです。雌雄同色とも書いてあるので拘る必要はないかもしれません。
 ウグイス亜科の鳥はみんなウグイスに見えて違いがわからないと言う人がいますが自分も同感です。渡りの途中の鳴かないシマセンニュウを自分の地元で見たらきっとわからないと思います。オオヨシキリだと思って疑わないかもしれません。そんなことを思いながら、撮ってきた写真を自宅で眺めるとやはり繁殖期の北海道へ行って良かったと自分に頷いています。
 北海道旅行では現地でたくさんの人達と出会いました。羨ましいのはキャンピングカーで旅行をしているご夫妻です。札幌の森林公園で出会ったご夫婦はこれから3ヶ月北海道で過ごすと言ってました。北海道は秋が早いと聞いているので、それなら季節を跨いで秋まで居ることになります。サロベツでもそんなご夫妻が居ました。 またキャンピングカーでなくとも、大きめなワンボックス車の内部を寝泊りできるように改造されているご夫妻も多かったです。相互リンクしているご夫妻も最近そうされているようです。 キャンピングカーではありませんが、ワゴン車の中に棚を作ったり寝床を設えたりして車中泊で気儘に旅行されている単身者も多かったです。最近テレビ等で紹介されているキャンピングカーに改造されたワンボックスの軽自動車で旅行している人もいました。いつかはこういうこともしてみたいと思いますが当分無理です。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-07-23 06:00 | 北海道旅行 | Comments(8)
シマセンニュウ 、コヨシキリ、オオジュリン 北海道旅行その15 たまたま寄った浜勇知園地
 サロベツの後、日本最北端の岬へと向かう途中に、海沿いに小さな公園があったので、立ち寄ってみました。
車から降りたとたんに「ちょりちょりちょりちょり」と賑やかな鳴き声が聞こえました。
ちょうど石碑に止まっている鳥が見えたので「その鳥!シマセンニュウ!」と夫に言うと、けげんな顔で「すずめだよ」と言うのです。
「じゃあ、この中!」と低い茨の木を柵で囲った場所に近寄るとその中で、大きな鳴き声が聞こえました。
しばらく鳴いているあたりを見ていたら、「ちょりちょりちょり」と鳴きながら、シマセンニュウが姿を見せてくれました。
少し離れたところでも、鳴き声が聞こえたので数羽のシマセンニュウがいたようでした。
思いがけないところでシマセンニュウを見る事ができて、本当に嬉しかったです。(likebirds妻)

写真はすべてクリックすると拡大してご覧になれます

3センニュウの最後はシマセンニュウさんです
a0052080_22102997.jpg






霧靄の早朝にシマセンニュウの声が響きます
a0052080_22104700.jpg






オレンジ味のある足のシマセンニュウ
a0052080_22111112.jpg







元気良く鳴いてくれました
a0052080_10375297.jpg







我々の存在に慣れてきたのか、表へ出てきました  尾羽の両端にチョイ白が見えますよね
a0052080_10382283.jpg







コヨシキリです  シマセンニュウと似てると言われますがあまり似てませんね
a0052080_22112803.jpg







コヨシキリには超りっぱなサムライ眉(頭側線)があります
a0052080_10390788.jpg






コヨシキリは足の色もシマセンニュウとは違いますね  尾羽も長いです
a0052080_10390825.jpg







オオジュリンのメスが巣材を集めていました
a0052080_10531480.jpg







巣材集めにとても熱心でメスの写真はどれも巣材付きでした
a0052080_10531466.jpg







このときオオジュリンのオスは集めて居ませんでした
a0052080_10531401.jpg






説明が大変なので看板を載せて起きますね
a0052080_10562861.jpg

 今回の北海道旅行でエゾセンニュウ、マキノセンニュウとセンニュウ2種を見て、目標まで後1種になりましたがまったく予定もしていなかった場所でシマセンニュウに出会うことが出来ました。ノーマークだった「浜勇知園地」という場所でした。
 サロベツを発つ午前4時半、今回の旅行で初めての雨に会いました。と言っても小雨かまたは霧雨程度でしたがしばらく降り続けました。兜沼公園を少しだけ散策して稚内のノシャップ岬の観光へ向かうのですが、どうせなら日本海に沿って北上したいものだと車を日本海のある西に向けました。ちょうど海沿いを走るオロロン街道にぶつかるT字路に駐車場があり休憩を兼ねて止りました。そこが看板によると「浜勇知園地」だったのです。午前6時少し前だったと思います。腰を伸ばそうと車から下りて少し歩くとヒバリの声に混じって「チョリチョリチョリチョリ」と小鳥の声が聞こえてきました。この表現はメボソムシクイに使うものですが、声はまったく違います。自分の聞いた感じをカタカナで書くと同じになっちゃうんですが。
 「これシマセンニュウじゃない?」とlikebirds妻が言うので柵で囲った中を良く見ると、それらしき鳥が草や木の中で動いているのが見えました。頭の毛を逆立てずにじっと休んでいるときのオオヨシキリにそっくりですが、足の色は赤いです。ここは北海道ですからウチヤマセンニュウはありえません。
 ここは公園で遊歩道が施してあって藪が狭いです。遠くに行かれたら、反対側の遊歩道へ回り込むことも出来ます。霧雨っぽい曇りなので順光逆光も関係ありません。よし、ここでシマセンニュウを撮って3センニュウの目的を達成しよう、ということにしました。車からカメラを持ってきて探し始めました。探すと言っても近くで声がするのでその場所を目で追うだけですが。最初は声のするそばに近づくと鳴かなくなったり、木や草の陰に潜ったりしていたシマセンニュウでしたが、こちらの動きを最小限にして辛抱強く待っているとだんだん慣れてくるのか、徐々に姿を隠さなくなってきました。シマセンニュウは枝の込み合った木の中ほどで囀り始め、次第に木の上方でも鳴くようになりました。そして遂には枝の混まない高い場所にも出てきました。嬉しい初見初撮りです。
 にわか勉強ですが、囀りながら飛ぶと読んできたのですが、そういうことは1度もありませんでした。藪から鳴きながら数メートル飛び上がってまた藪に入るというオオセッカのような動きをすることもありませんでした。本とは少し印象が違いました。鳴きながら徐々に枝の上に上り始め、鳴き止むと後ずさりをするように下方に隠れました。
 この公園の沼には水草の絡まった浮島があったのでアカエリカイツブリでも居るんじゃないかと思い、途中から来た若いカメラマンに聞いてみると、やはりアカエリカイツブリが目的でした。でも人が居ると藪に隠れて出てこないと言って帰ってしまいました。最後の写真の休憩所はコンクリート造りで階段を登って公園を一望できる2階ベランダへ行けるのですが、登ってみてもアカエリカイツブリは見えませんでした。
 この場所でシマセンニュウ、その他を撮るのに使ったレンズですが、自分はキャノンの100-400Ⅱです。今回のボートウォッチングのために買ったものです。納期は最短でも1ヵ月半と言われましたが、注文したらあっという間に届きました。 likebirds妻は以前から持っていたキャノン300mmF4です。自分は野鳥撮影をデジスコで始めたのでそのスタイルが染み付いているので手持ち撮影はほとんどしてこなかったし、likebirds妻は撮り始めは手振れ補正無しの400mmF5.6だったのでやはり三脚を多用してました。今回やってみて取り回しの良さに驚いています。公園などで距離の近い小鳥を撮るにはこれのほうが良さそうだなと今回の経験で思いました。
 30分以上撮ったり歩いたりしたので、お腹が空いてここで朝食にしました。宿で作ってもらった大きなお握りを上機嫌でたべました。北海道上陸7日目の朝食はとても美味しかったです。(likebirds夫)


by likebirds | 2015-07-18 06:00 | 北海道旅行 | Comments(10)