タグ:ズグロカモメ ( 4 ) タグの人気記事
ズグロカモメ
 オニアジサシがいた渚では1羽のズグロカモメが可愛い姿で楽しませてくれました。
海面にダイブしたり、水路で蟹を捕まえたり、色々な場面を見ることができました。
ズグロカモメを見るのは久しぶりで嬉しかったです。
(likebirds妻)





写真をクリックして拡大画像をご覧ください

a0052080_21144226.jpg







お約束の。。
a0052080_21493142.jpg







a0052080_21150146.jpg








a0052080_21503674.jpg








a0052080_21515886.jpg








a0052080_21515858.jpg








a0052080_21560468.jpg






チラッとこちらを見たような。。
a0052080_21482796.jpg






好物の蟹を何度も捕まえてきました
a0052080_21154153.jpg







a0052080_21160445.jpg







a0052080_21162273.jpg






捕まえた蟹を海水で洗います
a0052080_21165158.jpg








a0052080_21474124.jpg



 オニアジサシを見た臨海公園では可愛いズグロカモメも1羽だけ浜を左右に何度も往復するように飛んでいました。 噂に
たがわぬ蟹好きで捕まえては食べるの繰り返しでした。 砂まみれの蟹を捕まえると一度海水に浸けて洗ってから食べている
のが印象的でした。 砂は食べたくないですよね。(likebirds夫)

by likebirds | 2017-11-07 05:00 | 野鳥観察 | Comments(8)
ズグロカモメ
 ズグロカモメは数羽でしたが、ひっきりなしに飛んで餌を探していました。
干潟に降りてのんびりしたりもしていました。
大群がいるかも?と期待しましたが、ズグロカモメを見ることができて良かったです。(likebirds妻)


ズグロカモメ成鳥冬羽 初列風切の白斑が確認できます
a0052080_20343945.jpg


ツクシガモと・・・
a0052080_20351013.jpg


目先にほんの少し黒斑があるので顔が分別臭いですね  尾羽に褐色帯はありませんが第一回冬羽だと思います
a0052080_20362850.jpg


真正面から見ても分別臭い顔。。。  砂で汚れていますが赤黒い足が見えました
a0052080_20365150.jpg


こちらは成鳥冬羽   初列のパターンが図鑑通りと笑いました
a0052080_2037590.jpg


第一回冬羽  蟹を食べています
a0052080_20374039.jpg


第一回冬羽  最初クチバシが赤く見え「あれ??」と思いましたが赤いのは口の中でした  かすかに尾羽に褐色が見えました
a0052080_20383749.jpg


シチメンソウの上を飛びながら餌探し
a0052080_20385948.jpg


公園側を振り向いて
a0052080_20392288.jpg


 満潮の早朝から八代の海を覗きに行きましたが、小潮のために干潟が広がっていて鳥はとても遠かったです。曇天にくわえて堤防は工事中でとてもオオズグロカモメは見つけられませんでした。多少は探しましたが今から思うと折角来たのだからもう少し粘るべきだったかなと悔いが残ります。
それならばと車を飛ばして夕方に佐賀の干潟公園にやってきました。ここも見渡す限り砂浜で遥か遠くの波打ち際には大量の鳥のシルエットが見えましたがとても何の鳥かはわかりませんでした。そんな厳しい状況を救ってくれたのがところどころに点在するツクシガモとズグロカモメでした。ズグロカモメは鳴きながらを間近を飛んでくれましたのでとても可愛く感じました。ちゃんと名物のシチメンソウの上も飛んでくれてサービスは良かったです。三番瀬で見たことがありましたがやはりこの場所で見ると「九州にやって来たなー!」と感慨がありました。折角なので一泊して翌日にも来てみましたがやはり暗い曇天の上に鳥さんは遥か遠くでした。機会があれば再訪して越冬シギチやカモメ達の大部隊を見てみたいものです。(likebirds夫)
by likebirds | 2014-02-06 21:38 | 九州旅行 | Comments(4)
ズグロカモメ
日曜日は午前5時起床。
妻は風邪気味で「咽喉が痛い」とドタキャンでした。それなら自分も止めようかと思案していると「気をつけて行って来てね」と押し出されてしまいました。超久しぶりの単独鳥見で気楽な反面、少々戸惑いました。
本日の予定は三番瀬で遅ればせながらのズグロカモメです。例年ならとっくに居なくなっているのですが、今季は未だに飛んでいるということで期待が高まりました。
現地に7時少し前に到着して早速双眼鏡を覗くと西端の空にズグロカモメを見つけました。この時は満潮でしたので、頭の黒くなってきたオオジュリンなどを撮って潮の引くのを待ちました。
程無く潮が引き始め、干潟が顔を出したのでズグロカモメを探しました。浜の西端で見つけて西へ歩くと頭上を飛んで東へ行ってしまいます。東側へ飛ばれると逆光で撮れません。仕方なく東へ歩くと今度は西端へ。
その間、ホウロクシギ、ダイシャクシギ、ミヤコドリ、ダイゼン、オオソリハシシギ、ミユビシギ、トウネン、ハマシギ、ウミアイサなどが目に入りましたが、とにかくズグロカモメを追いかけてクタクタになりました。
その内に顔見知りの方たちとも出会い、浜の真ん中あたりでズグロカモメを待ちました。あまり移動せずに待っていると比較的近くにやって来てくれました。何とか遅まきながらズグロカモメを今季も撮ることができました。頭の黒いズグロカモメは少なくとも2個体いました。1個体は頭部にほんの小さな白斑が残っていました。
その他の水鳥を撮っているうちに、浜遊びの人たちがたくさん集まりだしたので帰りました。(likebirds夫)

likebirds(夫);500mmF4+30D  薄い朝焼けの空にズグロカモメを見つけました
a0052080_19135197.jpg


likebirds(夫);500mmF4+30D  小さな体に長い翼で飛ぶ姿は美しいです
a0052080_19543895.jpg


likebirds(夫);500mmF4+30D  ズグロカモメは足は赤く、クチバシは黒です
a0052080_1955433.jpg


たくさん撮りましたので、↓の「More]をクリックしてください。

More よろしければこちらのズグロカモメもご覧ください
by likebirds | 2009-03-31 20:34 | 野鳥観察 | Comments(14)
ズグロカモメ
 ズグロカモメは、ずっと前から会いたいと願っていました。
でもズグロカモメは頭が黒い夏羽になると、すぐに渡って行ってしまいます。
時期を逃すと黒い頭に会うことが出来ません。今年こそは会いたいと思っていました。
 穏やかな春の海辺で、たくさんの水鳥たちを見ていたら、ウォッチャーの方に「今さっき、ズグロカモメが飛んで行ったでしょ?撮った?」と聞かれました。
うっかりしていて見過ごしてしまい、諦めかけたときに、「あ、飛んできたよ。ズグロカモメ」と近くにいらしたよっちさんが教えてくださいました。
見ると目の前を悠然と飛ぶ白い鳥。
 あわててファインダーで覗くと、会いたいと願っていたあの黒い頭が見えました。
ズグロカモメはゆっくりと私たちの目の前を飛びながら、向かいの空に消えてゆきました。
この日はもう見ることが出来ないかも?とあきらめかけていただけに、本当にうれしい出会いでした。もちろん初見初撮りです。
ズグロカモメを教えてくださったよっちさん、ありがとうございました。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0 だんだん近づいてきます この瞬間がシビレます
a0052080_20321572.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6 目の前を悠然と飛んでいきました
a0052080_2037539.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0 頭部に白の冬羽が少し残っています。
a0052080_20325357.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  どんどん遠ざかってしまいました
a0052080_20334091.jpg


ズグロカモメが飛んでいってしまったと聞いたときは、足の力が抜けるほどガッカリしました。朝7時少し前から粘っていたのに無念さが込み上げました。
「せっかく来たのに」 「ああがっかりだ」 「もう座りたくなった」などと言っていると、はるか遠くの空を飛ぶ豆粒ほどの鳥を指して「あれがズグロだよ」と教えてもらいました。
ファインダーを覗くと頭が黒いようです。いつもはここからシャッターを切り始めるのですが、じっと我慢をして近づくのを待ちました。目の周りの白班が見え出したのでシャッターを切り始めました。「ああ撮れたー!」と感無量でした。
どうして豆粒ほどの鳥がズグロカモメだとわかったのでしょう?私にもカモメとはわかりましたが、肉眼ではそれ以上のことはまったくわかりません。
「飛び方がズグロだったからね」これが答えでした。カモメも種類によって飛び方があるのでしょう。御見それいたしました。
カメラのモニタで確認して「撮れてる、撮れてる!」と喜んでいたら。「誰に教わったんだっけ?」と聞かれ、あわてて何度もお礼を言いました。カモメ初心者の私達にとってはズグロは充分にエキサイティングでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-03-03 21:42 | 野鳥観察 | Comments(20)