タグ:セグロカモメ ( 2 ) タグの人気記事
ヒメウ、ユリカモメ、ウミネコ、セグロカモメ、オオセグロカモメ
 カナダカモメが飛んでしまい、ちょっとがっかりしていたら、岸壁下の海にヒメウがいると教えていただきました。少し遠かったのですが、「これ以上近くには来ないよ」といわれました。
 ヒメウは波にゆらゆら揺られているかと思うと、すぐに海に潜ってしまいます。やっと水面に顔を出したと思うと後ろ向きだったりして、やっと撮ることができました。カワウに比べるととても小さくて、くちばしも細く黒っぽい色でした。ヒメウはもちろん初見、初撮りです。
 この日は一日で5種類も初見初撮りすることが出来ました。本当にうれしかったです。
他にも、夏羽に移行中のユリカモメや、ウミネコ、セグロカモメ、オオセグロカモメなどなどたくさんの海鳥を見ることが出来ました。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+500mmF4.0+1.4  ヒメウ。カワウに比べてくちばしが細くて黒く、体も小さいです
a0052080_20495469.jpg


likebirds夫;デジスコ  妻のシャッター音で焦りましたが、なっなんとか撮れました ニンマリ
a0052080_20501255.jpg


likebirds夫;30D+400mmF5.6 ユリカモメはやっぱり可愛いです
a0052080_20503354.jpg


likebirds妻;40D+500mmF4.0+1.4  ユリカモメ、夏羽になりかけています
a0052080_20505313.jpg


likebirds夫;30D+400mmF5.6  ウミネコは歌舞伎の女形のように艶っぽいです
a0052080_20513063.jpg


likebirds夫;30D+400mmF5.6  背の灰色が濃いのでオオセグロカモメだと思って撮ったのですが....違いますか?
                        追伸;オオセグロカメのようです
a0052080_205145100.jpg


likebirds妻;40D+500mmF4.0+1.4  セグロがオオセグロの幼鳥
                            追伸;オオセグロカモメのようです
a0052080_2052244.jpg


likebirds妻;40D+500mmF4.0+1.4  セグロカモメ飛翔。下からもう1羽が飛び出してきました。
                            追伸;手前はモンゴルカモメの可能性があるそうです
a0052080_20522224.jpg


likebirds夫;30D+400mmF5.6  尾羽の黒褐色の帯が広いのでオオセグロカモメ幼鳥じゃないかと.....
                        追伸;セグロカモメのようです
a0052080_20524236.jpg


likebirds夫;30D+400mmF5.6  こちらは何カモメでしょうねえ.....クチバシが太いです
                       追伸;オオセグロカモメのようです
a0052080_2053044.jpg


この一週間はかなりスリリングなブログ上梓でした。間違いもありましたが、ご指摘をいただいて訂正しました。ありがとうございました。こういう時に「ブログをやっていてヨカッタ!」と実感します。
なにしろ冬の定番、コミミズクを断念して二週続けて海の鳥を見に行ったのですから、少しは覚えないといけません。でも一年や二年では多分覚えられないでしょう。気長にやっていきます。
今回の収穫は何と言っても「カモメは退屈だろう」という先入観が払拭できたことだと思います。
実際に見たカモメは退屈どころか、活々として躍動感にあふれた美しい鳥でした。
リンクさせて頂いている『紀の国城下町便り』のゆーしょーさんに「カモメの水兵さん♪」とコメントをいただきました。「何故その歌を思い出さなかったのだろう」と悔やみました。カモメを見ながらこの歌を口ずさんでいればもっと楽しかったでしょう。私が歌っていたのは「カモメーが飛んーだー」でした。(likebirds夫)

追伸;kimさん、識別にご協力下さりありがとうございました。ペコリ。
by likebirds | 2008-03-14 22:10 | 野鳥観察 | Comments(24)
スズガモ セグロカモメ 東京湾に飛ぶ
 この日は風はありませんでしたが曇天で肌寒く、防寒着を着ての野鳥観察となりました。妻が無理を言って、鳥の大先輩に案内していただいたので、普通種の鳥も興味深く楽しく見ることが出来ました。セグロカモメも、オオセグロカモメとの違いや分布などを教えていただくと、「ほうー」と俄然興味が湧いてきます。このおかげで、鳥待ちをしている時でも全く退屈せずにワクワクしていられました。
 妻はスズガモと教えていただいた後も「シロクロ、シロクロ」と呼び続けたので、「アンタがシロクロ、シロクロと呼ぶから本当の名前が出てこなくなった」と叱られていました。笑。
 他にも数種類の鳥を見ることが出来、東京湾の片隅で大自然を満喫した気分でした。夫婦で撮った写真を見せ合って妻はスズガモ、私(夫)はセグロカモメを載せることにしました。(likebirds夫)

likebirds妻;30D
a0052080_2042562.jpg


likebirds妻;30D   あらよっと!!スズガモ飛び出し。平べったくて干物みたい~
a0052080_20431651.jpg


likebirds夫;30D  巻貝を咥えては舞い上がり、地上に落としますが...
a0052080_2043598.jpg


likebirds夫;30D  落ちたところが砂の上なので、貝は割れません。「カラスのほうが利口だね」とミユビシギが言っているような (写真をクリックして大きくして見てください)
a0052080_20433383.jpg

by likebirds | 2007-04-06 22:04 | 野鳥観察 | Comments(18)