タグ:セグロサバクヒタキ ( 1 ) タグの人気記事
セグロサバクヒタキ
 セグロサバクヒタキを見ることができるとは夢にも思いませんでした。
元気で無邪気に飛び回っては餌を捕まえぺろりと平らげていました。物凄い大食漢のセグロサバクヒタキ。
可愛い姿を沢山見ることができました。
感謝でいっぱいです。(likebirds妻)


現地に着いて急いでカメラをセットして最初のショット  クチバシが緑色に見えましたが、モニタを見るとバッタを咥えていました
a0052080_21124391.jpg


ほぼ側面の写真です
a0052080_2113933.jpg


薮から棒に飛び出すのでなかなかタイミングが合いませんでした
a0052080_21134755.jpg


横から.....尾羽の写った背中からの写真を撮ろうとしますが、上手くいきません
a0052080_2114623.jpg


「逆T」の字とか、「山」の字とかいわれる尾羽の黒色部は文字の横棒が図鑑よりかなり太かったです
a0052080_21142691.jpg



a0052080_21143884.jpg


空中の虫をフライングキャッチを繰り返しヒラリと着地
a0052080_2115782.jpg


鉄の杭に何度も止まっては飛び出しを繰り返し  尾羽の黒色部の「山」の字
a0052080_21161493.jpg


止まったかと思うと突然飛び出して飛び回ります
a0052080_21172088.jpg


オクラの黄色い花の前も何度も飛び
a0052080_2117313.jpg


う~ん...背中と尾羽をバッチリとは見せてくれません
a0052080_21174327.jpg


尾羽の黒色部  自分の図鑑では明朝体の「逆T」でしたが、この子は毛書体?の「山」
a0052080_21175911.jpg


写りは良くないですが、飛びつきを狙ったら尾羽を広げてくれました   図鑑の尾羽とはずいぶん違う...。
a0052080_21181363.jpg



 遅ればせながら。
 日曜日の朝、のんびりと朝食をとっていました。テレビを見ようとリモコンをさがすと充電中のスマホがチカチカと点滅しているのが目に入りました。 あれ?メールが来ているような...。ぎょえ~~!!!。あっありがとう~!!!
それからはパンを頬張りながらズボンを穿いて、トマトジュースを飲みながら図鑑を見て...と大騒ぎになりました。ゆっくり見ている暇がないので図鑑のセグロサバクヒタキ、イナバヒタキ、ハシグロヒタキのページをスマホのカメラで撮って出かけました。
 現地に着くと10人くらいのカメラマンが畑に立っていて一部は帰りかけていたので「飛び去ったのか」と焦りましたが、幸いすぐ近くに居てくれました。目の前で止まったり飛んだりしてくれるのですが、こちらばかり向いて背中や尾羽を見せてくれません。肉眼で見るとやはり小さいので上尾筒が白で尾羽が黒のようにも見えてイライラしました。双眼鏡で確認しようとするのですが、やはりこちらばかりを向いて、飛ぶときは追いつきませんでした。
 そのうちに背中を向けて飛ぶところが撮れたので、カメラモニタとスマホの図鑑写真とを見比べることができました。撮った写真はハシグロヒタキ第一回冬羽とそっくりでした。しかし、目の前の子は眉斑があるのかないのか、ほとんど目立ちませんが、ハシグロヒタキの図鑑写真は眉斑がはっきりしていました。これには現地でかなり不安になりましたが、どちらにしろ珍鳥なのでたくさん写真を撮っておいて後で詳しい人に教わろうと思いました。イナバヒタキは昨年秋に大阪で見たことがありましたので、「これとは違うな」と思いました。
 帰ってから写真の整理をしながら、ネットで見て廻りましたが資料が少なく疑問が残ったままでした。知り合いにも疑問を持ちかけましたが、なにしろ皆が初見なので結論が出ませんでした。
 結局、この子はセグロサバクヒタキ第一回冬羽で尾羽の黒色部は個体差が大きいのだと教えられました。てっきり、尾羽の黒色部の形状が識別のポイントだと思い込んでいて、あちこちに「違うかもよ~」などと声をかけたのが悔やまれます。(likebirds夫)
by likebirds | 2013-10-05 23:05 | 野鳥観察 | Comments(10)