タグ:センダイムシクイ ( 12 ) タグの人気記事
センダイムシクイ   北海道旅行その45  北大研究林
 水場にやってくるシジュウカラやヤマガラ、ハシブトガラを撮っていたら柳の木の中にちょっと違う色の鳥が見えました。
センダイムシクイでした。
気温が高くなって、色々な小鳥たちがカラ類と一緒にやって来ていたようです。
賑やかな水場で沢山の鳥さんを見る事ができて、とても楽しめました。(likebirds妻)

写真をクリックして拡大画像をご覧下さい


水場横の柳の枝にちょこんと止まって
a0052080_09204891.jpg





水場を見つめています
a0052080_09210195.jpg





いつの間にか水浴びしてました
a0052080_09211320.jpg






水浴びをしてしまうと羽根毛はバサバサです
a0052080_09524435.jpg







こういうところでは鳴きませんね
a0052080_09524347.jpg






蛇足ですがクマゲラの掘った穴です  何ヶ所もありました
a0052080_18293210.jpg

 コガラと思ってハシブトガラを撮っている最中にセンダイムシクイがやって来ました。頭央線はあまりはっきりしませんでしたが、この林で声が聞こえていたので多分間違いないと思います。関東でも見ることがよく鳴き声を聞く鳥ですが、姿を見ることの難しいのはこちら北海道でも同じでした。道東の林道では煩いと思うほど、声を聞きましたが6月後半になると北海道でもすっかり枝に葉が茂り見ることが出来ませんでした。道東の林道ではエゾムシクイも盛んに鳴いていましたがこちらはついに御目文字叶いませんでした。
 今回の北海道旅行では幸運も不運も含めて予想外のことがかなりありましたが、やはり一番思惑が外れたのは旅程の真ん中から始まった異常低温でした。
 北海道の薮蚊は半端じゃないとか、草むらや林に入れば必ずマダニに喰われるなどといろいろ情報が入っていたので防虫剤・除虫剤は豊富に持って行きました。車の中でシュッと一吹きしておくと車の中の虫を退治できるものとか、車の中に虫が入るのを防ぐものとか、身体にスプレーして虫刺されを防ぐもの、ジェル状で塗るもの、その他です。最初のうちはそれなりに役に立ちましたが、その後は低温で虫はゼンゼン居ませんでしたからほとんど持ち帰りました。日焼け止めクリームも自分は途中からまったく使用しなくなりましたので残りました。
 旅行中に1泊か2泊くらいはキャンプ場のコテージを借りて泊まるのも面白そうだと思い、シュラフを2個と毛布等を車の狭い荷台に詰め込みましたが、湯気が立つような暖かい食べ物や飲み物、それにホカホカのお布団が恋しくて1度も使いませんでした。
 そう言えば折りたたみ椅子も何種類か持って行きました。所謂、パイプの椅子やプラスチック製の踏み台様の物、登山等で使う三叉の椅子です。それぞれこういうときにはこれ!などと思って持って行きましたがほとんど使うチャンスはありませんでした。知床峠でギンザンマシコ待ちには必須と言われた踏み台も霧と雨と寒さで車外に居ることも出来ませんでした。
 持って行って良かったと思うものもあります。それは防寒着です。北海道経験者に真冬の支度とアドバイスを頂いていたのですが、実際いろいろ迷いました。真冬と言っても、真冬の新宿から真冬の奥多摩、真冬の野辺山など次々にシチュエーションが頭に浮かびどうして良いかわからなくなりました。結局、寒さに応じて軽装から順番に重ね着できるように衣類を選んで持って行きました。これは案外快適でした。ちょっとでも寒いなと思ったら着ている上にもう一枚重ね着をします。汗が出そうなら一枚脱ぐという訳です。これを上着だけでなくズボンにも適用しました。ズボンの上に薄い防寒ズボンを穿き、それでも寒ければ更にガチな防寒ズボンを穿きました。荷物が膨れ上がって泊まるたびに苦労しましたが気候の激変にも耐えて、風邪も引かずに元気に旅することが出来ました。(likebirds夫)
 

by likebirds | 2015-09-09 06:00 | 北海道旅行 | Comments(6)
センダイムシクイ
 暑いくらいの日差しのこの日、センダイムシクイは何度も水浴びにやって来て、楽しませてくれました。likebirds(妻)


頭央線が比較的はっきり見えていました。こういうときは識別が楽ですね
a0052080_19382710.jpg



a0052080_19384681.jpg



a0052080_1939144.jpg


何度も水浴び
a0052080_19392318.jpg



 センダイムシクイは繰り返し繰り返し鳴いていました。出現回数も数え切れないほどでしたが、写真は良いのがありませんでした。そんなものですね。(likebirds夫)
by likebirds | 2013-05-21 19:51 | 野鳥観察 | Comments(4)
センダイムシクイ、エゾビタキ
 ムギマキに比べて、センダイムシクイやエゾビタキは比較的見やすい枝に止まってくれました。
センダイムシクイは手の届きそうな枝でせわしなく虫を探していて、愛らしい姿を惜しみなく披露してくれました。(likebirds妻)

a0052080_19314411.jpg



a0052080_19315532.jpg



a0052080_1940489.jpg


 更新をサボリがちで1ヵ月も過ぎ去った季節の鳥達になってしまいました。
渡りの途中のセンダイムシクイやエゾビタキは長旅に備えるためなのか、栄養補給に余念がない様子に見えました。(likebirds夫)
by likebirds | 2012-11-05 19:59 | 野鳥観察 | Comments(2)
センダイムシクイ、ウグイス
  「チヨチヨビー」「ホーホケキョ、ケキョケキョ」センダイムシクイとウグイスはとても賑やかに鳴いていました。
センダイムシクイは時折、水辺に降りてきては水を飲み水浴びをして、そして近くで鳴いていました。
「ウグイスも鳴いているから来ないかなぁ・・・」と思っていたら、本当に水辺に降りて来ました。そろりそろりと姿を現すと、水を飲み水浴びをして直ぐに居なくなりました。
賑やかに鳴いているからきっと、喉も渇いたのでしょう^^。(likebirds妻)

likebirds夫;40D+500mmF4.0  センダイムシクイ
a0052080_19554842.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  センダイムシクイ
a0052080_19561024.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8  センダイムシクイ
a0052080_19563079.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8  センダイムシクイ
a0052080_19564824.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8  ウグイス
a0052080_1957458.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  ウグイス
a0052080_19572137.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  ウグイス
a0052080_19573316.jpg


 ウグイス♂はスズメくらいの小さな鳥ですが、センダイムシクイと比べるとかなり大きく感じます。大きさだけでなくセンダイムシクイのほうが、身体つきも華奢に見えます。ウグイスの色をウグイス色というのかどうかはわかりませんが、センダイムシクイのほうがかなり緑味があります。
 センダイムシクイを見つけると無意識に頭央線を確認しようと必死になります。確認するとなにかホッとしてしまい、そのせいで他の部分の観察を忘れます。(likebirds夫)
by likebirds | 2011-05-12 20:30 | 野鳥観察 | Comments(9)
サンコウチョウ、センダイムシクイ
 夫の首の具合がよくないので、近くのサンコウチョウの様子を見に行きました。
サンコウチョウは雛が巣立っていて、一家で杉林の中に移動していました。
餌を探して親鳥は飛び回っているようでしたが、暗い林の中で、枝も込んでいて姿は見つけられませんでした。
数回だけ、奥の枝にサンコウチョウが止まったのですが、私は見つけられずに撮れませんでした。
夫は「運転もしてもらって、何もしないのにサンコウチョウ撮れちゃって・・・ごめん」と申し訳なさそうでした^^。
でも、私はいつも何もしないで助手席で寝ているのだから・・・おあいこですね(笑)
サンコウチョウを探す間、目の前の木の枝にセンダイムシクイが何度も虫取りにやってきました。
センダイムシクイも子育て中のようでした。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0  サンコウチョウ♂  広げた尾羽の中央から2本の飾り羽が伸びています
a0052080_20241332.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  サンコウチョウ♂  尾羽を持ち上げました
a0052080_20245468.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  サンコウチョウ♂  と思ったら飛び去りました
a0052080_20263018.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  センダイムシクイ、すぐ前の木に何度も虫を取りにきました
a0052080_2027652.jpg


盛んに子育てをしていたサンコウチョウ。一週間後に行ってみると早朝に巣立ちした後でした。空になった巣のそばの藪の奥から「ジーッ ジーッ」と声が聞こえていました。
林を見通せる場所から親鳥の餌捕りを見ようとその場を離れました。それが誤算で出てくれたのは数回。それも一瞬でした。
レンズを向けることができたのは一回だけでした。妻の場所からは杉の木が邪魔して見えませんでした。
その間、センダイムシクイが近くで何回も採餌していましたが撮りませんでした。妻のシャッター音を聞いて慌ててレンズを向けましたがそれが最後でした。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-07-01 21:19 | 野鳥観察 | Comments(23)
コルリ、センダイムシクイ
 コルリに会いたいと出かけましたが、姿は見えず・・・賑やかなさえずりばかり。
そして、近くにはやはりセンダイムシクイが賑やかに鳴いています。
鳴き声の聞こえるほうを必死で探しても、姿は見つけられません。
いい加減に、いやになる頃にやっと姿を見つけることが出来ました。
 センダイムシクイも木の枝の中を、鳴きながらちょこまか飛び交っているのを見つけました。
声ばかりで姿をなかなか見つけられなかったコルリとセンダイムシクイ。
何とか見つけることが出来て嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_19553349.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_19554912.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_19561072.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  コルリ、遠くの笹薮で羽繕いしていました
a0052080_19563252.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0   センダイムシクイ
a0052080_19565050.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8    センダイムシクイ
a0052080_19571049.jpg


コルリはなかなか見つけられませんでした。朝ではなかったので、藪に入ってしまい枝でなかなか囀ってくれませんでした。
声ばかりで姿を見ることが出来ません。諦めかけた時、縄張りに別のコルリが入ったようで、枝に出てくれました。
5枚目のセンダイムシクイは6枚目の引き立て役です。涙。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-05-21 20:54 | 野鳥観察 | Comments(14)
コガラ、コサメビタキ、センダイムシクイ
 しばらく水辺のフィールドが続いたので、山野の夏鳥を探しに行きました。
富士桜があちこちで満開を迎えた森は、芽吹いたばかりの新緑と、桜の淡いピンク色に包まれて本当にさわやかでした。
肌寒い木々の間から姿を見せてくれたコガラ、コサメビタキ、センダイムシクイはとても可憐で可愛らしかったです。
でも山のフィールドは、鳥が遠い、そして鳥が小さい、動きが速い・・・の三重苦。
姿を捉えるのは大変でしたが、愛らしい小鳥に出会えてとても嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4  コガラ、富士桜にぶら下がって蜜を吸っていました
a0052080_20253621.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  花びらを千切りました
a0052080_202646.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  コサメビタキ
a0052080_20262327.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8 コサメビタキ、大きな目が可愛かったです
a0052080_20264486.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  センダイムシクイ
a0052080_2027580.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8   センダイムシクイ、枝の中を忙しなく飛び移っていました
a0052080_20272617.jpg


たまには山野の鳥を見に行こうと富士山周辺へ出かけてきました。富士桜を見ながら車で細い山道を登り、外に出ると空気の冷たさに驚きました。
シギチをのんびり撮ることに慣れてしまって、山の鳥のすばしっこさには翻弄されました。枝から枝へ休みなく飛び回り、休むときは必ず枝の向こうでした。
苦労しましたが、何とかコサメビタキとセンダイムシクイの今季初撮りができました。
コガラが富士桜の蜜を吸う(食べる?)のは初めて見ました。花のめしべだけでなく、花びらも千切って、両足で押さえ食べていました。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-04-27 21:17 | 野鳥観察 | Comments(16)
エゾビタキ、センダイムシクイ
 この日の朝ここで、エゾビタキの姿を一瞬見かけました。鳥を待っているときも、真上でエゾビタキの声が聞こえました。私は、動かないで待つことにしました。夫はカメラを持って、広場のほうへ探しに行きました。私が待っている所にエゾビタキは現われませんでした。少しすると夫が戻ってきて、「エゾビタキ、いたよ。木の実を食べに来た」と言うのです。私も急いでそこへ行ったのですが、もう飛んでいったあとでした。しばらく待ったのですが、とうとう現われてくれませんでした。エゾビタキが食べていたのはミズキの実のようでした。でもこの山にはミズキの木がたくさんあって、どの木に来るか見当もつきません。仕方なく引き返しました。でも、この日ここでエゾビタキを見たのはこれが最後でした。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mm エゾビタキ
a0052080_20274144.jpg


likebirds夫;30D+500mm エゾビタキ
a0052080_20275688.jpg


likebirds妻;30D+400mm  メジロやキビタキと一緒に現われたセンダイムシクイ。この枝で羽繕いしていました
a0052080_20281567.jpg


likebirds夫;30D+500mm センダイムシクイ
a0052080_20284312.jpg


 コサメビタキやエゾビタキが目的で出かけたのですが、残念でした。コサメビタキは歩いているときにチラッと見かけましたが、カメラと双眼鏡は背中のリュックの中でした。
 目的のポイントに着いても時々メジロが出る程度で眠気をこらえるのに苦労しました。サンコウチョウなどが出たのも一瞬で、ほとんどの時間は待ち時間でした。
 エゾビタキの声が一瞬したので私は動き、妻は待ちました。私が撮って戻ると、妻はあわてて動きましたが間に合いませんでした。いつもと逆でした。妻がエゾビタキを撮るまでと長い時間待ちましたが声さえ聞こえませんでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-09-27 21:16 | 野鳥観察 | Comments(14)
センダイムシクイ
 夏鳥といえば、青や黄色のスターな鳥さんを思い浮かべることでしょう。でも私は、センダイムシクイに会いたいとずっと思っていました。なぜなら今期まだ、センダイムシクイは「チヨチヨビー」という声のみで撮影できていなかったからです。でも残念なことにここのセンダイムシクイはとても控えめな子で、現われても直ぐに飛んで行ってしまいました。
 それでも何とか見えにくい枝に来てくれたのを撮りました。そしたら夫が飛び移っているのを撮っていました。ちょっとくやしいかも~?(likebirds妻)

likebirds妻;30D+400mm
a0052080_20401694.jpg



likebirds夫;30D+500mm
a0052080_20403631.jpg


 今までずっとデジスコ専門でしたので、つい鳥が静止する瞬間を待ってしまいます。その癖が抜けないので、動きのある写真は撮りのがしていました。今回のセンダイムシクイは意識して動き出すのを待ちました。そうするとなかなか動かないものです。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-05-22 20:59 | 野鳥観察 | Comments(16)
センダイムシクイとシメ
 渡りの途中の赤い子にふられた次の日、美容院に行くと言って妻にもふられ、久しぶりに一人の鳥見となりました。しばらくヤマガラやシジュウカラを眺めていると「チヨチヨビー」が聞こえてきました。気配を感じながら振り向かずに待っていると、左前方に出てきてくれ花のそばにとまり、さかんに囀っていました。誰もいない木立のなかに座ってゆっくりとセンダイムシクイを観察できました。時間がゆっくりと流れそうなものですが、案外早く時が過ぎました。後から一人、また一人と計三人になりました。夕方になり、クロツグミの声が近づいたり遠のいたりしてきましたが、寒くなってきたので帰りました。(likebirds夫)

likebirds夫;30D+500mm センダイムシクイ
a0052080_2221627.jpg


likebirds妻;30D+400mm 
a0052080_2220493.jpg

 
 赤い子にふられましたが、夏羽のシメが、美しい夏羽を見せに(?)来てくれました。
嘴はまだ少しピンク色が残っていました。もう少しすると、鈍い鉛色になってシメの強面もグレードアップするそうです。
でも、強面の割には、はずかしそうに振り返っている姿がかわいかったです。(likebirds妻)
by likebirds | 2007-04-27 23:02 | 野鳥観察 | Comments(8)