タグ:ツクシガモ ( 2 ) タグの人気記事
ツクシガモ他
 広大な干潟には数百のツクシガモが思い思いに餌探しをしていました。
でも近くで見ることができたのは、数羽のツクシガモとアカアシシギくらいでした。
周辺の水路では、ゴイサギの親子がじっと日向ぼっこをしていました。
干潟の鳥たちはとても遠かったですが、間近でゴイサギを久しぶりに見ることができて嬉しかったです。(likebirds妻)

比較的近くの潮溜まりで餌探しをしていたツクシガモ。次列風切(翼鏡)の緑色が見えました
a0052080_2038077.jpg


ズグロカモメとツクシガモ
a0052080_20381697.jpg


ツクシガモが遠くを飛びました
a0052080_20383537.jpg


暗い曇天でしたがツクシガモが群れ飛ぶ姿は楽しめました
a0052080_20385185.jpg


干潟にいたツクシガモは飛んでくる仲間に釣られて次々に飛び立ちました
a0052080_2039787.jpg


忙しなく走っていたアカアシシギ
a0052080_20392256.jpg


ダイシャクシギの群れを期待しましたが...
a0052080_20393352.jpg


干潟公園近くの水路に居たゴイサギ親子
a0052080_20394521.jpg


 佐賀の干潟公園はどちらかというと天気が悪くて目算通りではありませんでした。それでもズグロカモメは終始飛び回ってくれましたし、数百のツクシガモを見ることもできました。群れとまでは行きませんがダイシャクシギも見ることができました。堤防の内側の葦原にはツリスガラが断続的に20羽くらいの群れで飛んできました。近隣の農家の庭先にはカササギがつがいで遊んでいました。
伝え聞く干潟公園の凄さの片鱗を垣間見たという感じでしょうか。次回この場所に来る機会があればカレンダーをめくってジャストインタイムに来ようと思いました。(likebirds夫)
by likebirds | 2014-02-09 21:20 | 九州旅行 | Comments(6)
ツクシガモ
 時々野鳥の本を見ては、一度は見てみたいと思っていたツクシガモを見ることが出来て本当にうれしかったです。
冬晴れの冷たい風で波打つ川面に身を任せるようにゆらゆらと浮かんでいるツクシガモ、白く輝いて遠くに見えました。
しばらくうとうとと眠っていましたが、目をさますと突然飛びました。
勢い良く羽ばたいて美しい景色の中を飛ぶ姿は本当にきれいでため息が出るほどでした。
最初3羽しか見ることが出来ませんでしたが、その後上流にいた4羽と合流して、7羽の群れを見ることが出来ました。
素敵な素敵な出会いに感謝です。(likebirds妻)


凛々しい目元の美しいカモでした。 (クリックすると少し大きくなります)
a0052080_16495827.jpg


上流へと突然飛びました  (クリックすると少し大きくなります)
a0052080_16501130.jpg


先頭の一羽、とてもきれいです
a0052080_16502710.jpg


遠くに冬山がかすんで見えます。反ったクチバシが目立ちました。
a0052080_16504222.jpg


だんだんと高度を下げ、土手沿いを一気に飛んで・・・とてもきれい
a0052080_16505290.jpg


3羽の着水直前の写真です
a0052080_16511724.jpg


波が高かったですが、たまたま7羽が並んでいるところが写っていました
a0052080_16513583.jpg


7羽が一斉に飛び立ちました
a0052080_16515556.jpg



土手沿いを群れで飛びます
a0052080_18472393.jpg


徐々に高度を下げて川面に近づきます
a0052080_16522287.jpg


飛び去るのを見送りました
a0052080_16523111.jpg


美しい雪山をバックにかなり上流へと飛びました
a0052080_1723669.jpg


 隣県の大河にツクシガモの群れが来ていると教えていただき見に行ってきました。新聞報道もされたようで早朝からたくさんの人が岸辺に集まっていました
早速、先に到着していた知人の指差すほうを双眼鏡で探すと、ツクシガモは300m以上離れた川面に波に揺られながら見え隠れしていました。出かける前に図鑑でツクシガモの姿を何回も見てから来ましたが、さすがにこの距離では確認できませんでした。どうやら寝ているようで黒い頭を白っぽい身体がぼんやりと見えるのみでした。
 オナガガモやヒドリガモ、スズガモ、カワウ、オオバンなどを見ながらツクシガモが近づいてくるのを待ちました。寝ているツクシガモは風に吹き寄せられるようにほんの少しづつ此方に近づいてきました。ツクシガモは3羽でした。報道では暮れには11羽居たそうですが、残りはどこへと疑問が浮かびました。そう思っているうちに3羽は50mほどの距離まで近づいてきました。流されて堰のところまで来た辺りで突然飛び立ち150mほど上流へ飛びました。見事な飛翔にギャラリーの間にどよめきが起こりました。
 その後、3羽はまた下流へ流されては飛んだり、泳いだりして上流へ移動しましたが、ついにはさらに上流にいた4羽と合流して7羽になりました。11時頃に7羽は水上バイクのエンジン音に驚いたのか一斉に飛び立ち上流へと飛び去りました。ふたりとも嬉しい初見初撮りでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2012-01-09 18:45 | 野鳥観察 | Comments(6)