タグ:ナベコウ ( 1 ) タグの人気記事
ナベコウ
 念願のナベコウを見ることができました。
一日半探してやっと出会えたうれしさに感激でした。(likebirds妻)



ナベコウ発見!  車の中から最初のショット 虹彩が真っ赤なので成鳥ですよね
a0052080_18141517.jpg


ナベコウは少しづつ歩き出しました  ああ、そっちは逆光側だー
a0052080_18143472.jpg


なかなかナベコウの金属光沢がでません
a0052080_18144879.jpg


光沢感などと文句を言っている暇はありません 何しろ前日は見つけられませんでしたから
a0052080_1815018.jpg


背中の模様を見せてくれました
a0052080_18151279.jpg


嘴をパクパクしています 自分たちには何もかも珍しいです
a0052080_18152673.jpg


餌を探しながら移動しているようです
a0052080_18154061.jpg


アチャーーー  逆光側に飛んでくれちゃった
a0052080_1815501.jpg


300mほど飛んで水路の中に入りました
a0052080_1816489.jpg


九州初日、日没近くまでナベコウを探して見つからず、見上げると雲仙普賢岳が
a0052080_20552213.jpg


 お正月を済ませてから九州へ旅行してきました。初日に諫早干拓地に入り、まずナベコウを探しました。干拓地は地図で見る自分の印象よりは遥かに広く、こんなところでナベコウを探すのかと呆れかえりました。
あらかじめ調べてあった目撃場所や教えていただいた出没頻度の高い場所などを車で探し、水路に入っているかもしれないと水路の中を覗いて回りましたが見つかりませんでした。途中、水門付近の葦原で初見のツリスガラを見ることができたのがせめてもの慰めでした。九州初日から大苦戦でもう一泊して再挑戦することにしました。早くも予定はグダグダになりました。
 ナベコウ探索の二日目には朝から神奈川の知人二人に出くわしました。初日惨敗でテンションの上がらない自分たちとは違い、やけに陽気なお二人さんと冗談をかわしているうちに心が励まされ「今日こそナベコウを見つけるぞ」という気分になりました。ナベコウを見つけたらお互いに知らせ合おうと約束して車を走らせました。
初日にも二日目にも地元のバーダーさんとお会いする度にナベコウのことを尋ねましたが、地元の方達は総じて見飽きてしまっているようでむしろハイイロチュウヒやコミミズクに関心が向いているようでした。「ナベコウは良く見かけるけど、いざ見つけようと思って見つけられるものじゃないよ」というのが大方の反応でした。そのなかで「2羽もいるのに昨年暮れから見かけなくなった」というご婦人の発言が気になりました。もしかしたら最近出没場所が変わったのかもしれないと思いました。
この干拓地は猛烈に広く、障害物があまりないので小高い所にいるとハイイロチュウヒが白い美しい姿を見せながら自分たちのすぐ脇を飛び、どんどん離れて行ってもよっぽど遠くまで目で追いかけることができました。
「どうせならハイイロチュウヒの飛んでいる辺りを探してみよう。ナベコウが見つけられなければハイイロチュウヒがいるから。」という超安易な方針に転換して今まで探さなかった中央干拓中央部へ車を走らせました。水路の側溝に沿って走っていると車のすぐ脇の側溝から黒っぽい大きな鳥が突然飛び出しました。赤いクチバシと脚、白い腹が見え「ナベコウだ!」と直感しました。何処に下りるか見定めようと思って目で追いましたが、ナベコウは空高く舞い上がり、2kmほど飛び去り水門近くの旧堤防の影で見失いました。不安で祈るような気持ちで車を走らせ、旧堤防を越えるとすぐ脇にナベコウは居てくれました。
知人のお二人さんと現地でお会いしたもうお一人さんと合流してナベコウを撮影することができました。もう1羽のほうがより綺麗な個体だとは思いましたが、そのときは大きな満足感を味わうことができました。(likebirds夫)
by likebirds | 2014-01-15 19:59 | 九州旅行 | Comments(10)