タグ:ニシオジロビタキ ( 1 ) タグの人気記事
ニシオジロビタキ
 ニシオジロビタキは黄葉したクヌギの木に何度もやってきて、可愛い仕草をたくさん見せてくれました。
本当に嬉しい出会いでした。(likebirds妻)



尾白の白を見せてくれました
a0052080_10073499.jpg







可愛い枝にやっと止まってくれました
a0052080_12093131.jpg









幹に垂直止まり、ゴジュウカラみたい
a0052080_10080259.jpg








喉元のオレンジ色の斑が胸まで達していてニシオジロビタキ♂の可能性が大きいと思います
a0052080_10244008.jpg







ニシオジロビタキは下クチバシが黒くなく肉色とのことです  この個体はバッチリ肉色です
a0052080_10270741.jpg






大雨覆に淡色の帯は全く見えません  幼鳥や第1回冬羽ではなく、第2回冬羽以上のようです
a0052080_10345540.jpg







オジロビタキの上尾筒は漆黒色ですが、ニシオジロビタキは暗褐色です
a0052080_12002205.jpg

 伊豆沼旅行掲載を中断して一昨日に見に行ったニシオジロビタキをUPします。

 胸のオレンジ色をしたニシオジロビタキが都下の公園に出ていると教えていただき早速行ってきました。
 朝、公園の広場の見事に黄葉した大きなクヌギの木の周りにカメラマンの人だかりがあり、近寄ると綺麗なオレンジ色の胸をしたニシオジロビタキが元気よく枝間を飛び回っていました。
 盛んに鳴いて耳を楽しませてくれましたが、今まで聞いたオジロビタキの鳴き声と比べると複雑なような気もしましたが、そうでもないような気もしました。音感の無いのは困ったものです。

 こんなに胸の鮮やかなオレンジの個体を見るのは初めてで何か胸に迫るものがありました。関西の個体は時々ネットで見て、羨ましく思っていましたが、やっと関東、しかも比較的近所で見ることが出来ました。

 以前はニシオジロビタキとオジロビタキは亜種とされていましたが、今は別種とされているそうです。
 日本鳥類目録改訂第7版にはニシオジロビタキの項目はありませんが、検討種にはされています。両者の識別も難しく、ニシオジロビタキと同定された論文もないため番号が振られていません。
 自分もこれまで両者の違いをあまり気にしていませんでした。今回、この個体がニシオジロビタキなら初見初撮りです。(likebirds夫)

↓の[More]もご覧ください。



More ニシオジロビタキの写真  あと6枚
by likebirds | 2016-12-05 11:31 | 野鳥観察 | Comments(14)