タグ:ハイイロウミツバメ ( 2 ) タグの人気記事
ハイイロウミツバメ
 コオリガモを探して、堤防を歩いていました。
鳥影は少なくて、時折ウミネコが飛び交うくらいでした。
海面を必死で探していたら、目の前に後ろ向きで波に漂う小さな鳥が見えました。
一瞬横を向いた時、「もしかしたら?」と思いました。
直ぐに夫が「あれ、ハイイロウミツバメじゃない?」と言いました。
少し前に見たハイイロウミツバメに間違いありませんでした。
直ぐに車に戻ってカメラを持ってきましたが、ハイイロウミツバメはずいぶん堤防から離れてしまっていました。
でも思いがけずに、もう一度ハイイロウミツバメを見ることが出来て本当にうれしかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_20132210.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4
a0052080_20134727.jpg


 朝8時頃、マリーナに到着すると鳥見客はゼロ。海面にいるのはウミネコだけでカモは一羽もいませんでした。湾内には二隻の漁船が円形に網を打っていました。これは最悪です。ここまで来てそのまま帰るわけにもいかず、堤防を歩きながら双眼鏡でコオリガモを探しました。けれども湾外の沖合いにスズガモらしき数羽の群れがいるばかりでした。ときどき遠くの海上を腹の白いアビらしき鳥が飛びますが遠すぎて確認できませんでした。
 あまりの鳥影のなさにしょげかえってぼんやり眼下の海面を見ると、先日別の海岸で教わったハイイロウミツバメが浮かんでいました。よく見るとハイイロウミツバメは岸壁から徐々に湾中央へ移動しています。カメラは遠くの車の中に置きっぱなしで持ってきていないことを悔やみました。
 このまま観察を続けるべきか、カメラを取りにいくか迷っているうちにハイイロウミツバメはどんどん遠ざかります。意を決してカメラを取って戻ると、やはりかなり遠くへ行ってしまっていました。証拠写真だけでもとシャッターを切りました。
 幸先の悪い予感が良い予感へ、気分が一変しました。「今冬二度目」と思うと何故か含み笑いが出てきて困りました。(likebirds夫)
by likebirds | 2010-02-15 21:06 | 野鳥観察 | Comments(12)
ハイイロウミツバメ
 予期せぬ出会いと言うのは本当にあるものです。
この日ハイイロウミツバメに出会えるなんて、出かけるときは思いもしませんでした。
予定を変更して立ち寄った港で、強風と高波の沖合いから非難していたハイイロウミツバメを見ることができました。
 羽根を痛めているみたいで、かなり衰弱しているようでした。
波間を漂いながら必死で体力を温存しているように見えました。
非情なことに、時々カモメやウミネコが襲いかかろうとしましす。
必死で飛んで攻撃をかわしていましたが、飛んで逃げていく力は無いようでした。
きらきら輝く瞳はとても愛らしく、モノトーンな色合いの羽はとてもおしゃれなハイイロウミスズメ。
せつない初見初撮りでした。(likebirds妻)

likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  初見初撮りです
a0052080_2048176.jpg


likebirds夫;50D+500mmF4.0
a0052080_20484280.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4
a0052080_20485764.jpg


likebirds夫;50D+500mmF4.0  ウミネコが襲い掛かります
a0052080_2049213.jpg


likebirds夫;50D+500mmF4.0  またしてもウミネコが...
a0052080_20493960.jpg


likebirds夫;50D+500mmF4.0
a0052080_2049586.jpg


likebirds夫;50D+500mmF4.0  こんどはオオバンが後ろから近づきました
a0052080_20501761.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  オオバンは近くを通り過ぎるだけでした
a0052080_20503480.jpg


likebirds夫;50D+500mmF4.0  羽が水を弾いていません  クチバシの管も哀しげでした
a0052080_20505781.jpg


 ハイイロウミツバメとの最初の出会いはなんと死骸でした。私達が海のハイイロウミツバメを必死に探している最中に足元に転がっていたのです。そばの人が見つけたときには声を失いました。
その後諦めかかっていたところ、見つかったと教えて頂き急行しました。しかし、海に浮かぶハイイロウミツバメは寝ているのか死んでいるのか判らないほどじっと動かず波間に揺れていました。一瞬首を上げたので生きていると確認できました。大荒れの外海から必死に非難してきたのでしょうが、防波堤の内側も決して安全ではなかったようです。見ている最中に、何度もウミネコの攻撃を受け力を振り絞るように飛んで身をかわしていました。飛ぶ姿からは羽毛が水を弾かず、水滴がポタポタと垂れていました。誰の目からも落鳥寸前でした。
 初見初撮りのハイイロウミツバメでしたが、ほろ苦い出会いとなりました。楽しい鳥見ですがこんな日もあります。
 時々コメントを頂く方の11月に苫小牧航路で撮影した元気なハイイロウミツバメのブログ写真を思い出しました。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-12-14 21:54 | 野鳥観察 | Comments(18)