タグ:ヒシクイ ( 4 ) タグの人気記事
オオヒシクイ
 真っ暗でしんと静まり返っていた田園地帯は、しらじらと夜明けが近づくにつれて、川のほうからは目覚めたカモたちが賑やかに鳴く声が聞こえてきました。
土手に登って少しだけ見えてきた田んぼの方を見ていたら「クォークォー」という鳴き声がかすかに聞こえてきました。
監視員の方が「飛んでいる」と教えてくださった方を見ると、遠くの田んぼで寝ていたオオヒシクイが少しずつ飛んでくるのが見えました。
だんだんと景色が見えるくらいに明るくなってくるとオオヒシクイは旋回しながら次々飛んでくれました。
夜明け前の景色を飛ぶオオヒシクイの素敵な姿を見ることができて、とても嬉しかったです。(likebirds妻)


写真はすべてクリックすると拡大してご覧になれます


午前5時50分夜明け前  空が少し明るくなってきました  最初のグループが塒立ちしました
a0052080_11281515.jpg







前回訪れたときは89羽でしたが、今回は未だ59羽+αだそうです  これからもっと増えるのでしょう
a0052080_18284322.jpg








a0052080_18122900.jpg







里山の田園風景を背景に飛ぶオオヒシクイ
a0052080_11281553.jpg








a0052080_18130979.jpg








山の端を飛ぶとカメラのAFは速くなってくれます
a0052080_11281517.jpg






もう第一グループは戻って来始めました   まだ夜明け前です
a0052080_11281564.jpg








塒立ちの二番手、三番手が飛んでいます
a0052080_11281568.jpg








太陽は顔を出していませんが、空は赤味を出し始めました
a0052080_11281561.jpg







ジーンとくるような情景が続きます  空が明るくなる分オオヒシクイは暗く写ります
a0052080_11281627.jpg




朝焼けの空を飛び、まっすぐこちらに向かってきます
a0052080_11281604.jpg

空がピンク色に染まり始めましたが、太陽は山の陰です。

a0052080_18135932.jpg







寝ていた田圃に戻るオオヒシクイ  まだ6時になりません
a0052080_11281635.jpg






もうすぐ夜明けが来ます  塒立ちの最終組が飛び立ちます
a0052080_11251438.jpg






少しずつ田んぼに降り立ち始めました
a0052080_18155202.jpg





太陽が顔を覗かせて、畦の向こう側まで朝が迫って来ました  皆様そろそろお食事モードです
a0052080_20274954.jpg








朝の運動を終えてくつろぐオオヒシクイ
a0052080_20274998.jpg





 今回、ハイイロチュウヒとともに撮影の主目的にしていたのがオオヒシクイの塒立ちでした。夜明け前の真っ暗な堤防下に車を止め、保護監視員の人たちの来るのを待ちました。ほどなく監視員の人達がやって来てしばらくお話を聞き、いっしょに堤防にあがりました。暗くて自分には見えませんでしたが、監視員の人が「飛んだ!」と叫んだので慌てて撮影開始です。太陽が顔を出すまでに無手勝流に膨大なシャッター数を数え、夜明けと共に引き上げました。野鳥撮影の醍醐味を味わったようなイイ気分に浸りました。(likebirds夫)

by likebirds | 2014-11-21 06:30 | 野鳥観察 | Comments(4)
オオヒシクイ
 早朝、塒から飛んでくるヒシクイ(亜種オオヒシクイ)を見ようと出かけました。
霜で真っ白な田園はいてつく寒さでした。
空が朝焼けで色づく頃、クェークェーとなきながらオオヒシクイの群れが次々に飛んできました。
早朝の空をシルエットで飛ぶオオヒシクイの姿はとても感動的でした。
何度か上空を旋回した後田んぼに降り立ったオオヒシクイたちは少し寛ぐと、二番穂が実っている田んぼへと飛び降り、稲の中にもぐるように餌を食べ始めました。
長い首と頭がまるで潜望鏡の様に見えて面白い光景です。
オオヒシクイののどかで美しい姿を久しぶりに見ることが出来てうれしかったです。(likebirds妻)


夜明けとともにオオヒシクイの群れが餌場へ飛んできました。朝焼けでピンク色に染まっています
a0052080_20295349.jpg


着地するまで何度も旋回しました
a0052080_20401465.jpg


安全を確かめるように何度も旋回しながら徐々に高度を下げてきました
a0052080_20302282.jpg


霜で真っ白な田んぼへ第一陣の着地です
a0052080_20304360.jpg


遠くに筑波山を望みながら飛びます
a0052080_20424164.jpg


第一陣、二陣、三陣と次々に飛んできます
a0052080_2031282.jpg



a0052080_2043666.jpg


餌場の田んぼから時々飛びました
a0052080_20432580.jpg


オオヒシクイの飛ぶ姿はとても美しかったです
a0052080_20405988.jpg


 夜明け前に到着して、ボランティアで保護活動をされている方たちの仮設薪ストーブに加わらせていただきながら日の出を待ちました。夜明けとともに霞ヶ浦方面の空にヒシクイの声が聞こえ始めました。地元の人たちに教えられましたが、はじめは空が暗すぎて自分には見えませんでした。やっと見えたときにはもう目の前の空でした。そうとう高いところを飛んでいるようでヒシクイの巨体が小さく見えました。鳴き交わしながら飛んでいるようで、「クェー!」という鳴き声だけは地上に響き渡りました。
 頭上を何度も旋回してなかなか高度を下げ始めません。そのうちに後からやって来た別のヒシクイの群れが合流して、数はどんどん大きくなり50羽くらいの群れになりました。早朝の暗青色の空を縦横無尽に飛び回るヒシクイの群れはすごい迫力でした。
 ヒシクイの群れは徐々に低く飛ぶグループが出始め、10羽前後の単位で地上に下りはじめました。最終的には80数羽が飛来してきているとのことでした。寒さで手が悴み、あまり良い写真は撮れませんでしたが感動の夜明けとなりました。(likebirds夫)
by likebirds | 2011-12-26 21:34 | 野鳥観察 | Comments(6)
オオヒシクイ
 前回オオヒシクイを見た時は立っていられないほどの強風の日でした。
オオヒシクイたちは畑の草むらでじっと、風に耐えていました。
美しい全身を見たくても、草に埋もれてみることができませんでした。
 今回は穏やかな晴天だったので、ノンビリと畑で休むオオヒシクイをゆっくり見ることができました。
全部で50羽ほどの群れは、思い思いに眠っていたり、羽ばたいたり、小競り合いもあったりと賑やかなシーンを楽しむことができました。
できればもう少し近くで見たかったです^^。(likebirds妻)

likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4
a0052080_2294070.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_2295818.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_22101471.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4
a0052080_22103018.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_2210491.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4
a0052080_2211620.jpg


 なにしろここのオオヒシクイは天然記念物ですから、近づくわけにはいきません。ヒシクイのなかでオオヒシクイはより神経質だと言う人もいます。
 いつも持っていっても面倒で使わないくせに「デジスコを持って来るべきだった」と後悔しました。最近は荷物が多くなるのでデジスコ用のコーワの664(30倍)は埃をかぶっています。そのかわりジオマ(14倍)を持ち歩いています。撮影に使うとすぐに嫌になりますが、目で覗くには軽量で重宝しています。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-12-16 22:50 | 野鳥観察 | Comments(10)
オオヒシクイ
 日本に越冬に来ているオオヒシクイ、もうすぐ北国へ旅立つそうです。
旅立ちの前に会うことが出来ました。
 オオヒシクイは、草の茂る田んぼで、草の実を食べたり、昼寝をしたりとのんびりとすごしていました。「クェークェー」という鳴き声は雁や白鳥に似ているなぁと思いました。
地元の方によると、この日は割りと近くの田んぼに来てくれているとのことで、とてもラッキーでした。
ここには30羽あまりがかたまっていて、同じ方向に歩いたり、立ち止まって同じ方向を見たりと団体競技のようなしぐさでとても面白かったです。
 シックな背中の羽の模様は、和風な感じでとても綺麗でした。
飛んでいる姿も見てみたかったのですが、この日は風が強くてじっとしていることが多かったのが残念でした。でもオオヒシクイを見るのは初めてでしたのでとてもうれしかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0 お尻は白いオムツを穿いているようです
a0052080_20411311.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6 北風がとても強く吹いていたので、羽を広げた姿はすべて後ろ向きでした。
a0052080_2040239.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  この間見たコクガンによく似た顔でした
a0052080_20404384.jpg


天気は良かったのですが、風が強く半端な寒さではありませんでした。オオヒシクイも風を避けて頭を羽に挟んで眠っていることが多かったです。
首を立てているオオヒシクイさえ目は瞑っていることがしばしばありました。
カメラは手で押さえていても風でブルブルと揺れ、オオヒシクイにピントを合わすのも難儀をしました。
毛糸の手袋を二重にしていましたが、手が悴んでうまくシャッターが切れませんでした。
風の音にかき消されて会話もほとんどありませんでした。車に戻ってもしばらく震えが止みませんでした。それでもオオヒシクイは初見初撮りなので興奮しました。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-02-18 21:32 | 野鳥観察 | Comments(24)