タグ:ビンズイ ( 10 ) タグの人気記事
ギンザンマシコはシクジリました  がっくり  北海道旅行その24  知床峠
 知床峠に着いたのは朝の4時半でした。
聞くと、前日は晴天でギンザンマシコは午後から夕方までずっと姿を見せてくれたそうです。
この日も朝から晴天で、期待は高まりました。
でも時間と共にだんだん雲が広がり、ぽつぽつと雨粒が・・・そして昼前には本降りになってしまいました。
冷たい風と大粒の雨と霧。
それでも夕方まで粘りましたが、とうとうギンザンマシコを見る事はできませんでした。(likebirds妻)



夜明け直後の羅臼岳  雪渓が見えました
a0052080_18340011.jpg








羅臼岳の反対側です  建物は駐車場のトイレ
a0052080_18340748.jpg







北方領土国後島がすぐそばに見えました  これほど近いとは...
a0052080_18363088.jpg







「居たぞー! 黄色いメスだ!」の声で双眼鏡で見るとビンズイです
a0052080_18400006.jpg






遠くに姿を見せてくれたのはツツドリでした
a0052080_19590174.jpg







子鹿が石垣の上の柵までやってきたので、近くの人たちは大騒ぎ
a0052080_20011557.jpg






雨足が強まり、ついに車中へ逃げ込みました
a0052080_18380900.jpg

 今回の北海道旅行の主要目的のひとつ、ギンザンマシコはシクジリました。がっくりです。
 前日の午後はギンザンマシコは出続けで、あまりにもサービスが良くて途中からは♂♀の2ショット以外はシャッター音がしなくなったそうです。前日の午後この場所へ来るべきでした。観光気分で時間を浪費し、宿へ早く入って温泉に入った自分を責める気持ちが今も続いています。
 オホーツク沿いを東進し、紋別ではビジネスホテルに1泊。知床峠の前日はウトロ温泉の民宿に泊まりました。ウトロ温泉はウトロ港付近の海側と、急峻な坂を登る山側があります。我々が泊まった民宿は山側です。付近はホテルが数件あるだけで温泉街などはありませんでした。ウトロにはオホーツク海を眺めながら入る露天風呂のある共同浴場が有名のようでしたが、メディアのメンテや荷物の整理、旅の疲れもあって宿の風呂に入りました。宿の風呂は源泉掛け流しの天然温泉で泉質は強酸性でした。源泉から冷ましながら浴槽へ湯を注ぐのですが、この日は温度が上手く下がらず猛烈に熱いと言われました。時間が遅くなれば冷めるとのことでしたが、明日は3時に起床し4時には白樺峠へ着いている予定でしたのですぐに湯に入ると言いました。それなら風呂に冷たい井戸水の出る蛇口があるので、それをどんどん入れて冷やしてくれと宿のお上が言います。そんなことなら我々が入る前にちょうど良い温度にしておいてくれれば良さそうなものですが、出来ない理由があるそうです。宿で井戸水と混ぜて温泉の湯を薄めると「源泉掛け流し」がウソになるのだそうです。だから宿の人間は湯を水を足して温度を下げることは出来ず、逆に客が水を入れるのならまったく問題が無いと言う訳です。 温泉は予め言われた通り猛烈に熱く、井戸水全開でもなかなか埒が明かず、洗面器で必死で湯を汲み出してやっと入りました。
 夕食のとき、羅臼側から知床峠を越えてウトロ側へ下りて来た人の話で、年に何回かしかないほどの良い天気でたくさんの大砲カメラマンが峠の駐車場で撮影していたとの話でギンザンマシコへの期待は大きく膨らみました。翌日の天気予報もこの日と同じ晴れ時々曇りでした。
 翌日、予定通り午前4時に白樺峠の駐車場に着くと期待に違わず上々の天気模様に思えました。駐車場には車中泊をしている人もたくさん居て、前日の好調な撮影が影響してかテンションの高い人が多かったです。多くの人がたっぷりギンザンマシコの写真を撮ったようで、今日はこういう背景じゃなきゃ撮らない、とか、ここへ来なきゃ撮らない、とか、オスメスの2ショットじゃなくては撮るだけ無駄、などと鼻息が荒い人ばかりでした。踏み台を出してきて反対側の石壁の高いほうで撮ると張り切る方もいて、誰もギンザンマシコの登場に疑問符を付ける人は居ませんでした。
 バスに乗って女性ばかりの20人くらいの一団がやってきて、スケッチブックを取り出して一斉に写生を始めました。鉛筆で羅臼岳や国後島をスケッチするのですが、その早いことと上手いことに感服しました。数分で1枚スケッチを描き上げてしまいます。短い時間なので大作とはいきませんが、いわゆる挿絵風で皆さんセンスが良かったです。スケッチを書き上げるとすぐに別のスケッチを始める人もいましたが、水彩絵の具で色をつける人も居ました。恥ずかしがって絵を隠す人も居ましたが、ほとんどの人は喜んで見せてくれました。「あなただって描けるわよ。」と言われ、そうかと思って自分のフィールドノートの1ページに国後島をスケッチをして見てもらうと絶句されてしまいました。止めとくべきでした。
 しばらくすると霧が出始めました。この霧の出方は自分は初めて見るものでした。風と共に徐々に這うように霧が流れ込んでくるのではなく。羅臼岳の上のほうから霧の塊が転がり落ちてくるようにギンザンマシコのハイマツ林を埋めていきます。大袈裟に言うと霧の雪崩のようでした。あっという間に羅臼岳も見えなくなり、眼下に広がるハイマツの林も雲海に沈みました。国後島も海ごと視界から消えました。気温もどんどん下がり始め、何回も服を重ね着のために車に戻りました。前日にたっぷり撮った人は山を下りたり、車に戻ったりする人が増え、外に出ているのは当日到着組だけになりました。
 冷たい雨が降り始め、徐々に雨足が強くなりついには大雨になって自分たちも車に戻りました。結局、雨は降ったり止んだりしましたが、濃い霧は晴れることは無く、サロベツでご一緒させていただいた方の助言もあり夕方に撤収しました。
 翌日も4時半から再挑戦しましたが、濃い霧が一面に立ち込め小雨も降っていました。気温はますます下がり防寒服でも手足が冷えました。ここで粘る予定でしたが、嫌気が差して峠を下りました。この日以降、東日本は北極からの大寒波に覆われ、道東は異常低温が続くことになり、北海道旅行はこれまでのウハウハから暗転しました。前々日の午後に来るべきだったとその後100回以上考えましたが後悔先に立たずでした。(likebirds夫)
 

by likebirds | 2015-07-29 06:00 | 北海道旅行 | Comments(8)
マキノセンニュウ、ビンズイ、ツメナガセキレイ  北海道旅行その14  サロベツ原野
 サロベツ原野では、早朝の涼しい間は霧で、日が高くなると気温が上がって陽炎がめらめらと立ち上りました。
ここでは色々な鳥たちが子育ての最中で、一生懸命餌を運ぶ姿が見られました。
そして、比較的近くに来るのはシマアオジ以外の鳥さんでした。
早朝、木道近くで「ジジジジジ」と虫のように鳴くマキノセンニュウを見る事ができて嬉しかったです。(likebirds妻)

写真はすべてクリックすると拡大してご覧になれます

3センニュウの内の2番手はマキノセンニュウでした!!
a0052080_22142653.jpg







オオジュリン♂
a0052080_22235658.jpg







オオジュリン♀
a0052080_22145538.jpg







ノゴマ♂
a0052080_22210852.jpg







ツメナガセキレイ
a0052080_22150879.jpg







ツメナガセキレイ
a0052080_22233443.jpg







ホオアカ
a0052080_22152590.jpg







ホオアカ
a0052080_22214754.jpg







ノビタキ♂
a0052080_22222416.jpg







ノビタキ♀
a0052080_22221616.jpg







ビンズイ
a0052080_22231039.jpg







ウグイス
a0052080_22242532.jpg





オオジシギ
a0052080_22242990.jpg





サロベツ原野に着いた午後は利尻富士が見えていました  それにしても凄い陽炎
a0052080_20325250.jpg






サロベツ初日の夕日です
a0052080_20325167.jpg

 1枚目のマキノセンニュウはlikebirds(妻)の写真です。自分はこのとき三脚の場所が悪くて撮れませんでした。サロベツ原野でもエゾセンニュウは煩いくらい鳴いていましたが、それほど多くはなかったですがマキノセンニュウも虫のような声で鳴いていました。そのたびに「おっマキセン!マキセン!」と言って探しましたが見つけられませんでした。マキノセンニュウは「ジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジジ」と長~~~~く鳴く鳥と聞いていましたからそれに比べると鳴き方が短いので「別の鳥かな?」と疑心暗鬼にもなりました。シマアオジのポイントで立っていると時々、教科書の数分の1くらいの短さでマキノセンニュウが鳴きます。風もあるせいなのか、近いような遠いような、正面から聞こえてくるような左のようなで絞り込めません。
 サロベツ原野の木道は所々が広くなっていて何人かが三脚を置いていても通行に支障が出ないようになっています。マキノセンニュウが短い時間だけ姿を見せたときは4人のうち自分は一番右に立っていました。マキノセンニュウは左に出て自分は場所が悪く見えませんでした。三脚を移動しようと「うっ」と腹筋に力を入れた瞬間に他の3人のシャッター音は止んでいました。我々がサロベツに午後着いたときに「朝出たよ。」と教えられた場所でした。急いでlikebirds(妻)に「撮れた?」と聞くと、「うん。」と答えたので胸を撫で下ろしました。我が家には「夫婦のどちらかが撮れていればOK」という慈父深いローカルルールがあります。それでもその後、何回も何回もその場所を見ましたが出てきませんでした。
 閑話休題。今思い出したのですが、サロベツ原生花園の木道を歩き始めて最初に撮ったのはツメナガセキレイだったのですが、そのそばにノビタキ♀がやってきました。育雛中だったようで短音を発しながら餌を咥えて近くに止りました。すぐに撮影し、獲物を確かめようとモニタを見ながら「なんだ、これー?」と呟きました。そうすると双眼鏡を持った女性が苦りきった顔で私の顔を見ずに「ノビタキです。」と低い声で言って追い抜いていきました。これには参りました。初対面なので「それはわかっています。」とも言えず咄嗟に「そうですか。ありがとうございました。」と答えてしまいました。その女性とはその後も木道で幾度かすれ違いましたが、何故か自然に項垂れてしまいました。サロベツ原野に来てノビタキを知らないことは決して恥ずかしいことではありませんが、そう思われたと思うと引け目を感じてしまいました。
 文脈がモツレて済みません。
 サロベツ原野には初日に午後2時から6時半まで、翌日は午前4時半から午後4時頃まで居ました。そのほとんどの時間をシマアオジ待ちに費やされて他の鳥にあまり注意が向きませんでした。シマアオジ待ちと言っても、出てくるのを待つのではなく、近くに来てくれるのを待つわけです。シマアオジが見えない時間帯ももちろんありましたが、そういう時間でも鳴いている声が聞こえることが多かったです。つまり、シマアオジがあまりにも遠くて見つけられなかったり、コバイケイ草などの陰に隠れて見えなかったりです。距離はありますが、シマアオジが見えるか声が聞こえているときにその場を離れる気になれなかったのです。1度、ちょっとツメナガセキレイを撮りに行った隙にシマアオジが近くへ来たことがあり、余計その場から離れられなくなりました。結局、あまり近くには来てくれなかったので時間のロスをしたことになります。
 民宿には2泊しました。泊まった民宿の夕食は客がみんなでひとつの鍋をつつくというものでした。最初はかなりびっくりしました。過去に混んだ居酒屋で知らないもの同士で合い席にされた経験はありましたが、それでも同じ鍋をつつけとは言われませんでした。でも、腹ペコで食べているうちにだんだん慣れてきて箸が進みました。そのせいか、話も弾みました。いろんな理由で旅行している人がいるものです。鳥の人が多かったのですが、自転車旅行の人もいました。ユニークなのは訳もなく旅行していると言う人でした。電車やバス、出くわしたものにとにかく乗って着いたところで宿を探し、宿がなければ野宿するそうです。夏に大雪山で野宿したときにはヒグマに襲われたらどうするんだと怒られたという話でした。道北の宿でトカラ列島で撮った写真をたくさん見せてその話ばかりする人も居ました。
 現地でお会いして親しくしていただいた方々に感謝を伝えたいです。面白いことが何回もありました。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-07-17 06:00 | 北海道旅行 | Comments(8)
ビンズイ
 決まった枝に何度もやって来て美しい囀りを聞かせてくれたビンズイ。
小さい身体で、遠くまで響く美しい声に魅了されました。
水浴びにやって来たその姿は、シックなとても美しい姿。
冬になって、里で見られる日がまた楽しみです。(likebirds妻)  


風に吹かれながらも、一生懸命に鳴いていました
a0052080_21114118.jpg


高山の樹上で元気に囀るビンズイは颯爽として格好がよいです
a0052080_21123874.jpg


久々にビンズイを間近に見ることができました
a0052080_21122488.jpg


草の中からそっと現れました
a0052080_21133652.jpg


気持ちよさそうに水浴びを始めました
a0052080_21153092.jpg


 高山の見晴らしのよいところへ出て周囲を眺めると高い木の上でビンズイが大きな声で鳴いていました。小さな身体でよくあれだけ響き渡る声が出るものだと感心しました。
 湧き水の場所では藪の下のほうを歩いて来てひょっこりと倒木の上に姿を現しました。写真ではうまく写っていませんが、艶があって金色に見えることもありました。(likebirds夫)
by likebirds | 2012-09-05 21:37 | 野鳥観察 | Comments(6)
ビンズイ
 ビンズイもあちこちで「ツイッツイッ、チョイチョイ」と綺麗な声で鳴いていました。冬は地面で歩き回っているビンズイですが、夏は枝の先で囀っていて、別の鳥のような印象です。
やはり子育て中で、餌を運ぶビンズイの姿をあちこちで見ました。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mm 早朝、霧の中で囀るビンズイ
a0052080_20423046.jpg


likebirds夫;30D+500mm 虫を咥えたビンズイ
a0052080_20424696.jpg


likebirds妻;30D+400mm  餌を咥えて、高く・・・・
a0052080_20425737.jpg


likebirds妻;30D+400mm  低く、飛びまわっていました
a0052080_2043938.jpg


 早朝の立ち込める霧に往生しながら高原を歩いていると、妻が「ほら、あそこ!」と小さく叫びました。見ると近くの看板の柱の上でビンズイが壮んに囀っていました。最初は遠くから、徐々に近づきながらシャッターを切りました。私は撮れませんでしたが、妻は飛び立つ瞬間を撮ったようでした。帰ってから訊くと「あまり良くなかった」そうです。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-07-05 21:10 | 野鳥観察 | Comments(14)
ビンズイ
 ビンズイは、胸のまだら模様が特徴で、ポーカーフェイスの鳥さんと思っていました。
でも、夫が撮った水浴びの写真は、とても嬉しそうに笑っている顔でした。こんなに可愛いビンズイは初めて見たと、羨ましく思いました。
 それで、私が撮ったのを見たら「ちょっとー!なに見てんのよー!」とにらんでいる写真でした。
えー!なんでー!性格が出ちゃったかしら?(汗)(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mm
a0052080_20301182.jpg


likebirds妻;30D+400mm   ちょっと、なに見てんのよ!!
a0052080_2033850.jpg


 ビンズイはタヒバリに似て比較的地味目の鳥ですが、水浴びのときは金色に光り、とても綺麗です。毎年撮っています。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-05-31 20:43 | 野鳥観察 | Comments(12)
メジロとビンズイ
 昨日載せたコミミズクを見る前に寄った公園にはミヤマホオジロやアトリの他にもいろいろな鳥さんがいました。
水場ではメジロが水浴びにきて、ちょうど近くの木瓜の枝にとまりました。赤い木瓜の花と黄緑色のメジロがとても綺麗でした。
 公園内をあちこち歩いていると、カメラマンの方が向こうにトラツグミがいると教えてくださいましたが、遠くて見つけられませんでした。そのかわり近くでなにやら忙しそうに歩き回っている小鳥がいました。見ると数羽のビンズイがせかせかと餌を探していました。そのうち一羽が倒木に登って、歩きながら伸びをしていました。「忙しいからって、伸びまで歩きながらするなんて・・・」とおかしくなりました。(likebirds妻)

likebirds妻;30D  木瓜の花をつついていたメジロ
a0052080_20402548.jpg


likebirds妻;30D  ウォーキングエクササイズビンズイ。デューク更家風?
a0052080_20404091.jpg


likebirds妻;30D  しっかり両方の羽も伸ばして~。エクササイズ完了!
a0052080_20405412.jpg


今日夫は仕事疲れで、ブログはお休みだそうです(笑)
by likebirds | 2007-03-14 21:18 | 野鳥観察 | Comments(19)
オオマシコ以外にもいました
 ここは山の斜面が梅園になっていて、芝生や低い潅木や草木などが所どころに植わっていて、見通しの良い素敵な所でした。
 昼頃になって、オオマシコも木の中で休んでしまったので、上の駐車場の車に戻って昼食を取りました。
 食後に斜面を下りながら芝生の所を見たら、ビンズイとホオジロがせっせと餌を啄ばんでいました。その後、梅の木にジョウビタキ雄がいたのですが、残念ながら逃げられてしまいました。斜面の石に腰掛けて、ジョウビタキをまっていたら、「ケッケッケ」と鳴きながらツグミがやってきました。とても色の綺麗なツグミでした。
他にも、ジョウビタキ雌やウソ、エナガなどがいましたが、写真に撮ることは出来ませんでした。(likebirds妻)

likebirds妻;30D 芝生の上で餌探しをするビンズイ
a0052080_2020374.jpg


likebirds妻;30D 梅の枝に止まったホオジロメス
a0052080_20205284.jpg


likebirds夫;デジスコ  梅の枝に止まったホオジロメス
a0052080_2021122.jpg


likebirds夫;デジスコ  ツグミ
a0052080_20212298.jpg


 オオマシコの梅林では、アカハラ、ツグミ、ウソ、ジョウビタキ♂♀、ビンズイ、エナガ、メジロを見ました。後から考えるともっと撮っておけばよかったのですが、オオマシコに気をとられて撮れませんでした。カヤクグリもいたそうですが見つけられませんでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2006-12-20 20:54 | 野鳥観察 | Comments(14)
高原のビンズイ
 高原では濃霧に悩まされ続けましたが、時々、霧が晴れました。霧が晴れると突然、広々と視界が開け、見えなかった高原の向こうの山の端や目の前の道路を走る車、ドライブインが現れ現実に引き戻されます。振り返ると夏の草原が眼前に広がり、草地の緑に転々とある岩やレンゲツツジの間をビンズイがノビタキに負けずと飛び回ったり、さえずっていました。
 強風に負けずにさえずるビンズイは、見るものに何か元気を与えてくれるようでした。一枚目と二枚目はlikebirds妻の30D、三枚目はlikebirds夫のデジスコです。(likebirds夫)
a0052080_22581198.jpg

 ビンズイは低空をホバリングしながら、大きな声で囀っていました。ヒバリのようでした。囀りながら茂みに下りていきます。この時はいつの間にか枝でおすまししてました(likebirds妻)
a0052080_22583157.jpg
a0052080_22584351.jpg

by likebirds | 2006-07-05 23:13 | 野鳥観察 | Comments(6)
水浴びするビンズイ
 雨降りのため、在庫からです。
 ビンズイはどちらかというと地味目な鳥ですが、スコープで覗くと、はっとするほど綺麗なことがあります。(likebirds夫)
 昨日のウソといいビンズイといい、”なんか変な名前”の鳥ですね。名前の由来は何なのか知りたいですね。 ビンズイは地味ですが、お目目ぱっちりでとても可愛かったです。(likebirds妻)
a0052080_20461182.jpg

a0052080_20463936.jpg

 likebirds妻のデジ眼に押され気味ですが、デジスコもすてたものでは、ありません。(likebirds夫)
by likebirds | 2006-06-15 20:58 | 野鳥観察 | Comments(10)
ビンズイ
ミヤマホウジロやルリビタキに夢中になりましたが、ビンズイも忘れずに観察しました。もともと水辺の近辺で、下に降りていればタヒバリ。木にとまっていればビンズイと思っていたのですが、識別方法が しまりんさんのブログに載っていました。全く知らない人で面識もありませんがいつも参考にさせていただいております。(夫記)
a0052080_2251408.jpg

5~6羽くらいの群でさかんに餌を探していました。前日が雪だったせいでお腹が空いてたのかな。胸のしましまがきれいでした。(妻記)
by likebirds | 2006-01-27 22:55 | 野鳥観察 | Comments(2)