タグ:ブッポウソウ ( 7 ) タグの人気記事
ブッポウソウ
 ブッポウソウが飛び交う姿を橋から見ることが出来てとてもうれしかったです。
地元の方に守られて、雛も大きく育っているようでした。
私たちがブッポウソウを見ていたら、近所の方がカキ氷アイスの差し入れをしてくださり、感激でした。
うだるような暑さでしたので、甘くて冷たいアイスは生き返るほどの美味しさでした。(likebirds妻)

a0052080_2033663.jpg



a0052080_2033172.jpg



a0052080_20332998.jpg



a0052080_20334034.jpg


木立の中から現れました
a0052080_20341188.jpg


餌をあげるとすぐにまた飛んでいきます
a0052080_20343086.jpg



a0052080_20344150.jpg



背中から見るといっそう美しかったです
a0052080_20345754.jpg



a0052080_2035866.jpg


7月17日撮影のものです。
渓谷の岸壁に沿って走る道路から谷底を覗くと育雛中のブッポウソウが飛んでいました。眼下を飛ぶブッポウソウを見るのは初めてでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2011-09-14 20:55 | 野鳥観察 | Comments(6)
ブッポウソウ  2
 ブッポウソウを探して渓流沿いを走りました。
真夏の太陽が照り返し、鳥の姿もほとんど見当たりませんでした。
かなり走った所でやっとブッポウソウが飛んでいるのを夫が見つけました。
時々飛んできますが、飛び去っても「ゲッ」「ゲッ」と短く鳴く声が聞こえます。
何処だろうと探すと遠くの木の天辺で鳴いていました。
あんなに派手な姿でも、夏の景色の中にいると意外と保護色なのだと実感しました。
(likebirds妻)

最初にブッポウソウの枝とまりを見つけたときの写真です。目を凝らして写真中央をご覧ください
a0052080_21222415.jpg


遠くからだと、赤いくちばしがやっと解かる程度でした
a0052080_21224625.jpg


”だるまさんがころんだ”で近づいては撮り...さすがにこれ以上近づいたら飛ばれました
a0052080_21231161.jpg


少しだけ電線にも止まりました
a0052080_22522446.jpg


 さすがにあの色ですからブッポウソウが飛んでいるのはすぐに見つけられます。子育ての最後の追い込みで渓谷を飛び回っていました。けれども枝にとまっている姿はなかなか見つけられませんでした。風の合間に時々聞こえる「ゲッ!」を頼りに木の頂上を丹念に探しますが、何しろここは何処を見ても木ばかりです。かなり遠くの木の天辺にとまっているのをやっと見つけたときには疲れがどっと出ました。それでも中腰で少しづつ近づきました。長い時間無理な姿勢でいたので、ブッポウソウが飛び去って背中を伸ばしたときには「やれやれ」でした。(likebirds夫)
by likebirds | 2011-07-28 22:00 | 野鳥観察 | Comments(8)
ブッポウソウ  1
 先週の日曜日、長野県の天龍村にブッポウソウを見にいきました。
前日、飯田の温泉に宿を取りすっかり旅行気分で10時に就寝。翌朝は6時起床予定でしたが、目が覚めたのは8時前でした。目覚ましのアラームはぴったり1時間鳴り続けたようですが2人ともまったく気づきませんでした。
 当初の予定はブッポウソウ探しをしながら天龍川沿いを下るつもりでしたが、寝坊のため急遽予定変更。ブッポウソウ確率100%の天龍村役場に直行しました。天龍村役場に取り付けられた巣箱の見える場所にはたくさんのカメラマンがカメラを据えて楽しそうにブッポウソウを撮っていました。この場所で一応ブッポウソウを見たことで一安心し、その後2人で川沿いの道路を車で走りブッポウソウ探しを楽しみました。
 今回は天龍村役場に据えられた巣箱の傍で撮った写真をUPします。(likebirds夫)

定番中の定番、村役場屋上のアンテナにとまったブッポウソウです これでひとまず一枚は撮れました 久しぶりです
a0052080_18405048.jpg


寝坊して文句も言えませんが「あまりにも変化が無いなぁ」と思っていたら時々飛び出してくれました
a0052080_18411133.jpg


飛び出したからには飛びつきも撮りました  餌を捕れないとここへ戻るようです
a0052080_18413849.jpg


餌を獲りに飛んで行ったまま戻ってこないと思ったら、遠くから飛んでくるのが見えました
a0052080_20512054.jpg


だんだんとこちらに飛んできました
a0052080_20524352.jpg


またアンテナに止まるのかと思いましたが、飛び去りました。夏の昼間、餌探しは大変なようです。
a0052080_20514044.jpg


ピントが甘く判りにくいですがトンボをフライングキャッチしました
a0052080_18421137.jpg


写真のすぐ左に巣箱があり、穴から雛が身体半分以上乗り出して餌をねだっています  すぐには餌を与えません
a0052080_18435362.jpg


こんどは大きな蛾を捕まえてきました
a0052080_18441452.jpg


やはり雛に餌を見せびらかすように飛びます  巣立ちを促しているのでしょう
a0052080_18452871.jpg


ここは背景が緑の場所はほんの少しです  ここを飛んでくれたら...と思ったら飛んでくれました
a0052080_18463863.jpg


森が背景だと羽の白い斑がとても目立ちました
a0052080_20531295.jpg


早朝からブッポウソウを探すはずが、もの凄く暑くなっていました。
でも久し振りにブッポウソウを見ることが出来て、とても嬉しかったです。
とても鮮やかな南国の鳥みたいですが「日本生まれの日本育ちのなのね」と妙な親近感が湧きました。(likebirds妻)
by likebirds | 2011-07-23 19:20 | 野鳥観察 | Comments(6)
ブッポウソウ
 今年もブッポウソウに会いに出かけたのですが、巣穴にはムササビ君がご滞在中で・・・
楽しみにしていたブッポウソウには出会えませんでした。
二年前には美しい姿を見せてくれたブッポウソウ!
また出会いたいです。(likebirds妻)

likebirds妻;30D+400mmF5.6  2007年撮影
a0052080_21164960.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  2007年撮影
a0052080_21171466.jpg


昨年は見ることができませんでした。今年は2回行きました。1度目は早すぎで空を飛ぶ場面のみでした。今回は遅過ぎでした。
巣作り・抱卵・育雛と計算して最高の時期に行ったつもりでしたが、何かアクシデントがあったのかも知れません。
ブッポウソウは「赤い鳥」よりも好きなのでショックは甚大でした。
夫婦揃って「坊主」で帰る悲哀を味わいました。この後田んぼ回りに切り替えましたが、今季は休耕田が極端に少なくシギ・チドリにも振られました。
気分転換に日帰り温泉へ行こうと提案しましたが、妻にも振られました。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-07-30 21:54 | 野鳥観察 | Comments(24)
ブッポウソウ
 輝くような青緑と濃い青の羽に白い差し。
真っ赤な嘴と足。
まるで南国の鳥のようなブッポウソウ。
昨年は会えませんでしたが、今年は会うことができました。
「ゲゲゲー」というだみ声が山合いに響き渡り、3羽のブッポウソウが追いかけあうように何度も旋回しながら飛んでいました。
大きな翼を丸く広げたり、翼をたたんでハヤブサのように急降下、急上昇したり、本当に美しい飛行ショーのようでした。
(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2063995.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  手持ち撮影
a0052080_20215417.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8   手持ち撮影
a0052080_2072114.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8    手持ち撮影
a0052080_2073632.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8     手持ち撮影
a0052080_2075162.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_208961.jpg


一週間前の月曜日の夜、首に寝違えたような痛みを覚えました。火曜日になると猛烈な頭痛と右肩から首にかけての痺れに襲われ驚きました。普段、頭痛などしたことが無いのでかなり驚き慌てました。
脳神経外科でCTを撮ってもらいましたが、結果は「脳に異常はナシ」でホッとしました。つい最悪の事態を想定してしまい「娘達には黙っていよう」とか「息子には言わねば...」などと考えた自分が笑えます。
頚椎の間の軟骨が歳相応に摩滅してきているそうで、痺れもそこから来ているとのことでした。
「右後頭部が痺れ、右耳の感覚が無い」、「頭髪を梳かすと毛根が痛い」と訴えると、「頭髪は頭蓋骨の外側の頭皮に生えていて、脳から生えているわけではない」との医者の答えには少々腹が立ちましたが怒る元気がありませんでした。
整形外科へ行き、首の牽引をしたら三回目に直りました。
その前日の日曜日にサンコウチョウを見に行き、上ばかり見ていたのが原因かもしれません。
根性と体力が無いだけで「体は健康」と思っていましたから、暗澹たる思いになりました。
と言うわけで、行きも帰りも妻に運転してもらいブップソウを見に行きました。首を気にして飛んでいるブッポウソウを追いきれない自分に比して、328を手持ちで振り回す妻を妙に頼もしく思えた一日でした。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-06-29 21:04 | 野鳥観察 | Comments(22)
ブッポウソウ
 ブッポウソウに会いに行ってきました。昨年は遠くからすこししか見ることが出来なかったので、今年こそは綺麗な姿を見たいと期待しながら出かけました。
あいにくの曇り空で、暗い木立の中では、SSがあがらず撮影は難しかったです。でもブッポウソウは、何度も現われてくれました。緑色の光沢がかかった青い羽に真っ白な翼の模様、真っ赤な嘴と足。本当に天界の鳥のようなあでやかさでした。
 ブッポウソウは餌を咥えて枝に止まったり、目の前を飛んだりと心行くまで美しい姿を堪能させてくれました。とても素晴らしい一日でした。(likebirds妻)

likebirds妻;30D+400mm  餌を咥えて枝に止まっていました
a0052080_2141657.jpg


likebirds夫;30D+500mm  「ゲー ゲー」と悪声で鳴きます
a0052080_2143276.jpg


likebirds妻;30D+400mm  少し様子をうかがってから、枝から飛び出しました
a0052080_2145313.jpg


likebirds妻;30D+400mm  大きな羽を広げて、木に飛びつこうとしています
a0052080_2151315.jpg


likebirds夫;30D+500mm  とまる直前にブレーキをかけています
a0052080_2153195.jpg


likebirds夫;30D+500mm  いきなり飛び出しました
a0052080_2154851.jpg


 日曜日は天気予報も悪かったので休養の予定でした。前日の夜、日曜日は曇りと聞き我慢できなくなりました。ところが、朝起きてみると、ひどく首を寝違えてしまったらしく痛くて回りません。バンテリンをベチャベチャに塗って何とか出かけました。
 今日は飛び物狙いと決めていたので、崖のような急斜面に三脚を立て、そこにへばりつくような無理な姿勢でシャッターを切りました。何回か撮るうちに幸い飛行経路が掴め、たくさん撮ることが出来ました。無理な姿勢が祟ったのか、帰る頃には首は少しでも動かすと激痛が走るようになり、帰りは途中で妻に運転を交代してもらいました。何とかは直らないと言いますが私のことです。
 現地ではNさん、Hさんにお会いし三脚を並べさせていただきました。お世話になりました。Mさんにも親切にしていただきありがとうございました。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-07-09 22:11 | 野鳥観察 | Comments(24)
姿のブッポウソウ、声は綺麗ではありませんでした
アオバズクを後にしてブッポウソウのポイントに向かいました。雨は上がりましたが、空は曇り、現地は少し霧も出ていました。
着くなり、「ギャギャギャギャ」という大きなブッポウソウの鳴声が聞こえてきました。
でも、声ばかりで姿が見えません。まだ巣穴が決まっていなくて、飛び回ってばかりで落ち着いてとまってくれないらしいのです。
やっと高い杉の木の天辺に止まったかと思うと、向かいの山のお気に入りの枝に行ってしまいます。
そこでは、飛んでいる虫を捕まえたり、羽づくろいをしたりと、ゆっくりしているのですが、とにかく遠い。100m以上はゆうにあります。
肉眼だと、米粒ほどに見えるだけ。
一眼の私は、こうなったら「飛び物に挑戦しよう」と、飛び出しを沢山撮ってみました。
何とか一枚だけ、鳥とわかるのが撮れていました。お恥ずかしい出来ですが、アップしてみました。ブッポウソウの美しい色と白い班が撮れて気に入っています。(likebirds妻)
a0052080_2134260.jpg

       30D+400mmF5.6USM

昨年見ることの出来なかったブッポウソウも情報を頂いてやっと見ることが出来ました。雨こそ止んでいましたが、天気は霧気味の曇りで真上の木に止まられると肉眼でも完全なシルエット。かなり苦しみました。
聞くところによると、このブッポウソウはオスで、未だ伴侶が見つからないそうです。それでさかんに飛び回っているのだそうです。早くお嫁さんが見つかることを祈って撮りました。
下の写真はデジスコです。いかんせん遠いので3300mm相当の写真を2倍トリミングしています。(likebirds夫)
a0052080_21454565.jpg

       TSN664+W1
次の写真は近いところでした。が、自分のほぼ真上でしたので、肉眼ではシルエットでしたが、写真には色が残っていました。(likebirds夫)
a0052080_21591192.jpg

       TSN664+W1
by likebirds | 2006-05-30 21:38 | 野鳥観察 | Comments(9)