タグ:ベニアジサシ ( 5 ) タグの人気記事
宮古島 べニアジサシ
 岩の上には沢山のベニアジサシが羽を休めていました。
こんな数のベニアジサシを1度に見たことが無かったので、とても興奮しました。
美しいベニアジサシと美しい景色をたっぷりと堪能することができて幸福感に浸りました。(likebirds妻)



写真はすべてクリックすると拡大してご覧になれます
a0052080_20304231.jpg



a0052080_20312302.jpg



a0052080_20320208.jpg



a0052080_20324502.jpg



a0052080_20333047.jpg



a0052080_20341642.jpg



a0052080_20345657.jpg



a0052080_20364406.jpg




a0052080_20355598.jpg




a0052080_20374430.jpg




a0052080_20381153.jpg



a0052080_21442832.jpg




a0052080_20391733.jpg



a0052080_20394288.jpg

先日、十代の頃からの友人に久しぶりに会いました。その友人から、遠くまで旅行しているのに鳥だけ見て名所旧跡へは行かないのかと聞かれました。旅行するその都度、時間が許す限り見聞を広めようとはしているのですが、鳥見を優先していると時間がなくなることが多いです。今回は宮古島東平安名崎のスマホ写真を2枚UPすることにしました。
 宮古島の旅行時に見た野鳥はいつものようにダラダラとなりましたがひとまず今回で終了です。(likebirds夫)


by likebirds | 2014-08-30 21:12 | 宮古島旅行 | Comments(6)
ベニアジサシ
 2羽のベニアジサシはリラックスした様子で、時々羽を伸ばしたり、アジサシたちと一斉に飛んだりしていました。
ほのかなピンク色のオーラを発したその姿を存分に見ることが出来て、暑さも吹き飛ぶほどでした。(likebirds妻)

a0052080_20153852.jpg



a0052080_20154873.jpg



a0052080_20155842.jpg



a0052080_20161524.jpg


                意外と気が強くて、隣のアジサシを威嚇しています^^
a0052080_20163576.jpg

                
                湾内をぐるりと飛んで・・・・
a0052080_21184358.jpg


                着地
a0052080_20171330.jpg


                ベニアジサシ先頭 次いでクロハラアジサシ
a0052080_20591311.jpg


 私の場合はとても暑さの吹っ飛ぶ心境までには至りませんでした。途中で集中力が途切れ、飛ぶ姿を何回も撮りそこないました。夫婦で撮っているとこういうことが楽で助かります。(likebirds夫)
by likebirds | 2011-07-14 21:05 | 野鳥観察 | Comments(7)
ベニアジサシ
 梅雨明けで天候が回復。
渡りの鳥たちも動き出すかも・・・・?
と、出かけました。
期待半分で出かけましたが、ベニアジサシが居てくれたのです。
本当に嬉しいうれしい一日でした。(likebirds妻)


                   アジサシと比べると白さが際立ちとても目立ちます
a0052080_21291495.jpg


                   ほんのり淡いピンク色が眩しいです
a0052080_21293199.jpg


 「もしかしてベニアジサシが入っているかも?」などと半分おどけて言いながら向かいましたが、いきなり居たので大喜びをしました。(likebirds夫)
by likebirds | 2011-07-09 21:43 | 野鳥観察 | Comments(5)
ベニアジサシ、オオミズナギドリ
 ベニアジサシやハジロクロハラアジサシ、クロハラアジサシを求めてまた海に行ってきました。
でもこの日は朝から待てど暮らせど、コアジサシばかり・・・
先週はたくさん居たアジサシは数羽しか居ません。
海は思ったよりも荒れていて、コアジサシたちは波打ち際に漁に出て行きませんでした。
青く澄んだ海の沖合いではオオミズナギドリの群れが魚群を追いかけているようでした。
レンズで覗くとやっとその姿が見えました。
 今日はベニアジサシも、ハジロクロハラアジサシも来ないのかしら?と半ばあきらめかけたころ、どこからかたくさんのウミネコの群れとそれに混じってアジサシもやってきました。
すると、「ベニがいる!」との声。
砂浜に舞い下りたアジサシたちの中に、ぽっかりとピンク色のオーラが・・・
やっとベニアジサシがやってきてくれました。
今回はクチバシの黒い個体でしたが、もう一度ベニアジサシに出会うことができて本当に嬉しかったです。
ベニアジサシは何度か飛び立っては砂浜に舞い下り、美しい姿を見せてくれました。
この日はまた、色々な方とお会いできて、とても楽しい時間を過ごすことができました。
お会いした皆様、お世話になりました。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4  クチバシの基部は赤かったです
a0052080_21165412.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  尾羽が翼端より突き出ています
a0052080_21171392.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  尾羽を広げると、とりわけ長いのは外側両端です
a0052080_2117305.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  丸い燕尾の尾羽です
a0052080_21174514.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4
a0052080_2118365.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4  長い尾羽がよくわかりました
a0052080_21181867.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  遠い海上を飛ぶオオミズナギドリ
a0052080_21184263.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4  一応初見初撮り!オオミズナギドリ
a0052080_21185857.jpg


先週、ベニアジサシをUPしました。行く先々でベニアジサシが話題になりました。
曰く
「likebirdsさんのベニアジサシは尾羽が長くないね」
「その他の特徴はベニアジサシなんだけど尾羽が気になるね」
「混血じゃない?」
笑顔で同意しながらも内心は「グ、グヤヂ~~!(涙)」。 で、もう一度ベニアジサシを見に行くことにしました。
しかし世の中はうまくいかないのが常。
この日のベニアジサシはクチバシが赤くありませんでした。それでもベニはベニなので撮ろうとすると、今度はなかなか長い尾羽を撮らせてくれませんでした。
私達の方を向いてくれるのですが、今回は横や後ろを向いてほしいのです。かなりイライラが募りましたが何とか撮ることができました。
オオミズナギドリは証拠写真です。これで初見初撮りと言っていいのでしょうか?  (大声で)「いいんです。」 (likebirds夫)
by likebirds | 2009-07-14 22:12 | 野鳥観察 | Comments(6)
ベニアジサシ
 久しぶりに出かけた海で、念願のベニアジサシに出会うことができました。
朝のうちは、アジサシやコアジサシ、ウミネコばかりの砂浜でした。
昨日はここに居たというベニアジサシ!
今日はもう居なくなってしまったのかしら?
期待はだんだん絶望に変わり、諦めて帰ろうしていたら、少し離れた所でアジサシの群れを撮影している方が見えました。
「何が居るのだろう?」・・・
と、近くに行ってみたら「ベニアジサシですよ」のお返事!
教えていただいた所をみると、足と嘴が鮮やかな朱色のベニアジサシがノンビリ羽繕いをしていました。
喉から胸の色がほんのり桜色で、本当に美しい姿でした。
 憧れのベニアジサシが、今目の前に居る!
嬉しさで、胸がドキドキでした。
ベニアジサシやアジサシ、コアジサシの群れは2度ほど飛び立っては旋回して、また砂浜に下りてきました。
2度目に飛び立った後、ベニアジサシの姿は見えなくなりました。
ほんの短い間でしたが、美しいベニアジサシに出会うことができて本当に嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0  右のアジサシと比べ、体が少し小さく見えます  判りにくいですが尾羽が翼端より少し長いです
a0052080_2026476.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4  喉から胸にかけてが優しい桜色でした
a0052080_20261660.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  アジサシと比べると下面はより白く、クチバシは細く長いです
a0052080_20271045.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4  意外にツメが鋭いです
a0052080_20274128.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  美しい姿にため息が出ます
a0052080_20281043.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4
a0052080_2029988.jpg


ベニアジサシは「上面の灰青が淡く、下面は喉から腹にかけて真っ白」だと教わり必死で探しました。
堤防の上から浜にいるアジサシの群れを1羽づつ双眼鏡で色や尾羽の長さを確認します。半分くらい確認し終わると一斉に飛ばれてやり直しです。こういうことが何回も続きました。時々、嘴と足の赤いアジサシを見つけて「アッ」と思うのですが、下面の少し黒ずんだアジサシ亜種アカアシアジサシ(後日UPします)でした。仕方なくアカアシアジサシを撮って過ごしました。亜種アジサシにも赤い足のものが居るので紛らわしいです。
諦めかけましたが、教えていただき帰りがけに見ることができました。ベニアジサシは初見初撮りです。心なしか輝いて見えました。九十九里浜まで行った甲斐がありました。教えてくださった方、フィールドスコープを貸してくださった方、本当にありがとうございました。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-07-06 21:37 | 野鳥観察 | Comments(31)