タグ:ホオジロ ( 24 ) タグの人気記事
ホオジロ キジバト
 雪上のハギマシコ、カシラダカをUPしましたが最後にホオジロとキジバトを載せます。ハギマシコやカシラダカは10羽以上いましたが、ホオジロは♂♀各1計2羽でした。後で撮ろうと思い後回しにしていたら気がついたときには居なくなっていてほとんど写真がありません。
 キジバトは普段はあまり注目していませんでしたが、雪上のレフ板に照らし出された姿は息を呑むほど綺麗だったので思わずシャッターを切りました。(likebirds夫)




a0052080_09271656.jpg





a0052080_09271654.jpg






a0052080_09271625.jpg



by likebirds | 2015-02-09 06:00 | 野鳥観察 | Comments(2)
ホオジロ
 4年ほど前に河原でこの写真を撮りました。
秋の景色の中のホオジロがとても素敵で気に入っていた写真でした。

9月19日発売の小学館の図鑑、ネオぽけっと「鳥」ホオジロのなかま(128P)に掲載されました。
機会がありましたらご覧になってください。(likebirds妻)

アオジを追いかけるホオジロ
a0052080_2014224.jpg

by likebirds | 2012-09-17 19:16 | お知らせ | Comments(2)
ホオジロ、アオジ
 春は名ばかりのとても寒い日。
公園に鳥の姿は少なく、元気な姿を見せてくれたのはホオジロ君。
長いこと目立つ枝で囀っていました。
本当にこの日はホオジロデーでした。
そして、仲良しのアオジのペアは、いつも一緒に行動していました。
寒かったですが、愛らしい姿にほのぼのとした一日でした。

ホオジロ♂   囀りは短め・・・・♪一筆啓上♪
a0052080_2134446.jpg


アオジ♂
a0052080_21342499.jpg


アオジ♀
a0052080_21343928.jpg


 実はヤマシギを見に行ったのですが、時期が遅かったのか運が悪かったのか果たせませんでした。どうやら自分のヤマシギ連続記録は途絶えたようです。この公園は周囲よりずいぶん気温の低い場所です。震えながら鳥見をしましたが、アオジは藪から出て枝に止まり、ホオジロ♂は木の天辺で囀り出していました。きっと春の到来を感じているのでしょう。私には感じられませんでしたが...。(likebirds夫)
by likebirds | 2012-03-09 21:54 | 野鳥観察 | Comments(10)
ホオアカ、ホオジロ
 草原ではホオアカやホオジロも姿を見せてくれました。
春の頃のように夢中で囀っている様子はありませんでしたが
カッコウが来るといつの間にかカッコウの近くの枝にとまって、警戒する様子を何度も見かけました。
「托卵するカッコウは、ほっトケン!」と神経を尖らせているようでした^^。(likebirds妻)

ホオアカ
a0052080_2052356.jpg


ホオアカ
a0052080_20521714.jpg


ホオアカ
a0052080_2056566.jpg


ホオジロ
a0052080_20524583.jpg


 姿はホオアカのほうが見栄えが良いですが、囀りではホオジロが数段上ですね。(likebirds夫)
by likebirds | 2011-07-06 21:07 | 野鳥観察 | Comments(4)
ホオアカ、ホオジロ
 ホオアカもあちこちで鳴いていましたが、姿はあまり見えませんでした。
夫が遠くのススキに止まっているのを見つけましたが、私は間に合いませんでした。
茎の先で鳴く姿を見つけ、「今度こそホオアカ!」と思ったのですが、残念ながらホオジロでした^^;
広い高原は鳥さんが遠かったです。(likebirds妻)

likebirds夫;40D+500mmF4.0  ホオアカ
a0052080_2024962.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  ホオジロ
a0052080_203094.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  ホオアカ
a0052080_2031147.jpg


 ホオアカは九州では越冬するそうですが、それより北方では渡り鳥で夏にやってきます。主に高原などの草地で見かけます。よい声で鳴きますが囀りは比較的単純です。
 ホオジロは留鳥で低山や里地の何処にでもいるような気がしますが、森の奥を歩いていて見たことはありません。林縁部の藪のあるところなどが多いようです。冬には低地の河川敷きなどにもいますが、雪の多い亜高山地帯でも見かけたりします。囀りはとても複雑で「一筆啓上仕り候」と聞きなされます。(likebirds夫)
by likebirds | 2010-06-10 20:38 | 野鳥観察 | Comments(22)
ホオジロ、ホオアカ
 高原はあたり一面、鳥のさえずりで満ちていました。
とても大きな声で聞こえても、最初は何処にいるのかわかりません。
じっと声のほうに目を凝らすと、遠くの木の天辺や、すぐそこの枝の上などで一生懸命に囀るホオジロやホオアカの姿がありました。
真っ赤なほっぺのホオアカ。
黒、白の縞模様が素敵なホオジロ。
高原を澄んだ声でにぎわせていました。(likebirds妻)


likebirds妻;40D+300mmF2.8x1.4  白いお花の枝で囀っていたホオジロメス
a0052080_2025346.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20255644.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  ホオアカ
a0052080_20261190.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20573943.jpg

by likebirds | 2009-06-25 21:02 | 野鳥観察 | Comments(28)
ホオジロ
 ホオジロはフィールドで必ずと言っていいくらい出会うことが出来る鳥さんです。
チッチと鳴いて、愛らしい姿を見せてくれます。
雪がちらつく寒い中、雪景色にホオジロの素敵な姿が、凍える寒さを和らげてくれました。
ホオジロを見るときはいつも雄と雌が一緒にいます。
仲睦まじい鳥さんです。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20362537.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20364018.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  ホオジロメス、粉雪が舞っていました
a0052080_2036579.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  雪の無い場所を丹念に探しては採餌していました  その仕草がかわいいです 
a0052080_20373394.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  草の実を食べに来たホオジロオス。尾が雪の上に^^;
a0052080_20374919.jpg


寒がり屋の私はホオジロくらいでは寒さは和らぎませんでした。靴のつま先にカイロを入れていましたが踵が凍るかと思いました。手袋の上に防寒用の手袋をしていましたが、指の骨が冷えていくのがわかりました。
ガスバーナーで入れたインスタントコーヒーを飲んだときにはさすがにニコッとしました。バーナーは今回初めて買ったのですが、冬の必需品となりそうです。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-01-28 21:17 | 野鳥観察 | Comments(22)
ホオジロ、アオジ
 ススキとセイタカアワダチソウが揺れる草原は秋の風情でとても素敵でした。
前方で「ピッコリー、ピッコリー」というホオジロの声が聞こえました。
今季初見のホオジロはとても元気良く鳴いていました。
時々止まるところを変えて、あちこちで鳴いていました。
少し前のセイタカアワダチソウで鳴いていた時、突然ホオジロが飛び出し、赤茶色と白の羽が眩しく見えました。縄張り争いの喧嘩のようでしたが、相手が何の鳥かはわかりませんでした。
後でPCで見て、追いかけた相手がアオジと分かりました。
思いがけず今季初見アオジも一緒に撮ることが出来てラッキーでした。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_2014777.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  ホオジロがいきなり飛んだと思ったら、アオジを追い払ったようでした
a0052080_2014224.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  なおもアオジを追っています
a0052080_20143656.jpg


ホオジロの鳴いている場面は撮りましたが、アオジとの追いかけっこは撮れませんでした。「あーっ!あーっ!」と声が出るばかりで体は動きません。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-11-06 20:36 | 野鳥観察 | Comments(22)
ホオジロ
 高原では幼鳥の姿をあちこちで見ることができました。
松の木の天辺でホオジロ雄がさかんに鳴いていました。すると1羽の鳥が同じ枝に飛んできたのです。
とても枝に止まるのが下手で、羽をばたつかせながらやっとこさ枝に止まっていました。
最初は番と思っていたのですが,PCでよく見たら、お父さんに連れられたホオジロの幼鳥でした。
しばらくして親子は遠くに飛んで行きました。
あどけないホオジロの幼鳥の顔がとても可愛かったです。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+300mmF2.8+1.4 松の木の上にいたホオジロ親子
a0052080_213618100.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  夫唱婦随!と思いましたが、親子でした
a0052080_21364510.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  この写真をみると暑さがよみがえります
a0052080_21371071.jpg


炎天下、妻は鳥を探しながら歩いていたようですが、私は「東屋に着いたら日陰に座って休もう」だけを考えて歩を進めました。
東屋に着くとリュックを下ろし、残っていたペットボトルの水を飲み干しました。ベンチで横になろうかと思いましたが、本当に眠ってしまいそうなので止めておきました。
木の天辺でホオジロが鳴いています。ベンチに座りながら何気なくピントを合わせシャッターを何回か切ると二羽の飛び出しが撮れました。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-07-16 21:59 | 野鳥観察 | Comments(11)
ベニマシコ、ホオジロ
 河原のベニマシコ「もう来てくれているかしら?」と再度チャレンジしてきました。
でもこの日、ベニマシコが現われる頃に強い北風が吹きはじめてしまいました。
ベニマシコは「フィッ、フィッ、フィッ、」と甲高く鳴きながら飛んでくるのですが、ススキの中に入ったきり出てきてくれません。見えるのは風に波打つススキの穂だけでした。
必死で声がする方を探しても、姿を見つけることができませんでした。
 3時間近く待ち続け、諦めて上空の鳶の喧嘩を撮ろうとしている時、近くでベニマシコの声がしました。見ると目の前のススキの原に数羽のベニマシコが飛び込むのが見えました。急いで近寄ると、なんと一羽の雄が見えるところに止まっていました。そしてきょろきょろしながらススキの中から出てきたのです。少し離れた所にいた夫を呼び、慌ててシャッターを切りました。でもせっかく現われてくれたベニマシコでしたがすぐ草薮に入ってしまいました。夫は残念ながら間に合いませんでした。
 寒い中待った甲斐があって、ベニマシコを撮ることができて嬉しかったのですが、自分だけ撮れてしまい夫にはなんだか申し訳ない気持ちがしました。(likebirds妻)

likebirds妻;30D+400mm  ススキの中ですが見える所に止まってくれました
a0052080_1948354.jpg


likebirds妻;30D+400mm  ススキから飛び出して、草にもとまリました。綺麗な雄でした
a0052080_19485185.jpg


likebirds夫;30D+500mm  ホオジロが朝日を浴びていました
a0052080_1949537.jpg


 ススキの向こう側から私を呼ぶ声が聞こえてきました。「ベニマシコが出たな」とわかりましたが、走っていって逃げられてもいけません。早歩きで行きましたが間に合いませんでした。まさか本日ホオジロの写真を載せることになるとは思いませんでした。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-11-26 20:27 | 野鳥観察 | Comments(29)