タグ:ホシガラス ( 4 ) タグの人気記事
ホシガラス
 秋晴れには恵まれましたが、残念ながらライチョウには出会えませんでした。
でも、ハイマツの実が生っている場所まで歩いて行って、元気なホシガラスを間近で見ることができました。
輝くようなきれいな姿を沢山見ることができて本当にうれしかったです。(likebirds妻)

地を這うような人の背丈ほどのハイマツの森の上を踊るように飛び回っていました
a0052080_19244055.jpg


ハイマツの実を咥えては同じ場所へ飛んでいきました  おそらく冬に備えて貯食しているのでしょう
a0052080_19251367.jpg


ハイマツの根元で実を食べていました
a0052080_19253612.jpg


コケモモの実も生っていました
a0052080_1926948.jpg


実を物色しています
a0052080_19235821.jpg


そ嚢が膨らんで見えます
a0052080_19241718.jpg


地面におりると目立たず、見失いそうになります
a0052080_19262223.jpg


背景の山は剣ヶ岳です
a0052080_19263165.jpg


関東の鳥のブログには珍鳥が踊っていますね。わがブログの更新の遅さを実感します。
白樺峠で鷹見の翌々日、エコバスで早朝の畳平へ登りました。ライチョウには不向きの珍しいほどの快晴でした。
まずはレンジャーさんに助言をいただきながらライチョウを探して登ったり下りたり歩き回りました。けれども結局は見つけるとはできず、その他の鳥の撮影に切換えました。
よく見るとハイマツの実はあまりありません。知りませんでしたが、ハイマツの実は一年おきで今年は畳平付近は少ないと言われました。それでこのあたりでは食べ尽くされてしまったらしいのです。
レンジャーさんにハイマツの実の多いところを教えていただきそのほうへ行ってみるとホシガラスが何羽も飛び回っていました。他でも見ることはできますが、この時期この場所でのホシガラスは期待通りでした。豪快に飛び回る姿を堪能しました。(likebirds夫)
by likebirds | 2013-09-30 20:12 | 野鳥観察 | Comments(2)
ホシガラス その2
 ホシガラスは本当にたくさんいました。ちなみに普通のカラスは2羽のみ!
右から左から、次々に飛んできます。降りる先はハイマツの枝。
降りた先を見ていると、既にもう1羽が実を捜していたりします。
 夫が「すぐそこにホシガラス!」と教えてくれるのですが、私も少し違うところのすぐそこのホシガラスを写していたりしました^^。
ホシガラスは良く飛び回ってくれたので運よく飛ぶ姿も撮ることができました。
本当に嬉しかったです。

likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_19441493.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  ハイマツの実をくわえて
a0052080_19443235.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8 目の前のハイマツから飛び出しました
a0052080_1945121.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_19451736.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  ハイマツの斜面の上を飛びました
a0052080_19453217.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0 急旋回するときは足を突き出してバランスをとります
a0052080_19455386.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  原っぱを飛ぶ
a0052080_22172984.jpg


今日は夫が出かけておりますので、likebirds(妻)単独でアップしました。
by likebirds | 2008-09-19 19:57 | 野鳥観察 | Comments(38)
ホシガラス その1
 白樺峠を後にして、乗鞍高原に一泊しました。
少し時期が遅いけれどもしかしたらライチョウに会えるかもしれないと、乗鞍岳へ登ることにしました。
山頂の天気は上々、気温は4度。真冬のような寒さでした。
ライチョウを探して歩きましたが、少し遠いところへ移動してしまっていました。予想はしていましたが、やはり残念でした。
 でもその残念を晴らしてくれるように、10羽以上のホシラスが近くを飛び交ってくれました。ホシガラスはハイマツの実を探して食べるのに夢中で、ハイカーや私たちをあまり気にしていないように見えました。
間近で見るホシガラスは愛らしいくりくりの目、白い斑点模様の羽は黒と群青色のツートンカラーでとても綺麗でした。
ホシガラスはもういないと思っていましたので、とても嬉しかったです。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0  原っぱのホシガラスは初めてでした。
a0052080_2044962.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  ハイマツの実をくわえて
a0052080_20454820.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  目の前の根っこの下で松の実を食べていました
a0052080_2046582.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8 苔桃も食べていました 
a0052080_20462421.jpg


likebirds妻;40D+300mmF2.8  松の実を探して飛び移ります
a0052080_20464175.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  ホシガラスは警戒心が強いはずですが、すぐ近くに来てとまります
a0052080_20443040.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  どのホシガラスを撮ろうか迷うほどでした
a0052080_20444681.jpg


旅行二日目は白樺峠にしようか、乗鞍岳にしようか迷いましたが、結局後者に決めました。ホシガラス、イワヒバリ、カヤクグリなどは8月末までと聞いていたので、私は観光気分でした。
7時に乗鞍高原観光センターからエコバス(ハイブリッドバス)に乗って約50分で終点「畳平」へ着きました。9月の標高2700mは別世界のようでした。日差しは強く顔を刺し、吹く風は指先を凍えさせます。展望すると穂高、槍ヶ岳がそびえて見えました。
ハイカーの方たちのお話ではライチョウの場所まではかなり歩かねばならないとのことで時間の関係で断念しました。
風景に圧倒されたり、乱舞するホシガラス達に見とれているとアッと言う間に時間が経ち、昼のバスで下山しました。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-09-18 21:49 | 野鳥観察 | Comments(17)
富士山のホシガラス
 駐車場に着くと、荷物を下ろす間もなくホシガラスが大声で鳴いて迎えてくれました。水浴びの後なのか、さかんに毛繕いをしていました。急いでカメラを準備して、夫婦で撮りまくりました。ホシガラスは目的の鳥のひとつでしたから、顔を見合わせてニンマリとしました。
 最初がよいと、後が続かないような嫌な予感がしましたが、その後もずいぶん楽しませてくれました。幼鳥らしきホシガラスも見ることができました。(likebirds夫)
 
 ホシガラスは、「ギャーギャー」と鳴いて、松ノ木の天辺に止まったり、敷石の間に溜まった水で水浴びしたりしたと何度も現れてくれました。敷石で水浴びしていた時、横の松の枝から「ミユゥー、ミユゥー」と可愛い声がして幼鳥が現れました。幼鳥は何度も鳴きながら親を呼んでいたようです。親鳥より白っぽくて、くちばしの色も薄いかんじでした。初めて聞く幼鳥の声に最初は皆、不思議がっていました。(likebirds妻)

下の写真はどれもクリックすると少し大きくなります。

likebirds夫;車から下りると枯れ木にとまって大声で鳴いていました。
a0052080_21242056.jpg


likebirds妻;幼鳥です。
a0052080_21244411.jpg


likebirds夫;上の写真の直後です。モタモタしていたら、幼鳥は飛んでしまいました。
a0052080_21251148.jpg


likebirds夫;水浴びの後、思いっきり膨らんでいたのでパチリ。
a0052080_21253748.jpg


likebirds妻;成鳥木止まりを真下から。
a0052080_2125587.jpg

by likebirds | 2006-08-29 22:11 | 野鳥観察 | Comments(7)