タグ:マミジロ ( 4 ) タグの人気記事
ヒメイソヒヨ  マミジロ

シギの写真はちょっとお預けでヒメイソヒヨをUPします


 ヒメイソヒヨは、思っていたよりは小さい鳥でした。
朝の7時過ぎ、遠くの枝に止まった姿を初めて見た時は本当に嬉しかったです。
でも撮影のチャンスも、姿を見たのも一度きりでした。
もう1度見てみたかったのですが、出会えただけでよかったです。
(likebirds妻)

写真をクリックして拡大画像をご覧下さい  粗が出ます


10月9日  初見初撮り
likebirds夫撮影  空抜けの厳しい写真ですが初見初撮りのヒメイソヒヨです
a0052080_18502443.jpg




likebirds妻撮影 頭と肩のスカイブルーの羽が綺麗でした
a0052080_20065165.jpg






これも10月9日
マミチャジナイかと思って撮ったらマミジロ♂若でした  びっくり
a0052080_21402623.jpg

 ヒメイソヒヨが居ると教えてもらい、10月9日に行ってきましたが夫婦で上記の同じ写真しか撮れませんでした。普段は夫々の写真を持ち寄るのですが、何しろ各々これだけなので選択の余地がありませんでした。笑。 夫婦ともにもう撮影する機会はないかも知れないので同じですがUPします。 見えたのは一瞬で初見を喜ぶ時間はありませんでした。
 ...でも撮れていて良かったです。10月14日に再チャレンジしましたが抜けてしまったのか、まったく出会えませんでしたから。いつもよりお握りを1個よけいに持っていったのですが無駄飯になりました。
。 1枚撮れたので油断したのが拙かったです。それで強気になってポイントでじっと待たずにウロウロと歩き回ってしまいました。人垣の中で待つのに疲れて20mほど横に出ると、ツグミ型の鳥がミズキの実を食べに飛んできました。ここはこの時期マミチャジナイがしばしば目撃されているのでそう思って撮影しましたが、PCで確認したらマミジロ♂若でした。同時刻にマミジロを目撃した女性も居たので間違いないと思います。犬も歩けば棒に当たるとはこのことですね。棒に当たると言えば、ジジロジジロと3音節で鳴くオオムシクイの声も探しましたが聞こえませんでした。(likebirds夫)

by likebirds | 2015-10-16 07:00 | 野鳥観察 | Comments(10)
マミジロ
 みずみずしい緑の森に、マミジロは本当によく似合う鳥だと思います。
霧にぬれた木立の奥から美しい姿を見せてくれた時はとても嬉しかったです。(likebirds妻)


♂  
a0052080_1955355.jpg



a0052080_19551542.jpg



a0052080_19555532.jpg



a0052080_19562613.jpg


避暑をかねて涼しいところへ行ってみました。期待通りにマミジロが出てきてくれました。
マミジロが出てくると何故か息を止めて見入ってしまいます。そのためマミジロが居なくなると一気に苦しくなりハーハーゼーゼーしました。(likebirds夫)
宜しければ下の「More その他のマミジロの写真」もご覧ください。

More その他のマミジロの写真
by likebirds | 2012-07-24 20:24 | 野鳥観察 | Comments(6)
マミジロ、エゾムシクイ
 標高1585mの涼しい場所へコマドリを見にいきました。朝8時に到着するとコマドリ劇場は既に閉幕していました。満足げに引揚げる人を見送りながら、あっという間に時間が経過し日も傾きだして多少気落ちしながら自分等も駐車場へ向かう坂道を下りました。
 とぼとぼ歩くと前方に急な斜面に向かって用足しをしている人がいました。ちょうどその人の頭の上辺りの斜面に枯葉を掘っくり返す鳥が見えました。その人の用が済むのを待ち「アカハラかな?」と思い近づくと腹に赤茶の斑が見えました。急いで妻に「クロツグミの雌がいるよ!」と告げると、妻も落ち葉がハラハラと落ちてくる辺りの上を探し始めました。
 少しして「マミジロの雄じゃない?」と妻が言いました。私もその頃には腹の模様からマミジロだと気づきましたが、どう考えても赤茶色の雌です。「なに言ってるんだ、雌だよ」というと妻は雄だと言い張りました。雌が視界から消えてはじめて私はマミジロの雄の存在に気がつきました。私が雌を見ているときに妻は雄を見ていたのでした。お互いに「何て変なことを言うのだろう」と思っていましたが、謎が解けて大笑いになりました。この日の鬱憤を晴らすべく雄にも雌にも猛烈にシャッターを切りました。
 この日はエゾムシクイも高ーい枝先で盛んに鳴いていました。ひどい写真ですが初撮りなのでUPします。何度も所謂「ヒーツーキーー」の良く響く囀りを確認したので間違いないと思います。

likebirds夫;40D+500mmF4.0  マミジロ雌 特徴の白い眉斑が弱いので最初クロツグミ雌と間違えちゃいました
a0052080_19535054.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  マミジロ雌
a0052080_1954617.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  マミジロ雌
a0052080_1954167.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8 マミジロ雄  クチバシで落ち葉をひっくり返しています
a0052080_2065687.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8 マミジロ雄  木の実を見つけて枝ごと咥えていました
a0052080_207983.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8 マミジロ雄
a0052080_2072459.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0 エゾムシクイ  耳に心地よく盛んに囀りました
a0052080_20305060.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0 エゾムシクイ
a0052080_2031086.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0 エゾムシクイ
a0052080_20311215.jpg


夫がクロツグミの雌と教えてくれたので、薄暗い斜面の鳥にカメラを向けました。
でも後姿のその鳥は真っ黒・・「これってクロツグミの雄じゃない?」と最初は思いましたが、振り向いた顔に真っ白な眉毛がありました。
「マミジロじゃない!」と夫に言うと「雌だろう?」と言うのです。「うそ雄でしょ!」・・・
話がかみ合いません、でも直ぐに近くに居るマミジロの雌に気がつきました・。
お互いに雌と雄を別々に見てることがわかって、可笑しくなりました^^。
マミジロは夢中で落ち葉をひっくり返しながら斜面の奥へと居なくなりました。
思いがけなくマミジロを見ることができて疲れが吹き飛びました。
エゾムシクイは高い枝で囀ってばかり、上向きが不向きな私の雲台ではカメラを向けることが出来ませんでした・・・超負け惜しみ(笑) (likebirds妻)
by likebirds | 2011-05-09 20:56 | 野鳥観察 | Comments(4)
マミジロ
 マミジロには何故か今まで縁がなくなかなか出会えませんでした。
やっと、マミジロに出会えたときは本当にうれしかったです。
艶やかな黒い羽。
凛々しい眉。
美しい姿が今でも目に焼きついています。(likebirds妻)

likebirds妻;50D+300mmF2.8  絽の着物を纏ったような粋な姿・・・男前でした^^
a0052080_20312479.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  なるほどマミジロ(眉白)でした
a0052080_20264996.jpg


 この日は海岸へいろいろなアジサシを観察に行く予定でした。ところが前日の晩にテレビの天気予報を見ているうちに砂浜の猛暑が頭を占有し始めました。カンカン照りの砂浜は昨年何度も経験済みです。これは逃げたほうが良いかも...。
 妻に「涼しいところへ行こうか?」と聞くと賛成されました。それで急遽予定変更して天然クーラーの効いた富士山の水場へ行ってみました。鳥を待つ間、あまりの涼しさで眠くなり、ウツラウツラしながらの鳥見となりました。鳥の声に包まれながら目的のマミジロを待ちましたがなかなか現れませんでした。昼になってお弁当を食べ終わる直前にマミジロが現れ少々慌てました。妻はお弁当を食べはじめて二口目だったそうです。あまりにも近くに現れたので、初見初撮りの「やったー!」の声を呑みこみました。
 マミジロの雌も現れましたが、撮りそこないました。初見のときはいつもそうですが、識別に自信がでません。マミジロ雌は一瞬アカハラと迷いましたのでタイミングが遅れました。残念です。
 上着を着ないと肌寒いくらいのひんやりした気候でのんびりと半分以上居眠りをしながらの鳥見もなかなか良いものでした。(likebirds夫)

More  宜しければ、ここをクリックして他のマミジロの写真もご覧ください
by likebirds | 2010-07-12 21:15 | 野鳥観察 | Comments(16)