タグ:メジロガモ ( 2 ) タグの人気記事
メジロガモ
 メジロガモは、二度目の出会いです。
以前、長野県の池で見たときは真夏の7月でした。
今回は越冬にやって来たカモたちと一緒に餌を食べたり、羽繕いしたり色々な仕草を見せてくれました。
近くにもやって来てくれて、じっくり見ることができて、嬉しかったです。
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください




岸辺に到着すると探すまでもなくメジロガモ雄の姿が
a0052080_21550324.jpg







みごとな小豆色の頭と胸!
a0052080_22434177.jpg






水面の水草を一生懸命食べてました
水草を食べるために首を前傾させるときに脇に少し白羽毛が見えますが。。減点でしょうか?
a0052080_21461155.jpg







正面顔はちょっと厳つい
クチバシ先端の黒いポチ(嘴爪)がおしゃれ
a0052080_21464006.jpg







目も白いけどお尻も白い
a0052080_21465330.jpg







おにぎりのような頭の恰好 可愛い
a0052080_09162168.jpg






カモ撮影恒例のパタパタ  翼裏とお腹はきれいな白、翼表に幅広の白帯が目立ちました
a0052080_22513807.jpg






足を使って首を掻いています  下クチバシの根元に白く小さなワンポイント(腮)  褐色のパンツを履いて
a0052080_22383099.jpg







陸地に上がってくれました 褐色の脇の前縁部にちょっぴり白い食い込みがあります?  微妙ですが。。
a0052080_22551969.jpg






クチバシ先端の黒色部(嘴爪)は右のホシハジロとは形が違います
a0052080_23093918.jpg







ホシハジロのメスと仲良くしないで!!
a0052080_09502093.jpg




 小笠原旅行の掲載はちょっとお休みです。
 希少なメジロガモが横浜市の川沿いの公園の湧水池に来ているとの連絡をいただき、早速見に行ってきました。
 公園の駐車場で荷物を下ろしているときに、次々と撮影機材を背負って戻って来るカメラマンたちが一様に満足そうな顔を
しているのを見て、まだ居るなと一安心でした。
 現地に到着したのは午後1時頃であいにくの曇りでした。前日、前々日は青空に恵まれていたのにと不運を嘆きましたが、
むしろ涼しくて良かったとも言えます。いかにもベテランらしい赤銅色の老カメラマンがしゃがれた声で「色が出ネー」と
漏らしていましたが、自分は炎天下は嫌です。
 川沿いの遊水地に着くと探すまでもなく小豆色で目の白いメジロガモが泳いでいました。目が白いのでオスですね。他にホ
シハジロやヒドリガモ、キンクロハジロ、ハシビロガモ、コガモなどがいましたが、メジロガモは2度目でもあり、良く目立
っていたので遠くに行っても見失うことはありませんでした。
 アスファルトの遊歩道から撮影するのですが、岸辺に葦が生えていて所々切れ目から覗かなければなりません。メジロガモ
は珍しいので当たり前ですが、葦の切れ目にはカメラマンが並んでいました。メジロガモからはかなり離れた端のほうに2人
分の三脚スペースを見つけて撮影を始めました。撮影を始めるとメジロガモは自分たちのほうへドンドン泳いできてくれてベ
ストポジションになったと喜びました。
 メジロガモが離れていく頃には帰路に着くカメラマンも居て三脚の隙間に入れてもらいました。水草を食べる姿や、羽繕い、
パタパタ等を眺めていると、陸にも上がってくれて頭から足までの全身を見ることが出来ました。
 色々な動作を短時間のうちにしてくれましたが、一度も水に潜りませんでした。以前に他ブログで潜水してザリガニを捕る
記述を見たことがあります。餌となる水草がたくさん水面に浮いていたからなのかも知れません。残念でした。
 メジロガモは雑種が多く純潔は少ないそうなので素人の自分には断言はできません。虹彩が黄色味の無い白、腮も白、嘴爪
は横に広がっていないのでホシハジロの血は混じっていないと思います。が、アカハジロの血が入っていないかどうかは微妙
に思えました。『決定版 日本のカモ識別図鑑』(氏原巨雄・道昭)によると「頭部に緑色光沢がある・脇の前縁部に白い食
い込みがある・身体やクチバシが大きめなどの特徴が認められる場合はアカハジロとの雑種と考えられ、特に近年国内での観
例が増えている」とあります。
 陸に上がった写真を2枚UPしましたが、脇の前縁部にちょっぴり白い食い込みが見えます。この「白い食い込み」がどの
程度のことを言うのか、観察経験のない自分にはわかりません。この程度は喰い込みが無いと言えるのかもしれません。
 現在、自分は「食い込んでいない」との側に立ち純粋メジロガモに1票入れておきます。(ドキドキ)
 滞在2時間で大量の写真を撮りましたが、頭部に緑色光沢のものはありませんでした。お正月を過ぎて生殖羽になって頭が
緑味を帯びて輝き出したらショックです。(likebirds夫)
 

by likebirds | 2017-10-13 10:18 | 野鳥観察 | Comments(12)
メジロガモ
 メジロガモがこの時期に見られるとは、思いもよりませんでした。
落ち着いているようで、とてもひょうきんな顔の愛らしい姿をたっぷり見ることができて本当にうれしかったです。(likebirds妻)


メジロガモ  やっと会えました
a0052080_20583992.jpg


下嘴の基部付近の白斑が見えました
a0052080_20585640.jpg


いわゆる羽繕いのあとのパタパタです
a0052080_20593146.jpg


さらにパタパタ
a0052080_20594829.jpg


餌は木の実でしょうか?
a0052080_2101261.jpg



a0052080_21030100.jpg



a0052080_2104481.jpg


潜っては浮上
a0052080_211440.jpg



 夏なのにメジロガモが出ていると聞いて日帰りで遠征してきました。以前、早春の漁港でタッチの差で振られことがあったので、祈るような気持ちで向かいましたが今回は無事会えました。美味しい手打ち蕎麦と山葵ソフトクリームを食べて帰りました。(likebirds夫)
by likebirds | 2013-08-02 21:28 | 野鳥観察 | Comments(8)