タグ:ユリカモメ ( 6 ) タグの人気記事
ユリカモメ、モモイロペリカン
 早朝の印旛沼は冷たい風が吹いて、湖面は朝日で輝いていました。
目当てだったサンカノゴイは声だけでしたが、夏羽になったユリカモメや未だ残っていたカモたちを見ることができました。
モモイロペリカンのカンタ君も桃色になっていました。
(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧ください



沼の周囲をユリカモメが颯爽と飛び回っていました
a0052080_23365307.jpg






夏羽のユリカモメ、可愛いです
a0052080_23371592.jpg






頭が真っ黒  すっかり夏羽です
a0052080_07475553.jpg






この子の顔はマダラ模様で夏羽に換羽中
a0052080_23303710.jpg







カルガモの群れにマガモが1羽(右から2番目)
a0052080_07492129.jpg







は~るか遠くにヨシガモのペア
a0052080_07511020.jpg







チュウヒもまだ残っていました
a0052080_07535836.jpg







セグロカモメ。。
a0052080_07560189.jpg






おかっぱ頭のカンタ君
a0052080_23305997.jpg



 4月14日の早朝、北印旛沼へ行ってみました。 土手の上に先客がたった一人立っていました。土手下で車を止めカメラや双眼鏡を準備
しながら見上げると、こちらを向いて手を振っていました。 鳥友です。 先月もハイイロチュウヒのフィールドでばったりお会いし、そのあとヤツガシラ、
コミミズクとご一緒させていただいたのでびっくりしました。 どうやらこの日の予定も同様のようで、やっぱりご一緒させていただきました。
 北印旛沼は春霞が薄っすらとかかっていて、ウシガエルの声に混じってサンカノゴイの声も聞こえました。遠くにユリカモメやセグロカモメが
飛んでいました。遥か遠くにはヨシガモのペアも浮かんでいました。 もうとっくに居なくなったと思っていたチュウヒも1羽、湖面を飛んでいました。
 北印旛沼の主(?)モモイロペリカンもピンクの夏羽でした。(likebirds夫)

by likebirds | 2017-04-17 12:00 | 野鳥観察 | Comments(10)
鮎漁の鳥たち
 川では鮎釣りが禁漁になりましたが、鳥たちの鮎漁は盛んでした^^。
ぴちぴち跳ねる新鮮な鮎を丸呑みしていました。
ミサゴはしっかりと掴んで遠くの空へと消えてゆきました。
カラスに邪魔されずに美味しく食べたのでしょうね。
河原は、鳥達の鮮魚レストランです。(likebirds妻)

likebirds夫;40D+500mmF4.0  カワウの捕ったアユをアオサギが横取りしようと狙っています
a0052080_21144662.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  トビも鮎漁はとっても上手です
a0052080_21151612.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  ダイサギ、ユリカモメが上から狙っています^^
a0052080_21153152.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  ユリカモメ、他のユリカモメが追いかけていました
a0052080_21155766.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0  これを呑むのですから驚きです
a0052080_21161219.jpg


likebirds妻;50D+300mmF2.8x1.4  ミサゴ
a0052080_21164660.jpg


likebirds夫;40D+500mmF4.0
a0052080_2117427.jpg


 鳥たちの鮎漁を見ているとそれぞれ個性があって楽しいです。私の見た範囲での話ですが、トビはミサゴよりも鮎漁の成功率が高いです。ミサゴのように空中から豪快にダイビングせず、川面スレスレを飛びながら足でひょいと掴みます。
 ユリカモメは捕まえたアユを呑み込もうとしているときによく落とします。大きいアユのときはせっかく捕まえたのにサギなどに横取りされることが多かったです。(likebirds夫)
by likebirds | 2009-11-10 21:50 | 野鳥観察 | Comments(22)
ユリカモメ
 少し前に干潟に行った時、沢山のハマシギといっしょにユリカモメも沢山いました。
まだ冬羽の個体や、夏羽になって黒い頭と赤い足の綺麗な個体もいました。
この日は遠くまで潮が引いたので、ユリカモメたちはだんだん干潟の沖のほうへ移動していきました。ぬかるんだ干潟を歩いて近寄りましたが、足がとられてとても疲れました。
 いつもは海に隠れて見えない堤防の下を歩くと、以外に水深が浅いことが分かって面白かったです。(likebirds妻)

likebirds夫;30D+500mmF4.0
a0052080_20164911.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  残念ながらまだ冬羽です
a0052080_20171322.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  ユリカモメ飛び出し
a0052080_20172727.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6
a0052080_20174028.jpg


likebirds夫;30D+500mmF4.0  この子も完全な黒頭巾ではありません
a0052080_20175326.jpg


likebirds妻;40D+400mmF5.6  広い干潟にたたずんでいるユリカモメ
a0052080_20253033.jpg


4月上旬の写真です。まだ頭の真っ黒な夏羽は見ることが出来ませんでした。ユリカモメを撮ろうとすると、何故か三脚の一本が砂に沈み込みます。あわてて据えかえるのですが、また沈みます。倒れたら機材はお陀仏ですから、気になって集中できませんでした。お腹も空いていたので背負ったカメラバッグの中のお握りも気になりました。(likebirds夫)
by likebirds | 2008-04-24 20:58 | 野鳥観察 | Comments(12)
ヒメウ、ユリカモメ、ウミネコ、セグロカモメ、オオセグロカモメ
 カナダカモメが飛んでしまい、ちょっとがっかりしていたら、岸壁下の海にヒメウがいると教えていただきました。少し遠かったのですが、「これ以上近くには来ないよ」といわれました。
 ヒメウは波にゆらゆら揺られているかと思うと、すぐに海に潜ってしまいます。やっと水面に顔を出したと思うと後ろ向きだったりして、やっと撮ることができました。カワウに比べるととても小さくて、くちばしも細く黒っぽい色でした。ヒメウはもちろん初見、初撮りです。
 この日は一日で5種類も初見初撮りすることが出来ました。本当にうれしかったです。
他にも、夏羽に移行中のユリカモメや、ウミネコ、セグロカモメ、オオセグロカモメなどなどたくさんの海鳥を見ることが出来ました。(likebirds妻)

likebirds妻;40D+500mmF4.0+1.4  ヒメウ。カワウに比べてくちばしが細くて黒く、体も小さいです
a0052080_20495469.jpg


likebirds夫;デジスコ  妻のシャッター音で焦りましたが、なっなんとか撮れました ニンマリ
a0052080_20501255.jpg


likebirds夫;30D+400mmF5.6 ユリカモメはやっぱり可愛いです
a0052080_20503354.jpg


likebirds妻;40D+500mmF4.0+1.4  ユリカモメ、夏羽になりかけています
a0052080_20505313.jpg


likebirds夫;30D+400mmF5.6  ウミネコは歌舞伎の女形のように艶っぽいです
a0052080_20513063.jpg


likebirds夫;30D+400mmF5.6  背の灰色が濃いのでオオセグロカモメだと思って撮ったのですが....違いますか?
                        追伸;オオセグロカメのようです
a0052080_205145100.jpg


likebirds妻;40D+500mmF4.0+1.4  セグロがオオセグロの幼鳥
                            追伸;オオセグロカモメのようです
a0052080_2052244.jpg


likebirds妻;40D+500mmF4.0+1.4  セグロカモメ飛翔。下からもう1羽が飛び出してきました。
                            追伸;手前はモンゴルカモメの可能性があるそうです
a0052080_20522224.jpg


likebirds夫;30D+400mmF5.6  尾羽の黒褐色の帯が広いのでオオセグロカモメ幼鳥じゃないかと.....
                        追伸;セグロカモメのようです
a0052080_20524236.jpg


likebirds夫;30D+400mmF5.6  こちらは何カモメでしょうねえ.....クチバシが太いです
                       追伸;オオセグロカモメのようです
a0052080_2053044.jpg


この一週間はかなりスリリングなブログ上梓でした。間違いもありましたが、ご指摘をいただいて訂正しました。ありがとうございました。こういう時に「ブログをやっていてヨカッタ!」と実感します。
なにしろ冬の定番、コミミズクを断念して二週続けて海の鳥を見に行ったのですから、少しは覚えないといけません。でも一年や二年では多分覚えられないでしょう。気長にやっていきます。
今回の収穫は何と言っても「カモメは退屈だろう」という先入観が払拭できたことだと思います。
実際に見たカモメは退屈どころか、活々として躍動感にあふれた美しい鳥でした。
リンクさせて頂いている『紀の国城下町便り』のゆーしょーさんに「カモメの水兵さん♪」とコメントをいただきました。「何故その歌を思い出さなかったのだろう」と悔やみました。カモメを見ながらこの歌を口ずさんでいればもっと楽しかったでしょう。私が歌っていたのは「カモメーが飛んーだー」でした。(likebirds夫)

追伸;kimさん、識別にご協力下さりありがとうございました。ペコリ。
by likebirds | 2008-03-14 22:10 | 野鳥観察 | Comments(24)
ユリカモメ
 河原には、時々ユリカモメが飛んできました。
青い空に真っ白な姿が映えて、とても綺麗でした。
川の中にはお気に入りの石があるらしく、時々石の上にも止まっていました。
颯爽と飛ぶ姿はかっこよく、ちょこんと石に止まる姿はとても可愛かったです。(likebirds妻)

likebirds妻;30D+400mm  近くを飛びました  まだゴミが~~!(汗)
a0052080_2184100.jpg


likebirds夫;30D+500mm
a0052080_2184418.jpg


likebirds夫;30D+500mm
a0052080_2185864.jpg


likebirds妻;30D+400mm  川の中の石にちょこんと止まって、カメラ目線でした
a0052080_2191653.jpg


 飛びものの練習もかねて久しぶりにユリカモメを撮ってみました。独特の黒面の夏羽にはかないませんが、見ていて楽しいカモメです。撮る時はできるだけ風景を入れたいと思っているのですが、甘くありません。今度は春先に夏羽を撮りたいものです。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-12-06 21:38 | 野鳥観察 | Comments(8)
ユリカモメ
 海岸に出てすぐに、波打ち際にユリカモメがいるのを見つけました。頭が黒いカモメだったので、私たち夫婦は「ズクロカモメがいる!」と大喜びしました。でもお師匠さんが「あれは嘴が赤いからユリカモメの夏羽だと思うよ。嘴の色を良く見て」と気の毒そうに言いました。よく見ると嘴のところが赤い色でした。頭もまだ少し斑に白い所が残っているようでした。ズグロカモメではなかったけれど、ユリカモメの夏羽を見るのは初めてです。顔の部分だけ色分けしたように真っ黒でとても面白い顔でした。(likebirds妻)

likebirds夫;30D 頭が黒いので遠見にズグロかと思いましたがヌカ喜びでした
a0052080_20501952.jpg


likebirds妻;30D 大きく羽を広げて・・・
a0052080_20504090.jpg


likebirds妻;30D ぱっと飛び立ちました。とても綺麗でした
a0052080_20505696.jpg


likebirds夫;30D こちらは未だ冬羽のようです
a0052080_20522359.jpg


 ユリカモメは海辺他で良く見るカモメですが、被写体にしようと思うとかなり難しかったです。特に夏羽(これは初見です)は顔が黒くて目が出ません。さらに体が白いので目を出そうとすると体が白飛びしてしまいます。あいにくの曇天だったので、次回は青い空と海のもとで見てみたいものです。(likebirds夫)
by likebirds | 2007-04-05 21:43 | 野鳥観察 | Comments(13)