ミツユビカモメ
 約10ヶ月ぶりにカモメを見に行きました。
港は強い北風でとても寒く、そしてカモメの姿はとても少なかったです。
「これはウミネコ、これはセグロカモメ、オオセグロカモメ・・・」と普通種を確認する作業からはじめるカモメウオッチング。
いつも一からでなかなか見分けが出来るようになれません。
でも、大好きなミツユビカモメを見つけることが出来てとてもうれしかったです。(likebirds妻)

成鳥冬羽
a0052080_2034043.jpg


成鳥冬羽
a0052080_20341313.jpg


第一回冬羽
a0052080_20342014.jpg


第一回冬羽
a0052080_20343170.jpg


第一回冬羽
a0052080_20344780.jpg


 もともと識別眼が無いうえに今季初めてのカモメウォッチングでしたので何が何だかわからない内に終わりました。港に着くとすぐに寒さが主要な関心事になってしまい、なかなか車の外に出ることができませんでした。少し反省しています。
ミツユビカモメはカモメの中では可愛いほうではないでしょうか。下りているときにはとても小さく、翼を広げて飛んでいるときにはとても大きく見えました。(likebirds夫)
by likebirds | 2012-01-30 20:58 | 野鳥観察 | Comments(2)
Commented by よっちゃん3 at 2012-01-31 07:49 x
likebirds さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

先週末にサンフランシスコから帰国しました。久しぶりに国際
会議へ出たのですが、最終日の午後に会議を抜け出してフィッ
シャマンズ・ワーフへ出掛けて来ました。時節柄、人出は多く
なかったですが、カモメ類がやたら沢山居るのに驚きました。
生憎、コンデジしか持ってなかったため、本格的な写真は撮れ
ませんでした。ただ、今回ご紹介くださったミツユビカモメは
居なかったことは確かです。ちょうど、日本でのカラスと同じ
ように、ドバトと残飯をあさっておりました。50cmくらいま
で近寄っても逃げない個体もおり、ずいぶんと人に慣れている
なと感じた次第です。帰国してから、東京の方が寒いことに
驚いております。

では、また。
Commented by likebirds at 2012-01-31 21:50
よっちゃん3さん。コメントありがとうございます。
フィッシャマンズワーフとは羨ましいです。
美味しいシーフードや綺麗なお店を堪能されたのでしょうね。
おそらく私はサンフランシスコの地を踏むことは無いような気がします。笑。
カルフォルニアの海岸にどんなカモメがいるのか想像もつきませんが
日本のカラスのように残飯を漁る風景は何となく想像できます。
緯度は同じ位でもやはり気温は相当違うのでしょうね。
今度お会いしたときはそのときのお話が聞きたいです。(likebirds夫)
<< ハイイロチュウヒ コミミズク 対 チョウゲンボウ >>