ハイイロチュウヒ
 カラフトワシが見られる田園地帯に着いたとたん、はるか遠くに上下に飛ぶ白い鳥が見えました。
ハイイロチュウヒのオスが狩をしているようでした。
行方を見ていると、だんだんと此方に飛んできます。
でもまだカメラは後部座席のバッグの中です。
あせりながら、呆然とハイイロチュウヒを見ていたら、夫が「カメラを出したら」と車を止めてくれました。
私は急いでカメラを出しましたが、三脚をセットする余裕はありません。
田んぼの端まで飛んでいったハイイロチュウヒが、此方のほうへ戻ってきたのです。
私は手持ちで必死でシャッターを切りました。
手が震えてうまく追うことができませんでしたが、何とか写っている写真があってとてもうれしかったです。
(likebirds妻)

早朝の山を背景に白い姿がとてもきれいでした
a0052080_20461482.jpg


一番近くを飛んだ時
a0052080_20462496.jpg


 このとき自分は運転中でハイイロチュウヒを撮ることはできませんでした。でもこのハイイロチュウヒを別のタイミングで撮りました。いつもは焦ってしまって撮りそこなうのですが、そのときは冷静でした。間近に迫ってくるハイイロチュウヒをファインダーに捕らえましたが、AFが追いつくまで辛抱しました。ピントが合うのを目で確かめシャッターを切りました。10数枚撮ったところでカメラのモニタを見ると真っ白です。カメラの設定露出補正はプラス2.3でした。半逆光の白い雲のなかを飛ぶ黒いカラフトワシを撮ったあとでそのまま白いハイイロチュウヒを撮っていました。PCでアンダーに現像してみましたが飛んでしまったデータはどうにもなりませんでした。黒い翼端と瞳がかろうじて写っていました。面白いのでUPしてみようかとも思いましたが止めておきます。これも九州の思い出のひとつと思い、画像は保存してあります。(likebirds夫)
by likebirds | 2012-02-29 21:25 | 九州旅行 | Comments(6)
Commented by ishida at 2012-02-29 23:09 x
ご夫婦お二人の経験僕も何回もありますよ。
ハイイロチュウヒ綺麗に撮れてますね。我が家の近くのポイントは今年は例年に比べコミミと同様に出が悪いようです。
Commented by よっちゃん3 at 2012-03-01 08:57 x
likebirds さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

素晴らしいハイチュウ雄の写真ですね。
今シーズンも私は、これを求めて渡良瀬やその他の場所を
遍歴しましたが、まともに撮影すらできませんでした。
雌は、何度も撮影しているのですが、何故か雄はダメです。
良く良く調べたら、自然界で雄の比率が雌の6分の1だそう
です。と言うことは、もっといろいろな所へ何度も出没し
なければならないということですね。でも、そろそろシーズン
オフになってしまいますので、また来季への課題ということに
なりそうです。
<追伸>奥様の腕前も確実に向上されてますね。7Dの威力は
凄いですね。

では、また。
Commented by Ken at 2012-03-01 20:38 x
カラフトワシ、まだ見たことがありませんが、大きいのですね。きっとご覧になられて迫力を感じられたのではないでしょうか。

ハイイロチュウヒ♂、良い光の下で撮られていらっしゃいます。生き生きとした飛翔の姿が素晴らしく、新鮮に拝見させていただきました。

今回の鹿児島への鳥観、大成功でしたね。おめでとうございます。
Commented by likebirds at 2012-03-02 20:53
ishidaさん。コメントありがとうございます。
ishidaさんでさえ何回か経験されているのでしたら、私がやっちゃっても仕方が無いですね。
コメントをいただいて少し気が晴れました。
このハイイロチュウウヒはあまり時間に関係なく飛んでいるようでした。
見事なオス成鳥でした。
年によって出のよいところと悪いところが変わるようですね。(likebirds夫)
Commented by likebirds at 2012-03-02 21:01
よっちゃん3さん。コメントありがとうございます。
私もハイイロチュウヒはメスの場合が多いなと常々感じていました。
メスがオスの6倍も居るのだとお聞きして合点がいきました。
この比率ではオスはモテモテでなんとも羨ましい世界です。
メスが多いのは繁殖の為なのでしょうか?
妻の7Dは使い始めたばかりで良さを実感とまではいっていないようです。(likebirds夫)
Commented by likebirds at 2012-03-02 21:06
Kenさん。コメントありがとうございます。
カラフトワシはとても大きい鳥でした。
他のワシもそうですが、その割りに敏捷に飛び回っていました。
到着すると上空を鳴きながら飛んでいましたので初見の感動よりはあっけなさに呆れました。
ハイイロチュウヒは私は撮りそこない残念でしたが、こういうときに二人は有利です。
ツル4種にも出会うことが出来てこの旅行は記念すべきものになりました。(likebirds夫)
<< クロツラヘラサギ、ヘラサギ カラフトワシ >>