オオヨシゴイ
 オオヨシゴイを見ることが出来て、本当にハッピーな一日でした。(likebirds妻)


双眼鏡で探すと伸びた稲の中にオオヨシゴイがいました
a0052080_20213477.jpg


時々にょっきり頭を出しました
a0052080_20212769.jpg


田んぼから飛び出すオオヨシゴイ  翼の表と裏が見えました
a0052080_2022036.jpg


正面顔です 白い喉にくっきりした黒い縦縞が1本
a0052080_20214856.jpg


遠くの田んぼへ飛んだ
a0052080_20222429.jpg



 この広大な葦原のなかにヨシゴイに混じってかつて繁殖していたオオヨシゴイが現在も居るかもしれないと何度かは聞いたことがありました。見ることの出来る可能性は低いだろうとのことで、そのときは「ヘェ~」という感じでした。そんなオオヨシゴイを目撃した人が居るらしいと聞き6月末にダメモトで出かけていきました。
 葦原をのぞむ堤防へ上ると数人が対岸を双眼鏡で見ていました。自分もそれに習って双眼鏡を覗くとすぐに比較的大きな鳥が葦のなかなか飛び出して水際を水平に飛びました。一斉に「飛んだ!」とか「オオヨシゴイ!」との声が上がりましたが、距離は100m以上でしかも一瞬だったので良くわかりませんでした。しばらくするとまた同じところから飛び出してほぼ同じルートを飛んだときには小豆色の背中と白っぽい雨覆、黒っぽい紫の風切などが見えました。ときどき飛ぶヨシゴイとはかなり上面の色模様が違い、持参の図鑑とも比べてオオヨシゴイのオスかもしれないと思うと胸が躍りました。
 もう少し近くから見たいと思い対岸に渡り堤防から眺めると近くの葦原から飛び出してそばの田んぼの中へ飛び込みました。しばらくすると首を伸ばして稲の中から頭を出して周囲を見たかと思うと飛び出してもとの葦原へ戻りました。田んぼから飛び出すときには安全を確認するために必ず首を伸ばして周囲を見るとそばの人に教わりました。本当にその通りなので写真を撮るときには役立ちました。首を伸ばすと上面の小豆色と下面の白がはっきりと分かれていてその白地の喉に一本の黒い筋もはっきり見えました。
 オオヨシゴイは何度も同じ場所から飛び出し同じ場所に戻りました。その辺りから鳴声も聞こえてきました。田んぼで餌採りをして飛び出すときはそ嚢が大きく膨らんでいたので、もしかしたら育雛中なのでは?などと想像するとワクワクしました。それは自分の夢想に過ぎなかったようでしたが、そのときはそう思ったので雌を見たいと思いましたが居なかったのか姿は見えませんでした。
 帰るときに「このオオヨシゴイの存在がこの付近の環境を保全しなければならない大きな根拠になる」という話を聞き「なるほど」と感心しました。(likebirds夫)
 写真を沢山撮りましたので↓の[More]もご覧ください。




飛び出し前に首を伸ばして周囲の様子を覗いました  喉の縦縞が目立ちました
a0052080_20221962.jpg


あちこちを見回しています  上面の茶褐色と下面の白ははっきりと別れて見えました
a0052080_20225214.jpg


葦原から飛び出し水際を飛びました
a0052080_20224090.jpg


首を伸ばして稲から顔を出しているので待っていたら案の定飛び出しました
a0052080_20231222.jpg


何度も飛び出しました
a0052080_20225787.jpg


そ嚢が大きく膨らんで見えたのでそのときは餌を運んでいるのかと思ったのですが
a0052080_20233869.jpg

by likebirds | 2012-09-14 21:50 | 野鳥観察 | Comments(4)
Commented by ishida at 2012-09-14 23:18 x
超貴重な写真ですね。
飛び姿、正面もバッチリですね。
Commented by likebirds at 2012-09-17 18:56
ishida さん、コメントありがとうございます。
貴重なオオヨシゴイを見ることが出来、また鳴声も聞くことができて本当に嬉しかったです。
この地にやってきてくれたオオヨシゴイに感謝です。(likebirds妻)
Commented by よっちゃん3 at 2012-09-18 08:31 x
likebirds さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

私も7月に行って来ましたよ。でも、オオヨシゴイなんて見たことも
聞いたこともなかったため、どこに居るのかも分からない状況でした。
幸い、近くの方が田んぼに居るところを教えてくれたため、漸く確認
することができました。正に今回の2枚目の写真の状態でした。
一度確認できてしまうと、ヨシゴイとの違いも容易に分かるようになり、
実は、すぐ近くから飛び立った個体がオオヨシゴイであった、という
ことが後から分かったりしておりました。鳴き声に関しては、全く分かり
ませんでした。大変に風が強く、大型三脚でも不安になるくらいでした
ので、声を聴く余裕がなかったのです。この場所は、冬場にも猛禽類
狙いで良く訪れますが、まさかこんな珍しい鳥まで居るとは思いも
しませんでした。

では、また。
Commented by likebirds at 2012-09-20 19:38
よっちゃん3さん、コメントありがとうございます。
本当にオオヨシゴイを見ることが出来て、よかったですね。
シギチや猛禽など、沢山の鳥さんに出会うことができる、よいところですよね。(likebirds妻)
<< ホオジロ ビンズイ >>