通称デカムリン
 クロワカモメを探している途中、釣り人もいなくてカモメも疎らな岸壁に居たひときわ白く輝くカモメ。
夢中でシャッターを切りました。(likebirds妻)

a0052080_19315753.jpg



a0052080_19313134.jpg



a0052080_19324724.jpg



a0052080_19331255.jpg



a0052080_19333637.jpg



a0052080_19335425.jpg



 デカムリン(またはデカムリアン)と銚子のカモメウォッチャーから呼ばれて親しまれているこのカモメは岸壁の縁でひときわ白く光り輝いていました。まるで何処に居ても目立つ一流芸能人のようです。
自分達は以前、この個体はアイスランドカモメと先輩達から教わっていました。この度、長く銚子のカモメの観察を続けておられるミツユビカモメ氏に写真を見ていただきました。その結果、写真を見る限りデカムリンでよいとのことでした。さらにこの個体はしばらく推定アイスランドカモメとされていましたが、最近ではカモメ仲間の間では眼瞼の色などからシロカモメの変わった個体との説が主流になってきているそうです。
 その後、ネットなどで調べたことを補足すると、この個体の眼瞼の色はオレンジ系の赤ですが、アイスランドカモメ亜種カムリアンはピンク・紫でその範囲を超えているらしいのです。
デカムリン(デカムリアン)の眩い美しさに変わりはありません。

ところで夫婦で並んで撮っていても露出の好みが違うなとあらためて思います。笑。(likebirds夫)
by likebirds | 2013-03-11 20:20 | 野鳥観察 | Comments(2)
Commented by よっちゃん3 at 2013-03-12 08:06 x
likebirds さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

またまた難しいカモメさんですね。デカムリンと言うのですか?
初めて聞いた名前でした。私が写真を拝見して思ったのは、
これはシロカモメではないか、というものでした。デカムリン自体
を知らないので、自分が知っているカモメの名前を思い出した
までですが・・・。
解説の最後に露出の話が出てましたが、私の好みは若干アンダー
です。白飛びは好みません。いつも、マニュアルで露出を決定して
おりますので、たいていの写真が露出アンダー気味となってしまい
ます。最近は、RAWで撮影しておりますので、現像時に多少持ち上
げるようにしております。

では、また。
Commented by likebirds at 2013-03-12 20:17
よっちゃん3さん。コメントありがとうございます。
カモメの連投で恐縮です。
たぶん見ている皆さんの大部分が退屈だろうと思います。
よっちゃん3さんのご指摘の通りシロカモメ説が有力になりつつあるそうです。
露出は若干アンダー目で撮るというのが普通でしょうね。
私はどちらかと言うと±0でとる傾向があります。
何故かはわかりませが、ついそうしてしまい白飛びが多いです。(likebirds夫)
<< ミツユビカモメ クロワカモメ >>