人気ブログランキング |
エゾフクロウ  北海道旅行その3
 エゾフクロウは巣立ってしまったと聞いていましたので諦めていたのですが、親子でまだ森に滞在していました。
愛くるしい雛とふくよかなたくましい親を見ることができてとても嬉しかったです。(likebirds妻)


写真はすべてクリックすると拡大してご覧になれます


札幌のエゾフクロウ  暗くなる頃、大きな木の上にクッションを放り上げたように二つ乗っかっていました
a0052080_14313334.jpg






兄弟寄り添う姿が心癒されます
a0052080_14180550.jpg






上の子の親です
a0052080_18012408.jpg





a0052080_14343739.jpg






ここから下は天売島に渡るために札幌から羽幌へ向かう途中で立ち寄った神社のエゾフクロウです
a0052080_14052115.jpg







子供はみんなとても可愛いですが、フクロウはとりわけです
a0052080_14455310.jpg







2羽でじゃれあっていました  写真右が末っ子のような気がします
a0052080_14053608.jpg







あまりの可愛さに言葉がありません
a0052080_14432341.jpg







子供は4羽いるのですが、なかなか4羽並んでくれません  撮ったのは3羽が限度でした
a0052080_14060373.jpg







揃い踏みですが3羽で1羽足りません
a0052080_14460269.jpg







上の子たちのお母さん
a0052080_14045147.jpg



 クマゲラを見た札幌の森林公園ではエゾフクロウにも出会うことが出来ました。場所がわからずに立ち往生していた私達をクマゲラの場所まで案内していただいたご夫妻に出会う前、遊歩道に数人のカメラマンや双眼鏡を持った人たちがいました。聞いてみるとエゾフクロウの子供が見えるとのことでした。すぐさま見たかったのですが、クマゲラを見た後にしようと思い、場所だけ覚えておいてその場を離れました。
 初日のクマゲラの帰り道にクタクタになって歩いてその場所に差し掛かると誰も居なくなっていて、でも1人だけデジカメで上方を撮っている人がいました。そっと近寄ると幼鳥が2羽木の上で眠っていると教えてくれました。写真のコメントにも書きましたが、エゾフクロウの幼鳥がクッションか枕を投げ上げたように2つ並んでいました。「もっと暗くなると親鳥が子供達に餌を持ってきますよ」と言われました。札幌に宿は取ってあるし他にはまったく用事が無いので当然待つことにしましたが、時間が経つにつれ薮蚊の大群の来襲が始まりました。最初は虫除けジェルを塗っていたので大丈夫だと思っていたのですが、ここの藪蚊は服の上からも刺してきました。likebirds(妻)が「痛!痛い!」といってふくらはぎを叩いたり、ジャンプをする様になったので諦めることにしました。
 翌朝やはり訪れましたが、クマゲラの場所に一刻も早く到着したくて素通りしてしまいました。早々にクマゲラの撮影を済ませて帰りがけに立ち寄ると昨夕の幼鳥は見つけられませんでした。その代わりに母親か父親かはわかりませんが親鳥が森の中でひっそりと止っていました。原生林の残るこの森林公園では何組かのフクロウが繁殖しているとのことでした。
 2泊の予定だった札幌泊が1泊で済んだので1日早く天売島へ渡ることにしました。天売島への船が出る羽幌港へ向かう途中、高速道路を三笠で下りてエゾフクロウを見に立ち寄りました。この場所は神社でエゾフクロウで冬も初夏も全国的に有名な所だそうです。自分達は旅行前に初めて知りました。道内外からカメラマンや鳥好きが訪れてピーク時には200人も集まったそうです。もうとっくに巣立ちしてしまったと聞いていたのでフクロウの幼鳥は居ないのだと思っていましたが、だいぶ大きくなって雛と言えなくなってきたがそれでも4羽居る事は居るよと札幌で言われたので寄ってみることにしたわけです。
 昼前に神社に着いてみると見学者やカメラマン達が20人ほどでした。その20人ほどがエゾフクロウそっちのけで大騒ぎをしていました。私たちが到着する直前までクマゲラが来ていたそうなのです。それもカップルで2羽出てきたそうです。この境内にはアリが住んでいる枯れ木があり、それを食べにクマゲラがやって来たそうです。最初は遠くでクマゲラの「キョーーーン」が聞こえていたそうですが、その後、間近で聞こえたと思ったらクマゲラがカップルでやって来たということです。「近かったなー」とか「こんな低い位置に出たのは初めて見た!」などと言いながら未だ興奮冷めやらぬ風情でした。この話を聞いて、つくづく昨夕と今朝クマゲラを見ておいて良かったと思いました。もし札幌でクマゲラを見ていなかったら身悶えするほど残念だったに違いありません。残念には残念でしたが、少なくとも体は捻じれませんでした。
 亜種エゾフクロウは亜種フクロウよりも全体的に色白だそうですが、比べる対象が隣に居ないので「そう言われれば」程度でした。それよりも、フクロウの巣立ち前や巣立ち直後の雛は見たことがありましたが、巣立ち後半月以上経った言わば幼鳥を見ることができた喜びが大きかったです。かなり育っていましたが、相変わらず大きな目でこちらを興味深げに見たりして可愛いとしか言いようがありません。巣立ち後、日が経過しているだけあって幼鳥は自由に飛ぶことができました。だいたい4羽くっついていましたが、ときどき1羽だけ飛んで別の枝へ移ったりしていました。
 ここでは千葉県でベニアジサシ初見のときにお世話になった方にお会いしました。私達を覚えていて下さり感激でした。現地でお会いした方々ありがとうございました。
 もっと居たかったのですが、早めに切り上げ宿泊予定の羽幌へ向かいました。(likebirds夫)


by likebirds | 2015-07-06 06:00 | 北海道旅行 | Comments(12)
Commented by 横浜のうさぎ at 2015-07-06 13:16 x
お二人さん こんにちは

旅の疲れも若さでふっ飛ばしての整理 捗ってますね
それにしても出足絶好調ですね
確かに言葉はいらないほど 可愛い姿を見てると つい顔がほころんでしまいます

今後のレポートが またまた楽しみですが
う、、、、、トリプル台風が心配です
Commented by youshow882hh at 2015-07-06 16:29
こんにちは。ゆーしょーです。
かわいいフクロウの赤ちゃんですね。
エゾフクロウというのですね。
最初は2羽なので2羽しか居ないのかなあと思ってましたが
3羽も4羽もいるのですね。
7、8枚目の写真、超可愛いです。
Commented at 2015-07-06 16:39 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by brubru at 2015-07-06 19:29 x
こんばんは!!
いやいや可愛すぎですねw3羽並んでるなんてめっちゃ可愛い
うちらがよく見た神社のアオバヅクの雛よりも白っぽい感じがしますね・・光のせいなのでしょうか?
お母さん?の絵もものすごく雰囲気がありますね・・4枚目なんて最高です。
フクロウってそれだけで雰囲気作っちゃうんですよねw

この時期クマゲラやエゾフクロウは内陸に入って繁殖なのですね。根室ではまずいないと言われました。
この二つ次の課題として楽しみにしていますw
それまではこの光景頭に刻んでおきますw
Commented by likebirds at 2015-07-06 20:54
横浜のうさぎさん。コメントありがとうございます。
旅の疲れは未だ残っていますよ。やはり齢でしょうね。
エゾフクロウはどうしようか迷いましたが行ってみて良かったです。
ご指摘通り、出足は好調だったのでこの時点では大成功の旅に
なると錯覚していました。
後半はそれほど甘くはありませんでしたよ。

トリプル台風は困ったものです。
3月の悪夢が胸を過ぎります。
Commented by likebirds at 2015-07-06 20:59
ゆーしょーさん。コメントありがとうございます。
ここでのエゾフクロウの赤ちゃんはあまりにも可愛くて、どう
表現してよいかわかりませんでした。
写真が下手なのでエゾフクロウに申し訳ないくらいです。
実物はもっともっと可愛かったです。
4羽とも無事に巣立ちして元気にしていました。(likebirds夫)
Commented by likebirds at 2015-07-06 21:04
非公開コメントさん。コメントいただき光栄です。
私達もかねてよりお名前は存じ上げておりました。
お互いにご挨拶していないだけで、きっとどこかで何回か
お会いしているかもしれませんね。
お顔と名前が一致してお会いできるのを楽しみにしております。
これからよろしくお願いいたします。(likebirds夫)
Commented by likebirds at 2015-07-06 21:12
brubruさん。コメントありがとうございます。
札幌が1泊で済んで時間に余裕が生まれましたので、羽幌へ向
かう途中でもあるので寄ることにしました。
子供はなんでも可愛いですがフクロウは別格ですね。
孵ったばかりのアオバズクの雛と比べるとどうだかわかりませんが
巣立ち後数週間経った幼鳥ですから同時期同士ならずいぶん白いです。
むしろ私は親鳥が関東で見るものよりは白っぽいと感じました。(likebirds夫)
Commented by よっちゃん3 at 2015-07-07 08:06 x
likebirds さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

フクロウ類の幼鳥は、どれでも可愛いですが、今回のように
3羽も並んでいると、もう答えようがありませんね。
まさにラッキーでしたね。そのチャンスを確実にものに
される技術も忘れてはなりませんね。お見事でした。

さて、フクロウで思い出したのが、今年のゴールデンウィーク
に出かけた茨城県内の営巣地です。雛が1羽しか居らず、なか
なか姿を見せてくれなかったので、イライラしていたので
すが、夜になって親が餌のネズミを持って来た時に、漸く
その姿を確認することが出来たのです。白い綿毛に覆われ、
これがフクロウの雛かと改めて感動しました。今回拝見した
写真よりも、幼い雛であったことになりますね。

では、また。
Commented by likebirds at 2015-07-07 08:57
よっちゃん3さん。コメントありがとうございます。
関東で見るフクロウの雛は巣立ちすると比較的すぐに居なくなる
という認識でいます。
ですから、今回2箇所のフクロウもとっくに巣立ちしたとネット
で知っていたので当然これから行っても居ないだろうと思ってい
ました。フクロウの赤ちゃんは見たことがありますが、少年少女
は見たことが無いと考えて見に行ってみました。
給餌のシーンも見たかったのですが諦めました。(likebirds夫)
Commented by トシ at 2015-07-07 19:57 x
エゾフクロウの雛と幼鳥の両方が見られて良かったですね。
私は幼鳥の仲良くする姿が堪らなく可愛いです。
女房も呼んで楽しませて頂きました。
北海道のやぶ蚊は凄そうですね。私は蚊に刺され易いので、想像してゾクゾクしました。
Commented by likebirds at 2015-07-07 22:03
トシさん。コメントありがとうございます。
エゾフクロウの幼鳥の仕草にはシビレました。
その仕草のひとつひとつがあまりにも可愛くて心が動きます。
奥様と一緒に楽しんでいただけたら本望です。
札幌での薮蚊は関東のものとは格が違いました。蜂というと
大袈裟ですがそれに近い脅威を感じました。
でも、後半は寒波による異常低温で寂しいほどでした。(likebirds夫)
<< ヤマゲラ  北海道旅行その4 エゾアカゲラ  北海道旅行その2 >>