シマセンニュウ 、コヨシキリ、オオジュリン 北海道旅行その15 たまたま寄った浜勇知園地
 サロベツの後、日本最北端の岬へと向かう途中に、海沿いに小さな公園があったので、立ち寄ってみました。
車から降りたとたんに「ちょりちょりちょりちょり」と賑やかな鳴き声が聞こえました。
ちょうど石碑に止まっている鳥が見えたので「その鳥!シマセンニュウ!」と夫に言うと、けげんな顔で「すずめだよ」と言うのです。
「じゃあ、この中!」と低い茨の木を柵で囲った場所に近寄るとその中で、大きな鳴き声が聞こえました。
しばらく鳴いているあたりを見ていたら、「ちょりちょりちょり」と鳴きながら、シマセンニュウが姿を見せてくれました。
少し離れたところでも、鳴き声が聞こえたので数羽のシマセンニュウがいたようでした。
思いがけないところでシマセンニュウを見る事ができて、本当に嬉しかったです。(likebirds妻)

写真はすべてクリックすると拡大してご覧になれます

3センニュウの最後はシマセンニュウさんです
a0052080_22102997.jpg






霧靄の早朝にシマセンニュウの声が響きます
a0052080_22104700.jpg






オレンジ味のある足のシマセンニュウ
a0052080_22111112.jpg







元気良く鳴いてくれました
a0052080_10375297.jpg







我々の存在に慣れてきたのか、表へ出てきました  尾羽の両端にチョイ白が見えますよね
a0052080_10382283.jpg







コヨシキリです  シマセンニュウと似てると言われますがあまり似てませんね
a0052080_22112803.jpg







コヨシキリには超りっぱなサムライ眉(頭側線)があります
a0052080_10390788.jpg






コヨシキリは足の色もシマセンニュウとは違いますね  尾羽も長いです
a0052080_10390825.jpg







オオジュリンのメスが巣材を集めていました
a0052080_10531480.jpg







巣材集めにとても熱心でメスの写真はどれも巣材付きでした
a0052080_10531466.jpg







このときオオジュリンのオスは集めて居ませんでした
a0052080_10531401.jpg






説明が大変なので看板を載せて起きますね
a0052080_10562861.jpg

 今回の北海道旅行でエゾセンニュウ、マキノセンニュウとセンニュウ2種を見て、目標まで後1種になりましたがまったく予定もしていなかった場所でシマセンニュウに出会うことが出来ました。ノーマークだった「浜勇知園地」という場所でした。
 サロベツを発つ午前4時半、今回の旅行で初めての雨に会いました。と言っても小雨かまたは霧雨程度でしたがしばらく降り続けました。兜沼公園を少しだけ散策して稚内のノシャップ岬の観光へ向かうのですが、どうせなら日本海に沿って北上したいものだと車を日本海のある西に向けました。ちょうど海沿いを走るオロロン街道にぶつかるT字路に駐車場があり休憩を兼ねて止りました。そこが看板によると「浜勇知園地」だったのです。午前6時少し前だったと思います。腰を伸ばそうと車から下りて少し歩くとヒバリの声に混じって「チョリチョリチョリチョリ」と小鳥の声が聞こえてきました。この表現はメボソムシクイに使うものですが、声はまったく違います。自分の聞いた感じをカタカナで書くと同じになっちゃうんですが。
 「これシマセンニュウじゃない?」とlikebirds妻が言うので柵で囲った中を良く見ると、それらしき鳥が草や木の中で動いているのが見えました。頭の毛を逆立てずにじっと休んでいるときのオオヨシキリにそっくりですが、足の色は赤いです。ここは北海道ですからウチヤマセンニュウはありえません。
 ここは公園で遊歩道が施してあって藪が狭いです。遠くに行かれたら、反対側の遊歩道へ回り込むことも出来ます。霧雨っぽい曇りなので順光逆光も関係ありません。よし、ここでシマセンニュウを撮って3センニュウの目的を達成しよう、ということにしました。車からカメラを持ってきて探し始めました。探すと言っても近くで声がするのでその場所を目で追うだけですが。最初は声のするそばに近づくと鳴かなくなったり、木や草の陰に潜ったりしていたシマセンニュウでしたが、こちらの動きを最小限にして辛抱強く待っているとだんだん慣れてくるのか、徐々に姿を隠さなくなってきました。シマセンニュウは枝の込み合った木の中ほどで囀り始め、次第に木の上方でも鳴くようになりました。そして遂には枝の混まない高い場所にも出てきました。嬉しい初見初撮りです。
 にわか勉強ですが、囀りながら飛ぶと読んできたのですが、そういうことは1度もありませんでした。藪から鳴きながら数メートル飛び上がってまた藪に入るというオオセッカのような動きをすることもありませんでした。本とは少し印象が違いました。鳴きながら徐々に枝の上に上り始め、鳴き止むと後ずさりをするように下方に隠れました。
 この公園の沼には水草の絡まった浮島があったのでアカエリカイツブリでも居るんじゃないかと思い、途中から来た若いカメラマンに聞いてみると、やはりアカエリカイツブリが目的でした。でも人が居ると藪に隠れて出てこないと言って帰ってしまいました。最後の写真の休憩所はコンクリート造りで階段を登って公園を一望できる2階ベランダへ行けるのですが、登ってみてもアカエリカイツブリは見えませんでした。
 この場所でシマセンニュウ、その他を撮るのに使ったレンズですが、自分はキャノンの100-400Ⅱです。今回のボートウォッチングのために買ったものです。納期は最短でも1ヵ月半と言われましたが、注文したらあっという間に届きました。 likebirds妻は以前から持っていたキャノン300mmF4です。自分は野鳥撮影をデジスコで始めたのでそのスタイルが染み付いているので手持ち撮影はほとんどしてこなかったし、likebirds妻は撮り始めは手振れ補正無しの400mmF5.6だったのでやはり三脚を多用してました。今回やってみて取り回しの良さに驚いています。公園などで距離の近い小鳥を撮るにはこれのほうが良さそうだなと今回の経験で思いました。
 30分以上撮ったり歩いたりしたので、お腹が空いてここで朝食にしました。宿で作ってもらった大きなお握りを上機嫌でたべました。北海道上陸7日目の朝食はとても美味しかったです。(likebirds夫)


by likebirds | 2015-07-18 06:00 | 北海道旅行 | Comments(10)
Commented by 闘将・N at 2015-07-18 06:29 x
likebirdsさん、おはようございます。
3センニュウの野鳥撮影ゲット、おめでとうございます。
綺麗に撮られましたね。このフィールドでは、レンズで
すが、ご主人が100〜400mmⅡで奥様が300F4
だったのですね。やはり取り回しが良いのが、素早く野鳥
達に出会えたのかも知れませんね。私も、2月の北海道遠
征は、ニコンの80〜400mmレンズ1本だけで撮影し
ました。やはり取り回しが良かったです。このような素晴
らしい出会いがあると、朝食も最高に美味しかったことで
しょうね。
Commented by 横浜のうさぎ at 2015-07-18 07:13 x
お二人さん おはよう

トリプルセンニュウ やりましたね~
今回の大きな目標でしたので 達成感は大きいでしょう
レンズも思い通りの撮影が出来たと言うことで おいらも頑張らないとね(笑)

あ・・・二人で美味しそうにお握り食べてる絵が想像出来ます
あぢゃ 旦那様 ホッペ。。。ホッペ
お弁当付けて 何処行くの~(笑)
Commented by brubru at 2015-07-18 10:18 x
おはようございます
いいですね〜3センニュウ。
シマセンニュウ近くに来てくれたのですねえ、とてもよく撮れてますねw
こうやってコヨシキリと直接見比べると違うのがよくわかるんですが・・・
あまりに多いコヨシキリに惑わされてシマセンニュウ取り逃がした自分としてはとてもうらやましいです(涙)
始めて見る鳥を判断するのって難しい事痛感しました!
来年は頑張るぞ〜(もう行く気になってます(笑))

きっとこの場所も通ったのでしょうが全く気づいてません
一人で運転してあんまりよそ見は・・・・(笑)
こういう場所がたくさんありますよねえ。
Commented by youshow882hh at 2015-07-18 17:50
こんにちは。ゆーしょーです。
最初、奥さんが見つけたのはシマセンニュウだったのですか?それともスズメだったのですか?
この浜勇知というのは、人の名前のようですが地名ですね。
コヨシキリの止まっている植物は葦でしょうか。
今日は3種類の小鳥の紹介ですね。
Commented by likebirds at 2015-07-18 21:13
闘将・Nさん。コメントありがとうございます。
間借りなりにも3センニュウを撮ることができて嬉しいと同時に
ほっと胸を撫で下ろしています。今回、手持ち用のレンズを準備
したのは闘将・Nさんのブログも参考にさせていただきました。
まだ慣れませんが、旅行等の際には便利なので練習しようと思っ
ています。
宿で作ってもらったお握りは最高の朝食でした。(likebirds夫)
Commented by likebirds at 2015-07-18 21:23
横浜のうさぎさん。コメントありがとうございます。
内心では3センニュウを今回すべてゲットするのは無理かも?
と考えていました。達成感と言うか、ちょっと疲れましたね。
レンズは手持ちに慣れないので、AFが安定せず背景や枝等
にピントを持っていかれることが多かったです。
それと、単焦点の普段F2.8とかF4.0とかを使っているとF5.6
は思いのほか暗かったです。手ブレ補正は強力ですが、今回は
手ブレの写真も多くて帰ってから困りました。(likebirds夫)
Commented by likebirds at 2015-07-18 21:29
brubruさん。コメントありがとうございます。
撮れたのは嬉しいのですが、もう少し写真が上手くなりたいです。
brubruさんのブログを拝見すると同じような場所で撮ったとは
思えないような写真ばかりで自分の写真の整理の意欲が萎えます。
センニュウの識別ですが、実はあんまり外観は見ていないんです。
繁殖期なので囀る声を聞いて探していました。
ですからきっと♂ばっかりの写真です。(likebirds夫)
Commented by likebirds at 2015-07-18 21:34
ゆーしょーさん。コメントありがとうございます。
likebirds妻はシマセンニュウの声を聞いて、たまたま遠くに居た
スズメをそれだと思ったようです。
自分はスズメに近いところにいたので良く見えていました。
声を聞いて、その時見える鳥がそれだと思うのは未見の鳥だと
自分もよく経験します。
3種以外にも鳥はいましたが割愛しました。(likebirds夫)
Commented by よっちゃん3 at 2015-07-21 11:34 x
likebirds さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

センニュウ3種のゲット、おめでとうございます。
私は、未だ0です。どうも、この手の小鳥は、どれを見ても
みんなウグイスに見えてしまい、最初から興味が湧きません。
などと、負け惜しみを言っておりますが、要は、せっかく
出会っていたとしても、識別が出来ないのだから、見ても
仕方がないという意味であります。
さて、今回のシリーズでセンニュウ3種をそれぞれ見させて
いただき、これらが並んでいれば、識別できそうだと改めて
思った次第です。微妙な違いがあることが良く分かりました。
レンズの件ですが、私も、今回の遠征では100-400が多いに
活用しました。新しいレンズだけに、性能的には問題あり
ませんね。手持ち撮影のメインレンズになりそうです。
でも私は、三脚に856というスタイルを変えるつもりは
ありませんが・・・・・。

では、また。
Commented by likebirds at 2015-07-21 18:07
よっちゃん3さん。コメントありがとうございます。
センニュウやヨシキリ、ムシクイなどは外見が良く似ているので
とてもわかりにくいですね。私もカラキシ自信はないのですが
時期や場所、それと鳴き声で判断しています。特に繁殖期の囀り
は似たもの同士でもまったく違いますから物差しになります。
100-400はもともとボートウォッチングに500F4は重くて無理
だと聞き、400F5.6は霧が出て暗いと手振れ補正がないので難
しいと聞いていたので購入しました。買ってみると野鳥撮影に
ついての考え方が幾分変わりました。比較的近距離でチョコチョ
コと動き回る小鳥を撮るのはとても便利でした。(likebirds夫)
<< ベニマシコ、ノビタキ、オオジュ... マキノセンニュウ、ビンズイ、ツ... >>