オオヨシキリ
 ノビタキが飛び込んだ遠くの茂みから、一羽の鳥が飛び出してきました。
急いでレンズを向けると、何か違います。顔がとんがりすぎ??
「これのビタキじゃないよね?」と夫に言うと「ノビタキだろ」と言います。
家に帰って直ぐに確認すると、やはりノビタキでなくオオヨシキリでした。
思いがけないイリュージョンで秋のオオヨシキリも見ることができた嬉しかったです。(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください





a0052080_21525397.jpg







a0052080_21435465.jpg

 ノビタキを撮っているときに、likebirds妻が「違う!!ノビタキじゃない!」とおかしなことを言いだしました。

 帰ってから写真を確認すると渡りのオオヨシキリでした。夏には大騒ぎだったのに今は鳴きもせずひっそりと。この時期のオオヨシキリは初めてでした。(likebirds夫)

by likebirds | 2016-10-05 10:38 | 野鳥観察 | Comments(6)
Commented by granpatoshi at 2016-10-05 11:51
こんにちは♪

夏のオオヨシキリは「ギョシギョシ」とうるさいですが、
秋は静かな鳥なんですね^^。ノビタキと色が似ていて
遠目には判別し難いですが、やはり体が大きいですね。
秋の渡りの時期はいろんな鳥がいて、サプライズが
楽しめますね^^。
Commented at 2016-10-05 11:57
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by よっちゃん3 at 2016-10-06 06:40 x
likebirds さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

この季節にオオヨシキリ、とは珍しいですね。
とは言っても、オオヨシキリも列記とした夏鳥ですので、秋に
なって渡っていても一向におかしいところはないのですよね。
写真を拝見すると、夏場の煩いくらいの鳴き声の持ち主とは異なり、
どことなく哀愁を感じますね。子育てを終え、ほっとして南へ
移動しているところのような気がしました。思いがけず、素敵な
出会いとなりましたね。

では、また。
Commented by likebirds at 2016-10-06 18:43
granpatoshiさん。コメントありがとうございます。
likebirds妻はすぐに気づいたようでしたが、ノビタキと突然に
入れ替わられて自分は恥ずかしながら全く気づきませんでした。
仰せの通り、大きさも違うので普通は気づくものなんでしょう。
小鳥の渡りは主に川沿いと聞いたことがありますが、オオヨシキリ
は川に沿って移動するのかもしれませんね。(likebirds夫)
Commented by likebirds at 2016-10-06 18:49
秘密コメントさん。コメントありがとうございます。
少しでもお役に立てたなら幸いです。
私も以前は葦の幹にとまって昼も夜も大声で頑張っているかと
思っていました。でも、ときどき木陰の枝にとまってサボるの
を目撃してから少し考えが変わりました。
ノビタキもオオヨシキリも小さな身体で海を渡るとは凄いです。
(likebirds夫)
Commented by likebirds at 2016-10-06 18:53
よっちゃん3さん。コメントありがとうございます。
私もこの季節のオオヨシキリを始めてみました。もっとも私は
帰ってから写真を見てわかったのですが。
仰せの通り、この時期のオオヨシキリはぜんぜん不思議なこと
はありませんが、夏のイメージとの落差で奇異に感じるのかも
しれません。
フィールドではセンニュウ類と間違えそうですね。(likebirds夫)
<< ノビタキ その2 ノビタキ >>