コウノトリ(2)
 このコウノトリはよく飛び回ると聞きましたが、本当によく飛んでくれました。
飛んでいる姿も迫力満点でとても美しかったです。(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧ください




いきなりすぐそばの藪から飛び出しました
a0052080_21215880.jpg







ファインダーに入れるのが精いっぱいでフレームアウトです
a0052080_21241633.jpg






背中にGPSのアンテナが見えます
a0052080_21265060.jpg






途中大幅省略  結局対岸へ
a0052080_21345345.jpg






ここからは橋の上からの撮影です  中州から飛び出し
a0052080_21093598.jpg






川面を横切って
a0052080_21095317.jpg






橋脚下を通過
a0052080_21101479.jpg






犬を連れた散歩の男性の上を通過
a0052080_21302863.jpg






橋脚を抜けて対岸へ
a0052080_21103439.jpg






ススキ野原へ飛んでいきました
a0052080_21332187.jpg






コウノトリの飛んでいる背中が見えました
a0052080_21585926.jpg
 昨日の続きです。

 私たち5人はその後コウノトリを見失いました。中州を歩いて上流へ進むコウノトリの先回りをして、上流の岸から待ちかまえようとの作戦でした。コウノトリを見失った場所の方向へ戻る最中に、すぐそばの藪からいきなりコウノトリが飛び出しました。

 虚を突かれました。あまりに近いのでテレ端にしていたズームレンズをワイド側にずらそうとしましたがロックがかかっていてできませんでした。そのため一瞬遅れてテレ端のままレンズを向けたときにはコウノトリはもう空高く舞い上がっていました。川の対岸に着地するまでレンズで追いましたが写真はすべて後ろ向きでした。

 対岸に移動したコウノトリを撮影しようと川にかかった橋の上から下を見下ろすと、すぐ近くの下流の橋の下に見えました。飛ばないかとしばらく待っていると、犬にリードを着けずに散歩する男性が通りかかりました。犬は嬉しそうに走り回っていました。それが原因かどうかはわかりませんが、コウノトリは飛びました。

 コウノトリは今までに2度見ていますが、飛んでいる場面は見たことが無かったので念願が叶いました。

 このコウノトリは野田市で放鳥されたヒカル君だそうです。(likebirds夫)

by likebirds | 2016-11-09 06:00 | 野鳥観察 | Comments(8)
Commented by よっちゃん3 at 2016-11-09 07:51 x
likebirds さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

コウノトリの飛翔、なかなかダイナミックですね。
オオワシやイヌワシの飛翔を思い出しました。
とにかく大きいようですね。背中の発信機、ちょっと
可愛そうに思いました。背景まで含めて撮影下さった
ので、今回の遭遇の様子が良く分かりました。
ありがとうございました。

では、また。
Commented by トシ at 2016-11-09 18:44 x
飛翔をバッチリ撮られましたね。
私は眼前に突然現れてびっくりでした。
三脚を付けていたので、急ぎ広げてレンズで追いましたが、ピントが来ず、水面すれすれの写真を撮っただけでした。
近くの飛翔が迫力あって素晴らしいです。
橋の上からも沢山撮られましたね。私は駐車場近くで待ちましたが、中々来ないので、橋の上も考えましたが、腰の調子が悪く、家にも帰らないと待たせた妻に怒られそうで、挨拶もせず帰り申し訳有りませんでした。
良い写真が沢山撮れて良かったですね。
Commented by youshow882hh at 2016-11-09 22:33
こんばんは。ゆーしょーです。
画面いっぱいに飛翔するコウノトリの姿が
超素晴らしいです。
よくこのような写真が撮れましたね。
さすが likebirds さんです。
Commented by taiai1030 at 2016-11-09 23:16
今晩はlikebirdsさん。
今回は、松前でヒヨドリの渡りと本州へ私がヒヨドリと同じく渡って青森の「鶴の舞橋」の撮影の行ってきました。
コウノトリとは幸福を運んできましたね。
こちらでも10月に足環の無いコウノトリが入りましたよ。
放鳥されたコウノトリは背中にGPSのアンテナを付けているのですね。
歩いている姿はあたまに赤い色がないだけでタンチョウのように見えますね。
taiai
Commented by likebirds at 2016-11-12 09:17
よっちゃん3さん。コメントありがとうございます。
初めてコウノトリを見たときは、はるか遠くを飛んでいる姿でしたが、
その方角へ車を走らせると田んぼの中で餌を探していました。
たくさん撮ったあとは飛ぶ場面を撮りたかったのですがぜんぜん飛んで
くれずに諦めてその場を離れました。
今回はぜひ飛翔場面を撮影したかったので願いが叶いました。
背中の発信機や足環はいつ見ても可哀想に見えます。保護・研究のため
でしょうが、言わばそのための犠牲ですから。(likebirds夫)
Commented by likebirds at 2016-11-12 09:25
トシさん。コメントありがとうございます。
まさか近くからいきなり飛び出してくるとは思いませんでしたので
呆気にとられました。テレ端の画角では大きな身体が画角に入りきらない
と思ってカメラを腹に当てて両手でレンズを引っ張りましたが、ロックを
かけていて引っ込みませんでした。
トシさんの場所からは飛び出したところが見えなかったのではないでしょうか。
三脚を立て直して飛んでいるところを撮影されてお見事です。
橋の上から待っているときには、ほとんど動きが無かったので諦めて帰ろうと
思った矢先に飛んでくれました。(likebirds夫)
Commented by likebirds at 2016-11-12 09:32
ゆーしょーさん。コメントありがとうございます。
画面いっぱいのコウノトリは本意ではなかったのですが、ズームレンズを
引っ込めることが出来ずにフレームアウトしてしまいました。
いまあらためて見てみると案外それも良かったような気がします。
国内では最大級の水鳥を飛ぶ場面も含めて撮影出来てとても満足して
帰ることが出来ました。(likebirds夫)
Commented by likebirds at 2016-11-12 09:46
taiai1030さん。コメントありがとうございます。
しばらくブログの更新がなかったので、おそらく遠征されている
のだろうと話し合っていました。
海峡を渡るヒヨドリの群翔は迫力がありそうですね。また、青森の
「鶴の舞橋」は木造の太鼓橋でテレビでは見たことがあります。
ブログへのUPを期待してお待ちしております。
足環の無いコウノトリは私たちは見たことがありませんので
羨ましいです。生まれながらの野生のコウノトリと言うことですね。
昔の鶴の絵にもコウノトリが描かれているものがありますから、ツルと
似ているのでしょうね。(likebirds夫)
<< マガン、シジュウカラガン (伊... コウノトリ >>