オオハクチョウ、マガン、ノスリ他(伊豆沼旅行3日目 蕪栗沼)
 蕪栗沼は小さな沼でしたが、手付かずの景色がとても素晴らしく、もう1度ゆっくり訪れたいと思いました。
(likebirds妻)


写真をクリックして拡大画像をご覧ください


蕪栗沼は沼の周りに湿地が広がる野趣あふれる場所でした  枝にとまっているのはカワウですね
a0052080_11424451.jpg






マガンが飛び去った後の沼にオオハクチョウが見えました
a0052080_11392998.jpg






オオハクチョウ仲良く着水
a0052080_11171680.jpg







と思ったら、また飛んで
a0052080_11172839.jpg







沼で休むオオハクチョウたち
a0052080_11560837.jpg






草の生い茂る沼をマガンの群れが飛びます
a0052080_11173911.jpg







蕪栗沼でも主役はやっぱりマガンたちです
a0052080_11451656.jpg







杭の上にノスリ
a0052080_11174914.jpg






蕪栗沼の堤防のすぐ脇の田圃ではノスリも居ました
a0052080_11463448.jpg






空をつがいで飛ぶハシビロガモ
a0052080_11500755.jpg






タゲリも飛んでいました
a0052080_11512371.jpg






再び視線を沼に落とすとオオハクチョウに混じってマガモが。。
a0052080_11543787.jpg






カモがいるので、それを狙う猛禽も飛んでいました  若いハヤブサです
a0052080_12045901.jpg


 なんとなく尻切れトンボになっていた伊豆沼旅行の記事を終わらせることにしました。たった2泊3日の旅行報告に1か月半もかかってしまいました。

 伊豆沼のマガンの群れは例年10月後半から見ることが出来るそうです。最初は集団で沼のすぐそばの田んぼで採餌するにですが、すぐに餌が枯渇してその後は周辺へばらけて採餌をします。昼間に大集団を見るなら早め、カリガネやハクガンなどの珍しいガン探しを楽しむにはもう少し後の11月中旬以降かと思います。 我々は11月4日からの2泊3日でした。

 今回は伊豆沼のマガンの塒立ちの撮影に拘ったために(結局あまり良い写真は撮れませんでしたが)、蕪栗沼は3日目に3時間弱の滞在だけになってしまいました。3日目は疲れて予定していた化女沼にも寄らずに昼には帰路につきました。もしも再訪する機会があれば、旅程の半分は蕪栗沼にしたいところです。(likebirds夫)


by likebirds | 2016-12-24 12:55 | 伊豆沼旅行 | Comments(6)
Commented by youshow882hh at 2016-12-24 21:30
こんばんは。ゆーしょーです。
感じを掴むために地図を見ました。
蕪栗沼は、多くの冬鳥の越冬地として知られるのですね。
特にマガンは国内有数の飛来地として有名なのですね。
そして蕪栗沼は地元の人でさえ存在を知らない人が多いそうですが、
自家用車でたどり着くことが出来たのですね。
ここにはノリスやハヤブサなども居るのですね。
色んな鳥を撮るには3時間の滞在では短かったと思います。
Commented by よっちゃん3 at 2016-12-26 07:12 x
likebirds さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

今回は、蕪栗沼の鳥たちですね。
我々も、伊豆沼へ行った後、昼間に蕪栗沼を覗いたのですが、
あまり鳥影がなく、早々に伊豆沼へ引き返したことを思い出し
ました。昼間は、周りの田んぼへ行くと沢山のマガンが居ます
よね。でも、近づけない。すぐに飛んで逃げてしまいます。
滞在期間中は、ずっとこんなに用心深いのか、と思ったもの
です。なお、化女沼へは、我々も行けませんでした。
ところで、ハシビロガモの飛翔写真を今回初めて拝見しま
した。お見事でした。

では、また。
Commented by likebirds at 2016-12-26 12:14
ゆーしょーさん。コメントありがとうございます。
わざわざ地図まで見て下さり恐縮です。
蕪栗沼はすぐそばの伊豆沼と並ぶ冬ガモの代表的な越冬地です。
マガンはこの小さな沼に数万羽が越冬するというのですから驚きです。
何かあれば、あっという間に種の存続問題に発展する危惧があります。
蕪栗沼の北西部へは川沿いに進んで駐車場まで難なく辿り着くことが
出来ましたが、東側は田圃の畦道のような細い道が判り辛くて長い時間
迷いながらやっと行くことが出来ました。
色々な鳥を見ることが出来ましたが、何といっても印象に残ったのは
やはりマガンでした。(likebirds夫)
Commented by likebirds at 2016-12-26 12:25
よっちゃん3さん。コメントありがとうございます。
蕪栗沼へは旅行最後の3日目に伊豆沼の塒立ちを撮影した後で寄ってみました。
到着したのは午前8時頃、北西部の堰堤部の駐車場でした。周囲を見回そうと
歩いて小高い場所に登りました。ちょうどその時に遠目に沼から膨大なマガンの
群れが飛び立つのが見えました。カメラを車に置いてきてしまったので、折角の
その場面を撮ることが出来ませんでした。
南東側の駐車場にレンジャーさんが待機しておられ、今ならオオヒシクイを15m!
と教えていただき、遊歩道を歩いて見に行きました。
仰せの通り、蕪栗沼の周囲の田圃にはたくさんのマガンが居て、ハクガン探しも
してみましたが、だんだん疲れて来て昼前には帰路に向かいました。
ハシビロガモの飛翔写真は私も初めて撮りました。(likebirds夫)
Commented by トシ at 2016-12-29 19:56 x
伊豆沼を満喫されたようですね。
沢山のマガンが飛ぶ様や、池で休む沢山のオオハクチョウはこちらではあまり見られない風景ですね。
その他の鳥も見られて良い旅でしたね。
お疲れ様でした。
Commented by likebirds at 2016-12-29 21:08
トシさん。コメントありがとうございます。
伊豆沼旅行は楽しかったです。
あまり難しいことは考えずに気楽に旅行と撮影を楽しんできたので
がっかりしたり悔しい思いをすることもなく良い思い出ばかりと
なりました。
いつもは朝食などは車中でパンをかじるような具合で旅行して
いましたが、今回は朝夕とも宿泊先でゆっくりと食べました。
こういう鳥見の旅行もアリかなと思いました。(likebirds夫)
<< チフチャフ ルリビタキ >>