冬の北海道旅行 その7(鶴居村、鶴見台、タンチョウ)
 伊藤サンクチュアリから鶴見台へと移動しました。
ここでも沢山のタンチョウを見ることができました。
ちょうど餌をまく時間だったらしく、次々とタンチョウがやってきました。
あいにく雪が強く振ってきたので、早めに引き上げました。(likebirds妻)





写真をクリックして拡大画像をご覧ください



鶴見台にはオブジェクトがありました
a0052080_23573897.jpg







これが鶴見台の看板です
a0052080_00000481.jpg






ちょうど、餌の時間でした
a0052080_23503613.jpg







デントコーンを蒔くとタンチョウたちは集まってきます
a0052080_00025849.jpg








バトルも豪快です
a0052080_23505093.jpg







揉め事も色々な場所で起こっていました
a0052080_00071305.jpg







雪はあいかわらずボタ雪が降り続いています
a0052080_00081305.jpg








鶴見台は背景に人工物が入りますが、それさえ嫌わなければ良いところでした
a0052080_00081314.jpg







鶴見台のそばの橋の上から  一面雪景色が続きます
a0052080_19203860.jpg


 今回でタンチョウはやっと終わりです。
 撮影枚数が多すぎでした。 ずいぶん前から冬のタンチョウの撮影にあこがれていたので、最初に阿寒ツルセンターでタン
チョウを見たとたんに舞い上がってしまいました。 「タンチョウを撮るぞ!」とだけ考えて、どういう風に撮ろうかなどと
はまったく頭になかったので、撮り漏れがあったら大変だという危機感でシャッターを切り続け収拾のつかないほどの似たよ
うな写真の羅列がHDDを占有しました。
 その時は真剣そのもので必死に(ウハウハもしていましたが)撮ったのですが、何を撮りたかったの?と自分に聞いてみたい
ものがほとんどでした。写真センスのある人が羨ましいです。
 タンチョウを目の前にして初めて気が付いたことですが、身体がとても大きい割には頭が小さいです。 握り拳くらいで
しょうか。 さらにチャームポイントの頭頂の赤い部分はより小さく遠目からはあまり目立ちませんでした。 また、赤は
本来あまり明るい色ではないので写真に撮っても引き立ちませんでした。 揃って並んでいるところを不用意にとっても
背景の雪景色もあって寂しい無彩色の写真となりました。
 次回(があるかどうかわかりませんが)はもう少し考えて撮影に臨みたいものです。(likebirds夫)
 宜しければ下↓の[More 最高に役に立ったハクキンカイロ]もご覧ください。








このハクキンカイロは北海道の全工程を通じて活躍してくれました
a0052080_00130086.jpg
 幼少の頃、父親が使っていたらしく箪笥の引き出しに入っているのを見た記憶がありました。 そのことをふと思い出して
ネットで検索してみると、記憶そのままのものが即座に出てきました。
 さっそく2個購入して今回の旅行に持参しました。 このハクキンカイロは期待通りの暖かさでした。 最近の使い捨て
カイロと比べると比較にならないほどの暖かさですが、熱過ぎません。  発熱時間も燃料のベンジンの量で自由に調節が
可能です。  ピンク色の計量漏斗で1目盛り6時間といったところでしょうか。
 このカイロを紺色の袋に入れ、さらにそれを黄色のベルトに収納して上着の下に取り付けます。 場所はお腹側でも背中
側でも、また肩甲骨の間辺りでも可能です。 使い捨てカイロと違い、熱の供給量が抜群に多いので、その部分だけでなく
内臓も温まるような気がします。 温まった血液が身体の各部・末端にも流れていくので手足の指が寒さで悴みにくくなり
ました。 雪と寒風の岬で海鳥を探しながら長い間立っていることが出来ました。
 冬に釣りをする人たちにはかなり普及しているようですが、野鳥撮影で寒い場所にじっと立って鳥待ちする人にもお勧めです。

by likebirds | 2017-02-08 21:13 | 北海道旅行 | Comments(8)
Commented by よっちゃん3 at 2017-02-09 07:25 x
likebirds さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

素晴らしいタンチョウの写真を拝見して、益々、冬の
北海道に行きたいなと思いました。私は、鶴類が好きで、
特にタンチョウは大好きです。長女の名前も、千鶴です。
実は、以前、鶴居村を秋に訪れた時に、鶴見台を訪問して
いるのです。でも、季節はずれのためタンチョウは数羽
しか居りませんでした。このリベンジは、是非冬季に
果たしたいと思っております。

では、また。
Commented by youshow882hh at 2017-02-09 20:54
こんばんは。ゆーしょーです。
今回の北海道旅行は、タンチョウ、
タンチョウ、タンチョウで大いに
満足されたことと思います。
今日の写真も超素晴らしいです。
私は動物園で一羽見ただけです。
Commented by likebirds at 2017-02-10 11:17
よっちゃん3さん。コメントありがとうございます。
最初は冬の北海道は抵抗がありましたが、行ってみると360度すべて
絶景で感動しました。 空気も違うような気さえしたほどです。
上手く計画を組めば阿寒ツルセンター、伊藤サンクチュアリ、鶴見台の
3ヶ所を1日で廻ることもできます。また、途中には、音羽橋を見下ろす
丘や鶴達の飛翔場面を撮る場所があり、コンパクトにまとまっています。
鶴好きのよっちゃん3さんにはぴったりの場所だと思います。(likebirds夫)
Commented by likebirds at 2017-02-10 11:21
ゆーしょーさん。コメントありがとうございます。
仰せの通り、今回の旅行の最初はタンチョウ尽しでお腹いっぱいに
なりました。
タンチョウはそれ自身が魅力を持った鳥なので撮りまくってしまい
画像が数千枚になってしまい未だに整理が終わらないほどです。
写真で楽しんでいただけたら幸いです。(likebirds夫)
Commented by トシ at 2017-02-10 17:07 x
丹頂ヅルの撮影は十分満足された様ですね。
丹頂ヅルの観察場所は一カ所ではない事を初めて知りました。
沢山のシャッターを切られた事で、全て整理されれば良い写真がゾクゾク出て来るのでしょう。楽しみですね。
「揉め事も色々な場所で起こっていました」の写真ですが、バックの屋根の赤でしょうか?が利いていて、その前での2羽のバトル写真がとても綺麗で気に入りました。
そして、最後の雪景色の写真の沈んだ色の流れが最高の雰囲気を醸し出しています。素晴らしいです。
Commented by likebirds at 2017-02-10 22:05
トシさん。コメントありがとうございます。
タンチョウの撮影ポイントは阿寒国際ツルセンター・鶴居伊藤サンクチュアリ、
鶴見台の三か所があります。塒の撮影には代表的なのが音羽橋です。
それぞれの中間点に塒と餌場を往復する飛翔を撮るポイントが何か所もあります。
再会した北海道の友人に案内してもらって各々へ行きましたが、飛翔場面は降雪に
阻まれて断念しました。
鶴見台は人工物があって嫌う人もいますが、私はあまり気になりませんでした。
この場所も雪が激しくなってきて午後1時半には諦めてホテルに引き上げました。
写真は消しても消しても・・・という状態です。(笑)
(likebirds夫)
Commented by kenxken_mints at 2017-02-10 23:38
likebirdさん こんばんは^^
綺麗な 雪景色の中のタンチョウですね♪
何か所もの タンチョウの撮影・・素晴らしいものがあります。
次回も もっと・・と向上心があり行動力も・・
見習わないと・・(^^A
Commented by likebirds at 2017-02-11 11:36
kenxken_mintsさん。コメントありがとうございます。
今回初めて冬の釧路へ出かけましたが、タンチョウも含め目新しいもの
ばかりで無手勝流に撮り過ぎました。
この時期はSLは走っていませんでしたが、2月になればSL「冬の湿
原号」も撮影できます。
kenxken_mintsさんも機会があったら真冬に行ってみてください。(likebirds夫)
<< 冬の北海道旅行 その8(本別海... 冬の北海道旅行 その6 (鶴居... >>