冬の北海道旅行 その17 (花咲港 コオリガモ、ウミアイサ)
 納沙布岬は雪がどんどん激しくなり、ハシブトウミガラスも見ることができたので、花咲港へ行ってみることにしました。
横なぐりの雪が吹き付ける港では、コオリガモやウミアイサ、スズガモなどがのんびりと泳いでいました。
雪が吹き付けて撮影は大変でしたが「北国にやってきた」ことを強く感じることが出来ました。
(likebirds妻)



写真をクリックして拡大画像をご覧ください



納沙布岬の後に寄った雪の降り続く花咲港
a0052080_23084389.jpg






コオリガモオス、雪が激しく降っています
a0052080_22343012.jpg







若い雄ですね  短い尻尾がキャワユイです
a0052080_22350012.jpg







若い雌だと思いますが。。
a0052080_23112262.jpg







オスとメスがすれ違い
a0052080_22352811.jpg







羽ばたきもせず、突然身体を立たせる雌  雄は無反応
a0052080_23123017.jpg







若いオスとメスが並びました
a0052080_22354294.jpg







若い雄の前でも、また突然身体を立てました
a0052080_23130288.jpg







ウミアイサオス、雪でパンクへァーもぺしゃんこ
a0052080_22361156.jpg







ウミアイサメス、背中には雪が積もって・・・
a0052080_22362314.jpg






スズガモの群れにキンクロハジロが混じっています  かなり紛らわしいです
a0052080_19031036.jpg


 

 1月に行った道東旅行の写真をUPしています。
 1月19日、珸瑶瑁漁港でエトロフウミスズメをタッチの差で振られどん底気分。 納沙布岬でハシブトウミガラスの初見
初撮りで有頂天と上下の多い昼まででした。
 雪が止む気配が無いので昼過ぎには引き上げることにしました。 引き上げるにしても、そのまま宿泊先に帰るのはあまり
にも芸が無いので、かの有名な花咲漁港へ寄ることにしました。 花咲蟹の名前の由来は漁獲地の花咲魚港だという説も有力
らしいです。 岬の先端と比べると、花咲港の体感温度はかなり楽でした。
 車の窓から港の海を眺めるとたくさんのカモが浮かんでいて、その中にコオリガモも混じっていました。 コオリガモは以
前に雌も雄も銚子アリーナで迷鳥を見たことがありましたが、雪の中で見るその雰囲気はやはり違っていました。 (likebirds夫)

by likebirds | 2017-02-27 21:48 | 北海道旅行 | Comments(10)
Commented by とらねこ at 2017-02-28 16:34 x
はじめまして。
いつもブログ楽しく拝見してます。
北海道在住なので特に北海道旅行シリーズは興味深いです。
野鳥を撮り初めて1年になりましたが、まだまだ知らない野鳥だらけです。
コオリガモは一昨日稚内で初めて見ることができて感動しました。
そんなわけで思わずコメントしました。
これからも楽しみにしています(*^^*)
Commented by likebirds at 2017-02-28 19:13
とらねこさん。コメントありがとうございます。
数々の素晴らしい写真を撮影されているとらねこさんにご訪問いただけて
とても光栄です。
北海道に出かけたのは一昨年の6月に続き、今回は2回目です。コオリガモは
北海道の代表的な冬ガモの1種で根室のいくつかの漁港でたくさん見ることが
出来て幸せな気分になれました。
これからもよろしくお願いいたします。(likebirds夫)
Commented by kenxken_mints at 2017-02-28 19:52
likebirdsさん こんばんは^^
雪の降りしきる中での・・撮影・・ふーーーーー!すごい!
雪の中のコオリガモ 最高ですね♪
ため息が出る位・・素晴らしい作品ですね^^
真似・・できない・・・猫なので・・・(^^A
Commented by youshow882hh at 2017-02-28 20:56
こんばんは。ゆーしょーです。
雪の中での撮影ですね。
ラスト2枚目の写真が好きです。
Commented by likebirds at 2017-02-28 23:29
kenxken_mintsさん。コメントありがとうございます。
降りしきる雪の中での撮影は自分たちも普段はいたしません。
せっかく最果ての地まで来たのだからと思う気持ちと、高いお金がかかって
いるからには手ぶらで帰りたくないという気持ちに押されてのものです。
冬ガモは北海道でなくても、関東でも見ることが出来るものが多いですが
この場所で見ると一味も二味も違いました。その辺を写真に写し込む腕が
ないのが残念です。(likebirds夫)
Commented by likebirds at 2017-02-28 23:35
ゆーしょーさん。コメントありがとうございます。
雪の中の撮影は舞い込んだ雪がレンズにも付いてしまって苦労しました。
また、そのまま車内にカメラを持ち込むと結露するので扱いが面倒でした。
とは言え、旅行先での苦労は後から思い返すと良い思い出になるもので
今回もそうなっています。
最後の2枚はゆーしょーさんに気に入っていただけたなら幸いです。
(likebirds夫)
Commented by よっちゃん3 at 2017-03-01 07:22 x
likebirds さん: お早うございます。よっちゃん3 です。

これが、コオリガモですか。凍っているカモなのかと
思っていたのですが、生きているコオリガモもいるの
ですね。なかなか可愛い顔つきだなと思いました。
雪が降っている中の撮影は大変だと思いますが、こんな
カモとの出会いがあれば、我慢出来ますね。
花咲漁港は、一昨年の道東旅行では行けませんでした。
次回は、是非訪れてみたいと思います。

では、また。
Commented by likebirds at 2017-03-01 09:20
よっちゃん3さん。コメントありがとうございます。
コオリガモの雄成鳥はカモと言うよりは手作りの人形のようでした。
とても自然が作った造形とは思えぬほどの妖しさがありました。
雪は降っていましたが、大半は車の窓からレンズを出しての撮影
でしたからそれほど大変ではありませんでした。
花咲漁港周辺は風景も綺麗な場所ですのでお勧めです。(likebirds夫)
Commented by AIR田 at 2017-03-01 12:22 x
こんにちは!
図鑑でコオリガモを見た時にギョッとした記憶があるのですが、プカプカ浮かぶコオリガモの写真を見ると……段々かわいく見えてきました(笑)
いつか必ず生で見てみたいです……!
Commented by likebirds at 2017-03-01 12:47
AIR田さん。コメントありがとうございます。
自分も以前図鑑でコオリガモを見たときには奇妙なカモだなぁと思いましたが
実際に近くから見ると素晴らしい美しさでした。 特に雄の成鳥は生きてるカモ
かと疑いたくなるほどで、人形のようでもあり、焼き物のマイセンを連想させられ
ました。
AIR田さんも是非ご覧になってください。(likebirds夫)
<< 冬の北海道旅行その18 (漁港... 冬の北海道旅行その16 (納沙... >>