冬の北海道旅行 その31 (養老牛 シマフクロウ 2)
 シマフクロウは対岸の木の枝にじっと止まってなかなか飛んできませんでした。
少し緊張が緩んだ頃、ふわりと庭の生簀にやってきました。
窓の直ぐそこに止まったシマフクロウは驚くほどの大きさでした。
「シマフクロウが来ました」との旅館の人の声にロビーにいた人たちも集まってきました。
周り中が「おおきいー」「すごい!」という感嘆の声でいっぱいでした。
(likebirds妻)




写真をクリックして拡大画像をご覧ください




4時半過ぎ シマフクロウが生簀にやって来ました
a0052080_14140348.jpg







周囲を確認してから
a0052080_14160116.jpg







飛び込みました!
a0052080_14164622.jpg







飛び込んだ瞬間は目を閉じています
a0052080_14164649.jpg







生簀のヤマメを掴んでそのまま飛び去りました  エゾクロテンの出現で逃げたようです
a0052080_14164716.jpg







約一時間後の5時20分過ぎ
a0052080_17131640.jpg







耳羽を立てています  この後飛び込みましたが写真はブレブレ
a0052080_17544289.jpg







その場で魚を食べました
a0052080_17125202.jpg







周囲を気にしながら、飛び立つタイミングを見ているようでした
a0052080_17133765.jpg


 今年1月の道東旅行の報告です。 
 宿の人が庭の外灯を灯し、生簀にヤマメを入れました。 しばらくするとシマフクロウが窓辺にとんできました。
自分の場所からは数メートルです。 以前に羅臼で見たときにはこれほど近くではなかったので凄い迫力でした。
 100-400ズームレンズのワイド端付近で撮らなければフレームアウトしてしまいます。 外灯も羅臼のようなストロボ照明
ではないのでシマフクロウに動かれるとブレてしまいます。 
 ガラスの外には絶滅が危惧されているクロテン(亜種エゾクロテン)がウロウロすることがあります。そんなときはシマフクロウ
は離れた枝に止まって決して近づいてきません。 テンはシマフクロウにとって天敵とのことです。
 そんな悪役のテンですが、これがまた可愛いので家族連れには大人気でした。クロテンの写真は後日UPします。(likebirds夫)

by likebirds | 2017-03-30 05:00 | 北海道旅行 | Comments(10)
Commented by トシ at 2017-03-30 20:51 x
図鑑を見ると羽を広げると180cmも有るんですね。
焦点距離100mmで撮るなんて相当近くですね。
迫力が如何に凄いか分かる様な気がします。
一度は近くで見てみたいものです。
暗いのに良く撮れていてniceです。

Commented by likebirds at 2017-03-30 21:24
トシさん。コメントありがとうございます。
もしシマフクロウに出会ったら、すぐにファインダーを覗かずに
一瞬でも肉眼で見ることをお勧めします。ファインダー越しに見る
シマフクロウよりもずいぶんボリュームがあります。
残念なのはガラス越しの撮影だということです。 雪が降っているので
ガラスに着いた雪や降っている雪が反射して撮影には苦労しました。
(likebirds夫)
Commented by youshow882hh at 2017-03-31 00:34
こんばんは。ゆーしょーです。
昨日の写真と違い一気に明るくなりましたね。
餌につられて数メートルのところまで飛んできたのですね。
これでシマフクロウがよくわかります。
迫力満点です。
今回で2回目なのですね。
Commented by よっちゃん3 at 2017-03-31 13:46 x
likebirds さん: こんにちは、よっちゃん3 です。

野性味あふれる素晴らしいシマフクロウの写真ですね。
お見事でした。やはり、シマフクロウには雪原が似合う
ようですね。私も、冬場の北海道へ足を運ばねばと思って
いますが、業務の都合で来季も無理そうです。残念!
ところで、ここの照明は、どんな感じなのでしょうか?
あまり明るくないように思うのですが、シャッタースピード
はどのくらいで撮影できるのでしょうか?飛び込む瞬間等の
動きものの撮影は無理なのでしょうか?次回訪れる際の
参考までにご教示いただけると幸いです。宜しくお願いします。

では、また。
Commented by kasyakasyanone at 2017-03-31 19:32
こんばんは
シマフクロウが数メートルの距離で見られる
のですね! 羅臼のシマフクロウとはまた違った
迫力が伝わってきます。 なんと言っても、雪の
中の写真が素敵ですね
もう一度見に行きたくなりました・・・
Commented by likebirds at 2017-03-31 19:33
ゆーしょーさん。コメントありがとうございます。
シマフクロウが近くまで飛んでくると外灯と部屋の明かりが届くので
明るく撮ることが出来ました。 魚の生簀が窓のすぐそばに作られて
いるので実際に見ると凄い迫力です。
シマフクロウは一昨年以来2回目の出会いでした。ここに宿泊して
素晴らしい出会いとなりました。(likebirds夫)
Commented by likebirds at 2017-03-31 20:47
よっちゃん3さん。コメントありがとうございます。
今から写真を見ると雪の降っている場面が撮れて良かったと感じるのですが
その時には降雪の非運を嘆きながらの撮影でした。
雪が降ると外灯の光を雪が反射して輝いてファインダー越しにはシマフクロウが
良く見えないことがありました。 ロビーの大きなガラスは曇りませんでしたが
他の部屋の窓ガラスは気温差で一部曇りました。
シャッタースピードは暗い枝にとまるシマフクロウを普通に撮ると1/4になって
しまいます。
幾つか撮ってみてマニュアルで決めるのが良いと思います。
レンズは300f2.8などの明るい単焦点が圧倒的に有利ですが、100mm前後で撮りたい時が多いのでズームも有りかと思います。(likebirds夫)
Commented by likebirds at 2017-03-31 20:52
kasyakasyanoneさん。コメントありがとうございます。
ガラス越しではありますが、シマフクロウの来る生簀は数メートルの場所に
ありました。これにはびっくりでした。 こんなに近くに来るのかと不安でしたが
生簀に魚が入れられると直ぐにやって来ました。
羅臼のシマフクロウは夏にしか行ったことがありませんので一概には比べられませんが
ここのシマフクロウは自分たちが見ている間、近かったり遠かったりですがずーっと
見えていました。(likebirds夫)
Commented by kenxken_mints at 2017-04-02 23:23
likebirdsさん こんばんは^^
すごい迫力でしょうね・・
そんなに近くで撮れるのですか!
暗そうで・・撮影は難しそうですね・・
↓しかし きちんと枝とまりまで!お見事ですね^^
Commented by likebirds at 2017-04-03 11:02
kenxken_mintsさん。コメントありがとうございます。
目の前の小鳥さんに夢中で、シマフクロウが離れた場所にやって来ていること
に気が付かず暗くなってから撮り始めたので難しい撮影になってしまいました。
でも近くに来てくれているときは光も届き、100mmくらいで撮るとかなり
丁度良さそうでした。
同席していたもう一組のご夫婦は枝とまりは328+D500でもっと素晴らしい
写真を量産されていました。(likebirds夫)
<< 冬の北海道旅行 その32 (養... 冬の北海道旅行 その30 (養... >>