人気ブログランキング |
九州旅行 長崎県 島原城
 島原城に着いたのは、少し日が傾きかけた頃。
お城に続く坂道から、苔むした大規模な石垣が目に飛び込んできました。
ただただ静かに迫ってくる石垣には、威圧感さえ感じました。
島原城は、大きな美しいお城でした。
(likebirds妻)









写真をクリックして拡大画像をご覧ください






美しい島原城
a0052080_18073383.jpg







裏に降りていくと、キリシタンの墓碑が
a0052080_18075414.jpg






当時の水道管も
a0052080_18082158.jpg






島原の乱の原因となった立派な城郭
a0052080_18191973.jpg







苔むした石垣、とても大規模でした
a0052080_18083529.jpg







ゆるキャラのしまばらん(ちょっと意味深な気が。。考えすぎ?)
a0052080_18260065.jpg







 島原城は島原の乱の原因を作った城として有名ですね。1618年から7年かけて築城されました。
 有馬家が転封の後、肥前日野江4万3千石を継いだ松倉重政・勝家父子が幕府の一国一城制に従って
もともとあった原城と日野江城をぶっ壊して新たに造った城が島原城です。この城が石高から考えると
超の付くほどリッチ&ゴージャスな城で、領民に過大な労役や負担をかけたのがそもそもの始まりです。
 廃城する原城や日野江城から石垣の石を運ばせるために領民を有無を言わさず大動員。資金を得るた
めに大増税。新税の発明とその乱発のしまくりとそれこそ絵にかいたような暴君ぶりを発揮します。
 それだけでなく、幕府に気に入られようと江戸城の改築なども他藩を尻目に率先して引き受ける忠勤
ぶり。ボクほど立派な藩主は居ないよーーーという訳です。費用はもちろんゼーキンです。
 そんな松倉重政ですが禁教のキリシタンの取り締まりは案外寛大だったそうです。そんなことより労
役と税が重要だったのかもしれませんね。
 ところが三代将軍徳川家光にそれを注意されてしまいます。
   チミー! キリシタン取り締まり甘すぎじゃないのーー?
 慌てた松倉重政は豹変します。徳川得意の拷問「駿河問い」顔負けのSMチックな拷問をいくつも使
ってキリシタン達を弾圧しました。それは無垢の児童たちにも及ぶ残虐なものでした。詳しくはググっ
てみてください。とても書けません。
 次に思いついたのが、家光に忠誠のあかしとしてキリシタンの牙城ルソン島討伐を願い出ることです。
幕府の許可が出ると、その莫大な戦費を調達するために領内にさらなる重税をかけました。でも、既に
絞れるだけ搾り取られていた領民たちはどんなに無理をしても払えません。松倉父子は、もう物理的に
も払えない農民・漁師・商人・庄屋などの妻子を人質にとって責め上げました。
 松倉重政は小浜温泉で急死しましたが、子の勝家が政策をそっくりそのまま引き継ぎました。
 寛永14年、有馬村の庄屋の身籠った妻が人質にされます。村中の人が集まり救出策を考えましたが
なによりもう差し出すものがありませんでした。結局、庄屋の妻は水責めにされ、母子ともに絶命しま
した。村民には反乱以外の道は残っていませんでした。衆議一決、代官屋敷に雪崩込みました。
 ついに島原の乱の幕が切って落とされたのです。
 そう言えば、もうすぐ増税がやってきますね。自分的にはまったく上記と関連付けてはいませんが。
 (likebirds夫)


by likebirds | 2019-05-18 18:00 | 九州旅行 | Comments(4)
Commented by youshow882hh at 2019-05-18 23:28
こんばんは。ゆーしょーです。
立派な五層のお城ですね。
1964年(昭和39年)に復元されたそうですね。
私が新婚旅行で長崎観光後雲仙温泉に泊まり、熊本
方面へ行くのに島原を通過した時は、まだ復元されて
いなかったです。
当時運航していた島原~三角間のフェリーに乗り
三角から熊本、阿蘇、別府へ行きました。
Commented by likebirds at 2019-05-19 08:19
ゆーしょーさん。コメントありがとうございます。
明治政府の廃城令によって本丸は破却されて畑地になったと
ありました。
あれだけの天守閣を復元するのは相当な費用がかかったこと
でしょう。
新婚旅行では長崎観光後に雲仙・島原と廻られたのですか。
今回私たちのルートと逆ですね。熊本・阿蘇・別府へ廻れま
せんでしたが良い温泉があるようですね。(likebirds夫)
Commented by トシ at 2019-05-21 08:06 x
島原の乱が起こるべくして起きた詳細が良く分かりました。
我々は、とても綺麗な城に圧倒されるばかりで、当時の住民の苦悩は窺い知る事もしませんでした。
勉強になりました。
Commented by likebirds at 2019-05-21 21:08
トシさん。コメントありがとうございます。
ボーっと生きている自分にはあまり想像が出来ませんが、どの
時代にも泣いている人はいるのだと思いました。
悪逆無道の松倉重政も転封前の奈良では名君として「松倉まつり」
がおこなわれ、碑も立てられていると最近知って衝撃を受けました。
誰もがギリギリの人生を歩んでいたのでしょうか。
(likebirds夫)
<< 九州旅行5日目 島原 土石流被... 九州旅行 4日目 佐賀 祐徳稲荷神社 >>